薬局の中をご紹介

待合い室

患者さまがくつろげる空間をご用意しております。
また当薬局では給茶機 を設置しております。無料でお茶・ほうじ茶を提供させて頂いております。

▲ このページのトップへ戻る

投薬窓口

カウンターには衝立(ついたて)を作り、プライバシーを考慮した設計になっております。

▲ このページのトップへ戻る

処方せんバーコード入力

調剤薬局では病院から発行された処方せんの内容をコンピューターに入力しなければなりません。
そこで当薬局では二次元バーコード読み取り機を導入し、正確・スピーディーに入力することが出来ます。

▲ このページのトップへ戻る

電子薬歴

調剤薬局では患者さまの併用薬・病歴・症状などを管理しなければなりません。
そこで当薬局では電子薬歴をすべてのカウンターに設置しました。
これによりお薬の服用した履歴・飲み合わせ・禁忌を素早くチェックできるようになります。

▲ このページのトップへ戻る

薬剤監査システム

当薬局では稲城市として初めて薬剤監査システムATTELNO(アテルノ)を採用しました。
この機械は薬剤の画像・バーコード・重さを測ることにより1錠単位の誤差もチェックし、調剤ミスを未然に防ぐシステムです。
これにより患者さまは間違えのない薬剤を安心して服用することが可能となりました。

▲ このページのトップへ戻る

自動水剤機・LiQ(リキュー)

当薬局ではシロップを自動で調剤する機械LiQ(リキュー)を採用しました。
これにより、衛生的・正確なお薬をお子様に提供することが可能となりました。
この機械は矢野口・押立地区で採用しているのは当薬局のみです。

▲ このページのトップへ戻る

軟膏撹拌機

当薬局では軟膏を2剤以上混ぜるときは軟膏撹拌機というもので軟膏やクリームを機械で混ぜます。手作業で軟膏やクリームを混ぜるのと撹拌機で混ぜるのでは仕上がりが明らかに違います!!
これにより患者さまに衛生的で、滑らかな品質の軟膏を提供することが可能となりました。

▲ このページのトップへ戻る

自動分包機

粉薬を調剤するには分包機というものを使います。
当薬局で採用している分包機は円盤式と呼ばれるタイプで正確で名前も印字できます。
また円盤式分包機が2台ありますので、効率よく調剤することが可能です。
またこのタイプの機械を2台以上導入されている薬局は稲城市では数件しかありません。

▲ このページのトップへ戻る

JR矢野口駅

薬局とは関係ないですが、JR南武線・矢野口駅の外観です。
稲城市は区画整理を各地で行っているので街並みがキレイになっていく地区です!!

▲ このページのトップへ戻る

薬局外観

薬局の外観も紹介致します!
隣にはこせき内科クリニックさんがあります

 

▲ このページのトップへ戻る