RSS

ブログ

 

こんにちは!
先日友人と市内のカフェを巡りました。
その中でもプリンアラモードが美味しかったです(^^)
プリンアラモードはプリンだけでなく、フルーツやアイスクリームが乗っていてボリューム感満載のおやつでした☆
プリンには卵が使われています。「卵は完全食品で栄養素がいっぱい含まれている」と聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、具体的にどういうことを言っているかご存じでない方もいると思うので、今日はそのことについて書きます!

【卵の栄養素について】
私たちの身体には、体内で作ることが出来ない為、食事からとらなければならない9種類のアミノ酸があります。その9種類のアミノ酸のことを「必須アミノ酸」と言います。

身体にとって理想とされる「必須アミノ酸量」があります。食品に含まれている必須アミノ酸が、その理想とされる量に比べてどれくらいの割合で入っているかを示したものが“アミノ酸スコア”です。すべての必須アミノ酸が、必要とされる量を満たしている場合に、アミノ酸スコアは100になります。

アミノ酸スコアが100に近いほど良質のタンパク質であり、卵はこのアミノ酸スコアが100の食品です。

また、卵は1日1個までと昔は言われていましたが、最近では1日に何個食べても大丈夫と言われています。ただ、食べ過ぎは良くないので注意してください。

卵はいろいろな料理に使え便利なので、お弁当の色味に使ったりしてみてはいかがでしょうか(*^_^*)
12月からきぼう薬局に入社した事務員Mです。
私はミュージカル鑑賞が大好きで、月に1回は観劇しています。そこで、ミュージカルでもダイエット効果があると聞いたので調べてみました!

ミュージカルは、座って観劇しているだけで最大心拍数が50%~70%上がるそうです。これは心肺機能を刺激するのに最も効果的な数字で、ミュージカル観劇は約30分間の有酸素運動をしたのと同じ効果があるそうです。きっと、好きな舞台俳優や女優の演技が間近で見れますし、実際に歌が聞けるので自然と心拍数が上がるのではないかと私は考えています。

皆様も機会があれば、ぜひミュージカル観劇してみて下さい。
秋の気候の良いときに、母方の祖母と母と母の妹母娘と姉母娘と私で女子旅で、滋賀県は雄琴温泉に行ってきました!!

着いて温泉に入って、夕食の後に部屋の露天風呂に入って、次の日の朝も部屋の露天風呂に入って、大満喫致しました!!

じんましんについて...

先日仕事から帰宅した所、腕や足が痒いなと思い見てみたら、虫刺されのようにぷくりと腫れていました。
こんな季節に虫刺されもないだろうと思いましたが、そうこうしているうちに腫れがどんどん広がり、これは『じんましん』だとわかりました。

環境の変化やストレスが誘因となってじんましんが出ることもあるようで、じんましんが1か月以上続く慢性的な場合は、はっきりとした原因が特定出来ない事が多いようです。

治療法としては、まずは原因を避ける事。
これは、原因がそれとなくでもわかっていなければできませんが、ストレスを溜めないようにする事もじんましんを悪化させないためには大事です。
そして、症状がその内ひくからとほったらかしにせず、皮膚科などを受診しましょう。

2018/11/20

冷え症

こんにちは(^^)

最近、寒くなってきましたが、体調は崩してませんか?
私は、末端冷え症なのでこの時期、冷えで眠れなくなる事があります。
手足がポカポカして温かい人は血行がよく末梢血管が広がり、体内の熱を効率よく逃がして、「深部体温」を上手に下げることができます。ところが冷え症の方は、体内の熱を手足の先からうまく放出できず、余分な熱が体の中にこもるため「深部体温」をうまく下げられず、なかなか入眠することができないそうです。

改善方法は・・・
■ストレッチをする
■冷えに効くツボを押す
•気海(きかい)•合谷(ごうこく)•三陰交(さんこういん)
•太谿(たいけい)•築賓(ちくひん)•臀中(でんちゅう)
•八風(はちふう)•胞肓(ほうこう)
■お腹を温める
■38~40℃ぐらいのぬるめのお湯に長めに入る

などがあるそうなので、実践していきたいと思います。

2018/11/12

阿蘇山

こんにちは

先月のお休みに友達に会いに熊本に行ってきました!
阿蘇山と大観峰と言う山に行ってきました。交代で運転したため、山道はひやひやしましたが、景色はとても綺麗で阿蘇山の火口は温泉みたいでした。馬刺しも食べて帰ってきました☆

