RSS

スタッフブログ

私たちの日々の出来事をお伝えしています。

 

みなさんこんにちはm(_ _)m

みなさんいかがお過ごしですか〜??
お盆はおやすみでお家でゆっくり過ごすというひとも多いですかね(^-^)
きぼう薬局は全店、今日も元気に開局しておりますので、なにかありましたらお越しくださいね〜☆☆

本日の健康テーマは『とり肉』

なんとなくカロリーが低くてヘルシー、そしてタンパク質が多く含まれているというイメージのとり肉ですが、、実は栄養価も優れているんです!
今日はそんな安くてヘルシーなとり肉についてご紹介いたします(^o^)/

○とり肉に含まれる栄養素○
▪︎タンパク質
お肉なのでやはりタンパク質は多く含まれます。ただ、とり肉は他の牛や豚などのお肉と比べると脂肪の量が少ない上に、多くの脂肪は皮に含まれているため皮を剥ぐことで分離しやすいという利点があります!

▪︎コラーゲン
このコラーゲンはとり肉の手羽先部分に最も多く含まれているといわれています。女性に嬉しい美肌効果のあるコラーゲンは、関節の結びつきをよくするともされています。関節痛でお悩みの方は試してみる価値がありそうです!

○とり肉の部位別栄養素○
▪︎むね肉
ビタミン、ミネラルが含まれていますが、その中でもビタミンKやビタミンB6、そしてナイアシンやパントテン酸が豊富です!
ビタミンKが欠乏すると、血液が固まりにくくなったり、骨粗しょう症へつながります。
ビタミンB6は、皮膚や髪の毛を健康な状態にしてくれます。摂取することによって口内炎やにきびなどにも効果があるとされています。
ナイアシンは、糖質や脂質をエネルギーに変えてくれる効果があるので、二日酔いや皮膚の異常に効果があるとされています。
パントテン酸は、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。

▪︎もも肉
とりもも肉には脂肪が多く含まれていますが、皮を取り除くことでカロリーを約半分に抑えることができます。
ビタミンB2やビタミンB12を多く含みます。
ビタミンB2は、糖質や脂質、タンパク質を体内でエネルギーにするのに役立ちます。ビタミンB2が不足すると、口内炎や皮膚炎を起こしてしまうこともあります。
ビタミンB12は赤血球のヘモグロビン生成を助けてくれます。不足すると貧血に…

とり肉は他のお肉と比べてカロリーが低いだけでなく、体にとってもいいのです!

最後に、簡単ヘルシーなのにとてもおいしいとり肉のレシピをご紹介いたします♩♫

○とりひき肉の肉詰めしいたけ○
▪︎材料(2〜3人分)
とりひき肉 200g
しいたけ 6こ
薄力粉 少々
みりん 大さじ2
醤油 大さじ1
塩 小さじ1/4
サラダ油 適量
青じそ 5〜6枚(お好みで)

▪︎作り方
①しいたけは石突きをはさみなどで切り、薄力粉をふる。
②とりひき肉に塩を加えよく混ぜ込み、それをしいたけのかさの内側に詰める。
③フライパンに油を熱し、肉詰めをとり肉側を下にして並べ、弱めの中火にかける。とり肉にうっすらと焼き色がついたら、みりんと醤油を加える。
④煮詰まってしっかりと焼き色がついたらひっくり返し、2〜3分ほど煮汁をからめながら焼く。
⑤皿にとり、千切りにした青じそをのせたら出来上がり。


安くておいしくて栄養価の高いとり肉、積極的にとりたいですね♩♡ᵕ̈*⑅
ご紹介したとり肉レシピ、とても簡単なのでぜひ試してみてくださいね〜\(^o^)/
先日誕生日だった私。
何が食べたいと聞かれて答えたのが、

「すきやきっ!」

私にとってはめったに食べることのないご馳走というイメージのすきやき。
久々に食べることができて、食べている間ずっと
「おいし〜い♡しあわせ〜♡」と言ってました(*^^*)

実際、牛肉には幸せな気分になる効果があるそうです!
そんな牛肉の心と脳への効果をご紹介!

