RSS

スタッフブログ

私たちの日々の出来事をお伝えしています。

 

1日の仕事を終えて、夜に温かいお風呂につかるのは、まさに至福の瞬間です。
なにも考えず、カラダとココロがリラックスできるのはもちろんのこと、お風呂には医学的にも次のような健康作用があります。

①温熱作用
温熱により皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が改善。体内の老廃物やコリ、疲れがとれます。肩こりや腰痛などの慢性的な痛みを和らげたり、筋肉の柔軟性を高める効果もあります。

②浮力の作用
水中にある物体には浮力が働き、お湯につかるとその重力は地上の約10分の1に。
カラダの筋肉を弛緩させるだけでなく、足腰への負担も軽減されるので心身ともにリラックスできます。

③静水圧作用
お湯に全身がつかると、腹囲が3~5cmほど縮むとも言われるほど、カラダに水圧がかかります。それにより、下半身にたまった血液が心臓へと戻っていき、血液の循環を促進。むくみの解消にもつながります。

体を暖かくして、寒い冬を乗り越えましょう。
こんにちは!!
もうすぐクリスマスですね☆
今回は、クリスマスケーキにものっているイチゴについてです。

イチゴには、ビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCには抗酸化作用があり、血管や臓器の老化を防いでくれるそうですよ!
又、冬には体を温めるのにビタミンCやビタミンBiを多く消費されてしまうのでビタミンが不足しがちに・・・。
そのせいで、冬型ビタミン欠乏症とも言われる「冬バテ」になってしまう恐れがあるのでビタミンCを摂取するのが大切ですね(^O^)
冬バテを防ぐためにも毎食3粒食べると1日の目安のビタミンを摂取できるそうなので皆さんもいかかですか??
冬になると誰もが気になる乾燥。
喉が痛くなったり、肌がカサカサになったり。
冬は、温度と湿度の低下による空気の乾燥や
暖房などの影響で肌の水分が失われてしまいます。

今回は乾燥から健康と美肌を守るために
明日からすぐに始められるものをご紹介致します!

*乾燥から健康を守るために、、
①濡らしたタオル等を部屋内に干す
②コップに水を入れて置いておく
③手洗いうがい
④マスクをつけて寝る
⑤加湿器を使う
⑥暖房は長時間つけない

✳︎乾燥から美肌を守るために、、
①顔や体を洗う時はぬるま湯で
②冷た過ぎない水をたくさん飲む
③お風呂上がりはなるべく早く保湿
④三食きっちり食べる

特に濡れタオルを干して寝るのは
私もおすすめです!朝起きて喉が痛くなる方は
ぜひ試してみてください!
健康に今年の冬も乗り切りましょう♪
こんにちは!11月もだんだん終わりに近づいてきました★
今日は11月が旬のミカンの栄養についてです♪( ´▽`)

ミカンは11月頃からの晩秋から冬にかけて本格的な旬となる果物で、ビタミンC豊富で寒い時期の風邪予防にも有効な王道の旬の味です。
ミカンには多くのビタミンCが入っています。みかん100g中35mgも含まれており、大体3個ほどで成人1人1日の必要量100mgをまかなうことができます。ビタミンCには免疫力を高め細菌やウイルスなどの抵抗力をつける働きがあります!寒くなってきた時期に風邪などの病気予防の効果が期待できますね(⌒▽⌒)!風邪が流行する季節には毎日でも食べたい食べ物ですね♬

ミカンは美肌効果も期待できるので、乾燥するこの時期にはピッタリな果物です!たくさん食べて寒さを乗り越えましょう♪

2019/11/12

ぎんなん

紅葉が美しい季節になりましたね。
11/4に行われた御堂筋イルミネーション点灯式では、イチョウ並木が美しく照らされていました。御堂筋のイチョウ並木は、市民が銀杏拾いを行うことで有名で、最盛期は10月~11月にかけてだそうです。現在は事故の危険や悪臭などの理由により、雌木から雄木への植え替え作業が進められているので、数はだいぶ減ってしまったようです。

