RSS

ブログ

 

2018/08/20

吊り橋

こんにちは

ずっと行きたいと思っていた、星のブランコの吊り橋に行ってきました。最初迷ってしまい、なかなかたどり着けず、天気も良かったので汗だくになりながら、山道を登ってようやく辿り着いたときはとても嬉しかったです!
見渡す限り緑でリフレッシュされました。次は紅葉や桜の時期に行くともっと風景を楽しめるかもしれないなと思いました。

今回汗の効果について調べてみました
1.デトックス効果

汗をかけばかくほど、体内にたまっている老廃物や毒素がそとに出ていきます。つまり、“デトックス効果”が高まるのです。デトックスという言葉には、解毒(げどく)、毒出しの意味があります。私たち人間の体には、毎日生活していると自然と有害物質が生まれるでしょう。有害ミネラルや食品添加物、老廃物といった有害物質は不要なものです。老廃物・毒素の滞在期間が長くなると、血液をとおってさまざまな臓器に伝わってしまいます。
デトックス効果を高めると体内がキレイになるのです。老廃物や毒素のおよそ8割は便から出ていますが、汗も入っています。汗を意識的に出さない人は、毒素をためこむ傾向があるので注意しなければなりません。美肌効果もあるので女性は要チェックです。

2.ストレスや病気などの抵抗力がつく

風邪を引いたり、仕事でミスをしたり、人間関係がうまくいかなかったり…、日々の生活においてストレスを感じることは多いでしょう。過剰にストレスを感じてしまえば、精神が不安定になると同時に体調も悪くなります。さらに、悪い汗をたくさんかくケースもあるのです。
汗をかくことは体調を整えることにつながります。体調が整った状態を保ち続けると、ストレスや病気に対する抵抗力も自然と身につくのです。精神面が強く、健康的な体になるでしょう。以上のように、汗をかくことは健康・精神ともにいい効果をもたらしてくれるのです。

3.発汗量が増えるほど血液がサラサラに

血液がドロドロになると脳梗塞や動脈硬化になりやすくなります。汗をかかない人ほど血液がドロドロになっているものです。汗をかくことは、サラサラの血液につながります。発汗量が増えれば増えるほど、血行促進効果も高くなるでしょう。血液がサラサラになれば動脈硬化のリスクも低くなります。
また、悪い汗をかきにくくなり、気持ちの良いサラサラの汗に変化するでしょう。今まで汗の臭いや気持ち悪さを感じていた人は、生活習慣を改善しながら運動を続けてください。発汗作用を高めつつ、体の外側・内側をキレイにしていきましょう。

最近運動から遠ざかっていたので、少し体を動かして汗をかかなければいけないなと思いました。

2018/08/13

黒潮市場(^^)

こんにちは!
昨日の休みに和歌山の黒潮市場に行ってきました!
ちょうどまぐろの解体ショーが開催されていました。
夏休みのこども達や外国の方が多くにぎわっていました。
今日はまぐろの栄養素について書きます!
【まぐろの栄養素について】
①DHA(ドコサヘキサエン酸)
オメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸で、脳に多く含まれていると言われる。情報伝達をスムーズにし、記憶力の低下を防ぎ、気力の低下や不安を抑え精神を安定させる効果が期待できるだろう。血中DHAが高いと、認知症になるリスクが下がるとして注目されている。
②EPA (エイコサペンタエン酸) 
同じくオメガ3脂肪酸の一種で、主に血液内で血管を拡張したり収縮させたりする働きがあると言われている。血液をサラサラにきれいにするので、血栓を予防し心臓病を防ぐとされている。
③タンパク質
3大栄養素の1つであるタンパク質は、筋肉をはじめとして皮膚、髪、爪など体のほとんどの部分に存在していて、体を作る大切なものと言われている。マグロは良質なタンパク質でアミノ酸スコアが優れているうえに、100g当たりのタンパク質含有量は牛肉や鶏肉よりも多い。

マグロにはそのほか、鉄分、カリウムなどミネラル分を多く含み、肝臓の働きを助けるとされているメチオニン、シスチンなどのアミノ酸、コレステロールを調節するリノール酸、リノレイン酸なども含む。