①牛肉が心を健康にする♪

牛肉を食べると気分が高揚するような気がしませんか?それは気のせいではありません。れっきとした根拠があってのことなのです。

牛肉に豊富に含まれている「トリプトファン」は、脳内の興奮物質を鎮める機能「セロトニン」を増やす栄養素。

セロトニンは「幸せホルモン」とも言われており、脳神経や自律神経に働きかけ「明るくて幸せな気持ち」にしてくれます。落ち込んでもすぐに気持ちを切り替えて前向きになれたり、不安を失くし強い精神力を作り出します。また、寝つきをよくして朝スッキリと目覚める効果もあるのです。

いつまでも若々しく、元気に活躍している方には牛肉を食べている方が多いと言われています。それはセロトニンが関係していたということです。

②牛肉で脳が若返る?!

牛肉を食べると、身体も脳も若返る・・・という話しをご存知ですか? これは、牛肉に含まれる「アラキドン酸」という物質が一因しているそうです。

アラキドン酸という物質には、私たちの身体や脳を活性化させる作用があります。それは一体なぜでしょう? 私たちの脳細胞は脂肪の膜で取り囲まれていて、なんとその約14%がアラキドン酸という成分だったのです。アラキドン酸の減少に伴って、元気がなくなる・・・ということも。

このような状況を受け、老人ホームなどでは牛肉を使ったメニューが頻繁に登場するようになりました。

皆様も元気な「心」と「脳」のために、牛肉料理を積極的に取り入れましょう!

2017/07/31

クーラー病

こんにちは(^^♪

暑い日々が続いていますが、
皆さん体調崩していませんか?

暑いからクーラーをつけっぱなしにして
いませんか?

クーラーが効いた部屋の中にずっといると
外の温度との変化に身体がついていかなくなって
しまい知らない間にクーラー病になってしまうみたいですよ!

クーラー病とは…
主に冷房が原因として起きる「自律神経のバランスが乱れた状態」のことをいいます。

クーラー病にかからない為に…

自律神経をコントロールしよう!

●1時間に1度、足先を動かして血流の改善を

足先は特に冷えを感じやすいので、足先の血流を良くすると自律神経にかかったストレスを和らげることができます。歩いたり、軽い屈伸をするだけでも足先の血流は改善するので、まめに体を動かしましょう。


●お風呂でふくらはぎをマッサージ

ポイントはシャワーではなく湯船につかること。水圧により全身の血行が改善します。ふくらはぎをマッサージすると、さらなる効果が期待できます。


熱中症にも気をつけないといけないですが、
この夏はクーラー病にも気をつけたいですね!
こんにちは♪
先日、海遊館に行ってきました!
人がたくさんいてにぎわっていました。
海遊館のお魚さんたちは水の中を気持ちよさそうに泳いでいて
私もプールに入りたくなりました(*^^)

水には身体にとって癒しの効果があります。
・水の音を聴くと・・・水の音を聴くことで涼しさ、清潔さなどをイメージし、川にいるような爽快感を得ることができます。
・水を飲むと・・・水に含まれるカルシウムやマグネシウムの鎮静作用でリラックスした気持ちになることができます。


暑い時期なので、これからも水を飲んで身体をリフレッシュして心もリラックスしましょう(*^_^*)
こんにちわ(╹◡╹)
皆さんお元気で毎日お過ごしでしょうか?
私は夏が好きですが、年々歳を重ねるごとに
暑さに身体がついていけず、すぐバテてしまっています。
日頃から甘いものを摂りすぎたり、
運動不足なのもあるのかなと思います(・・;)
梅雨明けから 熱中症も急増するようです。

夏バテや、熱中症の原因と対策を知って、
楽しく夏をすごしましょう。

◆◇夏バテ、熱中症予防のポイント◇◆
 ① 部屋の温度をこまめにチェック!(普段過ごす部屋には温度計を置く)
 ② 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!
 ③ のどが渇かなくてもこまめに水分補給!
 ④ 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
 ⑤ 無理をせず、適度に休憩を!
 ⑥ 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!
 ⑦ 十分な睡眠。心にゆとりを!
 ⑧ 疲れを感じたら滋養強壮剤を活用して、早めの疲労解消に努めましょう‼︎

