RSS

ブログ

薬局の行事や出来事を

更新していけたらイイな~と

ゆる~く思っております☆彡

 

季節の変わり目は体調を崩しがちですよね(>_<)
そこで今回は上手な体調管理についてパンフレットをお配りしお話しました。

夏の間、エアコンを長時間使うことが多かったと思います。
それにより、冷え性をおこしたり、自律神経を乱したりしてしまうことがあります。

”身体がだるい、やる気が起こらない”
”なかなか寝付けない、眠りが浅い”
”食欲がでない”
”手足やおなか、腰回りが冷たい”
など、
思い当たる症状がある方は、生活を見直してみるとよいかもしれません。
今回お配りしたパンフレットには具体的な体調管理を正しくする方法を載せています。
「食事」「運動」「睡眠」で夏に受けたダメージを回復させましょう!!
先日、子ども薬剤師体験に参加してくれたお子さんが、薬局にきてくれました(*^^*)
手には何やら立派な作品らしきものが、...。
「子ども薬剤師体験のことを夏休みの自由研究にしたんだ!」
と、笑顔で見せてくれました。
とても上手に作ってくれていて、職員一同嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
ありがとうございました(^O^)/

これからも頑張ってね!
今回初めての試みで、ネスレ日本主催の
「アクアソリタ売場展開コンテスト」に応募しました。

アクアソリタの良さをいかにアピールできるか❕
みんなで試行錯誤しながら…アイデアを出し合いながら…
なかなかの仕上がりになっているような...(*^^)v

社員みんなで作りました♪
薬局内に展示してますので、よかったら見にいらしてください。
そして、商品に魅力を感じたら(笑)お買い求めください(^o^)/
お待ちしております(*^^*)
今年も夏休みの4日間、サポート薬局のイベントとして、子ども薬剤師体験を開催しました。
子どもたちに白衣を着用してもらい、チョコマーブルやラムネ、ココアなどを薬にみたてて、薬剤師業務を体験してもらいました。
分包されて出てきた“お薬”には、参加した子どもたちだけでなく、それを見守っていた保護者の方も興味津々といった感じでした。

作ったお薬は、保護者の方に患者さん役になってもらい、実際に投薬体験も(*^^*)

そのあと普段みることのない調剤室をみんなで見学しました。
こどもも保護者の方々も、一番興味を示していたのが、調剤ロボ!!
歓声も聞こえたような・・・いや聞こえました(≧▽≦)

夏休みの思い出の1ページになたっらいいなぁ~(*'▽')
立秋を迎えましたが、毎日暑いですよねι(´Д`υ)
暑いと食欲も落ちてしまいがちではないでしょうか?

そこで、今回は夏を元気に過ごすため、普段の食事で少しだけ意識しておくとよいことをLife8月の新聞を配布し、お伝えしました(*^^*)

エネルギー源となる炭水化物にぜひ足してほしい栄養素がタンパク質、ビタミンB群、ビタミンC、鉄分の4つです!

冷や奴に肉みそをかけてタンパク質とカロリーをアップ‼
最近よくみかけるコンビニのサラダチキンなどはお手軽ですよね(^^)
ビタミンB1は豚肉などに多く含まれるので、豚汁がおススメです(^O^)/
野菜、いもなどが入り、バランスがいいですし、水に溶けやすいビタミンB1も汁を飲むことでしっかり取れます!
ビタミンCは緑黄色野菜と果物で!
ゴールデンキウイ1個で1日に必要なビタミンCを摂取できるそうです。
鉄分は赤身のお肉やお魚、貝類、特にアサリの水煮缶には多く含まれています。

栄養が偏らないようにし、エネルギー不足に注意しましょう。
また、水分補給も大切です。
一度にたくさん水を飲んでも体外へ出てしまいます。
少量ずつこまめに摂るのが基本です。