です☆
まぐろは日本人が一番好きな魚と言われています。クセが少ない魚なのでさまざまな料理にして召し上がってみてはいかがでしょうか。
先日、甥っ子を連れてカップヌードル記念館に行くバスツアーに参加してきました!!
中国からの観光客もたくさんいらっしゃって大賑わいでした(^o^)

ヘルパンギーナと言う言葉をご存知でしょうか。
甥っ子が帰宅後風邪を引いたのですが、ヘルパンギーナと言う風にかかってしまいましたので、調べてみました。

症状は
潜伏期間は、3〜6日。
39℃以上の熱が1〜3日つづくと同時に、のどが赤く腫れて小さな水疱がたくさんできます。水疱は2〜3日でつぶれて黄色い潰瘍になります。
のどの痛みが強いために、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすこともあるようです。

対策について
ヘルパンギーナは、くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する「飛沫感染」と、舐めて唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借りなど、手が触れることで感染する「接触感染」が主な感染経路です。また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排出されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がるそうなので、日頃から気をつけましょう!

2018/07/30

ビアガーデン

こんにちは(^^)
28日の土曜日にビアガーデンに行っていきました☆
台風が来るとの事でしたが、早め開始だったので無事開催する事ができました(*^^)v

ハワイアン料理とお酒を美味く頂きました♪

ですが、お酒は利尿作用が強い為、補給しても思ったほど水分が身体に残らないそうです。アルコールは腎臓の血液の循環を増やし、結果的に尿が増えます。ビールなどのアルコールを飲むと、飲んだ以上に排尿があるそうです。
その為、水分補給していると思っていても知らぬ間に脱水症状になっている可能性もありますので、気をつけてください!

アルコールと同じ量のお水を飲むのが理想ですが、就寝前にお水を飲む事で二日酔いを和らげる事にもなるそうなので水分補給を忘れず、楽しく適度にお酒を楽しんでください(*^_^*)


週末の台風の影響が出ている地域、地震、大雨と自然災害が続いていますが、皆様お気をつけてください!!
こんにちは!
毎日とても暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

先日、琵琶湖バレイにあるテラスに行ってきました。
着いてすぐは雲がかかっていて、「琵琶湖のキレイな景色、今日は見れないかな…」と思っていたのですが、併設のカフェで休んでいる間に青空がでてきて、キレイな琵琶湖が見えました(*^_^*)
カフェで食べたカレーパンも美味しかったです♪

さて、ロープウェイで標高1100m程でしょうか、上ってテラスに行ったのですが、耳が詰まった感覚になりました。
皆さんも飛行機やエレベーター等で、経験したことないでしょうか。
今回は飛行機の上昇・下降時に耳が詰まったり、痛くなるといった症状についてとその予防・対処法を紹介します。

★原因
機内の気圧が変化したために鼓膜の奥にある中耳の空気が膨張・収縮しようとするからです。もし、かぜやアレルギー性鼻炎の症状があると、鼻の粘膜が腫れ、耳管が開かなくなり、中耳炎になることもあります。

★予防法
旅行前に風邪やアレルギー性鼻炎の治療を受けておきましょう。当日、かぜやアレルギー性鼻炎の症状があったら、市販の点鼻薬を搭乗前・下降前に使用してください。

★対処法
飛行中に耳が痛くなった場合はつばを飲みこんだり、あくびをしたり、飴をなめてみてください。それでも効果がない場合は、下記のように耳抜きをやってみてください。
①まず、鼻をかみます。
②息を軽く吸い込み、鼻をつまみ、口を閉じて吸い込んだ息を耳の方へ送り込むようにします。(あまり強くやらないようにしてください)
③最後に唾を飲みこみます。

また、小児の航空性中耳炎で子供が泣きだすことがあります。その時は、耳管が開きやすいようにミルクやジュースを飲ませてください。

鎮痛剤やアメは飛行機内に置いていることもあるそうなので、乗務員の方に聞いてみて下さい★

まだまだ暑い日が続きますので、水分をしっかりとる等で熱中症に気をつけてください(^^)

2018/07/17

熱中症対策!