今回お肉について調べてみました。
お肉を食べることは、人が健康に生きるために大切なことです。牛肉や豚肉、鶏肉などは、20種類のアミノ酸からなるたんぱく質を豊富に含んでいます。このうち、人間の体で作り出すことができない9つのアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。

このアミノ酸バランスが整った食品が「良質たんぱく質」で、その代表格が肉や魚などの動物性たんぱく質です。よく、大豆などの植物性たんぱく質が健康に良いといわれますが、アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア)という点では、動物性たんぱく質のほうが優れています。

たんぱく質は筋肉や臓器などをつくる材料になります。つまり、「体そのものを作る」という点でも動物性たんぱく質は優れているのです。

お肉も体には欠かせない栄養素となっているみたいですね!

2018/11/05

伊勢路へ☆

こんにちは♪

昨日、三重県に駅伝大会を観に行ってきました。
はじめての雨のなかでの観戦で、いろいろ大変でした(^_^;)
でも、応援している大学が優勝したことや推している選手を目の前で見れたことが出来て良かったです!!

さて、この駅伝のゴールが伊勢神宮の内宮で、観戦の後におかげ横丁を散策して、磯揚げまる天を食べました。
温かくて美味しかったです(*^_^*)

今回は、『タコ』の栄養ついて紹介します。
・ビタミンE
活性酸素から細胞膜を守ると言われています。また、若返りビタミンと呼ばれ、肌や細胞の老化予防を期待できると言われています。
・ビタミンB12
赤血球を作るとされています。貧血や不眠症を予防し、動脈硬化を防ぐといわれています。
・亜鉛
免疫の補強、味覚感知などの効果があると言われています。細胞の老化を止め、免疫力を高めるといわれています。

他にもカリウムやリンなど、豊富な成分が含まれています。
タコがもつ数々の栄養は、老化防止や肌ツヤに効果があるといわれています。また、睡眠を促して十分な休養をとれるようになり、健康にもいいでしょう☆

2018/10/29

イタリアン(^^)

こんにちは☆
先日各店舗のメンバーで集まりパスタやピザを食べました!
その中でもマルゲリータが美味しかったです(^^)
マルゲリータはバジルの緑・モッツァレラチーズの白・トマトの赤がイタリア国旗を表しているとされ、イタリアでも有名なピザです。
今日はマルゲリータにも載っているトマトの栄養素について書きます☆
トマトはビタミンAになるβ-カロテンをやや多く含んでいます。髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
トマトの赤い色の元はリコピンといわれる色素です。これは、カロテンの一種ではあるのですが、β-カロテンとは違い、ビタミンAには変化しません。しかし、リコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあるそうです。それも、β-カロテンやビタミンEの何倍もの効果があるそうです。
トマトはさまざまな料理に使えるので積極的に使用してみてはいかがでしょうか。
 先日、友人とUSJのハロウィンナイトに行ってきました♪

 写真はアトラクションの1つの最後にラウンジで頂いた、ドリンクです(^^)
 アトラクションが終わったら、参加者でラウンジに集まって、アトラクションの感想などをみんなでお話したりする交流の場があり、知らない人ともコミュニケーションがとれて、楽しかったです。

咳と骨折について
 秋も深まり、朝晩と日中の気温差や、日々の気温の変化に体がついていかず、風邪を引いてしまいがちですが、咳が原因で肋骨を骨折してしまう事があるのをご存知ですか?
 風邪をひいた後、ひどい咳だけが残り、そのうち軽い咳をしただけで胸に激痛が走るようになった場合、肋骨の疲労骨折を考える必要もあります。
 咳という瞬発力により、肋間筋や肋骨の骨膜など胸部への負荷が加わり傷ついてしまったために痛みが起こります。
咳が原因で肋骨が骨折するということはあまり知られていませんが、風邪などによる長期間の咳き込みで、疲労骨折をおこすこともあるので注意が必要です。
 咳が長引いている場合は、咳を治さないと痛みは解決しないので早めに医療機関を受診しましょう。
こんにちは(^_^)/

少し前にはなりますが、お休みをいただいて、東京・神奈川に旅行に行ってきました。急遽一人で行くことになり、初めての泊りがけで一人旅にチャレンジすることに・・・(笑)
その日はまた誕生日で、東京の宿舎で一人で迎えました。
陸上観戦したり、東京タワーの前まで行ったり、夜に水族館に行ったりと、誕生日を満喫しました(*^_^*)
一人で泊りがけも良かったです♪

