RSS

スタッフブログ

私たちの日々の出来事をお伝えしています。

 


3月3日はひな祭りですね!
皆様はお家にひな人形もう飾りましたか??

今回はひな人形はいつから、いつまで飾っていいの?
桃の花の意味は?など…
ひな祭りについてご紹介したいと思います♪

**ひな人形を飾る期間**

・いつから?
立春(2月3日ごろ)がひとつの目安。

また、二十四節気の雨水(2月18日ごろ)に飾ると、良縁に恵まれるとも言われているようです。

遅くとも1週間前までには飾るのが良いでしょう。
あわてて前日の3月2日に飾るのは「一夜飾り」といって縁起が良くないので、避けましょう…

・いつまで?
ひな祭りが終わったらすぐ片付けないと!
とよく言われますが、心配ご無用!
「きちんと片付けできるように」との願いを込めた言い伝えで、必ず3月4日に片付ける必要はありません。

啓蟄(3月5日ごろ)の日に片付けるのがいいという言い伝えもありますが、3月中旬までの天気のいい湿気の少ない日に片付ければ問題なしです。

**なぜ桃の花なの??**
旧暦の3月3日といえば、現在の3月上旬から4月中旬。

ちょうど桃の花が咲く春らんまんの季節なので、上巳の節句は「桃の節句」とも呼ばれています。

桃の木は、中国では病魔や厄災をよせつけない不老長寿の仙木とされ、節分にも桃の木の弓で鬼を追い払う儀式があったほど。桃はとても縁起のいい植物なのです。

**ひな祭りに用意する食べ物**

・はまぐりのお吸い物
はまぐりなどの二枚貝は、対の貝殻しか絶対に合わないことから貞操を象徴し、何事にも相性の良い結婚相手と結ばれて、仲睦まじく過ごせることを願っています♪

・ひし餅
桃の節句のひし餅には、女の子の健やかな成長と豊かな人生への願いが託されています。

・ちらし寿司
かつてにお祝いごとに提供されていた「なれ寿司」が、だんだん「ばら寿司」へと変化していき、彩りの良い「ちらし寿司」が好まれるようになったようです。

・エビ:腰が曲がるまで長生きできるように
・レンコン:遠くまで見通せるように
・豆:健康でマメに働けるように

色とりどりの具材にはこんな願いが込められているのですね…

ひな祭りについてご紹介させて頂きましたが、
このような願いが込められていたこと、皆様はご存知でしたか??
楽しいひな祭りをお過ごしくださいね(^^)♪
今年度も残す所1ヶ月となりました。
毎年受ける健康診断が今年度は遅くなり、最近受けた方も多いのではないでしょうか。
私も冬になってから受けました。

病院での血液検査と健康診断があったので、前日夜からの絶食を完璧に行い、午前中に病院で血液検査、午後一で健康診断の血液検査を受けました。
これで空腹時の血糖の数値もバッチリとお昼ご飯を食べて帰宅しました。
帰ってから何だか体がだるいな~、しんどいな~と感じていました。
自分の一日を振り返ると…
「あっ!」と思い目の下のまぶたを確認すると、真っ白!!
貧血や!
と思い、飲み物を飲んで、鉄分補給すると回復しました。

献血に行くと何故水分をあんなにも勧められるか知っていますか?
人間の血液の量は体重の約13分の1と言われています。
血液「成分」の回復には成分内容によって異なりますが、2日~3週間かかる物があります。
しかし献血後の血液「量」は水分を摂取する事により短時間で急速に回復します。
その為、献血後には水分補給を促されるんですね。

献血に行って水分を補給するのはしっかりとした理由があるので、色んな種類の飲み物を楽しみながら行ってみてはいかがでしょうか。
献血に比べて血液検査での採決量は少ない物ですが、しっかりと水分を補給して血液量を回復しましょう!
こんにちは☺︎
昨日は2/14でバレンタインデーでしたね♡
うちでは娘がテリーヌショコラを作ってくれたのですが、
とても美味しかったです♪

さて毎年 2 月は、厚生労働省で「生活習慣病予防月間」としているそうです。「生活習慣病」は、「食習慣、運動習 慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」として定義されます。 遺伝要素が原因のこともありますが、喫煙、飽食、大量飲酒、運動不足、不十分な休養、ストレス過多等 の生活習慣によって引き起こされることが多いため、日々の食生活の改善が強く求められます。その具体 策が「一無、二少、三多」といわれています。

一無、二少、三多とは?