2017/07/10

口内炎T^T

こんにちは♪
台風が来たり急な雨が降ったりと
へんな気候が続いていますが
皆さん体調崩されていないでしょうか?
私は気候とは関係ないかもしれませんが
大きな口内炎ができてしまい
話したり食事をするのがとっても痛かったです( ;∀;)

そこで今日は口内炎について#
口内炎が出来たときどうすれば
早く治るのでしょうか。

(1)口の中を徹底的に綺麗にする
口内炎で潰瘍を形成すると2次的に細菌の感染が起こります。このため、イソジンや殺菌成分の入っている洗口剤を使うとよいでしょう。でき始めのうちにしっかりゆすいでおくと、悪化を防ぐことができます。

2)塗り薬貼り薬を使う
有名なものではケナログ軟膏などがありますね。その他にも最近ではパッチタイプの貼り薬などもあります。外からの刺激を遮断するので患部が安静な状態になり、結果的に痛みの緩和につながります。

(3)規則的な生活を心がける
睡眠不足や暴飲暴食などをすると
体の免疫力が落ちて口内炎が出来やすくなってしまいます。

(4)ビタミンB2の摂取
ビタミンB2が不足すると皮膚や粘膜に炎症が起きやすくなります。
ビタミンB2を多く含むレバー、うなぎ、青魚、納豆、卵、牛乳などを食べましょう。食事だけでは難しい場合、サプリメントを利用する方法も手軽でオススメです。ビタミンB2はアルコールにより体内で大量消費されるので、ご注意を。

5)歯科医でのレーザー治療
色々な対処法を試してもなかなか治らない口内炎もありますね。そんな時は歯医者さんでレーザーを当ててもらうのもいいでしょう。少しピリピリしますが放っておくより治るのが早くなります。

気を付けているつもりでもいつの間にかできている口内炎(T ^ T)
出来るだけ早く治せるようしっかり対処しましょう(^-^)
しばらく冷房の効いた部屋にいた後、体調が悪くなったことがありませんか。
その症状は冷房病かもしれません。
冷房病は、冷房の効いた部屋と外の暑さに交互にさらされたとき起こる体調不良です。
冷房病の症状には以下のものがあります。

●発熱

●吐き気

●倦怠感

●肩こり・腰痛

●頭痛

●下痢

●食欲不振


◎冷房病の原因

冷房病は、自律神経の乱れによって体調を崩す症状です。
人間の体は季節や気温によって、自動で皮膚の下の自律神経が血管の太さを調整するようになっています。

夏には熱を逃がしやすい体になるように、冬には熱を逃がしにくい体になるように、血管を拡張したり、収縮させたりして体温を調節しているのです。

しかし夏場にクーラーの冷気にさらされると、自律神経は冬が来たと勘違いし、体を冬仕様にしてしまいます。その後、冬仕様になった体で外に出て暑さにさらされると、今度は急いで冬仕様の体を夏仕様に変えるのです。
これが繰り返されると自律神経は混乱して不調を来し、冷房病の症状があらわれます。

冷房病の原因として、そもそもストレスにより自律神経が弱っていたということもあります。心理的な原因で自律神経が弱くなり、冷房がきっかけとなって冷房病になった場合は、もともとのストレスにも対処する必要があるので心療内科を受診しましょう。


◎冷房病の対策
冷房病にならないために、普段から予防をきっちりしておくことも重要です。
以下の対策を常日頃から心がけておきましょう。

★ クーラーの温度を25℃以下にしない

★ 冷房の効いている部屋では羽織り物を羽織る

★ 就寝時にクーラーをつけっぱなしにしない

★ 温かい飲み物を飲むようにする

冷房病は、クーラーと外気温の温度差により、自律神経が混乱して不調を来すために起こる病気です。冷房に当たりすぎてだるさを感じれば、冷房病を疑いましょう。

楽しい夏を台無しにしないためにも、クーラーでの冷えすぎには注意しましょう。

2017/06/26

エビ(*´罒`*)