16日!祝日!
BBQしました(^^)
すっごく楽しかったのですが、暑くて暑くて(^_^;)
ほんっと!この3連休暑かったですよね~
みなさま体調大丈夫でしょうか?
全国でたくさんの人が熱中症で救急搬送されてるようですが、熱中症対策できてますでしょうか?

今日は水分補給についてです!!

☆水分補給が熱中症の悪化につながることも?!
高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどにより汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。そこに水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。
つまり、水分だけを補給することがかえって、熱中症の発症へとつながったり、悪化させたりすることもあるのです。

☆熱中症時の水分と塩分の補給の仕方
熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。自分で手軽に作れる食塩水もよいでしょう。
目安として、1ℓの水に対して1~2g の食塩を加えます。
さらに、長時間のスポーツなどで失われた糖分を補い、エネルギーを補給するために砂糖などを加えると、水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもつながるのでより効果的です。
手早く塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクなどによる水分補給もおすすめです。ただし、カフェインの入った飲み物は利尿作用が強くなるので避けましょう。

☆ポイント☆→熱中症のときには、上手な水分・塩分補給がポイントです。水分だけでなく塩分も補給することで、症状の改善が期待できます。塩分の補給には、塩分を含む飴・タブレットや梅干しなどもよいでしょう。熱中症の症状が見られる際、意識がはっきりしない場合は大至急医療機関へ。意識がはっきりしている場合は、涼しい日陰や屋内で適切な水分・塩分補給を行い、安静にすることで多くは改善します。いつもと違うなと感じたり不安があったりするときには医療機関を受診しましょう。
また、こまめな水分・塩分の補給は熱中症予防にも有効です。とりわけ1時間を超える長時間のスポーツなどの際には、塩分に加え糖分の入ったスポーツドリンクなどでこまめに水分補給することで、熱中症を予防しましょう。

まだまだ毎日暑いですが、こまめに水分補給して夏を乗り切っていきましょう(*^_^*)

2018/07/09

海遊館

こんにちは!

少し前に久しぶりに海遊館に行ってきました。少しリニューアルされていて、違った風景を楽しめました。久しぶりだったので、すごく癒されました。

話は変わりますが、先日の大雨で被害など受けていませんでしょうか?地震に続いて大雨が降って、災害がこれ以上続かないことを祈りたいです。

災害が起こった際、電話が繋がりにくいときに利用できる伝言用ダイヤルについてご存知ですか?

メッセージを残す
1 171をダイヤル
2 「1」(録音)を選ぶ
3 自分(被災地)の電話番号をダイヤル
4 メッセージの録音

メッセージを聞く
1 171をダイヤル
2 「2」(再生)を選ぶ
3 被災地の方の電話番号をダイヤル
4 メッセージの再生

最近このような伝言方法があることを知りました。電話など繋がらない際は、利用しようと思います。

2018/07/02

夏バテ防止☆

こんにちは(*^_^*)
先日本社で私が考案した栄養レシピをみんなで作りました。
メニューは豚キムチパスタで好評で嬉しかったです。
今日は暑い夏にオススメのキムチについて書きます。
【キムチについて】
1.免疫力を高める…新陳代謝をよくする、体を温める(しょうが)
2.疲労回復効果…糖をエネルギーにするときに使われるビタミンB1の吸収を高める(にんにく)
3.便秘解消効果…生きたまま腸内に到達し善玉菌を増やす(乳酸菌)、便秘解消効果(白菜)
4.美肌効果…皮膚の新陳代謝を活性化させて荒れた肌を改善する働き(白菜)
5.ダイエット効果…脳の神経を刺激し、褐色脂肪細胞の働きをよくするので代謝が上がる、脂肪を燃料させる「リパーゼ(酵素)」を活性化する(唐辛子)

などです。
キムチはさまざまな栄養素が含まれていますが、塩分量が多いので食べ過ぎに注意してください!(^^)!

2018/06/25

さくらんぼ♡

知人からさくらんぼをいただきました(^^)
かわいいふたごちゃんがいてたので思わず写真を撮ってしまいました(*^_^*)

日に日に日差しが強まって来ましたが、実は直接肌に紫外線を浴びることだけでなく、目に入る紫外線も日焼けの一因となるってご存知でしたか?

