RSS

スタッフブログ

私たちの日々の出来事をお伝えしています。

 

梅雨になると湿度があがり、気温も
どんどんあがってくるこれからの季節は
食中毒が起こりやすい時期です。
夏場は菌が繁殖しやすいだけでなく、
身体の抵抗力・免疫力も落ち気味。

今回は、食中毒を防ぐための3つの原則をご紹介します。

①菌をつけない
 ・手や調理器貝を清潔に保つ
・包丁やまな板は水で流して乾いたふきんで拭く
・ふきんは頻繁に水洗いする

②菌を増やさない
・いつもは室温で管理している食品も
冷蔵庫で管理する  
・冷蔵庫の扉は頻繁に開け閉めしない
・冷蔵庫に食品をつめこみ過ぎない

③殺菌する
・生ものをできるだけ控える
・よく加熱する
・調理器具は熱湯消毒する
・保存した食品は再加熱してから食べる

※冷凍・冷蔵による殺菌効果は期待できないので注意です。

予防をしっかりとして、元気に夏を迎えましょう!!

2018/06/04

虫歯予防デー

こんにちは~(^^)/
今日は6月4日で虫歯予防デーです。
なので、今回の健康情報は虫歯予防について
ご紹介いたします。

虫歯にならないためには歯の表面についている汚れを落とすことが重要です。細菌が作り出した塊である歯垢を綺麗に落とすにはある程度硬さのあるものをしっかりと咬み、汚れを落とすことが重要です。唾液と食べ物で、しっかりと汚れが洗い流されると虫歯だけでなく歯周病などの病気を予防する上で役立つので、しっかりと食べ物を噛むようにすると効果的だと言われています。
こんにちは(^^)
先日、和歌山の大きい滝をみに行ってきました!
和歌山の最南端にあり遠いところでしたが、自然に癒されました(*^_^*)

日差しが強い季節になると、水をまいたりしますが
今回は、お花に水やりをするときのポイントをご紹介します。

1.炎天下での水やりは避けましょう
炎天下で水を与えても蒸れてしまい、かえって植物を弱らせてしまいます。水を与えると一時的には温度は下がりますが、日差しが強い時は、蒸れてしまいます。どうしてもという時は、日陰に移し水やりをするか 、涼しくなるのをじっと我慢し夕方与えましょう。水はできるだけ、早朝や夕方の涼しい時間にやりましょう。

2.開花中は花に水をかけないようにしましょう
開花中は花にかけないよう株元へ与えます。花に水をかけると蒸れたり花びらが散ったりして、花が速く傷む原因になります。咲いていない時は全体にかけましょう。高温で乾燥しやすい夏は、ときどきシャワーや霧吹きで葉に水を与えましょう。

3.ホースから出る熱水に注意しましょう
ホースを使用する場合、ホース内に残っていた水が、日中の暑さでお湯になっている場合もあるので、少し流して温度が下がったことを確認してから植物に与えましょう。

ぜひ、お花に水やりをするとき意識して行ってみてください♪
もうすぐ梅雨が始まりますね。
夏は体力を消耗する季節ですが、梅雨の時期でも油断はできません。
暑さへの対応には、夏に入る前から準備することが必要です。
今から生活のリズムを作っておきましょう。
『食べること、体を動かすこと、眠ること』基本的な生活リズムを作っておくことは、食中毒や熱中症に対する抵抗力をつくるだけでなく、夏バテに陥らない体を作ります。

★食べること
◎しっかり食べる
夏場の水分補給はとても重要です。
でも、水分ばかりとっていてはおなかが膨れてしまい、必要な栄養を取れなくなってしまいます。少量でもいいのでこまめな水分補給を心がけましょう。また良質なたんぱく質やビタミンを取るようにしましょう。
◎基本は「主食+一汁二菜(主菜、副菜)」
ご飯やパン、麺といった炭水化物(主食)と、肉や魚、卵、大豆などのたんぱく質(主菜)、野菜やいも、きのこなどの各種ビタミン、ミネラル(副菜)をバランスよく取りましょう。

