RSS

ブログ

 

2016/06/18

はじめまして

こんにちは、この度2月に入社した事務の山本です。
今回、入社して初めてのブログです。

私は田原市のあかばねロコステーションに行きました。
近くには赤羽海岸があり、とてもきれいでした。

海にはサーフィンをしている人がたくさんいました。
また、堤防付近では釣りをしている人で賑わっていました。

海を見ながら食べたソフトクリームはいつもよりおいしく感じました。施設内にはサーフショップもあり、夏を感じることができました。

まだ慣れないことも多く、皆様にはお手数をおかけすることもあると思いますが、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

2016/03/20

春ですね

こんにちは、事務の田中です。
最近寒かったり、暖かかったりで、体調を崩していませんか?
私はというと、花粉症がひどくなってきて、目はかゆいし、くしゃみは出るし、鼻はぐじゅくじゅで、苦しい毎日です(T ^ T)
対策といっても、マスクくらいしかないんですが…
あとは家でアロマを使っています。たくさんある中でも、私のお勧めはユーカリです。マスクに一滴たらしたりしてます。憂うつな気分もスッキリするんですよ!

写真は近所を散歩して、小さな春を見つけて来ました。まだ桜は咲いてなくて残念…

そして私ごとですが、この春、出産のため3月いっぱいで退職することになりました。
いずみ薬局に入って4年弱でしたが、たくさんの方と出会って、たくさんの事を学ぶことが出来ました。皆様には、行き届かない点もあったかと思いますが、大変お世話になりました。
4月から新しい生活をまた頑張りたいと思います‼︎

2016/02/22

うめまつり

先日、向山緑地公園に梅を見に行ってきました。

ちょうど、梅の苗木の配布や消防音楽隊の演奏などのイベントがある日だったので、たくさんの人で賑わっていました。

梅林園全体では70%ほどの開花だそうで、赤やピンクや白の梅がきれいに咲いていました。

梅を見ながら写真を撮り散歩したら、楽しみにしていたお団子やまんじゅうを食べました。外で食べるとおいしくて、たくさん食べてしまいます。

梅の花はいいにおいがして、春が近付いてきたなと感じることができました。

次は桜の花見を楽しみに待ちたいと思います。

鳥居

2015/12/17

倉敷

12月になりましたが、暖かい日があったり冷え込んだりと、寒暖差で体調管理が大変ですね。

私は先月、初めて岡山県へ行って来ました。
倉敷の美観地区を1日散策しましたが、のんびりした雰囲気でとてもリフレッシュできました。
倉敷には「倉敷時間」みたいなものがあるらしく、10時過ぎくらいからお店のオープン準備をして、11時くらいからのんびり開店するお店が珍しくないようです。観光客がいても、朝早くからは頑張らないそうです。
岡山県といえばジーンズ!と思って、色々試着してめずらしい感じのデザインの生地でできたジーンズを買いました。
とても気に入ったのではくのがとても楽しみです。

今年もあと少しとなりました。
忙しい時期ですが、体調を崩さないよう頑張りたいと思います。

倉田

2015/10/20

フィンランド

こんにちは。朝晩涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑いですね。みなさん、体調は崩されていませんか?

私はシルバーウィークに、フィンランドのヘルシンキに行ってきました。9月下旬のヘルシンキは、だいたい最高気温15-17℃、最低気温5-7℃と、数字で見ると寒く感じますが、今年は平年に比べ暖かかったようで、昼間は風が気持よく、とても過ごしやすかったです。

今回の旅行では、ずっと同じホテルに滞在したため、広くはないヘルシンキの街とその周辺をのんびり観光することができました。

写真は左上から時計回りに、スオメンリンナ島からみた景色、フィンランド国立博物館、ヘルシンキ大聖堂、映画『かもめ食堂』の舞台となった“かもめ食堂”のサーモンステーキ、ヌークシオ国立公園です。

スオメンリンナ島は、ヘルシンキから船で15~20分で行ける海の要塞です。フィンランドは、かつてスウェーデンの統治下にあり、その後ロシアに併合され、そして独立しました。そのためスオメンリンナ島も西と東の影響をうけており、そのヨーロッパの軍事建築を後世に残すため、1991年にユネスコの世界遺産に登録されたそうです。島の至る所にある大砲に、戦いの歴史が感じられました。今では人気の観光地の一つになっており、たくさんの人が訪れていました。私たちが訪れた日はとても天気がよく、楽しく散策できました。

その他にも、北欧雑貨のお店をのぞいたり、食器の会社の工場見学をしたり(一部ストライキ中で、少ししか見られませんでした…)、疲れたといってしょっちゅうカフェに入ったり、と地味な旅でしたが、その分疲れも残らず、元気に日本に帰ってくることができました!