目から入った紫外線によって目の細胞がダメージを受けると、脳が「日差しが強い」と判断し、メラニン色素を作るように全身に指令を出してしまうそうです!

紫外線から目を守るためのもっとも有効な方法は、サングラスをかけることです。

サングラスを選ぶ際に重視すべきことは、紫外線カット加工の有無です。必ず紫外線カット加工が施されているサングラスを選ぶようにしてください。

なお、どうしてもサングラスに抵抗のある人は、メガネやコンタクトレンズでもUVカットができるタイプのものがあるので、そちらを活用してみてはいかがでしょう??

2018/06/18

ほうじ茶ラテ

こんにちは(*^_^*)
本日、地震がありましたが、皆様お怪我などございませんでしょうか?
余震があるかもしれないとの事ですので、お気をつけてください。

本日は、週末に出かけた際、お茶のカフェがあったので立ち寄りました(^O^)
そこで、ほうじ茶ラテを飲みました☆
アイスものっていて、とても美味しかったです♪

ほうじ茶の効能として最も良いのが、その香りがもたらすリラックス効果です。
緑茶に封じ込められたピラジンという香り成分が効能の正体。
焙煎したことでその香り成分が解き放たれ、ふわっと漂うんです。

さらにほうじ茶にはカフェインが少ないので、夜寝る前に飲んでも眠れないということはなく、逆に寝つきが良くなる効果も期待できます。妊婦さんでも安心して飲んで頂けるお茶です。

また、先ほど挙げたピラジンという香り成分は、冷え症改善の効能もあるんです。
血管を広げる効果を持っているので、血液の流れが良くなるんですね。
日常生活で不足しがちなミネラルなども含んでいるので、毎日意識的に飲むようにしたいですね。

ぜひ、試してみてください(^^)
6月9日はロックの日です!!
学生時代バンド演奏していたこともあり、ロックが好きでよく聞きます♪
写真の赤いスピーカーを愛用しており、重低音を効かして聞くのが好きです(*^_^*)
普段から通勤時にはイヤホンで音楽聞くのが日課なのですが、あまり聞きすぎるのもよくないですよね。
そこで今回は耳の健康について紹介します☆

長時間大きな音を聞くのは耳に大きな負担がかかるので、大きな音のする場所やヘッドホンの大音響は避け、年に1回は聴力検査を受けましょう。

耳の健康を保つためには、ビタミンやミネラルが多く含まれる黒ゴマやほうれん草、海草類などを摂り、ストレスや疲労をためないような食生活を心がけましょう。
また、耳の複雑な骨の構造を維持するためには、鶏肉、えんどう豆、しらす干しなどの食材から十分なカルシウムの補給も必要です。

もし、耳がふさがった感じがする、音が響いて聞こえる、めまいがする、耳鳴りがする、耳が痛い、普段と違う耳アカがとれるなど、耳に不調を感じたら耳鼻咽喉科に受診しましょう(^^)

2018/06/05

梅雨

が・・・はじまりますね↓↓
お天気がかわりやすいので
体調には気を付けてください(*^_^*)

なので今日は
気象で体調が悪くなりやすい人におすすめの対策をご紹介します♪

①スクワットなどの運動を行う
気圧が低いことによるに体調不良時は、体内の血流が悪くなっている可能性があります。簡単にできる予防法として、運動をすることが挙げられます。余計なスペースを使うことなく、自宅でもできる運動、特に末端を含め全身の血流を活性化させられるスクワットがおすすめです。

②体を温める
エアコンを使いはじめる時期は、体の体温が下がりやすくなります。水分の過剰な補給はこれに輪をかけて体温を下げてしまいかねません。関節痛をお持ちの方は、カイロなどを使って、痛みがある部分を温めると効果的です。

③毎朝の起床時間をなるべく同じにする
現代では、室内の温度は春夏秋冬問わず同じ程度の、いわば体にやさしい環境になっています。しかし、外気温はそうではないため、寒暖差によって自律神経に影響を及ぼしやすい環境となってしまっているのです。仕事の日、休みの日問わず毎朝同じ時間に起きることは自律神経を整える第一歩と言っても過言ではありません。

気象によって体調が悪くなりやすいかどうか人それぞれかと思いますが、梅雨の時期は体調を崩しやすい気象です。良い体調のまま仕事するためにも、体のケアを怠らないようにしていきましょう。

2018/05/29

バラ園!(^^)!