●一無
[禁煙]喫煙は百害あって一利なし!最近は禁煙を補助するお薬もあるので、喫煙されている方は健康のため禁煙を考えてみましょう。
●二少
[少酒] 飲酒は飲める人でも日本酒換算で 1 合程度までとしましょう。
[少食]腹七、八分目で肥満を防ぎ、塩分は 1 日 10g 以内としましょう。
●三多
[多動]1 日に 20 分の歩行を 2 回と体操・筋力トレーニングを各 10 分しましょう。
[多休] 1日に6~8 時間の睡眠を取りましょう。
[多接] 多くの人・事・物に接し趣味を豊かにしましょう。今はコロナ禍で難しいかもしれませんが、オンラインなどを活用して創造的な生活を心掛けましょう。

みなさん、できることから始めてみては?
季節を問わず一年中、飛散している花粉。花粉にアレルギーの人は花粉に対して敏感になっているため、少しの花粉でも鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの花粉症の症状がすぐにでてしまいます。
早めに花粉対策をして、少しでも緩和できるように頑張りましょう!

そこで今日からできる花粉対策を、いくつかご紹介します。

〇食生活
暴飲暴食は避け、酒やお菓子は控え目にして体に負担をかけないようにしましょう。体に優しいお茶や野菜をたくさんとり、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。

〇帰宅後
玄関前で服についた花粉を払い落としてから室内に入りましょう。

〇服装
できるだけ凹凸のないツルツルとした服を選びましょう。

〇体調管理
早寝早起きをする、バランスのとれた食事をする、適度な運動をするなどして、体調を整えましょう。

このような事を意識し生活することで、少しでも花粉症がおさまることを期待しています!皆さんで辛い時期を乗り越えましょう(^O^)

皆さんは1日どのくらい歩いているか
ご存知ですか?
私は最近万歩計をよく見るように
しています。

日本人の1日の平均歩数は
男性で約6,700歩、女性で約5,900歩ですが、
健康目標としては平均よりも
2,000歩多く歩くことを推奨しています。
時間にすると、1時間20分ほどです。

いきなり毎日1時間以上も歩くのは
大変なので、少しずつ歩く習慣を
つけると良いと思います。

今回は、歩くことで得られる効果と
理想の歩き方をご紹介します。

★歩くことのメリット
1.生活習慣病予防
2.便秘解消
3.ストレス解消
4.骨が強くなる

など、心も身体も健康になります。

★理想の歩き方
1.早歩きで
2.歩幅は大きく
3.まっすぐ前を見て背筋を伸ばす
4.肘を曲げて軽く腕を振る
5.かかとから着地する
6.歩く前後はストレッチ

これらを意識してぜひ歩いてみて下さい。

無理は禁物です!
疲れたら休んで、水分補給もしっかり
行いましょう。

2月も健康に過ごしましょう♪

2021/01/25

疲労回復!!

こんにちは♪この寒い冬は疲れやすくなったりしますよね。
そこで今回は疲労回復するために少し食事や食事方法を紹介します!!

☆ 疲労回復に効く栄養素はビタミンB1!!
ビタミンB1には疲労やストレスから身体を回復させる作用があります。そこで疲労回復に効く仕組みや、ビタミンB1を多く含む食材について紹介します!