フィンランドで見た青い空に、海外に来たな~と実感したのですが、日本に帰ってきて空を眺めたら、日本の空も負けずにきれいでした(^-^)次はどこに行こうかな~

                                      石田

2015/07/21

夏到来

今年は長い雨が続き急に暑くなったと思ったら、台風、梅雨明け、そして本格的な夏がやってきました。天候の変化に体がついていかず大変です。

先日、夏野菜をたくさんいただき、どう調理しようか迷っているところですが、旬の野菜は栄養価も高く夏バテ予防にもなると聞くので、どんどん食べていこうと思います。

皆様も夏バテ、熱中症対策は万全に、夏を乗り切りましょう。


さて、ここで私事ですが、8月上旬から産休・育休を取らせていただきます。しばらくは育児に専念し頑張りたいと思います。また復帰した際には、よろしくお願い致します。 原田

2015/06/21

ごあいさつ

薬剤師の井上景子です。
この度、結婚に伴い退職することになり、6月20日に最後の勤務を終えました。

2013年3月からいずみ薬局で働き始め、あっという間に2年ちょっとが経ちました。
いろいろな経験をさせていただき、新しい知識もつけることができましたが、まだまだ未熟な薬剤師で、皆様に満足いただけるサービスは提供できなかったかもしれません。それでも温かく接してくださった方々に、本当に感謝しています。

これからは、薬剤師という仕事からは離れることになりますが、いつかまたこの職業についた時に困らぬよう、勉強は続けていきたいと思っています。

今まで本当にありがとうございました☆

2015/04/21

ヒスイカズラ


この頃雨続きですねぇ。



暖かくなったと思ったら急に寒くなったり…
皆さん体調を崩さないように気をつけてくださいね。

とは言っても公園や庭先などでお花が咲いていて春を感じ、
楽しませてもらっています。




そして先日は珍しいお花を見たくて
のんほいパークへ行ってきました。

【ヒスイカズラ】という花です。

温室の中で咲くこの花はフィリピン諸島原産で、
受粉はなんとオオコウモリがするそうです。



花の名前は【翡翠】のとおり、
まさにターコイズそのもののきれいな色で日本では
なかなか見られない色にびっくりしました。


フィリピンでは絶滅危惧種に指定され、
その数が少なくなってきている様です。



花の咲き方や形も面白く、少し変わった春を楽しみました。



金田


2015/01/07

新年

 新年明けましておめでとうございます。
2015年BLOGトップバッターを書かせて頂きます、田中です。

 皆さん、お正月はどのように過ごされましたか?
田中家では毎年、一畑山に初日の出を見に行くのが恒例になっています。
しかし朝起きたらかなりの雪・・・
それでもくじけず向かったのですが、残念ながら日の出を見ることはできませんでした(;_;)
そのままお参りをして、鐘をつき、おみくじを引いたところ、なんと『大吉』‼
天気には恵まれませんでしたが、幸先良いスタートをきることが出来ました。

 今年も寒い日が続きそうですが、何か寒さ対策はしていますか?
冷え性の私は、湯タンポを布団の足元に入れて寝ています。かなり温かいのでおすすめです。
ただし、低温火傷をすることがあるので、タオルを巻いて肌に直接あたらないように気を付けて下さいね。
 