こんにちは☆
先日大阪市内で開催されていたバラ園に行ってきました。
色とりどりのバラが咲いていてとてもきれいで、写真をたくさん撮りすぎてしまいました。
話は変わりますが、「糖化」という言葉を聞いたことはありますか。似たような言葉で「酸化」という言葉はご存知の方も多いと思いますが、「糖化」も最近注目されているので、今回は「糖化」とはどんなものかについて書きたいと思います。
【糖化とは】
酸化は身体がさびることを言いますが、糖化は身体が焦げることを言います。体内に入った糖質(ブドウ糖)が肌内部のタンパク質と結合することで茶褐色の物質が生成されてしまい、その結果、肌の構造が変化し、劣化することをいいます。つまり、糖化は糖分の摂りすぎでおこります。下記に糖化を防ぐ方法を書きます!
①主食のパンやごはんといった炭水化物を摂る前に、食物繊維が豊富な野菜やキノコ類、たんぱく質を含む肉・魚類を食べる②30分から1時間のウォーキングは、糖化のリスクを減少させることができるだけでなく、さまざまな生活習慣病に対しても有効です
③煙草を吸わない
などがあります。
糖質ダイエットが流行りましたが、糖質を摂らなさすぎると身体が飢餓状態に思うのでオススメはしないです。
糖質は主食だけでなく、甘い食べ物やお菓子にも多く含まれています。摂りすぎないように注意することが大切です(*^_^*)

2018/05/07

貝の栄養素

こんにちは☆
GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は、初日の夜にバーベキューをしました♪


今回は貝の栄養素をご紹介します。
貝は春の季語というのをご存知ですか?
蛤などが産卵を控えてふっくら肉厚で旨みを増す時期、つまり旬であることに由来するそうです。
「旬の時期の食材は一番栄養価が高い」と一般に言われています。
貝類の良さは、味、そして豊富な栄養価にあります。良質なたんぱく質の宝庫だけでなく、疲労回復に力を発揮するタウリンを豊富に含み、 さらにビタミンA・Eやミネラルにも恵まれています。
特に注目したいのは亜鉛とビタミンB12。亜鉛は、たんぱく質の代謝を促進させるだけでなく、“味覚”を正常に保つことにも関係しています。 ダイエット中は食事を減らすため、体外から摂取に頼る亜鉛が不足になり、味覚障害が起こりやすいといわれています。
それを避けるためにも、貝類を積極的に食べて、亜鉛を体内に取り込みたいですね。


休み明けのお仕事・学校等また始まりましたが、
頑張りましょう(^^)/
こんにちは!
みなさまGWはいかがお過ごしでしょうか。

私は日曜日に阪急うめだにいってきました!
かわいいキャラクターグッズなどが販売されているイベントが行われていたので行ってきました(^^)/
かわいいキャラクターたちにいっぱい癒されました(*^^)v
そこで、カスタマイズティーボトルが売っており、ボトルが可愛くて買っちゃいました。
私は、いちごとローズマリーティーを飲みました☆
美味しかったのですが、そもそもローズマリーが何なのか知らなくて……調べてみました(^_^;)笑

ローズマリーは臭み消しなどに使われるハーブで、脳を活性化させ、体の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、「若返りのハーブ」とも言われています。
そんなローズマリーの効果は…
①記憶力や集中力を高めたり、精神を高揚させ、軽いうつ病を和らげる
②血液の循環を良くして、血管を強くしているので体の中からも若返る
③頭皮の血行をよくするので、抜け毛や育毛促進
といったものがあります。

肉料理や、魚料理、ハーブティーなどで使ってみてください(*^_^*)
こんにちは(^^)
日曜日にフワフワのシフォンケーキがのっかったパフェを食べました♪(*^_^*)♪
お天気もよかったですし、おでかけ日和でしたね♡
本日はあいにくの雨ですが、お帰りのさいは気をつけてください!!

来週はいよいよGWですね(^o^)
そこで、GWに気をつけたいことを紹介します!