プリプリとした食感と甘みのある味わいが魅力のエビ♪

洋食、中華、和食など料理にも頻繁に利用され、「エビが大好き!」という方も多いのではないでしょうか。
また、エビを食べれば「腰が曲がるまで長生きできる」といわれ、縁起のよい食材でもあります。

今回はそんなエビの栄養と効果・効能についてご紹介します♪

☆エビにはタウリンが豊富に含まれている☆

タウリンは、魚介類や軟体動物に豊富に含まれているアミノ酸の一種で、血中の悪玉コレステロールを抑え、善玉コレステロールを増やす作用があります。

血圧を正常に保ったり、動脈硬化を予防し、さらに肝機能強化や眼精疲労の改善にも効果が期待できます。

☆アミノ酸で構成される良質なタンパク質で疲労回復☆

エビには、アルギニンなどを含む良質なタンパク質を多めに含む食材です。

このタンパク質には疲労回復、滋養強壮、免疫力向上などの効果があります。疲れているときや、体調が優れないときにはエビを食べて体力を回復しましょう。

☆エビに含まれるビタミンEで「若返り」効果も☆

エビにはビタミンEも比較的多く含まれています。えび類の中でもとくに伊勢えびと甘えびが多くなります。

強い抗酸化作用をもつビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、細胞が酸化するのを抑え、老化を防止する効果があります。

さらに女性ホルモン、男性ホルモンの生成を促し、生殖機能を維持する働きや、生活習慣病の予防・改善の効果も期待できます。

☆眼精疲労を改善するアスタキサンチン☆

エビにはアスタキサンチンも多く含まれています。

アスタキサンチンは、エビの他にも鮭やイクラに含まれる、赤色の天然色素です。

このアスタキサンチンは、眼精疲労の改善や動脈硬化の予防などが期待されている、注目の成分。

栄養が届きにくい細部にまで入り込むことができるという特徴があるため、眼の奥や脳にまでしっかりと行き届き、効果を発揮します。

☆食物繊維の一種キチン質 - 解毒作用と免疫力アップ☆

エビにはキチン質と呼ばれる動物性の食物繊維も含まれています。

キチン質はコレステロールや有害物質を吸着し、体外へ排出させる働きがあるので、まさに毒素を排出する「解毒」の働きをしてくれる成分。

肥満の予防や免疫力アップにも効果があります。このキチン質は、エビやカニの殻にのみ含まれているので、ぜひ殻ごと召し上がってください。

様々な健康効果のあるエビ、私も大好きです♡
食卓に是非取り入れてみてはいかがでしょうか?Kでした
梅雨でじめじめ~なこの時期(-"-)
私たちにとってはいや~な時期ですが、カビはやや暖かく、湿度の高い環境を好みます。まさに、カビにとってはルンルン♪な時期なんです(-_-;)

カビは埃や食べ物など至る所に付着し、食中毒やアレルギーを引き起こす原因となります。日々の生活に気を配りカビ対策をしましょう。



★カビの繁殖しやすい場所と対策★

①お風呂の水アカや汚れ  
  → こまめに掃除し、熱湯をかける。

②布団や毛布  
  → しっかりと日に当てる。

③エアコンのフィルター  
  → 梅雨時期に入る前に掃除し、カビの拡散を防ぐ。

④まな板、包丁、布巾  
  → 熱湯消毒し漂白する。

⑤野菜、肉、魚などの食材  
  → 低温で保存し、調理の際は必ず中心まで火を通す。冷蔵庫は温度が下がらないように、ものを詰めすぎない。

⑥余った料理  
  → すぐに冷却し、低温で保存する。室温で置いておかない。



★カビが原因?梅雨時期になりやすい病気と対策★
①水虫
カビの繁殖しやすい時期は水虫菌も活発になります。感染経路であるお風呂の足ふきマットはこまめに洗い清潔にしましょう。

②喘息、気管支炎
カビ、ダニに対するアレルギーや気圧の変化で、症状が現れます。お子様のいるご家庭は特に気を付けぬいぐるみや絨毯を清潔にしましょう。特に清潔に心がけたいのが6月です。