まだまだ続く夏!暑さに負けないよう、元気に乗り切りましょう(^O^)/
今年は梅雨入りが遅く、まだしばらくジメジメした日が続きそうですね(>_<)
この梅雨から夏にかけて気をつけたいのが食中毒です。
そこで今回は食中毒予防の6つのポイントをまとめたものをお配りしました。
①食品の購入
 消費期限をチェック!
 肉、魚はそれぞれ分けて包み、できれば保冷剤と一緒ににして
 寄り道せず、早めに帰りましょう。
②家庭での保存
 帰ったらすぐに冷蔵庫で!
 冷蔵庫の開閉は最低限に。
③下準備
 冷凍食品の解凍は冷蔵庫へ。
 肉・魚は生で食べるものから離しておく。
 包丁などの器具、ふきんは洗って消毒。
 野菜はよく洗う。
④調理
 加熱は十分に!
 台所は清潔に!
⑤食事
 盛り付けは清潔な器具、食器で。
 長時間室温に放置しない。
⑥残った食品
 早く冷えるように小分けする。
 温めなおすときは十分に加熱(めやすは75℃以上)

調理前、食事前などこまめに手を洗い、感染しないように気を付けましょう!

食中毒菌を付けない、増やさない、やっつける!
この3原則を意識して、元気に夏をenjyoyしましょう(^O^)/

 

2019/07/09

七夕☆彡

7月7日は七夕の日♪ 
みなさんも、短冊に願い事かきました?

我が家の娘は、毎年天の川がみえないかなぁ~と、夜空を見上げてます(笑)
今年は天候も優れず、星も見えなかったんですけど...
なにかしらお願い事はしてたよう(^^)

当薬局にも、今年も願い事をかいた短冊がたくさん(*^^*)

みんなの願いが叶いますように(^O^)
前回大好評でした子ども薬剤師体験教室を今年も開催します!!

今回は7月23日(火)、7月25日(木)、8月15日(木)、8月17日(土)の4日間です!
どの日にちも3組の先着順とさせていただきますので、お急ぎください(^O^)/

夏休みの思い出作りに♪お子様と一緒にいかがでしょうか(*^^*)
お申込みをお待ちしております(^^♪
今月のおくすり相談会は、9日が日曜日でお休みのため、6日に薬局へ行こう!ウィークのイベントと同時に行いました(^^)

当日は先着50名の方に、フッ素配合ハミガキの試供品をお配りしました。
試してみられた方はいらっしゃるでしょうか?
フッ素は歯の質を強化し、酸に溶けにくくすることで、むし歯を予防します。
まずはしっかりブラッシングして、お口の中に残る食べ物カスなどを取り除きましょう。
さらに、フッ素を残すには、フッ素洗口液がおすすめです!
就寝前に洗口液でブクブク.。o○うがいをしていただくことで、フッ素が溜まり、歯の表面をバリアしてくれます。
お子様の場合、生え変わり期の4歳から中学生の間に継続的にフッ素洗口することで効果的なむし歯予防ができます。
今回試供品はお配り出来なかったのですが、フッ素洗口液はお子様や刺激が苦手な方向けの低刺激タイプとスッキリした大人向けクールタイプがあります。
当薬局でも、1本約30回分で1450円で販売しております。
ご興味おありの方はいつでもお声掛けください。
歯の健康は体の健康にもつながります。

めざそう!
むし歯ゼロ家族(^O^)/
当薬局は6/6(木曜日)にイベントを行います(^O^)/
お薬相談会もお受けしていますが、当日は虫歯予防におすすめ!エフペーストの試供品をお配りします。
先着50名様限りとなってます。
みなさん是非この機会にお試しいただいて、購入をご検討ください(*^^*)
4月に社員が入りました(*^^*)
(。´・ω・)ん?みたことあるような...?(笑)

そうなんです!
元気いっぱいるいちゃんが戻ってきてくれました(≧▽≦)
忙しそうにしていても気軽にお声掛けください!って本人が(笑)