銀杏は、抗酸化作用のあるカロテンやビタミンC、老廃物や余分なナトリウム排出する働きのあるカリウムが豊富に含まれています。漢方としても用いられており、鎮咳・去痰目的のほか、頻尿・夜尿症にも効果が期待されています。
しかし、食べ過ぎは禁物です。

銀杏に含まれる「ギンコトキシン」という物質はビタミンB6の働きを阻害するため、多量に摂取すると神経伝達物資のバランスが崩れてしまい、主に嘔吐や痙攣といった中毒症状が出現します。
加熱処理により毒素が緩和したり消えたりしないので、子供は5粒、大人は10~15粒くらいを目安に、食べ過ぎないように気を付けましょう。
こんにちは(*^^)v
だんだんと寒くなってきましたね。
今年もインフルエンザの流行の季節がやってきますね。

インフルエンザにかからないために普段から気をつけたいですね。
今日はインフルエンザの予防対策をお伝えしたいと思います。


マスク、手洗いでの予防を流行時期に実行しているかたも多いと思いますが、今日はより効果的に予防する方法をご紹介します。

【より効果的な予防】
1.着用するマスクについて
・マスクは清潔なものを使う
・鼻の上までしっかり覆うものを選ぶ
2.手洗いを徹底するには
・爪は短く切る
・指の間や手首、手の甲まで石鹸やハンドソープで丁寧に洗う
・洗い終わったらすぐに清潔なタオルやペーパータオルで拭き取り十分に乾かすこと

1.体調管理
・睡眠を十分とる
・規則的な生活
・栄養バランスの整った食事
・疲れをためないこと

2.生活環境
・ストレスが強い環境を避ける
・インフルエンザウイルスは、乾燥している環境で増殖するため、空気乾燥させない(加湿器の使用や、濡れタオルを室内に干す)
・外出はあまり混まない時間帯を選ぶ(多くの人で混み合っているところは、感染の可能性が高くなる)

インフルエンザワクチンの働き
インフルエンザワクチンの接種について、毎年話題になりますね。実は、国内で使用されているインフルエンザワクチンは、インフルエンザウイルスが身体に入ってきた時に感染をしないように完全に阻止する働きはありません。インフルエンザワクチンにもっとも期待できる効果は、インフルエンザにかかってしまったときに重症化を抑えることです。

ワクチンを打ったのにインフルエンザにかかってしまった、という話をよく聞きますが、それでも比較的軽症で回復するため、ワクチンを接種しておくことは大いに意味のあることです。 特に抵抗力の弱いお年寄りや基礎疾患をお持ちの方は、アレルギーなど特別な理由がない限り、流行する前に毎年受けておくとよいでしょう。

2019/10/28

10月も終わりが近づいてきました。
今年もあと2か月ですね。
年々過ぎるのが早く感じるのは歳のせいでしょうか・・・(>_<)

今週末に家族旅行で鳥取県に行ってきます!
そこで今回は鳥取名産の“梨”について紹介したいと思います。

○ソルビトール
ソルビトールは果糖の一種で、整腸作用があります。また他の果糖と比較して低カロリーでかつ虫歯になりにくいといった特徴もあります。ただし一度に多量摂取すると下痢を起こすことがあるので注意が必要。

○カリウム
カリウムには血圧抑制・体内の余分な塩分排出効果があります。解熱作用も期待できるので、夏バテや夏風邪にも最適です。

○アスパラギン酸
体内のタンパク質合成・エネルギー代謝の促進などの効果が期待できます。

○タンニン、ポリフェノール
タンニン、ポリフェノールは体内の抗酸化作用が期待できるため、生活習慣病予防にも役立ちます。

○クエン酸
疲労回復に高い効能を発揮するとされています。


以上のような沢山の効能があるとされています。
8月頃から市場に多く出るため段々少なくなる頃かも知れませんが、まだまだ秋は続くので是非食べてみてはどうでしょうか。

鳥取県には『鳥取二十一世紀記念館』があり一年中梨の食べ比べができます。また、梨の木も沢山植えているのでとっても香りがいいです。
鳥取に行った際はぜひ行ってみてください。

