RSS

ブログ

2019/05/23

認知症”笑顔の認知症…笑顔が一番”

Dr音成龍司(久留米大医)相手の目を見て、口角を上げ、心から…微笑みかける!そして辛い時には、鏡に向かって…その辛い自分に…微笑みかける。NIC初期認知機能障害:脳に貯まる二種類の蛋白による神経細胞の障害①老人班;神経細胞の外に貯まる…アミロイドβ蛋白②神経原線維性変化;タウ蛋白による海馬の委縮が20年に渡り身体の中で徐々に進行して…脳血管性認知症、アルツハイマー認知症、レビー小体型認知症&その他を発症する。ユマニチュード;発症した患者と向き合う為に…①目の高さ&真正面から話し掛ける②話し掛けながら、動作協力をお願いする③くすりは家族にも説明&服薬確認④最も効果のある…優しい微笑み!心から目も笑う…笑顔、生涯現役、常にチャレンジ&好奇心、20~30分の昼寝&7~8時間の睡眠、塩分控え目、野菜&魚を良く噛締めて、緑茶&赤ワイン、肥満防止、微笑みに満ちた規則正しい生活にて…認知症を寄せ付けない。

▲ このページのトップへ戻る