 とゆうことで、改めて本年も1年頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

今年もあと半月ほどになりました。
12月に入り、ぐっと寒くなりましたね。
あちこちがクリスマス仕様になり私も影響されて子供と一緒にクリスマスリースを作ってみました。季節感のなかった我が家が少し華やぎました。
寒いこの時期ならではのイルミネーションも見に行ってきました。
訪れたのは静岡県掛川市にあるヤマハリゾートつまごいのサウンドイルミネーション。今年大流行したアナと雪の女王の曲や、クリスマスソングなどが流れる中、綺麗なイルミネーションを見てまわり、寒かったけれど清々しい気持ちになりました。

風邪やインフルエンザが流行る時期です。皆様体調に気をつけて、良い年をお迎えください。
原田

2014/10/27

紅葉☆

10月も終わりに近づき、すっかり秋めいてきて、そろそろ紅葉シーズンですね。
先日、茶臼山へ行ってきたのですが、こちらは一足早く紅葉の見頃を迎えていました。
あいにくの曇り空でしたが、霧の中の紅葉もステキでした☆
紅葉を見に来ている人の数もそれほど多くなく、ゆっくりできるので、かなりのオススメスポットです。頂上まで30分ほどのハイキングコースもあるので、体を動かしたい方はぜひ♪

これから寒さも増してくると思うので、皆様お体にはお気をつけください☆

井上
こんにちは。
毎年、夏が近づいてくると親戚から大量の玉ねぎをもらいます。日々使う食材とはいえ大量にあるので何かいいレシピはないか調べたところ「玉ねぎとトマトの無水カレー」を発見!玉ねぎをたくさん入れ、弱火で煮ることにより水分がたくさん出て、水を入れてないとは思えないような出来上がりです。
玉ねぎから甘みが出るので、カレールーを辛口にするとちょうどいいスパイスのきいた仕上がりになります。
毎年、玉ねぎをもらった時にしか作らないので、我が家ではこれを食べると夏が来た気がします。
今年もらった玉ねぎもあとわずかになり、今シーズン最後の無水カレーをおいしくいただきました。

倉田
今日は、発泡剤の作り方を紹介したいと思います。

写真は、歯の健康フェスティバルで実際に使用した材料です。このときは、食紅を5~6種類とアロマオイルを数種類用意し、各自入浴剤を作ってもらいました。何種類かの色を混ぜて作る方、形も丸でなくハートや三角にする方など、みなさん工夫して自分だけの入浴剤を作っていました。

この入浴剤は、お湯に入れると炭酸ガスが発生して泡立ちます。暑い時期こそシャワーですまさずに、ぬるめのお湯に20~30分つかって一日の疲れを取りましょう!

フェスティバルで入浴剤を作っていただいた方に、お渡ししたレシピを紹介します。
興味のある方は、ぜひ一度作ってみてください。

   石田

[材料]
・重曹     大さじ3
・クエン酸   大さじ1
・水(またはグリセリン)  小さじ1
・その他 食紅、アロマオイルなどお好みで

[作り方]
・重曹とクエン酸をよく混ぜ合わせます。(ここで食紅等も入れます)
・水を少しずつ加え、しっとり湿った状態にします。(水を入れすぎると発泡が始まりますので、少しずつ加えましょう)
・丸めて固め、乾燥させれば出来上がり

[注意点]
・1~2日程度袋から出しておけば完全に固まります
・作ってから時間がたつとだんだん発泡力が弱まることがあります。
・お肌の弱い方、過敏症の方は注意して使用してください。
6月8日(日)に、保健所・母子保健センター(ほいっぷ)で、歯の健康フェスティバルが開催されました。昨年は、鳥居さんがブログで紹介していましたが、読んでいただけましたでしょうか?私は昨年に引き続き、豊橋市薬剤師会のスタッフとして参加しました。梅雨入りしたにも関わらず、当日はうれしくなるくらいの晴天で、たくさんの市民のみなさんが来場してくれました。

豊橋市薬剤師会のブースでは、
・お薬手帳啓発活動
・お薬相談
・禁煙相談
・ブクブク入浴発泡剤作り
を行いました。

写真の下側が、実際に作っている光景です。黄色のベストを着ているのが、薬剤師会のスタッフ。この黄色のベストは、災害時に薬剤師として活動するときに着用するベストです。遠くからでも、よく見えますよね。

上は、健康とよはしマスコットキャラクターの「けんとくん」です。意外に小柄でかわいかったですよ~。

私は主に入浴剤作りのブースにいたのですが、小さいお子さんから大人の方まで、みんな楽しそうに入浴剤を作ってくれていて、その笑顔を見ていると、こちらまでうれしくなってしまいました。来年も開催されるようなら、みなさん是非足を運んでみてください!