①海外へ渡航される皆さまへ
☆蚊やマダニなどが媒介する感染症に注意!
渡航先や渡航先での行動によって、感染する可能性のある感染症は大きく異なりますが、蚊を媒介した感染症が世界的に多く報告されています。
特に、熱帯・亜熱帯地域ではマラリア、デング熱、チクングニア熱、ジカウイルス感染症などに注意が必要です。
蚊に刺されたり、マダニに咬まれたりしないように、野外活動の際には、長袖・長ズボンを着用する、素足でのサンダル履きは避ける、虫除け剤を使用するなど注意しましょう。
☆渡航中及び帰国後に体調が悪くなったら
・空港や港に設置されている検疫所では、渡航者の方を対象に健康相談を行っています。帰国時に発熱や咳、下痢、具合が悪いなど体調に不安がある場合、又は、動物に咬まれたり、蚊に刺されたなど健康上心配なことがあったら検疫官に相談してください。
・感染症には、潜伏期間が数日から1週間以上と長いものもあり、帰国後しばらくしてから具合が悪くなることもあります。その際は、早急に医療機関を受診し、渡航先、滞在期間、現地での飲食の状況、渡航先での職歴や活動内容、動物との接触の有無、ワクチン接種歴などを必ず伝えてください。

②野外での活動をされる皆さまへ
草むらや森林での活動、野生動物と接する場合は、長袖・長ズボンなど、肌の露出が少ない服装をしましょう。虫除け剤も補助的な効果があります。
また、野外から戻ったら、衣服の表面や体にマダニなどの虫がついていないか確認しましょう。
そして、野外で着ていた服は家の中に放置せず、すぐに洗濯したり、日光にあてて乾燥させましょう。

③感染症を未然に防ぐために
・手やのどについた菌やウイルスを洗い流すために、手洗いとうがいを行いましょう。特に、帰宅した時、調理や食事の前、動物に触れた後、排泄の後には、液体石けんを使い丁寧に手を洗いましょう。
・免疫力を低下させないためには、栄養バランスの良い食事をとり、睡眠不足にならないように注意しましょう。

楽しいGWをお過ごしください(^o^)
こんにちは

先日、造幣局の通り抜けに行ってきました。
色々な種類のがあり、桜をたくさん見ることが出来て、感動しました。天気も良かったため、人もたくさんいて、にぎわっていました。晴れていたので、紫外線も強かったと思います。

そこで、紫外線の強い時間について調べてみました。

紫外線が一番強い時間帯は11時~15時です。太陽が真南に来る時刻(11時~12時半位の間)が目安となりますが、正午前後の午前10時~午後2時が最も多く、この4時間で1日に降り注ぐ紫外線の約50%以上を占めていると言われています。

曇りの時でも、特に明るい曇り空の場合は紫外線が強いですので要注意!

また、雨がやんだあとも、空気中のホコリやゴミなどが雨で流されて直に紫外線を受けるため、紫外線が強いです。

お昼の時間帯は特に紫外線に気をつけて、紫外線対策を行った方がよさそうですね。

2018/04/09

甲子園決勝(^^)

こんにちは☆
先日春の高校野球が甲子園であり、職場の方と行ってきました♪
大阪の高校対和歌山の高校の試合だったのでたくさんの人が観に来ていました。大阪の高校が勝ち優勝しましたが決勝と言うだけあってすごくいい試合でした!
話は変わりますが4月はクラス替えや異動の時期ですよね。新しい環境に悩み眠りが浅かったり、夜遅くまで寝れずに起きていたりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今日は睡眠の質を上げる方法について書きます(^^)