③アトピー性皮膚炎
カビ、ダニなどにアレルギー反応を起こす為、掃除や洗濯をこまめに行い、肌のケアをいつもより入念に行いましょう。汗疹とは違う原因での肌荒れかな?と思ったら梅雨時期のアレルギー反応も考えてみましょう。

④神経痛、リウマチ
クーラーや気圧の変化で、症状が悪化することがあります。血行促進を意識し、マッサージや運動をすること、グルコサミンやコンドロイチンなどの栄養成分の摂取を心掛けましょう。
みなさんこんにちはm(_ _)m

この前、健康診断がありました!
採血はどうしても苦手で、いつも気分が悪くなってしまうんですが、今回も採血しているところをガン見していて倒れそうになりました(o_o)笑
みなさんは定期的に健康診断いかれてますか?('◉⌓◉')

近年、食生活の変化や運動不足によって、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が問題になっています。
これらの病気はなかなか自分では気づかないものです。
「体の調子がよくないな」「最近すぐ疲れるな」などと思って病院に行ったときには、病状がかなり進行していたという場合も少なくありませんΣ(・□・;)

⚪︎健康診断の心がまえ(6カ条)⚪︎

①毎年欠かさず健診を受ける
②健診結果に必ず目をとおし、保存する
③結果はきちんと受けとめ、改善目標を立てる
④気になることがあれば健診機関に相談する
⑤二次検査(再検査、精密検査)を恐れない 面倒がらない
⑥「異常なし」を過信せず、日ごろから体のチェックを行う

学校や会社で決められていないと、面倒くさくて行かなかったり、自分は行かなくても大丈夫と思い込んでいるひとも多いと思います。自らの健康を守るためにも、まずはみなさん一人ひとりが自分自身の体と向き合うことが予防の第一歩です!

そして家族や友達など身近なひとたちにもぜひ、健康診断を受けることを勧めてあげてください。わたしも自分のお母さんにはしつこいぐらいに勧めています!

何かあってからでは遅いですよ!!(´◉◞⊖◟◉`)
そろそろ梅雨入りの季節ですね。

梅雨の時期は体がだるく感じたり、
何かと体調不良が起きる時期ですが
そのまま疲れを溜めたままにすると
いざ夏が来た時に、夏バテになってしまう
可能性があります。そうならない為に
早めに梅雨のだるさを解消しましょう ♪

梅雨のだるさを解消するためには、、
★1.毎朝天気予報をチェック
気温差が大きいと体がだるく感じやすく
なります。天気予報をチェックし、
前もって上着を一枚持ってお出かけするなど
体調管理をすることが大事です。

★2.お風呂に入って汗をだす
38〜40度のぬるめのお湯で半身浴
することで、汗腺の働きが良くなり
熱を体に溜めにくくなります。また、
夏本番の熱中症対策にもなります!

元気に、梅雨を乗り越えましょう♪

2017/05/29

こんにちは☆

こんにちは(^^)v
最近暑い日が続いてますね!1
体調を崩さないように気をつけましょう(*^_^*)



ここで健康情報をおつたえします!

今日はこんにゃくの日という事で、
こんにゃくの情報をお伝えしたいと
思います。


こんにゃくには、グルコマンナンと呼ばれる非水溶性の食物繊維が含まれています。これが便通を促進させ、腸内に蓄積した有害物質を外に排出する働きもします。


こんにゃくには腸内環境を整えて、常に有害物質を排出させる働きがありますので、大腸がんを予防できます。

こんにゃくにがん予防の効果があるなんて知らなかったですね!

2017/05/22

いちご☆

こんにちは(*^^)
先日いちごのバイキングに行ってきました♪
見た目がかわいくて食べるのがもったいなかったです(*>_<)
なかでも、アボカドのクリームをイチゴのチョコでコーティングしたものと、マカロンが特においしかったです(^^)

いちごにはこんな栄養があります。
・カリウム→ナトリウムを排泄するので高血圧の予防になります。また、利尿作用がありむくみの予防になります。
・ビタミンC→免疫力を高めるので夏風邪の予防にもいいです。みかんのおよそ2倍の量があります。
・葉酸→悪性貧血、動脈硬化を防ぎます。葉酸はビタミンCと一緒に摂るほうが良いのでいちごだとふたつの栄養が同時に摂ることができます。また、いちごは果物のなかでも特に葉酸が多いです。

いちごのこれらの栄養は調理するより生食のほうが十分に摂ることができるので、できれば生のまま食べましょう♪

2017/05/15

5月♪

こんにちは(^^)
過ごしやすくいい気候の5月♪
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
ゴールデンウィークも終わり
疲れも出る頃では?