次回は入浴剤の作り方を紹介しようと思います。お楽しみに☆

                           石田

2014/03/31

桜満開

こんにちは。
日に日に暖かくなり春めいてきました。
花粉症の方にはまだまだ辛い時期ですが…

さて、これからはお出かけ日和の日が増えてきますね。
私は時々公園などに出かけています。ドライブがてら遠出したり、自然の中で景色を見ながらのんびり散歩しているとリフレッシュできます。広い所へ行くと一通り見て回るうちに自然とたくさん歩けるのもよいです。

桜が見頃を迎えましたね。お花見に足を運び春を満喫したいなと思います。


原田

2014/01/15

初詣で 

こんにちは 事務の金田です。
新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。 

お正月明けの3連休、年始めのお参りに豊川稲荷へ行ってきました。お昼の時間帯とあって、とても混んでいました。
 
無事お参りを済ませ境内の奥にある狐塚(きつねづか)へ行くと、皆が岩を囲みのぞ覗き込んでいたので、「何をしているのですか?」と尋ねてみると、「岩の間に入っているお賽銭を採りだしているんだよ。」とのことでした。 

あとで調べたら、枝などで上手く採り出すことができると、お金持ちになるという言い伝えがあるそうです。そして、一年後お礼として何倍かのお賽銭をこの岩の隙間に隠しにくると良いそうです。 
 
初めて見た不思議な光景にびっくりしましたが私もあやかりたいと思い、同じようになんとか採り出してきました。 

なにわともあれ、一年間無事に過ごせるように・・・と願います。

皆様にとても良い一年でありますように。

2013/11/03

ぬくもりの森

こんにちは、事務の田中です。
 11月に入って、朝晩は随分冷える様になってきたので、冷え性の私には厚手の靴下が手放せません(>_<)

 さて、今回私は以前から気になっていた、浜松市にある「ぬくもりの森」という所へ行って来ました。
 途中道はとても細く本当に存在するのか不安な気持ちでした。しかし、その細い坂道を登ると、まるでそこはジブリの世界を思わせる様な不思議な空間でした。建物はすべてヨーロッパ調で、その建物を見に来るだけでも価値のある場所かと思います。
 入ってすぐ可愛らしい雑貨屋さんがあり、カフェやレストラン、奥にはクラシックな車が止まるガレージがあります。私は中庭のカフェでのんびりケーキと焼き菓子を頂きました。パラソルにアンティーク風のテーブルと椅子、ゆったりとして雰囲気がとでもいい所でした。
 のんびりしすぎて、ランチに行きそびれてしまったので、次回は予約をして、ランチへ行きたいと思います。

 バタバタした日常から離れて、静かで優しい時間を過ごすことができました。




今回は、先日大阪で行われた日本薬剤師会学術大会の様子を紹介したいと思います。
年に1度、日本薬剤師会が開催するこの大会では、様々な内容の講演や、いろいろな分野で働く薬剤師の取り組みの発表、最新の医療機器の展示、医療系の書籍の展示などなど、内容盛りだくさんで行われます。
そのため、全部を回りきるのは不可能ですが、逆に言えば、自分の興味のある講演や展示を中心に回ることができます。
「学術大会」というと、なんだか堅苦しく聞こえますが、そんな雰囲気はほとんどなく、ちょっとしたお祭りみたいな感じでした。…こんなこと言ったら怒られるかな(^_^;)
普段の業務のみでは触れられないことばかりで、とてもいい刺激になり、充実した素敵な大会でした。
ちなみに、来年は山形県で開催されるそうです☆
                    
                        井上
今回は、ドイツの薬局について書きたいと思います。

写真はドイツの薬局です。
ドイツの薬局は、通りに面している部分がガラス張りになっており、その部分に薬局の個性があらわれていました。

少し見づらいですが、写真の薬局はたくさんの花の下に花粉症の薬の空箱がかわいくディスプレイされています。
ほかにも、海洋生物がディスプレイされていたり、クモなどの害虫がディスプレイされていたりと様々な薬局がありました。