ビタミンB1を多く含む食材は豚肉、大豆、うなぎ、レバー、玄米、きのこなどが挙げられます。特に豚肉は脂の少ないヒレやももの部位が良いでしょう。
・おすすめの調理法!
ネギやニラ、ニンニクなどに含まれるアリシンという成分はビタミンB1の吸収を助ける働きがあるといわれています。ビタミンB1を効果的に摂取するのには、ビタミンB1を豊富に含む豚肉やきのこをネギ、ニラ、ニンニクなどと一緒に炒めて食べるのがおすすめです!!

☆疲労回復のための食事で気をつけること紹介!
疲労回復のためには普段の食生活においても気をつけなければならないことがあります。
・決まった時間に食事をしましょう!
決まった時間に食事をすることで、体内の代謝がスムーズになり、血糖値が上昇、下降のリズムも保たれるため、身体に負担がかかりにくくなると言われています。
・ちょこちょこ間食するのはやめましょう!
間食の回数が多くなることによっても身体の代謝のリズムに乱れが生じます。そのため、一回の食事の量を減らしてちょこちょこ食べをすると身体へ負担がかかり、疲労を助長してしまうため注意が必要です。

このように疲労回復には、人間が兼ね備えているエネルギーを作り出すシステムを効率良く働かせることが重要です。そのためには普段の食生活を見直すことで必要な栄養素をしっかりと摂取することが大切です。疲労に悩まされている方やいち早く疲労回復をしたい方は是非参考にしてみて下さいね♪
先日、我が家で鏡開きを行いました。
鏡開きは、新年の「年神様」にお供えした鏡餅を下げて食べる行事です。下げた鏡餅は無病息災を願い、お雑煮やお汁粉にして頂きます。我が家では小豆がたっぷりの善哉に入れて、頂きました。

小豆には多くのビタミンB1が含まれており、炭水化物の代謝を手助けします。また乳酸の代謝を促進して、エネルギーに変化する作用があるので、疲労回復のサポートにもなります。
他にも、不溶性の食物繊維が多いことから、便秘の改善にも効果が期待され、少量で満腹感があります。食物繊維自体には栄養はありませんが、老廃物を外に排出するのを助け、毒物がからだに吸収されるのを防いでくれます。

小豆はたっぷりの栄養を含んでいますが、あんこや善哉にしてしまうと砂糖を使用しているので、摂取しすぎには注意です。
明けましておめでとうございます!
お正月、ゆっくり過ごせましたでしょうか。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は、いつもと生活リズムが変わりやすい時期。
ごちそうを食べる機会も増えるので、どうしても太りやすくなりますよね。
ステイホームにより、例年よりも太っちゃったかも…なんてことも。

今回はお正月太りの解消法をご紹介したいと思います!

〇お正月太りに1番効くのは、食事制限

だらだら食いや普段より食べる量が増えることで、胃腸内はかなり疲弊した状態です。
普段はおすすめできませんが、正月太りは胃腸を整えることが重要なので食事制限することも◎
一番手軽なのは、朝もしくはお昼をヨーグルトだけにしたり、朝と夜はおかゆにしたりするライトな置き換えダイエットがおすすめです。

〇マッサージ
正月太りに大きく関係しているのが不要物によるむくみです。
短期間で急激に体が重くなるのは、ほとんどが老廃物や水分などが排出できていないから!
マッサージは一部位ではなく、全身に行ってめぐりを改善することで肥満解消につながりますよ!

何もつけていない状態で行うとお肌を傷つけてしまうので、保湿クリームなどを使用し、お肌の乾燥対策もあわせて行えば、一石二鳥ですね♪

〇少しハードな運動
正月太り解消はスピードが大事なので、少しハードな運動をするのがポイントです。
脂肪は有酸素運動で消費エネルギーを増やすことで燃焼することができるので、ウォーキングやサイクリング、ヨガなどがおすすめです!

ハードな運動はキビシイ…という方は、ラジオ体操を全力で!
しっかりやるとそれなりにカロリーを消費できるのがラジオ体操です。
足の曲げ伸ばしや腕回し、体回し、ジャンプなど1つひとつの動きをしっかり行ってみてください。
全身の血行も促進されるので汗をかくぐらいの運動量になりますよ!