よろしくお願いします(^O^)/
皆様、GWはいかが過ごされましたか?
雨で肌寒い日もあれば、暑い日もありましたよね(>_<)
天候は変わりやすいですが、この時期すでに紫外線が強くなっています。
そこで今回はその紫外線対策についてお話させていただきました。
紫外線によるシミ、シワ、たるみなど、肌の老化はもちろん、紫外線アレルギーの方も増えているので、対策が必要です。

・紫外線が強い時間帯の外出は可能な限り避ける
・長袖、長ズボンを着用
・日傘、帽子でよける
・車の窓ガラスにサンシェードを貼る
・日焼け止めを使用する
など...

日焼け止めクリームでよくみられるSPF,PAはそれぞれB紫外線、A紫外線を防ぐ効果を示す数値です。
A紫外線は雲や窓ガラスも通りやすいので、曇りの日も家の中でも日当たりの良い部屋では注意が必要です。
B紫外線は屋外での日焼けの主な原因です。
おでかけのときはSPF値の高いもの、家ではPA値の高いもの、と意識するのもよいです。
敏感肌の方には紫外線散乱剤を配合した日焼け止め(ノンケミカルサンスクリーン)がおすすめです。
紫外線吸収剤を配合したものは体質によっては、まれにアレルギーを起こす場合があるので注意しましょう。
日中紫外線を浴びて湿疹が出きたり、赤く腫れてしまったり、かゆみを感じるような方は、皮膚科で相談されることをおすすめします。
まだまだ9月まで油断大敵です!
適度に日光を浴びながらお肌も守っていきましょう!(^^)!
皆様、"かかりつけ薬局""かかりつけ薬剤師"をご存知ですか?
耳にされたことのある方、すでに決めている方も多いかと思いますが、簡単に説明いたします。
薬局では処方せんによる調剤のみならず、市販薬の健康食品の取り扱い、介護関連商品の相談なども行っています。
薬と健康に関するあらゆる面でのパートナー、それがかかりつけ薬局です!
そして、かかりつけ薬剤師は、複数の医療機関から処方された薬の飲み合わせ、飲み残しのチェックはもとより、
それぞれの患者さまのことを把握し、薬による治療がより効果的なものになるようお手伝いします。
かかりつけ薬剤師について詳しく知りたいという方は、お気軽にお声掛けください。
皆様の健康をサポートする薬局としてお力になれるよう努めてまいります(*^^*)
4月に入り、一段とあたたかくなってきましたね(*^-^*)
入学や進学、就職などで新生活をスタートする時期ですので、
忙しくされてる方も多いのではないでしょうか(^-^;

今年もまた、今日新聞さんのご協力のもと、
「もうすぐ1年生」の写真を掲示しております。
かわいい1年生たちがいっぱいです!
可愛さにいやされますよ(^^♪
是非見にいらしてください♪
お待ちしています‼
お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが...
只今調剤室内を増設しております(^^)
昨年調剤ロボ設置に伴い、調剤室を少し移動していたのですが...今回はさらに大幅変更予定です(^^♪

広くなって、さらに働きやすくなった環境で、社員一同これからもがんばります(^O^)/



3月に入り、春を少しずつ感じるようになりましたね(*´▽`*)
と同時に花粉症の方も多く見受けられるようになりました(*´Д`)
そこで!先月に引き続き、今月も花粉症のセルフケアを紹介させていただきました。
外出時のマスク、メガネの着用、上着はサラッとした繊維のものにし、帰宅時花粉を払い落として家の中に入る、などの対策が必要です。
そして、今回特にオススメしているのが
❝鼻うがい❞!(^^
鼻の奥の方をしっかり洗い流すことで花粉症や風邪の対策になります。