さて、本日10月15日は世界手洗いの日です。
10月も中旬となり、気温も下がり風邪が流行し始めています(>_<)
自分の体を病気から守る、最もシンプルな方法のひとつが、せっけんを使った手洗いです。手洗いで大切なのは、ばい菌や汚れをしっかり落とすことです。
外から帰った後、トイレの後、調理前、食事の前等には、せっけんを使い、ばい菌や汚れがついた泡を水で洗い流し、きれいなタオルでふきましょう。爪や指の間などもしっかり洗いましょう!!
手洗いの目安は20秒、水のみだと十分にばい菌を洗い流せないので石けんを使うことを心がけましょう(^_^)v

インフルエンザ、ノロウイルスの季節になりました。
手洗いから予防していきましょう(^^)/

2018/10/09

生ハムメロン

こんにちは(^^)/
皆様お祭りも終わってお疲れだと思いますが、今週からまたお仕事頑張ってください!

掲載している写真は先日、スタッフでご飯に行った時の一品です☆
私は初めて食べましたが、別々食べた方が・・・と思ってしまいました(^_^;)笑

この組み合わせに意味があるのかと少し調べてみたところ、
イタリアやスペインでは定番のオードブル(前菜)として、夏によく食べられているという生ハムメロン。
元々イタリアのメロンは、フルーツというよりも野菜に近く、青臭かったそうです。
その青臭いメロンのニオイを消すための手段として、メロンの上に生ハムをのせて一緒に食べるようになったと言われているそう。
産地にもよりますが、イタリアのメロンは甘さがうすいことから、生ハムと一緒に食べることで塩味が和らぎ、同時にメロンの甘みが引き立つ効果があると言われており、日本でいうところの「スイカに塩」と同じ感覚だと思われます。

生ハムとメロンの食べ合わせ・・・
メロンに含まれるカロチンと、生ハムに多く含まれるビタミンB1は、疲労回復・夏バテの防止にとても効果があります。
また、メロンに含まれるカリウムを同時に摂取することで、生ハムで取りすぎた塩分を体外に出してくれる働きが期待できるそうです。


2018/10/01

お米

こんにちは!

昨日の台風は大丈夫でしたか?
最近台風が続いて大変ですね。
ところで私の家には、最近新米がやってきました!食べ物のおいしい季節なので、これから美味しいものをたくさん食べて秋を楽しみたいですね(^^)

今回お米の栄養について調べてみました!
お米には、パワーの源となるでんぷんの他、タンパク質や脂肪、ビタミンB1やビタミンEなどの栄養素がふんだんに含まれていて、まさに栄養の宝庫です!なかでも成分の7割以上を占めるでんぷんは極めて質が良く、消化・吸収も高いので、力をたくわえ、持続するといわれています。

ごはん食での美容はダイエットだけではありません。お米からとれる米ぬかは、お肌にとても良く、夏の強い陽射しに多く含まれる紫外線を防いでくれます。さらに、紫外線を浴びたお肌をやさしくいたわる成分を含んだ、効果てきめんの自然派化粧品なのです。最近では、米ぬかを原料とした基礎化粧品やシャンプーなども多数あります。

最近少し肌寒くなり、体調を崩しやすい時期ですが、美味しいものをたくさん食べて乗り越えたいですね!
こんばんは!
先日の連休に東京ディズニーシーに行ってきました。
ミッキーやダッフィーに会えてよかったです。
突然ですが、皆さん朝ごはんはきちんと召し上がっていますか?今日は朝ごはんについて書きます(^_^)
【朝ごはんについて】
パンは、手軽で食べやすいですが、小麦粉からできているため消化が早いです。なので、すぐに満腹感を得られますが消化吸収が早いので、すぐにまた空腹を感じてしまいます。
そして、次の食事までの間にまた何か食べてしまったり、なんてことに。結果として、ご飯以上にカロリーを摂ることにもなりがちです。
また、パンは食べる際にバターやマーガリン、ジャムなどをつける場合がほとんどで、パン自体にもバターなどの油脂が使われています。そのため、少量でも意外と高カロリーになってしまいます。中でもクロワッサンやデニッシュは、作る際にかなりの量のバターが使われています。
パンに対して、ご飯は消化吸収が緩やかで、血糖値も緩やかに上昇するので体への負担も軽く、腹持ちも良いです。
また、パンよりもご飯のほうが噛む回数が多く、だ液がよく分泌されて胃や腸で消化しやすくなる上に、噛むことによって満腹感を得られやすいのです!!
更に、ご飯にはビタミンやミネラルが豊富に含まれ、納豆や魚、味噌汁などと一緒にご飯を食べれば、栄養バランスはばっちり。
朝から一汁三菜を揃えて食事をするのはなかなか難しいかもしれませんが、朝はパンだけだったという人は、まずはご飯と味噌汁に変えてみてはいかがでしょうか?