★体を動かすこと
ウォーキング、筋トレ等の適度な運動を普段から心がけると、夏を快適に過ごせます。

★眠ること
・毎日同じ時間に起きるようにする
就寝時間を決めておくよりも、起床時間を一定の時間にしておくほうが、リズムを作っていく上では重要なようです。
・短時間の昼寝は有効
夏は寝苦しく、睡眠不足に陥りがちです。生活のリズムを崩さない範囲で、短い時間(30分程度)の昼寝をおすすめします。
こんにちは☆

5/13の日曜日は母の日でしたね(´艸`*)
みなさんはどの様に過ごされたでしょうか。
私は母と一緒に買い物に出かけて
リクエストの物を買ってプレゼントしたら
とても喜んでくれました♪

今日は紫外線対策について♯
 
みなさん、1年の中で一番紫外線が強くなるのは
いつかご存知でしょうか
真夏の7~8月のイメージがありますが
実はそれと同じくらい5月の紫外線は強いと言われています。

5月に強くなるUV-A波はとても怖い!
UV-A波は、UV-B波ほど肌に急激な変化を与えません。
すぐに肌が黒くなるUV-B波(UVB)の方が一見肌への影響が強いような感じがしますが、近年の研究で、UV-A波がシミやしわの発生に大きく関わっているということが分かったそうです。

波長が長いUV-A波は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。
コラーゲンを変性させ、シワの原因になり、気付かない間に肌に悪影響が出てくると言います。
すぐに目には変化が見えませんが、年齢を重ねることにその影響がでてくる可能性があります。
将来の自分の肌を守るうえでUV-A波もしっかり防ぐことがとても重要ですね。

【簡単にできる紫外線対策】
・日傘や帽子をかぶる
・ストールや長袖の服で肌の露出を避ける
・サングラスをかける
・日焼け止めを塗る
・日影や地下道を歩く

日焼け止めクリームは、正しく塗ると紫外線防止に非常に効果的です。
ただし、汗をかいたりして落ちていることが多いですから、2~3時間ごとに塗りなおすことをおすすめします。

紫外線は目に見えませんが、肌への影響を考えるととても怖いものです。
5月から夏にかけては特に多くなるので、外で活動するときだけでなく、日頃から紫外線対策を行うことを心がけましょう。
ゴールデンウィークは家族や普段会えないような友達と旅行やお出かけを楽しんだ方も多いと思います

楽しい時間が過ぎ、長期連休明けに体調を崩したりする方もいるのではないでしょうか?長期連休明けに、調子を崩さないためにおすすめの方法を紹介します♪

・長期連休明けの生活リズムの崩れに注意!
長期連休になると、普段の生活リズムとは違って、起床時間が遅くなったり一日中家から出ないでベッドの中で過ごすという方も少なくないと思います。ですが、これが要注意です!生活リズムが崩れると、自律神経の切り替えリズムを崩してしまうことになりかねないからです。切替が上手くいかなくなると①やる気が起こらない②いらいらする③便秘や下痢を繰り返すなどの体の不調を感じやすくなります。このような症状にならないためにも、体内リズムを崩さないよに自律神経を整えることを意識してください。
・自律神経を整えるおすすめの方法二つ
①有酸素運動で自律神経の切替をスムーズに
適度な有酸素運動は、血流を良くし老廃物の排出もスムーズになり、疲労物質がたまりにくい体になります。エネルギー物質を作ることで、さらに疲れにくい体へと変化していく効果があるのです。
②深い呼吸でリラックスできる体に
夜なかなか眠れない、イライラしやすいという方におすすめなのが、腹式呼吸でゆったり呼吸を行うことです。意識しなくても当たり前のように行なっている呼吸を、あえてゆったり深い呼吸にすることで、なかなか寝付けないときも段々と体がリラックスして深い眠りにつきやすくなります。

連休明けは、誰もがやる気が出なかったり、体調を崩してしまったり不調を感じやすくなりますが、休み明けの不調とは無縁になるために有酸素運動、呼吸をぜひ取り入れてみてください♪

2018/05/01

音楽と健康♩

先日、韓国の歌手のライブに行ってきました!私はライブが大好きなので、色々な方のライブに参加しています(*´∀`*)

毎日色々な音楽を聴いています!
そこで、音楽と健康はどのように関連しているか調べてみました!