お正月太りをリセットし、健康な1年をスタートさせましょう☺
♪もーいーくつ寝るとー お正月~♪

ですね。
明日で2020年も終わりです。
1年前は2020年東京オリンピック!旅行!ヨガ!ミュージカル!合唱・・・
と思い描いていましたが、全く違った1年になりました。

一年を振り返ると気持ちの暗くなる方が多いかも知れません。

でも、いっぱい頑張った自分はいませんか?

今、このブログを読んでいる時間は自分をめいっぱい褒めてあげて欲しいです。

家での時間が増えて、3食家族にご飯を作った。
(料理の腕も上がった)
家の片づけを沢山した。
(家の中がスッキリした。不用品が思った以上に売れた)
家で遊べる事を考えて子どもと過ごした。
(子どもとの時間が増えた)
外出する頻度を考えてまとめ買いやネットを利用した。
(節約する事が出来た)
自分の出来る事を考えて行動した。
(人と会える時間を大事に出来るようになった)
手洗い、消毒、マスク、体温測定を続けている。
(気を付けた事で風邪をひきにくかった)



頑張りました。
自分はよくやりました。
大変な世の中で自分の出来る事をしてきたのではないでしょうか。
そんな自分を褒めてあげてください!

誰かに褒めてもらえるとすごく嬉しいです。
でも、気づいてもらえないけどやった事もあるはずです。
それを分かる事が出来るのは自分だと思います。

自分で自分を褒めて、プラスの気持ちを持ちましょう。
前向きな気持ちは心を温かくします。
前向きな気持ちは免疫力向上に、健康にも繋がります。
体を動かす事だけが健康に繋がるのではありません。
気持ちも大切です。

年末に自分を沢山褒めて、ねぎらって、新しい一年に向かって進んでいきましょう!!!

本年もブログをご覧いただきありがとうございました。
来年も皆様にとって少しでもためになる事を綴っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
こんにちは☺︎
早いもので今年も残すところ10日となりました。
今日は冬至ですね。
私の家では毎年、冬至にはお風呂に柚子を浮かべて入っています。他にもかぼちゃを食べたりする風習もあるそうです。

さて、冬至というのは1年で1番、日照時間が短い日の事だそうですが、日照時間が短いと人は睡眠時間が長くなるそうです。私も最近いつも眠いし朝はなかなか起きられないことが多いです。

寒い朝にパッと起きてスッキリ目覚めるにはどうしたらよいのでしょうか。

①布団から出られるように温めておく
エアコンなどにタイマーがあれば、起きる30分前に暖房をセットし部屋を温めます。また枕元に羽織るものを置いておき、目覚めたら布団の中でかまわないのですぐに着てしまいます。または布団を軽めにして服を1枚多く着て寝たり、ズボンや靴下の重ね履きもお勧めです。とにかく「布団から出た時に温度差をあまり感じない環境」にしておくのがポイントです。

②布団の中で体を動かす
休息モード(副交感神経)から活動モード(交感神経)への切り替えスイッチは、体温が上がっていないと作動しません。
目が覚めたらまず布団の中で指1本からでもいいので動かましょう。
指が動かせるようになったら、手だけ布団から出してブラブラ振ってみます。それから両腕を天井に向けて突き出し、またブラブラします。血液が全身に回り、高血圧の人にも効果的です。
足も同様に、布団の中で指のグーパーから足首回し、と末端から動かしていきます。
そして、両腕両脚を天井に伸ばして、四肢を同時にプルプルと振動させます。

③すぐに光を浴びる
人の体内時計は、25時間周期にセットされているそうです。そのまま日々1時間ずつずれていくと朝に起きられなくなってしまうので、リセットが必要です。寝起きや食事を毎日決まった時間にすると、体内時計も整って朝起きやすくなります。リセットに欠かせないのが、「太陽の光」です。目が覚めたらすぐにカーテンを開けましょう。朝日がなければ照明でもいいので、起きたらすぐに部屋を明るくして光を浴びましょう。

寒い朝に起きるのが苦手な方は実践してみて下さい☺︎
だんだんと寒くなってきて、特に冷え症の方は厳しい季節となってきました。
そこで、少しでも冷え症を改善する方法をご紹介します\(^o^)/

冷え性の改善の第一歩は、まず自分の生活を見直すことから始めましょう!