【睡眠の質を上げる方法】
①就寝3時間前には夕食を済ませる
就寝時には消化活動が終わっていることが理想的です。
帰宅から就寝までの時間がどうしても短くなるときは、消化の良いものを少量摂るだけするのがおススメです。
②ぬるめの入浴でリラックスする
忙しいとシャワーだけになりがちですが、体をじっくり温めることで、緊張をほどきリラックス効果を期待できます。38度ほどのぬるめのお湯に5~30分浸かってみましょう。
③温かい飲み物で眠気を促す
安眠効果を高めるためにノンカフェインのものを選びましょう。
④生姜湯
体を温める効果のあるショウガで体の末端まで温めて睡眠の質を高めます。
⑤リラックスできる音楽を聴く
川や海などの水のせせらぎ、クラシック音楽など気に入ったものを見つけてみましょう。
⑥室温・光で自分に合った環境づくりを
暑すぎたり寒すぎたりして体温調節がうまくいかないときは寝つきが悪くなることが多くあります。
また、部屋の明るさは不安にならない程度に暗くしましょう。朝の光とのコントラストがあるほど覚醒しやすくなります。
⑦枕の高さ
起きたときに首や肩が凝っている、胸の筋肉が張るなど筋肉の緊張が取れていないときは、枕と頸椎のカーブが合っていないかもしれません。好みの高さでも、実は体に合っていないことも多くあります。専門店で自分の首のカーブの角度を計測してもらいましょう。
等があります。
普段の生活を少し意識するだけでできるものもあるので試してみてはいかがでしょうか(^^)

2018/04/03

二フレル

こんにちは(^^)/

先日、友人とニフレルに行ってきました!!
綺麗な水槽がたくさんあって、とっても癒されました(^^)

春はメンタルの乱れに要注意です!
気候はもちろんのこと、新しい職場や新しい仲間、引越など「変化」の多い季節です。
気温高低差に伴う体温調節や、新しい環境での心の疲労など、いきなりの変化に順応することができず、体と心にストレスを与えてしまい、メンタル面を支える自律神経も乱れがちになってしまいます。
過剰なストレスは心身の健康に悪影響を及ぼしかねません。気づかぬうちに、ストレスが強くなっていることもありますので注意が必要です。
心のバランスを整えるには
1.生活のリズムを整える
ポイントとなる時間は3つ!「起きる時間」「寝る時間」「朝昼夕の食事の時間」です。これらの時間を、毎日なるべく同じ時間になるように心がけましょう。ただし、無理はせず、自分に合ったリズムを刻みましょう。
2.栄養バランスのよい食事をとる
ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果実が不足しないよう心がけましょう。中でも、旬のものは栄養も豊かで、食べる楽しみも大きく膨らみます。
また、疲労回復や緊張緩和によい食材を選ぶとよいでしょう。たとえば、心身の疲労回復にはヤマイモ、緊張緩和にはシュンギクが効果的と言われています。
3.休養をとる
休日には何もしない、のんびりした時間も必要です。プライベートも忙しくし過ぎないように気をつけましょう。音楽を聴いたり、散歩をしたり、自分なりのリラックス法で休日を過ごしましょう。
4.体温調節をしっかりと
気候が不安定な春には、「薄物の重ね着」を心がけ、暑さ・寒さを感じたら、すぐに脱ぎ着できるように備えておきましょう。暑さや寒さもストレスになります。

暑くなってきたと思えば、また肌寒い日が戻ったりと気温差感じますが無理をせずストレスためないように笑顔で過ごしましょう(^^)/
こんにちは(*^_^*)
昨日、桜を見にでかけましたが、残念ながらまだ
つぼみしか見つけられませんでした(^.^)
来週のお花見は満開な事期待したいと思います!

もうすぐ3月も終わり、卒業・卒園された皆様
おめでとうございます(^o^) 

4月の保育園や幼稚園の入園の時期は、人から人にうつる病気にかかりやすい時です。
寒暖の差が激しいため体調をくずしやすいことに加えて、入園や進級で急激に環境が変わることもありますし、 集団生活の中で病気をもらう機会が多くなります。
特に春に流行しやすい病気といわれるものはありませんが、比較的、溶連菌感染症が多く発症します。
また、はしか(麻しん)や風しん、水ぼうそうなど、集団感染しやすい病気にが多いそうなので気をつけてください。

はしか(麻しん)や風しん、水ぼうそうなど
どれも有効な予防接種があるので、麻しん・風しん(MR)は、定期接種として1歳になると公費(無料)で接種できます。
また、水ぼうそう・おたふくは自費になりますが、1歳以上から接種可能だそうです。

集団生活が始まる前に、
予防接種を受けることをお勧めします(*^_^*)

4月に向けて、体調を整えて
元気に新生活をスタートさせましょう(^^)/

▲ このページのトップへ戻る