仕事や恋愛で疲れた時、好きな音楽を聴いて疲れを癒す。多くの人が習慣的に行なってきたことですが、科学的にも理にかなった行動と言えるかもしれません。音楽は人の脳や自律神経に作用し、快感をもたらしてくれるドーパミンの分泌を促します。

音楽の健康パワーを最大限発揮させるには?
最も大切なことは、ジャンルを問わず自分が好きな音楽を聞くことです。お気に入りの音楽を聞いている時ほど、音楽の健康パワーは高められます。しかし、繰り返し同じものを聞き続けると、徐々に効果は薄れてしまいます。適度に曲のバリエーションを持たせることも、脳に刺激を与え続けるうえで重要です。

以上のように、音楽の健康パワーはさまざまな形で私たちの健康に貢献してくれます。音楽をただ楽しむだけではなく、その健康効果を知り、意識して生活の中へ効果的に取り入れることで、心身ともに充実した毎日を後押ししてもらいましょう(*´∀`*)
本日、語呂合わせから、4月23日はシジミの日となっています。
土用のシジミ、そして寒シジミというように、旬は、夏か冬となっています。
暑い夏に脂肪をたっぷりと蓄えたおいしいシジミを食べることができますし、冬にも寒さを乗り切るために栄養を溜め込んだシジミを美味しくいただくことができます。

古くから日本でも非常に愛されていた食材です。
昔から内蔵に良い食材であることが知られていたゆえに、積極的に食べていました。
貴重な栄養源とみなされていたのです。

それは今でも同じです。
肝臓の機能を向上させてくれますし、豊富に含まれる良質のアミノ酸や、ビタミン、ミネラルが、美容の面でも、更には疲労回復などの面でも大きな力を発揮してくれます。
ですから、普段の食卓にしじみをプラスするだけで、家族がより健康になることができるのです。

実はシジミには薬のような力があります。
実際に昔の言葉にこんな言葉があります。
「金色の男 シジミに食い飽きる」という言葉です。

昔の言葉ですのでわかりにくいかもしれませんが、金色の男とは、黄疸が出てしまっている男の人を指します。
黄疸が出ている人は、そうです、肝臓を患っているわけです。
つまり、肝臓を患っている人はすでにシジミをたくさん食べて治そうとしているので、シジミには飽きてしまっていますよという意味の言葉です。

この頃から既に、シジミが肝臓に良い食べ物として知られていたことが分かります。
今の時代も肝臓の薬として用いることができます。
しじみに含まれているオルニチン、タウリンといった物質が、肝臓の働きを回復させ、促進させる力を持っているのです。

ですから、アルコールをたくさん飲んで肝臓を酷使している人はできるだけシジミを食べて肝臓をいたわってやる必要があります。
また、シジミにはほかにも、良質なアミノ酸やタンパク質がたくさん含まれています。
肝臓の薬として効くだけではなく、体全体を元気にする力を持っています。

土用のシジミは夏バテに効くと言われているほどです。
疲れがたまる時には、シジミを食べることで体力を回復させていくことができます。

最近、春なのにとても暑い日が続いています。
身体がしんどくなる前に、食卓にシジミを取り入れてみてはいかがでしょうか?(・ω・*)Kでした。
チョップドサラダってなーに??

