RSS

ブログ

2020/07/28

新型コロナ感染症を正しく怖がるために

上のグラフは何日か前にNHKで放送されたものです。

東京都の新型コロナ感染者がどんどん増えてきている、大変だというニュースが続いていますが…

増えていることが分かるのは「検査の陽性者」です。
「感染者」の実際の数は誰にも分かりません。

グラフからも分かるように、検査機関の頑張りによってPCR検査の件数は右肩上がりです。
その結果、今まで重症例のみしか行えていなかった検査が、それ以外の人にも行えるようになってきているんです。

検査数が増えて陽性率が下がっているのはそういうことですね。


「緊急事態宣言時と同程度まで陽性者が増えた」
ではなく、
「これだけ検査件数を増やしても緊急事態宣言時と同程度しか陽性者が確認できない」
が正解。



楽観視はできません。
感染拡大はもちろん阻止するべきですし、そのための対策は大事です。

しかし、私達が自粛を続けてお金を使わず経済を止めてしまえば、たとえコロナで死ななくても、多くの店や企業、そこの職員たち、つまり私達が、貧困により社会的に死にます。


うがい手洗い咳エチケット、三密の回避の徹底。
私達に出来ることは、これらを粛々と行いつつ、可能な限りお金を使って経済を回していく。

別にうちの薬局に来て買い物しましょうと言ってるわけではないです。
むしろ医療機関の利用は必要最低限にすべきだと私は思います。

ただ、何となく不安で仕事以外は家に引きこもって、特に何をすることもなしに日々を送って行く、そういった生活にならないようには気を付けたいものです。

昔よく行っていた飲食店のテイクアウトを頼んでみたり、ネットショッピングをしてみたり…
それすらも億劫なら、スーパーで普段なら買わないような食材を買ってみたり…
家に家族がいるなら、普段とは違うおやつやデザートを買っていっても良いでしょう。
その程度の事からでいいんです。


日常に彩りを添えることを忘れないように。
楽しみながら、新型コロナに立ち向かいましょう。



星野



にほんブログ村に登録しています!
記事を見て「いいね!」と思って頂けたら是非↓のバナーのクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑のバナーをクリックで投票されます!

▲ このページのトップへ戻る