2018/09/18

わたあめ

先日、友人とランチビュッフェに行きました☆
そこでは『わたあめ』を自分で作ることが出来たので、子供に交じって(笑)作りました(^_^)/

9月に入り、体には夏の疲れが溜まっているうえ、昼夜の気温変化も激しくなります。季節の変わり目には、しっかりとした体調管理をしないと「冷え」による思いがけない体調不良につながります。

冷え症は寒い時期の代表的な症状ですが、夏場では服装や食事が「冷え」に対して無防備になりがちで、低めの温度のエアコンや冷たい飲み物、食べ物などにより、体温の低下や血行不良を起こす人が多く見られます。

•首、手、足から冷えるので、その部分の保温をしっかりとしましょう。
•いつまでも夏用の寝具・パジャマは使わないように注意しましょう。
•エアコンの使用は暑い日だけにして、設定温度も高めにしましょう(外気との温度差は5度以内に)。
•ウオーキングやストレッチなど軽い運動を心がけましょう。
•38~40度くらいのぬるめの湯でゆっくりと半身浴をして、体の芯から温めましょう。
•十分な睡眠をとりましょう。
こんにちは(^^)

先週の台風21号で皆さん停電などの被害に遭われたかと思います。
私も、4日ほど停電しており大変でしたが、友達・親族に助けられ過ごしておりました。
ほとんどの地域が復旧していると思いますが、まだの方もいらっしゃり、お力落としの事でしょうが、一日も早い復興を
お祈り申し上げます。

写真は、少し落ち着いた週末にランチに行ってきました☆

朝・晩は涼しくなり、秋が近づいてきましたね(^_^)/
スポーツの秋!読書の秋!食欲の秋!猛暑を越したこの過ごしやすい季節は、年間を通じて心身ともにリラックスしやすい季節ですね。秋に多くなる目の病気はあまり注目されていませんが、秋は「秋の夜長」や「読書の秋」などといわれ、暗い照明で字を読んだり書いたりする機会が増え、目が疲れやすくなったりします。目が疲れやすいと、つい指でこすってしまい、ものもらい(麦粒腫)の罹りやすくなるので注意しましょう。

疲れ目を癒すアイケア・・・
蒸しタオルを目の上にあてるだけで血流が良くなり、疲れも解消しやすくなります。ただし、ひどい充血をしている時はアイスパックで冷やしましょう。※眼球自体を押したりしてはいけません。目は酸化によるダメージを受けやすいので、抗酸化物質を多く含む緑黄食野菜や鮮やかな色のフルーツを摂りましょう。

2018/09/03

花火☆

こんにちは!
一昨日と昨日、地元で花火大会がありました。
私の家からは見えないので、(自称)家の近所でキレイに見える場所に行って見ました(^^)
とてもキレイで、写真撮りながら感動してました(*^_^*)

さて、9月に入り、まだまだ暑いですが、いよいよ秋ですね。
秋といえば「食欲の秋」ですね。ご飯が美味しくて、たくさん食べたくなりますが、早食いは禁物です。
食事をすると、血液中のブドウ糖の濃度が上昇し、満腹中枢がそれに反応して、満腹感を知らせますが、ブドウ糖の濃度が上昇するには、ある程度の時間が必要です。
そのため早食いをすると、満腹感が得られる前に多くの食事をとってしまいがちになり、摂取エネルギー量が多くなるため肥満につながると考えられています。

肥満を防ぐためには、「よく噛むこと」が大切です。
一口で30回噛むことが推奨されています。
また、噛むことは肥満だけでなく体に良い影響を与えます。

・脳の発達
よく噛むことは脳細胞の働きを活発化します。
あごを開けたり閉じたりすることで、 脳に酸素と栄養を送り、活性化します。子どもの知育を助け、 高齢者にとっては認知症の予防に役立ちます。

