RSS

スタッフブログ

私たちの日々の出来事をお伝えしています。

 

先週2月14日はバレンタインデーでしたね。
私は荷物持ちで、阪急百貨店うめだ本店で開かれていた「バレンタインチョコレート博覧会」に行きました。最終日ということもあり、世界中から集められたチョコレートを求めて、たくさんの人で賑わっていました。


チョコレートに含まれるカカオポリフェノールの「抗酸化作用」は、動脈硬化を予防する効果が期待されたり、老化を防ぐ働きもあることはよく知られていますが、平成26年に実施された研究で、チョコレートを摂取したことにより「脳の栄養」と呼ばれるBDNFが増加することが確認されました。
BDNFはうつ病やアルツハイマー型認知症の患者では不足することが知られています。また、記憶や学習などの認知機能を促進させるという報告もあります。

身近な食べ物であるチョコレートで、うつ病や認知症対策ができるのは喜ばしいことですが、カロリーの高い食べ物なので他の生活習慣病などにならないように、気を付けて食べたいですね。
寒い日が続きますね。

昨日、2月11日は『建国記念の日』でしたね。
皆さん、建国記念日と思っていませんか?
正しくは、建国記念“の”日です。

建国記念の日の由来は「紀元節」です。紀元節はかつての明治時代の祝日の一つです。
起源の日としたのは神武天皇の即位日でした。
神武天皇は日本の最初の初代天皇です。1872年にこの日を制定しようとする動きがありましたが、戦争などにより1966年にやっと制定される事になります。

日本が建国された日ではなく、建国されたという象徴そのものを記念する日として建国記念の日が制定されました。

そして、神武天皇が初めて作ったとされているのが『水飴』です。
水飴にはとろみがあり、このとろみが喉を保護する役目がある事から風邪予防に良いと言われています。
独特のとろみは保湿効果も期待でき、今のように空気の乾燥している季節には喉の粘膜を保護する事が出来るとされています。
風邪予防にも効果が期待できますが、風邪をひいてしまった後でも喉を保護してくれるので、喉の痛みがある時などに水飴をなめてみて下さい。

2019/02/04

節分と大豆

昨日2月3日は節分の日。
夕方から雨でしたが、みなさん 豆まきしたか?子供に、「何で豆をまくんやった?と聞かれて即答出来なかったので
調べてみました(^^)
節分は「無病息災を祈る行事」です。
昔は、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていて(昔は、災害や疫病などの災いは「鬼」の仕業だと考えられていました。)
季節が変わる前に邪気を払うため、その鬼を追い払うために豆をまきます。
なぜ豆をまくのかと言うと、色々な説があるようです。
* 昔は穀物には「魔除けの呪力」があると考えられていたため
* (当初、豆以外にお米や麦などもまかれていました)
* 鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らしたとき、炒り豆(大豆)で鬼の目をつぶしたと言う故事伝説に由来
* 「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」と言う語呂合わせ
どれが一番説得力があるのかはわかりませんが‥どれが一番有力なんでしょう?節分で余った豆は、砂糖がらめにしてみたり、ミキサーなどで自家製きな粉にしたり、水でもどしてひじきなどと煮込んだり と色々アレンジ方法がありますが、今回は私はそのままおつまみとしてポリポリといただきました。

ご存知の方多いかと思いますが、ついでに大豆に含まれる栄養を書いてみます。↓
[大豆イソフラボン]
ポリフェノールの仲間で女性ホルモンにあたるエストロゲンの代わりになります。 そのため女性の体の不調の緩和などに役立ちます。 また、骨から溶け出すカルシウムをストップしてくれます!
☆エストロゲン:卵胞ホルモンのことで加齢によって減少してくるものです。

[大豆レシチン]
血液中のコレステロールを肝臓に運び、コレステロールを血管に付着しないようにしてくれます。
そのため、動脈硬化や心筋梗塞を予防効果があります。 また、ビタミンAやビタミンEの吸収も良くする力を持っています。 レシチンは頭の回転を良くする力もあるのです! 脳を活発にしてくれるので、勉強の進みが悪いとお困りの受験生さんにも必見です!
こんにちは
先週末は今季1番と言われる冷え込みで
とっても寒かったですね:;(∩´﹏`∩);:
インフルエンザの患者様もすごく増えてきていて、学級閉鎖や学校閉鎖になったところもあるそうです。
予防接種をしていても感染することがあるので、しっかりと予防をして下さいね。

さて、きぼう薬局では
その寒かった先週の土曜日に
開局10周年記念パーティーが行われました。
神戸でクルージングをしながらのパーティーだったのですが
スペシャルゲストが来て歌って下さったり
夜景を見たりビンゴをしたりと
とっても楽しい時間となりました。
私はビンゴで三大和牛の食べ比べセットが
当たりました。
おうちに届くのが今からすごく楽しみです。

今日は牛肉の栄養についてご紹介します。

①貧血予防効果
赤身の部位が多い牛肉は貧血改善に必要なヘム鉄を多く含みます。ヘム鉄は動物性食品に含まれる鉄分で、植物性食品に含まれる非ヘム鉄に比べて、吸収率が約5~10倍も高いと言われています。