私はゴールデンウィークに神戸の
フルーツフラワーパークというところへ
行ってきました!!
たくさんの綺麗なお花を見たり
ジェットコースターに乗ったりして
楽しく過ごしました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

でも休みが終わるとやっぱり疲れたなーという感じがします(◞‸◟;)

今日は5月を健やかに過ごすポイントを
ご紹介いたします#

①紫外線対策
5月は7月、8月のハイシーズンに次いで紫外線の強くなる時期でもあります。
日焼け止めクリームは塗りたくない、という方もUVカット小物を駆使して紫外線の吸収を防ぎましょう。
日傘、防止、カーディガン、アームカバー、ネックカバー、ストッキングなど、最近は小物の種類も豊富なのでそれらを活用するのもいいですね。

②五月病対策
五月病とは、4月からの環境の変化が落ち着いてきた頃に起こる軽いうつ状態のことです。
4月の気温変化によって弱っていた体が5月になって表面化したことでの体調不良と、新しい環境に順応しようと焦る気持ちがストレスとなり五月病が引き起こされます。
以下のような症状があれば五月病を疑ってみましょう。
・気分が落ち込みやすい
 ・物事に集中しづらい
 ・なかなか寝付けない
 ・食欲が減った
・ 頭痛がする
基本的に1か月程度で五月病は治ります。
・スポーツ
・読書や映画鑑賞
・散歩や森林浴
・カラオケ
などなど自分に合った気分転換を見つけて
5月を楽しく乗り切りましょう♪
 
GWが終わってしまいました…
私は、少し遠出してドライブがてらコーヒーを飲んできました♪
そんな訳で、今回はコーヒーの効果を少し紹介させて頂きます。

その1☆がん予防

「コーヒーを飲む人は飲まない人より肝臓がんになるリスクが低い」と、東北大学から発表が出されました。クロロゲン酸の抗酸化作用により、がん細胞の増殖を抑制する働きをしてくれます。


その2☆動脈硬化防止

ニコチン酸(ナイアシン)が、脂質・糖質・タンパク質などをエネルギーに変換して、コレステロール値を下げて動脈硬化防止に役立ちます。逆に、善玉コレステロールを増加させる効果があります。

その3☆糖尿病予防

コーヒーを飲むことで、2型糖尿病にかかるリスクを下げるという結果が出ています。コーヒー1杯につき7%もリスクがさがりますが、飲みすぎには注意し、1日3~4杯を目安に飲む方が良いでしょう。

その4☆ダイエット効果

カフェインが、脂肪を燃焼させるリパーゼを活性化し、脂肪燃焼の働きを促進します。クロロゲン酸は、酵素の働きを活性化し脂肪の分解・燃焼に役立つ働きをします。この相乗効果により効果大です。

その5☆むくみ解消

カフェインが、腎臓に作用し利尿作用を促進するので、結果的にはむくみの解消につながります。からだの中に残留したゴミを外へ捨てる働きをする、デトックスに役立ち、高血圧の方におすすめです。

その6☆美肌効果・老化防止

からだの酸化が進むと、シミしわ・老化につながります。コーヒーの香り成分(アロマ)の働きで老化防止、豊富に含まれるポリフェノールにより、シミやシワの防止につながり肌がきれいになります。

その7☆冷え性解消・体温上昇

カフェインが、血管を広げ心臓の働きを活発にします。それに伴い血液循環がよくなります。老廃物を除去し、基礎代謝を高めることで、体温が上昇します。体温があがると、冷え性の防止になります。

などなど…
沢山の良い効果のあるコーヒーですが、少し注意点もあります!