・歯の病気を防ぐ
よく噛むと唾液がたくさん出て、口の中をきれいにします。
この唾液の働きが、 虫歯になりかかった歯の表面をきれいにしたり、細菌感染を防いだりして、虫歯や歯周病を防ぎます。

・胃腸の働きを促進する
よく噛むと消化酵素がたくさん出て、消化吸収を助けてくれますが、食べものがきちんと咀嚼されないと、胃腸障害の原因となりがちです。

よく噛むコツとして、食材は大きく、厚めに切り、噛みごたえがある状態にしましょう。
きのこやこんにゃくなど食物繊維を多く含む食材を使ったり、魚や肉は骨付きのものを選ぶと噛みごたえや食べにくさから時間をかけて食べることができますよ(^_^)/
こんにちは(^^)

8月ももうすぐ終わっちゃいますね!
夏が終わり涼しくなってきたころに、暑さによる疲れが蓄積した体が朝晩の急激な気温の変化に対応できず、かぜをひいたり、体重が減ってしまったりなど、体調を崩してしまうことがあります。これらの症状も夏バテと同様ですが、「夏バテ後遺症」や「秋バテ」などとも呼ばれています。
夏バテにならなかった人でも、季節の変わり目は気温や湿度、気圧の変化などによって体調を崩しやすくなります。疲れが蓄積した体にはなおさらのこと。夏バテ後遺症を引きずらないためには、早めに体の疲れをとってあげることが大切です。
●温かいスープで体を温める
弱った胃腸の調子を温かいスープなどで整えましょう。
●衣服や入浴で体を温める
日中はまだまだ暑いからと一日中夏の服装のままでいると体が冷えてしまいます。特に明け方はぐっと気温が下がりますので薄着のままで寝ないこと。また、2日に1回は湯船に浸かって体を温めましょう。
●週末はゆったり過ごして体を休める
季節の変わり目でもある初秋は、夏の疲れを残さないための体の調整期間に充てましょう。週末にはできるだけ横になる時間を増やしたりして、「だら~」とゆったり過ごすことも大切です。ただし、起床や就寝、食事の時間は、規則正しく一定にというのが基本です。

わたしは夏バテもなく元気で食欲もばっちりです♪
先日もおいしいピザおなかいっぱい食べてきました(*^_^*)
ただ…秋も食欲ですし…ww
運動も少ししないと体重が…(^_^;)

芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋…etc。一年で最も充実した活動ができる季節を元気に迎えるために、夏バテの後遺症をいつまでも引きずらないよう、しっかりとケアしましょう。

2018/08/20

吊り橋

こんにちは

ずっと行きたいと思っていた、星のブランコの吊り橋に行ってきました。最初迷ってしまい、なかなかたどり着けず、天気も良かったので汗だくになりながら、山道を登ってようやく辿り着いたときはとても嬉しかったです!
見渡す限り緑でリフレッシュされました。次は紅葉や桜の時期に行くともっと風景を楽しめるかもしれないなと思いました。

今回汗の効果について調べてみました
1.デトックス効果

汗をかけばかくほど、体内にたまっている老廃物や毒素がそとに出ていきます。つまり、“デトックス効果”が高まるのです。デトックスという言葉には、解毒(げどく)、毒出しの意味があります。私たち人間の体には、毎日生活していると自然と有害物質が生まれるでしょう。有害ミネラルや食品添加物、老廃物といった有害物質は不要なものです。老廃物・毒素の滞在期間が長くなると、血液をとおってさまざまな臓器に伝わってしまいます。
デトックス効果を高めると体内がキレイになるのです。老廃物や毒素のおよそ8割は便から出ていますが、汗も入っています。汗を意識的に出さない人は、毒素をためこむ傾向があるので注意しなければなりません。美肌効果もあるので女性は要チェックです。

2.ストレスや病気などの抵抗力がつく

風邪を引いたり、仕事でミスをしたり、人間関係がうまくいかなかったり…、日々の生活においてストレスを感じることは多いでしょう。過剰にストレスを感じてしまえば、精神が不安定になると同時に体調も悪くなります。さらに、悪い汗をたくさんかくケースもあるのです。
汗をかくことは体調を整えることにつながります。体調が整った状態を保ち続けると、ストレスや病気に対する抵抗力も自然と身につくのです。精神面が強く、健康的な体になるでしょう。以上のように、汗をかくことは健康・精神ともにいい効果をもたらしてくれるのです。

