RSS

薬局ブログ

2019/02/07

下痢に効く漢方薬

今日は下痢に効く漢方薬についてお話させていただきます(^^)

下痢になった事がない方はおられないのではないでしょうか?
風邪で下痢をしたり、お腹が冷えて下痢をしたり、色々な原因で下痢が起こります。
お腹が冷えた時の下痢などは西洋薬では、整腸剤が処方されることが多いと思いますが、漢方薬では症状に合わせて様々な薬が処方されます。

①平胃散(へいいさん)
消化不良や風邪の下痢で症状が酷くない時に使います。
もし、水の様な下痢であれば五苓散(ごれいさん)を一緒に飲みます。この2つを合わせると胃苓湯(いれいとう)になるので、こちらを飲んでも良いです!!
五苓散はビールの飲みすぎの下痢や二日酔いにもよく効きますよ(^^)

②人参湯(にんじんとう)
こちらはお腹が冷えた時の下痢に効きます。
下痢をしても口が渇かず、尿も出ている時に使います。
水のような下痢ではなく、ベトっとした下痢で何度もトイレに行く様な下痢です。

③真武湯(しんぶとう)
こちらもお腹が冷えた時の下痢に効きますが、人参湯とは違い便に水分が多い時に使います。
口の渇きはすくないですが、尿は少し減ります。

紹介した漢方薬は腹痛にも効果がありますが、腹痛が強い時は芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)を一緒に飲むと良いです!!

今日は下痢に効く漢方薬を紹介させて頂きました。
色々なタイプの下痢に対応可能ですので、参考にしてみてください(^^)

▲ このページのトップへ戻る