チョップドサラダ(chopped salad)とは、その名の通り、すべての具材を同じくらいの大きさになるように小さくカットしたサラダのこと。
普通のサラダと違うのは、通常は葉物野菜に細かい具材を合わせても食べにくいですよね。チョップドサラダはすべての具材を細かくしてある、スプーンで食べるためのサラダです。ナッツやコーン、ドライフルーツやクルトンも食べやすくなっているサラダです。

☆野菜や魚介など多品目を一皿に盛りつければ、満足度も栄養バランスも◎
いろんな野菜が一度にたくさんとれることから、ベジタリアンの多いニューヨークで人気を集めていますが、野菜だけでなく魚介類や乳製品などを加えると、栄養バランスはさらにアップ!

☆手作りドレッシングで糖質&脂質オフも!自由に楽しめる新感覚のサラダ
好きな具材を組み合わせればいいので、簡単に作れて自由度の高いメニューです。ドレッシングを手作りすれば、余分な糖質や脂質をオフすることができます!

〜おすすめ健康レシピをご紹介〜
◯豆腐と和野菜のゆずこしょうドレッシングサラダ
・材料
れんこん 80g
にんじん 1/5本
しめじ 1/2パック
オリーブ油 大さじ1
塩 少々
水菜 2株
しその葉 5枚
木綿豆腐 1/2丁
白いりごま 小さじ2
〈A〉
ゆずこしょう 小さじ1/2
ポン酢しょうゆ 小さじ4

・作り方
①れんこんとにんじんは3〜4㎜の厚さに切り、さらにざく切りにする。しめじは小房にほぐす。
②フライパンにオリーブ油を熱し、①をいれて強めの中火で透き通るくらいまで炒めたら、火を止めて塩をふる。
③水菜は2〜3㎝の長さに切り、しその葉は細切りにする。
④ボウルに〈A〉の材料をいれ、②を汁ごと加えて混ぜ、なじませる。③と粗く手で崩した豆腐を加えてさらに混ぜたら、器に盛って白ごまをふる。

☆ポイント☆
れんこん、にんじんなどの根菜のザクザクとした歯ごたえで満腹感が得られ、しめじもはいって食物繊維がたっぷり。豆腐のレシチンや大豆イソフラボンなどもとれる一品です!

みなさんもよかったらチャレンジしてみてください♫

2018/04/09

太陽☀️


先日、身内の結婚式に
行ってきました(´-`).。o♡
当日は桜も満開で太陽も出て
とても気持ちの良い天候でした!

太陽にあたるとなぜかすっきり
しませんか?
今回は太陽が与える効果を
ご紹介致します!

・体内時計を整えてくれる

朝起きてまず太陽の光を浴びると、
体が目覚めます。朝起きたらまずカーテンを開けて
ベランダに出たり、庭に出るようにしましょう。
太陽の光は狂ってしまった体内時計を調整してくれます。


・うつ病を防いでくれる

太陽光を浴びると、幸せホルモンだと
言われるセロトニンが分泌されます。
セロトニンが分泌されると脳にも刺激が与えられ、
うつ病の予防や治療に効果があるのだそうです。


・ダイエットにも効果的

太陽光を浴びると分泌されるセロトニンは、
精神を安定させる働きがあります。
また食欲にも深く関係し暴飲暴食をしたい
という気持ちを抑えてくれます。

日焼け対策もしっかりしつつ
太陽の光を浴びてみて下さい!!

2018/04/02

桜(*^^)v

こんにちは~!(^^)!

いま桜が満開ですごい綺麗ですね!
皆さんはお花見もういきましたか?