●冷たい飲み物や食べ物を摂っていませんか?
飲み物は、必ず常温以上のものを摂ることです。寝起きや食前に、白湯をコップ1杯飲むのもおすすめ。内臓が活性化することで体が芯から温まります。

●糖質たっぷりのお菓子やドリンクをたくさん摂っていませんか?
中年以降に起こる冷え性は血管が縮まり血行が悪くなっている状態。つまり動脈硬化の現れの可能性があります。糖質を摂り過ぎて、血中の血糖値や中性脂肪が増えると血管は詰まりやすくなるので、糖質コントロールをしながら、熱を産生するたんぱく質や質の良い脂質を摂ることです。

●階段を使わず、エスカレーターやエレベーターを使っていませんか?
体の熱を作るのは筋肉ですから、階段を利用するなど、できるだけ日常でも体を動かすようにしましょう。

これらのことを生活に取り入れてみてください(^O^)

冷え性を解消するために、即効性のある方法はありません。ただし、生活習慣の改善で解消することは可能です。
今回ご紹介した方法のなかから、自分の生活に取り入れやすいものを試してみてください。続けていくことで、冷え性が少しずつ改善していくはずです。

今年の寒い冬を乗り越えましょう!!


みかんの季節ですね。
みかんにはビタミン類と繊維質が
豊富にふくまれています。
みかん2つで1日に必要とされている量の
ビタミンCを摂取することが出来ます。

また、みかんの内側の皮には食物繊維が
多く含まれており、便秘の予防や、
悪玉コレステロールの上昇を抑える効果もあります。


ところで、皆さんは
「焼きみかん」食べたことありますか?
今回は焼きみかんの作り方をご紹介致します!

1、みかんをトースターに並べる
みかんを皮のままオーブントースターの
天板に並べる。(オーブンや魚焼きグリルでも○)

2、皮に焦げ目がつくまで加熱する
表面に焦げ目がつくまで焼く。(約10〜15分)

3、焼き上がったら手で触れるぐらいまで
冷まし、皮を剥いて食べる。


焼くことで、中身がトロトロになり
香ばしく、まろやかな甘さになります!!

ぜひ、寒くて体が冷えた日は
いつものみかんに少し手を加えて、
ほくほくの焼きみかんを試してみてください^ ^
冷え性のおもな原因には、自律神経の乱れ、血流の悪化などが
挙げられますが、「筋肉量の不足」も大きな原因のひとつです。

日常的にストレッチなどのエクササイズを実践し、
筋肉を衰えさせないことがポイントといえるでしょう。
そこで今回は、毎日の生活に取り入れやすい、
冷え症改善に効果的なエクササイズを見ていきます!




☆立ったまま楽々ストレッチ☆
手軽にふくらはぎの筋肉を鍛えられるエクササイズが、「つま先立ちを繰り返す」運動です。やり方はシンプルで、「立った状態でつま先立ちをくり返す」だけ。

このエクササイズのポイントは、かかとを下ろす際、
床につかないようにすること。
バランス感覚に不安があるという場合は、
壁に手をつきながら行うといいでしょう。
また、座った状態で同じ動作を行っても効果があるため、
仕事中などにも実践することができます。




☆座りながらできるストレッチ☆
ふくらはぎと同様に、太ももの筋肉にも、足先から心臓に戻る血液を送り出す働きがあります。
そこで、デスクワーク中や自宅で椅子に座っているときに実践できる、太ももとふくらはぎを鍛えられるエクササイズを紹介しましょう。