では、10年ぶりの家族旅行に行ってきます!!
こんにちは。    
昼間は涼しくなり、おでかけしたりするにも
ちょうどいい気候になりましたね。
でも、朝晩は冷えることもあるので
風邪などにはお気を付け下さい(*´ω`*)

秋にはスポーツの秋や、読書の秋、食欲の秋など
たくさんありますが、皆さんは、秋と言えば
なんの秋でしょうか。
私は先日、友達とランチに行ってそのお店のケーキが
とてもおいしそうだったので
おなかがいっぱいだったのに
ついつい食べてしまいました。
なので食欲の秋ですかね(>_<)

その時に食べたのが紅茶のシフォンケーキだったので
今日は紅茶の健康効果について調べてみました。

紅茶にはさまざまな薬効成分が含まれていますが、具体的な効果は次のとおりです。

① 脳卒中予防・血圧上昇を抑える

② ガンを抑制する

③ 動脈硬化の進行を抑える

④ 食中毒の解消

⑤ インフルエンザの感染を阻止する

⑥ アレルギー予防にも効果

⑦ 筋肉を刺激して運動能力を高める

⑧ 虫歯予防に効果的

⑨ 目の疲れをとる

⑩ 精神的にリラックスさせてくれる

⑪ 自然に無理なくダイエットできる

紅茶にはこんなにたくさんの効果があるんですね。
とくに⑤のインフルエンザ感染の阻止する効果は
これからの季節にとても役立ちそうですね。
インフルエンザの予防には紅茶を飲むだけでなく
紅茶でうがいをすることが非常に有効らしいので
皆さんぜひお試しください。
10月15日。今日は「世界手洗いの日」です。

なぜ10月15日が「世界手洗いの日」なのかというと、手洗いなどが出来ずに不衛生な状態で病気にかかってしまう子供が世界中にいることが由来となっています。
この日には感染症を予防する目的として、石鹸を使った正しい手洗いの方法を広めるための活動が世界各地で行われています。”せっけんを使って正しく手洗いをして病気を予防することができたならば、世界中で年間100万人もの子供の命を救うことができる”とされています。

そこで今日は正しい手の洗い方を紹介します♪
①手を洗う前に爪は短く切っているか、指輪・時計をはずしているか確認してください。
②流水で手を十分にぬらし、石鹸をよく泡立てます。
③手のひらを合わせてよくこすります。
④指を組んで指の間をよくこすります。
⑤手のひらと手の甲を合わせて手の甲をのばすようにこすります。
⑥指先、爪を手のひらの上でひっかくようにして爪の汚れを落とします。
⑦親指を握ってねじるようにこすります。
⑧手首を握ってねじるようにこすります。
⑨流水で石鹸を十分にすすぎます。その際蛇口は洗う前の手で触れているので一緒に洗いましょう。
⑩清潔なタオルでしっかりと手を拭きます。タオルの共有は控えましょう。

これからの季節インフルエンザ・風邪など予防するために、正しい手洗いをしましょう!(^^)!
秋から冬にかけての季節の変わり目は、朝晩の気温の変化などから体調を崩し風邪をひきやすくなります。早めの風邪対策で冬を元気に過ごしましょう。

38℃以上の高熱があり、頭痛・鼻水・のどの痛みなどのほかに、筋肉・関節の痛みなど全身症状が強くあらわれるようならインフルエンザの可能性があります。また、インフルエンザ治療薬は発症から48時間以内に服用しないと効果がないといわれているため、インフルエンザの疑いがある場合は、早めに病院へ行きましょう。

★風邪かな?と思ったときの対処方
・栄養ドリンクを飲む
・体を温める食事をとる
・十分な睡眠

★風邪予防に効果のある5つの習慣
・手洗い、うがい
・マスク着用
・水分補給

★風邪のときはお風呂に入る?入らない?
風邪をひいたときは、お風呂に「入る」「入らない」で迷われる方も多いと思いますが、38℃以下の発熱なら入浴しても症状が悪化する心配はないといわれています。ただし、長湯は体力を奪うので、入浴時間は10分を目安にし、湯冷めに注意しましょう。
朝晩は過ごしやすい季節になりましたが
朝起きてからだるさを感じることはありませんか?
もしかするとそれは、ブルーライトの影響かもしれません。