私は夜桜とお花見に行ってきました。


今日は桜の花がもたらす効果についてご紹介いたしますね~

桜の花が持つ香りはさまざまな効果があることがわかっています。
抗菌作用
鎮静作用
血圧を下げる
喘息症状の緩和
二日酔い防止
リラックス効果

桜の花にはこれだけの効果があることがわかっています。ちょうど季節の変わり目は体調を崩しやすい時期ですので、抗菌作用のある桜の花エキスを取り入れることで免疫力を高められます。

桜の香りにもアロマ効果があるみたいです。

桜の花にこんなにも良い効果があるなんて知らなかったですね。


2018/03/26

☀紫外線☀

こんにちは(*^_^*)
最近、暖かくなってきて桜が咲いてきましたね♪

これからお花見に行く機会も多くなってくると思いますが
暖かくて過ごしやすいですが、
紫外線対策も必要になってきますね(*_*)

紫外線対策のグッズもたくさんありますが
食べ物でも、肌の紫外線対策ができます☆


○亜鉛・・・・・・肌の新陳代謝を促進し、炎症を抑えて、ツヤのあ         る肌を保ちます。
○タンパク質・・・皮膚組織の大部分を占める真皮の材料となってい         るコラーゲンを構成します。
○ビタミンC・・・シミやそばかすを抑えたり、コラーゲンの生成に
         役立ちます。

[栄養素の多い食品]
○亜鉛・・・・・・肉のレバー、魚介類、卵、マスタードなど
○タンパク質・・・卵、肉類、魚介類、チーズ、ヨーグルト、大豆、         大豆製品など
○ビタミンC・・・新鮮な果物、生野菜、ジャガイモ、ピーマンなど

*ビタミンCの多い食品には、新鮮な果物や生野菜がありますが、柑橘系の果物やきゅうりなど一部の野菜や果物は、ソラレンという
紫外線を受けるとシミができやすくなってしまう成分が
入っているので、お出かけ前を避けて摂取したほうが良いと
いわれています。
美肌効果があると聞いて、日々の健康の為に‥と最近〝ルイボスティー〟を毎日飲んでいます♪
カフェインが入っていない事から妊婦さんでも飲めるお茶‥?程度しか知らなかったので効果・効能を調べてみたら、たくさん出てきました。
・アンチエイジング
・むくみ、冷え
・アトピー
・安眠効果
・二日酔い
・貧血
・妊活
・糖尿病、痛風
・花粉症
など、まだまだ他にもあるようです。
「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」
と呼ばれる飲む事で体質改善にもなるという〝ルイボスティー〟魅力的です☆
美容と健康の為に皆さんもいかがでしょうか(^^)

2018/03/12

豆苗♪


こんにちは(^^)


突然ですが最近スーパーなどでよく見かける豆苗ってご存知でしょうか?シャキシャキとした食感と甘さが特徴で私は少し前に初めて食べてから豆苗にハマってます♪
豆苗は「発芽野菜(スプラウト)」の一種で、エンドウマメの若菜です。
お値段は一個100円程度で寝付きの苗で売ってるので再収穫も出来ちゃうんです。
 そんな豆苗の栄養・食べ方・育て方をまとめました。

①豆苗の栄養

β-カロテンはチンゲン菜の1.5倍、ビタミンEは小松菜の1.8倍、食物繊維はジャガイモの1.7倍!また、ビタミンCもほうれん草の2倍も含まれていたりします。
腸の健康や、アンチエイジング、免疫力維持、抗酸化作用などによさそうな栄養満点の野菜ですよ。

②豆苗の食べ方

最初に買ってきた豆苗は包丁でザクッと切りますが、この時切る位置は茎の下の方の若芽を残して切ると次の芽が早く出てきます。
後は好きな様に炒め物にしてもいいし、かき玉スープなどもいいですね♪今回わたしは大根とシーチキンとマヨネーズであえてサラダにしてみました(o^^o)とっても簡単なのでおススメです☆

③豆苗の育て方

②で切った豆苗の根っこの部分を適度なプラ容器などに入れて1日に2回程お水を変えるだけです(๑>◡<๑)
後はお部屋の中の日が入るスペースなどに置いておけば1週間ほどで収穫できます。
水を入れ過ぎないのがポイントで一番下の根の部分にだけ水が浸かり、その上の種の部分には水が浸からないようにします。水を入れすぎると種が黒くなってヌルヌルしてきたり、白いカビが生えたり、茎の部分がヨレヨレになってきたりしますので注意してください(´-`)