②美容効果
また、造血のビタミンといわれるビタミンB12と、亜鉛を豊富に含んでいることから、スタミナ維持にも欠かせません。新鮮な血液が全身に巡ることで、エネルギーを生み出したり、肌の新陳代謝を促し顔色を良くしたり、髪を艶やかにする作用が期待できます。

おいしくって嬉しい健康効果もある牛肉。
最近では長寿の方は皆さんお肉を食べてるなんてテレビでやっていたりもしますよね。
食べ過ぎには注意ですが、適度にお肉を食べたいと思います( ˘ω˘ )
1月15日、今日はイチゴの日です☆〜(ゝ。∂)

イチゴはある程度の量をまとめて食べることが多いので、ビタミンCの摂取に適しているといえます。 これは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

いちごの栄養をさらに吸収したいという人には、牛乳や練乳を掛けた食べ方がおすすめです。
これは、乳製品に含まれる脂質が、いちごに含まれる栄養素の吸収を助ける働きを持つからです。

「いちご」と「牛乳」の組み合わせは、
子供のおやつ
赤ちゃんの離乳食
としても適しています。

また、いちごには妊婦さんが不足しているといわれる「葉酸」を多く含んでいます。
この葉酸も、脂質と一緒に摂る事で吸収率がアップします。

皆さんもイチゴをたくさんたべて、健康になりましょう(≧∇≦)

少しずつ、インフルエンザの患者さんが増えつつありますので
日常生活の中で予防しましょう!
通常のインフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスの感染は、せきやくしゃみによる飛沫や接触によってウイルスが体内に入ることで起こります。そこで、普段からウイルスが体内に入るのを防ぐようにしましょう。
あけましておめでとうございます♪とても寒くなってきましたね。1月7日は春の草七種を刻んで入れた粥を作って、万病を除くおまじないとして食べるといい日とされています(^^♪平安時代から続くこのしきたりは、呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う効能もあるとされているので、おススメです(>_<)★★温かい物を食べて毎日元気に頑張りましょう♪

2018/12/25

正月病

☆happy merry christmas ☆

皆さん、どのようなクリスマスを
過ごしましたか?
クリスマスが過ぎれば、あっという間に
年末年始です、、

皆さんは正月病を知っていますか?
正月病とは、年末年始休み明けの身体のだるさや
やる気が出ない、眠さが取れないと感じることです。

要因として、
①だらだら食いが多くなる「食生活の乱れ」
②「生活リズムの乱れ」
③就寝時間や起床時間が遅くなる
「睡眠リズムの乱れ」

といった3つの乱れが短期間で
重なりやすいことが要因と考えられます。

また、この時期は室内外の寒暖差が
大きくなるために体力も消耗しやすい為
正月病が起こってしまいます。

いくつか対処法を紹介致します!

①夜更かし、寝坊はできるだけ避け
日光に当たる生活を習慣にする

②食べ過ぎ、飲み過ぎた後は内臓を休める

③仕事用の靴を新しくする、など
休み明けに楽しみをつくる

④パソコンや携帯ばかり使用せず
家族や友達と話す機会を多くつくる


出来る限り、仕事モードと休みモードの差が
広がらないよう今までの生活ペースを乱さず
規則正しい生活を送るよう心がけましょう!

こんにちは(^^)/
12月に入り、だんだんと寒くなってきましたね!
関東ではインフルエンザが流行入りしたみたいですね!

最近ヨーグルトを食べて、インフルエンザの予防ができると
話題になっていますね。

調べてみると今日はちょうどヨーグルトの日みたいなので、
ヨーグルトの効果についてご紹介いたします。

R-1乳酸菌はEPS(多糖体)を作りだしてくれる乳酸菌です。ESPはインフルエンザウイルスや風邪ウイルス等と戦い体の免疫力を上げてくれるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化してくれます。
要はこのナチュラルキラー細胞がどんどん働きはじめて悪い細胞や菌を退治します。


予防には続けないと意味がないみたいですよ!
ちなみに飲むタイミングは夕食後か寝る前が一番効果あるみたいです。
免疫をあげたい方はヨーグルトを食べてみてください(^^♪

2018/12/10

イニイイヒ

今日で12月も3分の1が終わり、2018年も残り少なくなりました。
これからのシーズンよく目にして、耳にするのは忘年会、新年会…宴会ですね。
私も1週間に4日も忘年会が入っています。
暴飲暴食に気を付けたい所です。

明日12月11日は1(胃)2(に)1(い)1(い)日だそうです。

今回は二日酔いや胃のむかつき、胃もたれ時に良い物、悪い物について書きたいと思います。

胃もたれやむかつきが起きている時は胃酸過多になっています。

まずは、避けた方がいいもの。
・柑橘系の果物
一見、スッキリするようなイメージがありますが、強い酸味にはクエン酸が含まれています。この成分が胃の粘膜を刺激し、余計に胃酸分泌を促してしまいます。
・酢を使った物
同じく胃酸を誘発する恐れがあります。ケチャップやマヨネーズにも酢が使われているので注意が必要です。