特に胃の敏感な方、お年寄りや子供、運動時や療養中の方はあまり飲み過ぎないように注意してください。妊娠中や貧血の方は、カフェインにより貧血を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

インスタントコーヒーは”インスタント”とつくだけあり、手軽に作りやすく、飲みすぎにより不眠を引き起こす可能性があるので、気をつけて下さい。

インスタントコーヒーと普通のコーヒーの成分の差はほとんどありませんが、一番の違いは”インスタント”性です。作りやすい故に過剰摂取を起こしやすいので、そこを特に気を付けるべきです。


なんでもほどほどが良いといわれますが、コーヒーの飲用についても同じです。

1日の中でほんの少し時間をとってコーヒーブレイクなんて、美味しい香りにつつまれて至福の時を味わってみてはいかがでしょうか?Kでした。
みなさんこんにちは〜(*^^*)
ゴールデンウィークですね♫ ルンルンですね☆♩♬
みなさんは旅行とかいかれるのかな〜

わたしは昨日、ともだちとUSJにいってきました!
最近よくテレビのCMでも紹介されている、今年の4月に新しくできたミニオンパークのアトラクションにものりましたよ\(^o^)/

テレビでもたまに見かけるけど、みなさんはミニオンってご存知ですか??
わたしのともだちにはミニオンがかわいくて好きっていう子がけっこういるんですが、
実はわたしはあまり知らなくて、教えてもらったんですが
ミニオンはバナナからうまれた生命体らしいのです!∑(゚Д゚)

今回はミニオンも、わたしも大好きなバナナについて紹介したいと思います( ̄^ ̄)ゞ☆☆

スーパーや八百屋などどこにでもあるバナナですが、実はすごい食べ物だって知ってましたか??

☆バナナの効果

①腸内を健康に保つ

②エネルギー補給と疲労回復

③血糖値を下げ、生活習慣病の予防

④免疫力アップ

⑤抗酸化作用で老化やガンの予防

☆おいしく食べる方法

①シュガースポットのでたものを食べよう!
バナナはシュガースポット(茶色い斑点)がでた頃がいちばんの食べごろ!熟成が進むことで甘味が増すだけでなく免疫力も高まりまると考えられています。

②生で食べる以外にも…
・冷凍バナナ ポリフェノール量が増加!
・焼きバナナ 甘味が増し食べやすくなる!(免疫力を高める成分に変化なし)
・干しバナナ ミネラルや食物繊維が大幅に増加!(水分が蒸発するとビタミンCが無くなってしまうので注意)

☆保存方法

冷蔵庫にいれるのは厳禁!必ず常温で保存しましょう!

☆注意

身体を冷やす効果があるので、冷え性の方や胃腸の弱い方は食べ過ぎに気をつけましょう!
また、バナナ1本あたりカリウム錠剤2〜3粒分のカリウムが含まれています。透析を受けている等で腎機能が低下しているひとは余分なカリウムが十分排出されず、高カリウム血症になる恐れがあるので注意が必要です!

バナナのなかには豊富な栄養と健康へのヒントが隠されているようですね( ´ ▽ ` )
1日1本のバナナで毎日を快適に過ごしましょう!
今年、きぼう薬局の新年会のビンゴ大会でUSJペアチケットをゲットした私。

昨日、そのチケットでUSJに行ってきました♪

すっごく久しぶりのUSJで、ハリーポッターのアトラクションも初めて体験しました!ミニオンのエリアもオープンしたてで、人がたくさんいて大人気でした★

天気も良くて、最高の行楽日和だったのですが、昼間は日差しが強く暑いくらいでした(;´∀`)

アトラクションの待ち時間で並んでいる間、絶対日焼けしたと思います(-_-;)

そこで春の日焼け対策についてご紹介★
春を迎えだんだん薄着になる方も多いこの頃、ふと気になるのが“紫外線”。日焼け対策は夏まで特に気を付けていないという人も多いかもしれませんが、実は1年間の紫外線指数は4月~5月から急に強くなるのをご存知でしょうか? 夏しか日焼け対策をしていない人が油断しがちな4月の紫外線量は、なんと9月とほぼ同じ!9月といえばまだ残暑が残る時期なので、日焼け止め等で対策をしている人も多いはず。そうとなれば4月から紫外線対策をしないわけにはいかない、というわけです。