現代人の睡眠の質に大きく関わってくるのが、
スマートフォンなどの画面から発せられる
「ブルーライト」です。今回はブルーライトが
睡眠に与える影響をご紹介します。

寝る前や夜間にブルーライトを浴びると、
睡眠ホルモンといわれるメラトニンの分泌が
抑制され脳が昼間だと勘違いしてしまい、
なかなか眠れず睡眠の質が低下してしまいます。

☆ブルーライトとの付き合い方
①寝る2時間前からはスマホやパソコンの使用をやめる
②寝る1時間くらい前から部屋のLED照明をやや暗くしておく
③夜間にコンビニなどの強い照明の場所へ行くのは避ける
④ブルーライトカットの眼鏡を使用する

しっかりと睡眠をとるためにブルーライトと
上手く付き合っていくことが大切です。
最近お肉を食べに行ったので、お肉の事を書きます☆☆
お肉は人の健康維持に必要な多くの栄養素が含まれていますが、食肉のメリットはそれだけではありません。実は食肉には「人を幸せにする」効果もあります♡

牛肉や豚肉の脂肪には植物油にはほとんど含まれていない、必須脂肪酸の1つであるアラキドン酸が含まれています。アラキドン酸の一部は脳内で「アナンダマイド(アナンダミド)」という物質に変化しますが、この物質は別名「至福物質」とも呼ばれ、幸福感や高揚感をもたらすことが知られています。このメカニズムによって、私たちはお肉を食べたときに「幸せだなあ」と感じることができます(^_^)☆

疲れた時は美味しいお肉をお腹いっぱい食べて幸せを感じましょう♪でも食べ過ぎには気をつけてくださいね(T ^ T)☆

2019/09/18

★栗★

こんにちは。

暑さも少しずつやわらぎ、すごしやすくなってきましたね。
季節の変わりめで体調など崩さないようにしましょうね。

今日は今が旬の栗についてご紹介いたしますね。

栗の栄養価の1つであるカリウムは栗の中に豊富に含まれていいます。
カリウムは体の水分バランスを保つ働きがあり、浸透圧を調節してくれるので、ナトリウムとのバランスが大切だと言われています。
そんなナトリウムとのバランスが大切なカリウムですが、一般的な食事ではナトリウムは摂取が多くなる傾向があり、カリウムは不足することが多いと言われています。
なので、カリウムを積極的にとる必要があるのです。
栗は多くなりがちなナトリウムがほとんどなく、不足しがちなカリウムが多く含まれていることもあり、カリウムが不足している人おすすめな食品となります。
また、カリウムは体内にある不要なナトリウムを排出してくれる働きがあります。
そのため取りすぎたナトリウムを、体外に出してくれる働きから高血圧の予防に役立ちます。
また、栗にはタンニンっていう成分が多く含まれているのですが、タンニンは、実はガン予防の効果があります。
このタンニンは、抗酸化作用があるため、活性酸素を除去する働きがあり、生活習慣病の予防にもなると言われていますので、生活習慣が悪い人は、渋皮も食べることをおすすめします。


2019/09/09

救急の日

本日、9月9日は「救急の日」です。
最近は運転免許を取得する際や、学校や地域でも消防が出張講習を開催している「救急蘇生法」についてのご紹介です。

①安全を確保する
 車道や交差点だと、救急蘇生を行う人も危険です。倒れている人が動かせそうなら、安全な場所まで移動させましょう。
怪我の場所や出血が酷く移動が困難とされる場合は、目立つ物を少し離れたところに置くなどして車両の通行を妨げ、出来るだけ危険を減らし、周りに存在を知らせましょう。