美味しくて経済的な豆苗☆まだ食べたことない方は試してみてください(^_−)

2018/03/05

花粉症の季節

最近、少しずつ暖かくなりましたね☆
それに伴い、花粉もたくさん飛び始め、花粉症の方には過ごしにくい時期です(T_T)

まずは、花粉情報をチェックする事が大切です!
1:天気が晴れまたは曇り
2:最高気温が高い
3:湿度が低い
4:やや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき
5:前日が雨
以上から、前日または当日の未明まで雨で、その後天気が急に回復して晴れ、南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日となります。


次に、自分でできる花粉対策を紹介します!

●外出は控えめに
花粉の飛散の多い日は特に注意が必要。
1日のうち飛散の多い時間帯《午後1時〜3時頃》の外出もなるべく控えましょう。

●外出時は完全防備
帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて。コートもツルツルした素材を選びましょう。

●帰宅後はうがいや手洗い
体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。毎日の習慣として心がけましょう。

基本的なことですが、心掛けることで
少しでも花粉症がやわらぐそうです。

きぼう薬局では、毎日お店の前のブラックボードにて
花粉量の情報をお知らせしております☆
花粉のことや、体のことなど、是非相談だけでも
お気軽にお立ち寄りください!
従業員一同お待ちしております(*^_^*)
こんにちは♪

寒い日が続きますね。
みかんが美味しい季節です!

みかんは寒くなってきたころが旬で、最も美味しく栄養がおおくなります。

みかんの栄養といえばビタミンCですが、ほかにもクエン酸や食物繊維など健康だけでなく美肌にも効能があるものがたくさんあります。

寒い季節は乾燥しやすく、肌トラブルが多くなるので、冬に良く食べるみかんの栄養に美肌の効果があると聞いたらさらにみかんが食べたくなってきませんか???

そんなみかんのビタミンについて今回紹介いたします☆

みかんは食べごろになると濃い橙色になりますが、この橙はβ‐クリプトキサンチンという栄養でみかんの参加を防ぐ働きがあります。

β‐クリプトキサンチンは体の中に入るとビタミンAに変化します。
ビタミンAは皮膚の細胞や粘膜を丈夫にする効能があり、しわの予防など美肌には欠かせない栄養です。

また、みかんにはビタミンCが含まれています。
ビタミンCには強い抗酸化作用があり、しみの予防には先ほどのビタミンAですが、できてしまったしみをなんとかしたいのならビタミンCを摂ることが効果的です。

二つのビタミンは相性が良く、一緒に摂ると相乗効果が出てきて効果がアップします↑

みかんはこの二つを一度に摂れるので冬の美肌対策にオススメの食べ物です☆


柑橘系の果物が好きな私としては、とても嬉しい効果です♪
以上、Kでした(・ω・*)

2018/02/19

紅茶

みなさんこんばんは♫

この前、難波高島屋にあるアフターヌーンティーというカフェにいってきました〜
いちごの季節ということで、いちごを使ったデザートがいっぱい♡♡
いちごが大好きなわたしには嬉しすぎる季節です♩

さまざまなメニューの中でも特に気になったのが
『いちごカスタードティー』という紅茶でしたΣ('◉⌓◉’)
はじめてみる紅茶のメニューに惹かれて早速注文!
ほんのり甘酸っぱいいちごの香りのする紅茶と、いちごのデザートを食べ、身も心もあったかくしあわせな気分♫♩♩

今日はそんな「紅茶」についてすこしご紹介したいと思います( ´ ▽ ` )ノ
〜紅茶の驚きの効能〜
☆抗酸化防止作用で成人病予防
抗酸化作用・血中コレステロールの抑制作用血糖上昇抑制・動脈硬化抑制作用が期待できます。これらの作用によって、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

☆ダイエットにも
紅茶カテキン”には、糖分分解酵素があります。また、“カフェイン”には、脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用があります。