1. 椅子に座ったまま片足を上げて床と平行にまっすぐ伸ばし、つま先を手前に引いてかかとを突き出すようにする。

2. ふくらはぎの筋肉が伸びた状態のまま15秒間静止する。

3. つま先を逆に遠くへ伸ばし、そのまま15秒間静止する。

4. この動作を交互に繰り返す。


~おわりに~
冷え性を根本的に改善するには、食事、入浴、睡眠などの
生活習慣を見直しながら、適度なエクササイズを
日常的に取り入れることが大切です。筋肉を鍛えることで、
冷えを予防・改善するだけでなく、ケガの予防につながったり、理想的な体型を実現したりといったメリットも
期待できます。 まずは自分にとって無理のないエクササイズから、冷え性改善につながる運動をスタートしてみてはいかがでしょうか。









2020/11/16

♪音楽療法♪

先日、5月公演から延期になったオーケストラコンサートを視聴しました。悔しいことに生演奏を体験することはできませんでしたが、生配信という形で指揮、演奏、コーラスの姿を見ることができ、少しだけ現地の方と同じように時間を過ごしました。


音楽は、古代エジプトや古代ギリシャの昔から、心身に有益な効用をもたらすものとされてきました。一説によると言語が成立する以前のコミュニケーション手段であったとも考えられているそうです。

近年、ストレスからくる心身の症状の緩和において注目されるのが、様々なジャンルの音楽を用いた音楽療法(ミュージックセラピー)の効果です。音楽療法は、症状に合うとされる曲を聴くことから、ストレスによるうつ状態や痛み、不眠などの症状の緩和、心拍数や血圧の安定、集中力強化等の効果が得られた結果が報告されています。

中でも、クラシック音楽はストレスを緩和するリラクゼーション効果において群を抜いていると言います。これは、リラックス下で発生するアルファ波が増えることが大きな理由です。好きな曲や心地よい旋律を聴くと、脳内に分泌される快感物質のドーパミンやエンドルフィンが、痛みや不安を鎮めてくれます。


秋から冬は物寂しい季節です。しっとり優しい音楽に包まれるもよし、明るく軽快な音楽に心躍らせ気分を上げるもよし。普段の生活に、少し音楽を取り入れてみませんか?
動物との触れ合いで人々の心を癒すのが、『アニマルセラピー』といわれています。

動物と触れ合う事で、心が落ち着いたりする事はありませんか?


アニマルセラピーの歴史は古く、古代ローマの時代、負傷した兵士のリハビリに馬を用いて行われていたようです。
現在では馬やイルカ等様々な動物との触れ合いが行われています。

アニマルセラピーはどこかへ出かけて行かなくても、動物と一緒に暮らしている方はそれだけでアニマルセラピーになります。

ある実験では、動物を飼っている人は飼っていない人より、年間で20%前後病院に行く回数が減ったというデータや、海外では数千億円もの医療費が動物の影響によって削減する事が出来たというデータもあります。

薬局としては来院される方が少なくなるのは寂しいですが、元気な方が増えるのは嬉しいですよね。

また、心疾患の患者に対するデータでは、動物と暮らしている人といない人との1年後の死亡率が3倍ほど違う事があげられています。

今までのように遠出をする事にまだ戸惑いのある方もいると思います。
もし、自宅で動物と一緒に暮らしていたらいつも以上に構ってみませんか?
自宅にはいないけど、近くにいる方は少し距離を詰めてみませんか?

コロナ禍で親子喧嘩をして1時間犬と見つめ合った私は、実感してアニマルセラピーは心を落ち着かせてくれると思います。
少しモヤモヤする時、一緒の時間を過ごすことでモヤモヤも晴れてくると思います。
そして向こうからも一層好かれると思うので、ぜひ試してみて下さいね☆
こんにちは☺︎
朝晩めっきり寒くなり秋らしくなりましたね。みなさん風邪などひかないよう気をつけてくださいね。
さて、今日は秋の味覚ランキングを発表したいと思います。