②意識の確認
 大きな声で「大丈夫ですか?聞こえますか?」と呼びかけ、両肩を叩くなどして反応を伺います。(半身麻痺の可能性を考慮し、できるだけ両側の体に刺激を与えます)

③119番通報とAEDの確保
 意識が確認できない場合、大声で人を集めます。
人が集まったら、個人を指差しして「あなたは119番通報を。あなたはAEDを持ってきてください」と依頼します。「誰か」だと行動する人が迷ってしまうので、こちらから指定してお願いしましょう。
一人の場合は119番通報を行い、蘇生術を開始します。

④呼吸の確認
 胸の方向を見ながら、口元に耳を近づけ、10秒間反応をうかがいます。正常な呼吸が確認できない場合、胸骨圧迫を開始します。

⑤心臓マッサージ(胸骨圧迫)
 左右の乳頭を直線で結んだ中心辺りに、片方の手のひらの付け根部分を当てるように置き、もう片方の手を上から組むようにして身を乗り出し、肩から手の付け根までが一直線になるような姿勢をとります。
「強く!速く!絶え間なく!」を心がけ、胸が5cm程度沈む強さ、1分間に100~120回程度の速さで行います。複数人がいる場合は、交代しながら絶え間なく行いましょう。
(人工呼吸を行える場合は、「胸骨圧迫30回+人工呼吸2回」が目安です。感染防護具を持っていない、準備に時間がかかるなどの感染のリスクが高く躊躇される場合は、胸骨圧迫の継続を優先しましょう)

⑥AED到着
 難しい医療知識がなくても扱えるように、図説でパッドの貼付位置や、音声ガイダンスで「胸骨圧迫」「心電図解析」「電気ショック」のタイミングを知らせてくれます。電気ショックが必要な場合は、必ず周囲の人に「電気ショックを行います!体から離れてください!」と大きな声と身振りで知らせましょう。必ず自分を含む誰も触れていないことを確認して、除細動ボタンを押します。電気ショック後はすぐに、胸骨圧迫を再開してください。

⑤~⑥の手順は、呼吸や意識が正常に戻ったと判断できる、または救急隊が到着するまで、繰り返し絶え間なく行います。

救急車の平均到着時間は8.6分といわれています。心停止から1分ごとに、救命率は7~10%下がります。
一般市民の方による迅速な救急通報、迅速な救急蘇生(心肺蘇生や気道異物除去等)は、救急隊や医療機関での処置と比べて、心停止患者の救命や社会復帰に、より大きく貢献するといわれています。
自分の大切な家族、友人、そして隣人が突然倒れたとき、勇気を持って覚えていることを実施してあげてください。

2019/09/02

サワガニ

早いもので9月に入りました。
夏も終わりに近づいていますね。

私は週末に貝塚の温泉へ家族旅行に行ってきました。
そこで、初めてサワガニの素揚げを頂きました。
ちょっと足が刺さって痛かったのですが、とても美味しくおばあちゃんの分も食べてしまいました。

今回サワガニに感動したので、『カニ』について書きたいと思います。

蟹の効能として

タウリン
重要な働きをするアミノ酸。体内の状態を一定に維持するホメオスタシス機能をもち、肝臓の働きを活発にする機能があると言われている。

ナイアシン
水溶性ビタミンの一つで、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあると言われている。

カルシウム
広く認知されている栄養素で、骨や歯の強化、イライラ予防など様々な効果が期待できると言われている。

アスタキサンチン
非常に高い抗酸化作用があるため、肌に良いとされている。

と様々な効能があると言われています。
サワガニは今かも知れませんが、一般的にはこれから冬に向けて蟹の美味しい季節がやってきます。
これらの効能を覚えて、冬の蟹を楽しみにしてはいかがでしょうか。

こんにちわ(^^)
夏も終わりに近づき朝晩は少し涼しくなってきましたね♪
わたしは先日イチジクを初めてたべました!!
今まで食べず嫌いで食べる事がなかったのですが
食べてみたら意外とおいしくてビックリしました。