☆ビタミン、ミネラルの栄養補給
カルシウムやカリウム、ビタミンB1・B2、ナイアシンなどのビタミン類やミネラルが豊富に含まれています。

☆殺菌作用
風邪の時期には、紅茶でうがいをすると、風邪ウイルスだけでなく、インフルエンザにも有効です。しかも、出がらしで効き、即効性があるのです。

☆リラックス効果
紅茶を飲むと、リラックスする、といわれていますが、脳波を取る実験結果があります。それによると、紅茶の香りを嗅いだときから、脳はリラックスし始め、飲み終わると、更にリラックスが深くなるということがわかりました。

その他にも、、
☆口臭予防
☆歯垢防止や虫歯予防
☆目の疲れをとる etc.

〜飲み方に注意〜
★空腹時はダメ。胃壁を荒らすことがあります。飲みたいときは、ミルクティーにすると、和らぎます。

★寝る前は避けたほう良い。利尿作用と覚醒作用がありますので、眠りの質が悪くなることがあります。

★貧血の人は気をつけよう。ヘム鉄は大丈夫なのですが、非ヘム鉄は、タンニンと一緒にとると、吸収されにくくなります。

身体に害のなさそうな紅茶ですが、意外と飲み方にも注意点があることにびっくりΣ('◉⌓◉’)
でも、飲み方に少し気をつければ素晴らしい効果がいっぱいの紅茶♫
まだまださむ〜いこの季節。あったかい紅茶を飲んでほっとひと息♡みなさんもいっしょにリラックスしませんか??╰(*´︶`*)╯
先日、いちご狩りに行ってきました!!
一人で40個も食べてしまいました(゚∀゚)

実はいちごは、食品の中でビタミンCの
含有量がトップクラスに入るほどです。

大きさにもよりますが、
5~6粒程度のいちごを毎日食べるだけで
1日のビタミンCを摂取することが出来ます。

主な効果としては、
美白効果
ハリや弾力のあるお肌を作る
若返り
風邪予防
ストレスの緩和 等

女性には嬉しい効果が沢山 (^^)v

ちなみに、、、
いちごは洗いすぎるとビタミンCが
流れてしまうので、洗う際は
さっと洗う程度にしましょう (^_-)☆

2018/02/05

寒波到来~♪

とにかく寒い!!早く春が来て欲しいと^^願うばかりです。
寒さと乾燥は(>_<)お肌に良くないのでシッカリ化粧水☝沈静化~そしてタップリ乳液☝保湿しましょう♪
その時の注意点は:お肌をこすらない事です。
お肌が綺麗だと心もウキウキ(笑)自然と背筋ものびて若く見えちゃう~な☆ん☆て事に(=^・^=)

健康第一 ⇒ 冬でも お水はのんでくださいね。
脱水症状には注意です。
インフルエンザになんて負けないぞ!!
こんにちは~(*^^)v

もうすぐで1月もおわってしまいますね~
1月はバタバタとしていてあっという間でした!      
2月になると節分がありますよね!
皆さんは2月3日にその年にあった方角を向き、喋らずに恵方巻きを食べていますか?
ちなみに今年の方角は南南東みたいですよ~


恵方巻きの由来は、江戸時代の終わり頃に、大阪の商人たちの間で、商売繁盛と厄払いの意味を込めて海苔巻きを恵方に向かって食べたのが始まりとされています。

今日は恵方巻きによく使用されている鰻についての健康情報をお伝えします。

うなぎには、体の抵抗力を高めるビタミンAやビタミンAの吸収を高める脂質の他、ビタミンB1、B2、E、D、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などもバランス良く含む優れた食品である。

またうなぎは、血中のコレステロール値を抑制するDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含み、動脈硬化などの生活習慣病も予防する。うなぎが古くから滋養強壮の代名詞と呼ばれるのは、こうした高い栄養価のためで、体を温める効果もあります。

▲ このページのトップへ戻る