1位 さつまいも
2位 梨
3位 かぼちゃ
4位 栗
5位 ぶどう
6位 さんま
7位 松茸
8位 柿
9位 きのこ(松茸以外)
10位 なす

秋の味覚はおいしいものばかりですね☺︎
1位はさつまいもでした。私もさつまいも大好きです。
さつまいもはビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み、
野菜としての面も持っているので、脂質が少なく、
肥満防止、高血圧症、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病予防のための「健康食品」と言えます。

そんなさつまいもを使ったスイートポテトのレシピをご紹介します☺︎

材料 (8個分(5cmの俵形))
さつまいも (1本) 250g
水 (さらす用) 適量
①牛乳 60ml
①砂糖 大さじ1.5
①サラダ油 小さじ1
卵黄 1個分

手順
準備
さつまいもは皮を剥いておきます。
1.さつまいもを1cm幅のいちょう切りにして水に5分浸します。
2.水気を切ったら耐熱容器に入れ、ラップをして500Wのレンジで8分加熱します。
3.さつまいもに火が通ったらマッシャーで細かく潰し、①を加えてなめらかになるまでゴムべラで混ぜ合わせます。
4.俵形に成形し、アルミホイルを敷いた天板に並べます。
5.表面に刷毛で卵黄を塗り、オーブントースターで5分こんがり焼き色が付くまで焼きます。お皿に盛り付けて完成です。
コツ・ポイント
さつまいもは小さく切ると火が通りやすくなり、簡単につぶすことができ、なめらかに仕上がります。サラダ油の量は、全体がまとまって表面にツヤが見える位を目安に調整して加えてください。 お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。

秋には栄養豊富な食材がたくさん。いろいろなおいしい旬なものを食べて健康になりましょう☺︎
だんだんと寒くなってきましたね。
秋から冬にかけての季節の変わり目は、朝晩の気温の変化などから体調を崩し風邪をひきやすくなります。早めの風邪対策で冬を元気に過ごしましょう。


風邪かな?と思ったときの対処法

★栄養ドリンクを飲む
栄養を補給して弱った体力の回復をサポートしてくれます。休めないときにおススメです。

★体を温める食事を摂る
生姜粥など、体を温め消化のよい食事を摂りましょう。体を温めると免疫力が高まり風邪の回復を早めます。

★十分な睡眠
風邪気味のときは8時間以上の睡眠を目安に、体を温かくしていつもより早めに就寝しましょう。


その他、うがい、手洗い、マスク、水分補給など日頃から予防の習慣をつけて、風邪ひかないようにしましょう!

10月に入って朝晩がかなり寒くなり
冷え性で悩まれている方が
多いのではないでしょうか。

同じ冷え症でも、冷えのタイプや
症状は様々です。
それぞれの特徴と、改善方法をご紹介します!

ご自身の感覚がどのタイプにあてはまるかを
是非、確認してみてください。


タイプ1
全身が冷える「全身型」

☆改善方法
生活習慣や食生活を改善して、
基礎代謝を上げることが第一。
しっかりと食事を取り十分な睡眠を心がけましょう。


タイプ2
手足が冷える「四肢末端型」

☆改善方法
ウォーキングなどの軽い運動で
筋肉量を増やし、体の中から末端へ
熱を届けることを意識しましょう。


タイプ3
上半身は熱いが下半身が冷える「上熱下寒型」

☆改善方法
お尻や太ももの筋肉をほぐす
ストレッチがおすすめです。
また、血流を保つために正しい姿勢を
心がけましょう。


タイプ4
お腹が冷えやすい「内臓型」

☆改善方法
自律神経の乱れは冷え性の原因になるので、
血行改善に効果的な半身浴でリラックスし、
ストレス解消に努めましょう。
また食べ過ぎや、偏食、冷たい飲み物にも
注意が必要です。


あなたの冷え性は何タイプでしたか?
是非参考にしてみてください!
少し肌寒くなってきて10月に突入しましたね!
「読書の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」など、秋の代名詞はたくさんありますが、やはり「食欲の秋」を欠かすことはできません。
"春に種をまき、秋に刈り取る""春に蕾をつけ、秋に実を結ぶ"、秋は収穫の季節なのです。