3.発汗量が増えるほど血液がサラサラに

血液がドロドロになると脳梗塞や動脈硬化になりやすくなります。汗をかかない人ほど血液がドロドロになっているものです。汗をかくことは、サラサラの血液につながります。発汗量が増えれば増えるほど、血行促進効果も高くなるでしょう。血液がサラサラになれば動脈硬化のリスクも低くなります。
また、悪い汗をかきにくくなり、気持ちの良いサラサラの汗に変化するでしょう。今まで汗の臭いや気持ち悪さを感じていた人は、生活習慣を改善しながら運動を続けてください。発汗作用を高めつつ、体の外側・内側をキレイにしていきましょう。

最近運動から遠ざかっていたので、少し体を動かして汗をかかなければいけないなと思いました。

2018/08/13

黒潮市場(^^)

こんにちは!
昨日の休みに和歌山の黒潮市場に行ってきました!
ちょうどまぐろの解体ショーが開催されていました。
夏休みのこども達や外国の方が多くにぎわっていました。
今日はまぐろの栄養素について書きます!
【まぐろの栄養素について】
①DHA(ドコサヘキサエン酸)
オメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸で、脳に多く含まれていると言われる。情報伝達をスムーズにし、記憶力の低下を防ぎ、気力の低下や不安を抑え精神を安定させる効果が期待できるだろう。血中DHAが高いと、認知症になるリスクが下がるとして注目されている。
②EPA (エイコサペンタエン酸) 
同じくオメガ3脂肪酸の一種で、主に血液内で血管を拡張したり収縮させたりする働きがあると言われている。血液をサラサラにきれいにするので、血栓を予防し心臓病を防ぐとされている。
③タンパク質
3大栄養素の1つであるタンパク質は、筋肉をはじめとして皮膚、髪、爪など体のほとんどの部分に存在していて、体を作る大切なものと言われている。マグロは良質なタンパク質でアミノ酸スコアが優れているうえに、100g当たりのタンパク質含有量は牛肉や鶏肉よりも多い。

マグロにはそのほか、鉄分、カリウムなどミネラル分を多く含み、肝臓の働きを助けるとされているメチオニン、シスチンなどのアミノ酸、コレステロールを調節するリノール酸、リノレイン酸なども含む。

です☆
まぐろは日本人が一番好きな魚と言われています。クセが少ない魚なのでさまざまな料理にして召し上がってみてはいかがでしょうか。
先日、甥っ子を連れてカップヌードル記念館に行くバスツアーに参加してきました!!
中国からの観光客もたくさんいらっしゃって大賑わいでした(^o^)

ヘルパンギーナと言う言葉をご存知でしょうか。
甥っ子が帰宅後風邪を引いたのですが、ヘルパンギーナと言う風にかかってしまいましたので、調べてみました。

症状は
潜伏期間は、3〜6日。
39℃以上の熱が1〜3日つづくと同時に、のどが赤く腫れて小さな水疱がたくさんできます。水疱は2〜3日でつぶれて黄色い潰瘍になります。
のどの痛みが強いために、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすこともあるようです。

対策について
ヘルパンギーナは、くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する「飛沫感染」と、舐めて唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借りなど、手が触れることで感染する「接触感染」が主な感染経路です。また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排出されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がるそうなので、日頃から気をつけましょう!

2018/07/30

ビアガーデン

こんにちは(^^)
28日の土曜日にビアガーデンに行っていきました☆
台風が来るとの事でしたが、早め開始だったので無事開催する事ができました(*^^)v

ハワイアン料理とお酒を美味く頂きました♪

ですが、お酒は利尿作用が強い為、補給しても思ったほど水分が身体に残らないそうです。アルコールは腎臓の血液の循環を増やし、結果的に尿が増えます。ビールなどのアルコールを飲むと、飲んだ以上に排尿があるそうです。
その為、水分補給していると思っていても知らぬ間に脱水症状になっている可能性もありますので、気をつけてください!

アルコールと同じ量のお水を飲むのが理想ですが、就寝前にお水を飲む事で二日酔いを和らげる事にもなるそうなので水分補給を忘れず、楽しく適度にお酒を楽しんでください(*^_^*)


週末の台風の影響が出ている地域、地震、大雨と自然災害が続いていますが、皆様お気をつけてください!!

▲ このページのトップへ戻る