写真の右上にある赤いAのマークが、ドイツの薬局の統一マークです。Apotheke(薬局)の“A”と、ギリシャ神話にでてくる健康の女神ヒギエイアが聖蛇に餌を与えるときの杯「ヒギエイアの杯」とその「聖蛇」で形作られています。国内の薬局はすべて、どこかにこのマークが掲げられています。

続いて、店内には化粧品やダイエット食品、ハーブ類などが陳列されています。要処方せん薬や、薬局指示薬(日本でいう一般用医薬品)は、カウンターの奥の患者さんからは直接手の届かない所に置かれており、購入する際にカウンターで薬剤師から説明を受けてから、患者さんに渡されます。

希望者には顧客カードというものを発行し、それに毎回薬の情報を記録していました。ドイツでは医薬品のグループごとに保険給付の上限額が決められているため、その上限を超えないかみるために顧客カードが利用されているようです。

日本では私たち薬剤師は、患者さんごとに薬歴を作成し、そこに薬の服用歴だけでなく、体質やアレルギー歴、副作用歴など様々な情報を記録ています。そして新しく処方された薬を問題なく飲んでいただけるかチェックしてから薬をお渡ししています。

ドイツにはこの“薬歴”にあたるものがなく、薬の服用歴やアレルギー歴の確認は医師の仕事、薬の使い方に関しては薬剤師が説明するとともに、患者さん自身が添付文書を読んでから使用する義務がある、ということでした。

ドイツでは、要処方せん薬も全て箱単位で患者さんに渡すため、中の薬が正しく入っているか?破損していないか?の確認ができません。そのため、すべての薬局で1日1品目ずつ包装を開封し、品質を確認することが義務付けられています。ドイツ中の薬局で検査をすることで、医薬品の管理をしているのです。昔、大学で使ったようないろいろな実験器具や試薬が、町なかの薬局に置いてあるのを見て驚きました。

今回は文章が長くなってしまいました。医師のカルテと同じように、薬局には薬歴があるのが当然だと思っていたのですが、国によって少しずつ仕事の内容は違うんですよね。ドイツの薬局について学ぶことで、日本の薬歴に貴重さに気付きました。これからも、患者さんからいただいた情報を無駄にしないようにしよう!と強く思いました。


6/10(月)~6/15(土)まで、ドイツの薬局や病院、高齢者福祉施設などを見学するツアーに参加してきました。

今回の旅では、医薬分業の発祥の地であるドイツの歴史や現在の医療保険制度、薬局や薬剤師の仕事について学ぶとともに、ドイツのかわいい街並みや景色に癒されたり、おいしいソーセージやビールを味わったりと、いろいろなことを体験してきましたので、何回かに分けて紹介したいと思います。

私たちが滞在したのは、ドイツ南部のハイデルベルクとチュービンゲンという街です。

写真の左奥に写っているのがハイデルベルク城。これとは逆に、ハイデルベルク城から見たハイデルベルクの街並みもとても素敵でした。

ハイデルベルク城内にはドイツ薬事博物館があります。ここには、フリードリヒⅡ世が医薬分業の法律を定めたことやその後長い時間を経て実際に都市に薬局が開設されていったという歴史が紹介されていました。

その他、当時の薬局で使われていた家具や薬の展示もあったのですが、伝説上の動物ユニコーンの角とされたものを解毒作用のある薬として用いていたり、人間のミイラの粉末を使ったりしていたと聞いて驚きました。実際には、ユニコーンではなくイッカク鯨の歯だそうなんですが、“本物”は、より高く売れたそうです。本物って・・・。

薬事博物館では、1時間以上みっちり説明を聞いてきたのですが、今になって思い出せることがユニコーンくらいとは・・・。でも、かわいいガラス製の薬容器や陶器の薬容器を見たりするだけでも、十分楽しめるところだと思いました。

それでは、今日はここまで。


                              石田






▲ このページのトップへ戻る