対策はやはりこまめに日焼け止めを塗ることです。

あと、もう一つ大事なのが目の紫外線対策です。体(皮膚)に日焼け止めクリームをしっかり塗っていても、目が紫外線にさらされることで、脳が「体を守って!」という指令を出し、メラニン色素を出すメカニズム(体の防衛反応)になっているのです。
サングラスで、目からの日焼けも予防しましょう!紫外線カット率が高く、色は薄めのサングラスをかけるのがポイントです☆色の濃いサングラスをかけると、瞳孔が開いて、紫外線を受けやすくなってしまうので要注意ですよ(^_-)-☆





こんにちは(≧∇≦)
最近、日中は過ごしやすい気温となりました。しかし、夜はまだひんやりする時がありますね。季節の変わり目は、自律神経の乱れによりさまざまな体調不良を起こしやすいです。そのために対策したいことを5つお教えします。

(1)いつもより多めの睡眠
免疫力を上げるためには睡眠が最も重要。睡眠中は副交感神経が優位に働き、体や心の疲れを癒やします。

(2)生活のリズムを整える
規則正しく寝起きし、できるだけ決まった時間に食事を摂るようにしましょう。生活のリズム、すなわち体内時計を整えることで、交感神経と副交感神経のバランスが取れるようになります。

(3)リラックスタイムを設ける
ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、照明を落とした部屋で静かな音楽を聴いたり…体と心をリラックスさせることで、副交感神経が優位に働くようになります。

(4)運動する習慣をつける
1日5分から、ストレッチでも構いません。毎日少しずつでも運動するようにしましょう。かといって、急に激しい運動をはじめるのは逆効果。無理のない範囲で、生活に運動を取り入れてみてください。

(5)栄養バランスに配慮する
ビタミン、ミネラル、カルシウムなどは自律神経を整えます。偏った食事はNG!きちんと3食、栄養バランスの取れた食事を摂るよう心がけてください。

この5つ以外にも、気のおけない友達と遊んだり、趣味を楽しんだり…と、自分の好きな方法でストレスを発散することも大切です。また、気温の変化には、カーディガンなど衣類で調整できるよう予め準備しておくとよいでしょう。そして、体調を崩してしまったときはしっかり休養!無理は禁物です!!
こんにちは!!
お花見シーズンですね!皆さんは
お花見、行かれましたでしょうか^^?***

新生活が始まり、楽しいことが沢山ある一方で
慣れない環境だと知らない間に気疲れやストレスも
溜まってきてしまいます。

そこで今日は、あまり知られていない
ストレスに効く飲み物をご紹介します!


・ワイン

 食欲増進やストレス解消、リラックス効果などの
働きがあります。少量のお酒は体に良いとされています。

・炭酸水

 炭酸を飲むとスッキリしませんか?これには訳があり、
炭酸ガスには寝ている時やリラックスしている時に働く
副交感神経が働きます。副交感神経が働くということは
体が休んでいる状態です。更に血行を良くして
疲労回復効果もあります。

・ココア

 ココアも副交感神経が働く効果があります。
殺菌効果やリラックス効果もあります。

意外と身近な飲み物ばかりですよね。
疲れたな、と感じた時はぜひ飲んでみてください!

2017/04/03

★桜★

こんにちは(*^_^*)
まだ朝は少しさむいですが、
日中は春らしい暖かい気候に
なってきましたね~(*^^)v
桜もだんだん咲き始め、今週末ぐらいには
満開になりお花見できそうですね♡
お花見の時に飲みすぎないように気をつけましょう★

きょうは暴飲暴食の予防法を紹介します。

①血糖値を安定させるため
「食物繊維をとること」を習慣にする

②偏った食生活にならないため
「バランスのいい食事」を習慣にする

③ストレスに強くなるため
「ビタミンやミネラルをとる」習慣にする

この3つを心がけ、週間にしたいですね!!

▲ このページのトップへ戻る