そんなイチジクなんですが調べてみると
栄養が豊富で健康にとてもいいみたいなので
その健康効果をご紹介いたします。

1水溶性食物繊維であるペクチンが含まれるため便秘や下痢の解消改善に効果的
2ミネラルの一種であるカリウムがむくみを解消
3ポリフェノールの一種であるアントシアニンが老化を防止
4いちじくのつぶつぶに多く含まれているエストロゲンが月経前症候群や更年期障害の緩和
5タンパク質解酵素の一種であるフィシンが胃もたれや二日酔い防止
6代謝を高める作用のあるアミラーゼによるダイエット効果
7ポリフェノールの一種であるザクロエラグ散でシミ・シワの予防
8鉄で貧血や冷え性の改善
9カルシウムで骨や歯の強化

こんなにたくさんの健康効果があるならもっと早く
食べてみたらよかってです。

皆さんも今が旬のイチジクをぜひたべてみては\(^o^)/



皆さん、献血に行ったことありますか?いつも献血に行っている人、献血にまだ行ったことが無い人、献血が出来ないと言われた人…それぞれいることでしょう。今まで献血に行っていた人、なんとなく行っていませんでしたか?今回はそんな献血のメリットをご紹介します♪

◎メリット◎
1 世の中に貢献できる!
2 献血ルームで行われるイベントに参加できる
3 健康状態を無料でチェックできる
4 お菓子が食べれたり粗品を貰える

5 献血でデトックス!健康にも良い♪

献血にはメリットがたくさんあります。ですが、デメリットもいくつかあるので、それを理解したうえで献血に行ってくださいね。

多くの人が血液を必要としています。あなたも献血で社会貢献してみませんか?




台風が近づいていますね。
そこで、台風による健康被害について調べてみました。

「ウェザーニュース」の調査によると、日本人では1,000万人以上、およそ日本人の6割が気圧の低下が原因で、体調の変化を感じることがあるらしいです。

台風による低気圧によって、頭痛、腰痛、肩こり、耳鳴り、めまい、吐き気がしたり、関節や古傷がズキズキと痛くなったりすることもあるのです。

こんな症状が気象状況によって引き起こされる病だからこそ、「気象病(きしょうびょう)」と呼ばれているぐらいです。

特に女性の70%は、天候の変化による体調不良や精神面の不調に悩まされることも多く、女性がイライラする原因は台風だったりすることもあるのです。

あなたも台風がくるたびに、体調が悪くなっていませんか?

自分の体調をしっかりと管理して、天気に負けない元気な生活を送るようにしましょう。
先日、大好きな歌手のライブに行ってきました!
とても楽しくて、癒されました(´∀`)

音楽を聴くだけで健康に効果があるのを
ご存知ですか?

★健康効果
・免疫力が上がる
・認知症や脳障害の回復効果がある
・リラックス効果がある
・高血圧に効く
・集中力が上がる

など、良いことが沢山あります。

★どのような音楽を聴けば効果的か
基本的には好きな音楽を好きな時に聴くのが良いです。
ただし同じ音楽を聴き続けるとその効果は徐々に
薄れていくので、その時々の気分や状態によって
聴く曲を変えることがベストです!

大好きな音楽で健康になりましょう!
最近はとてもいい天気で暑いので、夏バテ対策に良い食材と栄養についてお話します(>_<)
夏はそうめんや冷や麦など炭水化物にかたよった食事になりやすく、栄養バランスが崩れがちです。不足しやすいたんぱく質をとるために肉、魚、大豆製品など一食ごとにいずれか一品とることに心がけましょう♪

食欲増進にはしょうがやしそ等の香味野菜や、カレー粉等の香辛料を使うと効果的で、梅干し等に含まれるクエン酸は疲労効果があるのでオススメです☆★
豚肉やレバー、うなぎ、カツオ、マグロ等に多く含まれるビタミンB群はエネルギー代謝や、疲労回復にも効果的です(^^)/

栄養のあるものをたくさん食べて、睡眠も大切にし1日の疲れはその日のうちにとり、夏バテ予防頑張りましょう(>_<)!

▲ このページのトップへ戻る