秋の旬といえば「サンマ」ですよね、少し紹介したいと思います♪

⚪︎サンマの由来!
漢字では「秋刀魚」と書くサンマ。形も色も刀に似ていて、秋にとれる刀のような魚ということから名づけられたといわれています。
「サンマ」という呼び方については、ふたつの説があり、ひとつは、その形から「細長い魚」を意味する「サマナ(狭真魚)」→「サマ」→「サンマ」と変化したという説。
ふたつめは、大群で泳ぐ習性があるので「大きな群れ」を意味する「サワ(沢)」と「魚」という意味の「マ」がくっついて「サワンマ」→「サンマ」になったという説です。

⚪︎秋刀魚の美味しい食べ方!
秋、太平洋で採れた産卵前の秋刀魚は脂がのっていて、塩焼きにぴったり。カボスやスダチ、レモン、ユズなどの搾り汁や、ぽん酢、醤油などをかけ、大根おろしを添えて食べるとたまりません。お刺身にしてもとても美味しいのでオススメです♪

⚪︎こんな美味しいサンマには栄養がたっぷり!
サンマは、血液の流れをよくするといわれるエイコサペンタエン酸が含まれていて、脳梗塞・心筋梗塞などを予防する効果があるとされています。また、ドキサヘキサエン酸も豊富に含まれていて、悪玉コレステロールを減らす作用や脳細胞を活発化される効果もあるとされています。

このように秋の旬のサンマは、美味しいのに栄養もたっぷり摂取できて、いいことだらけ!とてもオススメです⭐︎
たくさん食べて肌寒い10月を元気に乗り切りましょう♪
花粉症と聞くと、みなさんはどの季節をイメージしますか?
『春』をイメージする方が多いのではないでしょうか。

実際、日本で患者数が多いのは、春に猛威を振るうスギ花粉ですが、秋の花粉も油断してはいけません!

ブタクサ・ヨモギ・イネなど、秋に流行する花粉もあります。

ちょうど朝晩が冷える頃ですので、秋の花粉症は、風邪の症状と勘違いしてしまう方が多いと思います。
くしゃみや鼻水、人によっては目のかゆみなどが何日も続いたら要注意(>_<)

今回は、秋の花粉症を予防する方法をご紹介したいと思います!

➀近づかない!

秋の花粉症の原因となる植物は、春の花粉症の代表格である、スギやヒノキなどと比べて、背丈が低いものが多いです。

このため、花粉の飛散距離が短く、せいぜい数百メートル程度と言われています。
したがって、「近づかない」という単純な行動が、とても効果的!

ブタクサなどは、河川敷や道端に群生していることが多く、
またイネの場合は、田んぼに生息しています。

これらの場所に、なるべく近づかないようにすることで、花粉によるダメージを軽減することができるのです。

➁手洗い・うがい・洗顔

帰宅したらすぐに、手や顔についた花粉を落としましょう!
また、うがいをすることにより、鼻を経由して喉に流れ着いた花粉を除去することができます。

➂花粉防止グッズの使用する!

・マスクの着用
・花粉防止メガネの着用

定番ではありますが、マスク・メガネは効果的!

最近では、鼻に塗るタイプやスプレーするタイプもおすすめです!ぜひチェックしてみて下さいね(^^)

➃帰宅時に、玄関などで花粉を落とす!

帰宅時には、玄関などで服・コートをはらうなどして、花粉を落としてから、家の中に入りましょう。

また、服に花粉をつきにくくする花粉ブロックスプレーなども市販されていますよ!

最後に…
症状がひどい場合や、なかなか治まらない時は、早めに病院に行き、医師の診察を受けましょう。

しっかり対策をして、『食欲の秋』『スポーツの秋』『読書の秋』を楽しみましょう♪

▲ このページのトップへ戻る