◉洗浄液の作り方、鼻うがいの使用方法は下記の通りです

~洗浄液の作り方~
・50mlの水を沸騰させ、食塩5g(小さじ1杯)入れて溶かします。人肌程度にさましてご使用ください。

~鼻うがいの使用方法~
①片方の鼻孔に容器の先端をあてます。
②頭を下げて容器を握りしめながら「アー」または「エー」と言い続けます。
③もう片方の鼻孔から洗浄液が流れてくるので、最後に鼻をフンッとすると残った液が流れてきます。
④同じようにもう片方の鼻孔も洗いましょう。

5才くらいのお子様から可能ですが、必ず大人の方が先に試されてからお子さんに使用してください。
松本常圃先生考案の鼻うがい器はくろーばー薬局にてお取り扱いしています。
ご興味のある方はお気軽にお声かけください(^O^)/








月日が経つのは早いですね(^^♪
気がついたら(笑)もう3月(笑)

今年は薬局入って右側の階段の上にお雛様を飾っています!
3段飾りの雛人形です!
こちらにお越しの際は是非ご覧ください(*^-^*)
2月に入り、インフルエンザのピークは過ぎたようですが、これからシーズンに入っていくのが花粉症です。
そこで、今月は花粉症についてお話しました(*^-^*)

今月は例年よりやや多かった昨年並みではないかと日本気象協会より発表されています。
すでに鼻がムズムズして目がかゆいという症状が現れてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ピークは2月下旬~3月上旬と予測されますが、今から対策をとることがひどくならずに済むコツです(^^)v
❝症状が強く出だしたら病院に行こう!❞と考えられていませんか?
それではどんなに良い薬でも効果を十分に感じられないことがあると思います。
本格的に飛散する1~2週間前からお薬を飲み始めると症状も軽減され期間も短く済むと言われています。
毎年悩まされている方、これまでよかったが今年は何かムズムズする…という方はご相談下さい。
❝いつもは病院に行くけど❞という方も、病院で処方される薬と同じ成分の薬で購入できるものもありますので、お気軽におたずね下さい。

本格的シーズン突入の今、早速対策していきましょう(^O^)/
最近、節分の日に恵方巻を食べるのも定番になりつつありますよね?
恵方巻は節分の日にその年の恵方を向いて食べると健康に暮らせるとされる縁起物です!
今年は東北東だそうです(^O^)/
願い事もお願いしながらいただきましょう(^^♪

まだまだ寒い日が続いています。
お体に気を付けてお過ごしください(*^-^*)
1月を迎え、寒さも増してまいりました(^^;
昨年末にはちらほらでしたインフルエンザの患者さんも増えてきております(>_<)

そこで今月は、インフルエンザにかかってしまった場合のホームケア、並びにニュースなどでもよく取り上げられています、異常行動について気をつけていただきたいことを、お話いたしました。
受診し、インフルエンザと診断されたのちは、休息第一‼
ウイルスと体は戦っています。
その戦いに集中させるためには安静にしましょう!(^^
また、熱が高い方がウイルスの勢いが弱まります。
ぐったりしたり、節々や頭を痛がるなどなければ、1日目は熱さましをむやみに使わないのも、ウイルスを弱めるには効果的です。
ただし、脱水を防ぐために、イオン飲料、経口補水液などでこまめに
水分補給をしましょう。
 
食事は消化の良いものを食べられる範囲でよいので摂っておくと体力維持に繋がります。

入浴は元気があれば良いですが、ぐったりしている時は控えましょう。
また、長湯はのぼせて疲れるので注意!
サッと汗を流したら、湯冷めをしないようにし、衣服や布団で体温調節しましょう。

異常行動に関しては、小児、未成年の報告が多くあがっています。
特に発熱から2日以内は周囲の方が気を付けてあげてください。
万が一飛び出したりしないように、ドア、窓、すべて施錠し、ベランダに面していない部屋で寝かせるなど、対策しましょう。

これからさらに患者さんが増えると予想されます。ホームケア、異常行動への注意を載せたチラシを窓口に置いてますので、どうぞご自由にお持ち帰りください(*^-^*)

▲ このページのトップへ戻る