RSS

ブログ

2018/08/06

カップヌードル記念館

先日、甥っ子を連れてカップヌードル記念館に行くバスツアーに参加してきました!!
中国からの観光客もたくさんいらっしゃって大賑わいでした(^o^)

ヘルパンギーナと言う言葉をご存知でしょうか。
甥っ子が帰宅後風邪を引いたのですが、ヘルパンギーナと言う風にかかってしまいましたので、調べてみました。

症状は
潜伏期間は、3〜6日。
39℃以上の熱が1〜3日つづくと同時に、のどが赤く腫れて小さな水疱がたくさんできます。水疱は2〜3日でつぶれて黄色い潰瘍になります。
のどの痛みが強いために、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすこともあるようです。

対策について
ヘルパンギーナは、くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する「飛沫感染」と、舐めて唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借りなど、手が触れることで感染する「接触感染」が主な感染経路です。また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排出されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がるそうなので、日頃から気をつけましょう!

« 前の記事 ビアガーデン黒潮市場(^^) 次の記事 »

▲ このページのトップへ戻る