RSS

ブログ

2019/12/02

食べ過ぎた時の対処法!

こんにちは(^^)/
12月に入り今年ももうすぐ終わりますね(;'∀')
12月は忘年会シーズンなので、今回は食べ過ぎた後の
対処法について書いていきます。

・食べ過ぎた時の苦しさの原因は…
食べ過ぎたときに、お腹が痛くなったり吐き気を感じたり、胃がムカムカして苦しくなった経験はありませんか?

その原因は、①消化が追い付いていない
食べたものは胃に入り平均2~3時間かけて、消化されていきます。上手く消化されていない状態のまま食べ過ぎてしまうと、胃が早く消化しようと頑張ることで胃酸をたくさん出します。胃酸が過剰に出ることが不快感の要因のひとつとなるのです。

②胃酸が逆流している
胃酸が過剰に出続けると、喉や食道の方まで胃酸が逆流してしまいます。胃酸が逆流すると喉や食道が焼けてしまい、より気持ち悪さや不快感を生じる原因となります。

食べ過ぎたときの対処法として、
1:翌日は水をたっぷり飲む
2:食事は野菜を中心にする
3:腸を意識した運動
4:お腹が動くような生活習慣を心掛けてみてください。

日頃から食事量を意識していても、楽しい食事の席で食べ過ぎてしまうこともあるかと思います。食べすぎたことを後悔しないためにも、体内に脂肪が蓄積しないように上手に対処していきましょう!

▲ このページのトップへ戻る