次に食べるべきもの。
・豆腐
良質なたんぱく質は消化吸収が早く、体に吸収された後は酵素へと変化する為、二日酔いの回復も早めてくれます。
・バナナ
よく熟したバナナにはリン脂質が含まれており、この栄養素が胃の粘膜を保護してくれます。

上記を頭の片隅に、楽しいひと時を過ごしたいですね。
普段は翌日の予定のことを考えたり、早く眠って疲れを残さないように気をつけたり...と早寝を意識していますが、
休みの前日は、テレビをダラーっと見たり、録画していたドラマを見たりと、
心を自由にして
『ちょっとだけ夜更かし』を楽しんでいます☆
ただし、ちょっとだけのつもりが、夜更かしが過ぎると、空腹感で寝付けなくなるので、体にやさしく睡眠の妨げにもならない食べ物を調べてみました。
*低カロリーの食べ物
*消化の良い食べ物
*温かい食べ物
*水分の多い食べ物

みそ汁、春雨スープ、バナナ
糖分の少ないヨーグルト
豆腐のお茶漬け、おかゆ
などだそうです。

反対に食べない方が良いもの

・糖分や炭水化物を多く含むクッキーやアイスなどのお菓子。
・脂肪分が多い食べ物。
・消化しにくく、消化するのに時間がかかる食べ物。

寝る前に食べる際には、体に刺激となる食べ物を避け、軽いものを上手にとると良いようです。
ぜひ 夜更かし&快眠に役立ててみて下さい(^-^)/

2018/11/26

予防接種

こんにちは。
寒くなりましたが、みなさん風邪など引かれていないでしょうか。
私は先日、東京に旅行に行ってきました。
色々な所を観光してとても楽しかったです。
写真は旅行中に訪れた幸せのパンケーキという店のパンケーキです。とってもふわっふわでおいしかったです(〃ω〃)

話は変わりますが、旅行に行く前にインフルエンザの予防接種を受けたのですが、少し腫れて痛かったです。

なので今日はインフルエンザの予防接種を受けた後の注意事項を調べてみました。

⑴予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医師(医療機関)とすぐに連絡を取れるようにしておきましょ
う。

⑵インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以內に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。

⑶入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう。

⑷接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

⑸予防接種の後、まれに副反応が起こることがあります。また、予防接種と同時に、ほかの病気がたまたま重なって現れることがあります。
  予防接種を受けた後、接種した部位が痛みや熱をもってひどくはれたり、全身のじんましん、繰り返す嘔吐、顔色の悪さ、低血圧、高熱などが現れたら、医師(医療機関)の診療を受けてください。

これからインフルエンザの予防接種を受けられる方は参考にしてみて下さいね。

日付は「いい(11)はつが(20日)」(いい発芽)と読む語呂合わせから。天然のマルチサプリといわれる大豆を発芽させることで、さらに健康価値が高まった「発芽大豆」。その良さを多くの人に知ってもらい、気軽に毎日の食事にとり入れてもらいたいとの想いが込められているそうです。

そもそも「発芽大豆」と呼ばれるものがどんなものかを皆さんはご存知でしょうか?大豆は発芽してそのまま育てると10日ほどでもやしとなりますが、芽がでたばかりでまだ育ちきっていない大豆のことを「発芽大豆」と呼びます。

成長途中であることから普通の大豆に比べて柔らかく、煮崩れし辛いことから、煮物などの食べ物と相性が良いそうです!(^^)!また、一般的な大豆食品と比べても発芽大豆のほうが栄養価が高いと言われているので、気になった方はぜひ試してみてください♪
今日は、11月12日 いい皮膚の日です!

日本臨床皮膚科医会は1989年に11月12日(イイヒフ)を「皮膚の日」に制定しました。そして、日本皮膚科学会と協力して、皮膚についての正しい知識の普及や皮膚科専門医療に対する理解を深めるための啓発活動を行ってきました。毎年「皮膚の日」の前後の時期には全国各都道府県において、一般の方々を対象に講演会や皮膚検診、相談会を多数開催しているそうです。

そこで、少し豆知識をご紹介致します!
乾燥肌には、タンパク質やビタミンなどを取り入れた、バランスのよい食事が大切。毎日、魚や肉を使ったメイン料理に、みそ汁や青菜などの野菜を使った副菜などを添えれば完璧ですが、忙しくて時間がない人や、料理が苦手な人もいますよね。

そんな人におすすめなのが、これからの寒い季節にもぴったりの寄せ鍋です。肉類、豆腐、野菜などタンパク質やビタミン類がまとめて摂取でき、残ったスープで雑炊などにすれば、水に溶け出した栄養素も摂取することができます。体も温まって血行もよくなるので、お肌の代謝も上がりそうです。

これから寒くなるので、食べ物を見直してお肌の保湿力アップを目指しましょう!!
好き嫌いがけっこう分かれるお野菜、セロリ。

先日、前菜のサラダで出てきました。
私は子供の頃、あの香りが嫌いで食卓に出るだけで「げっ…」と思った位でしたが、今はお酒のアテに一夜漬けをポリポリ齧るほどに好きになりました。

良薬口に苦しではないですが、実はクセのある中に豊富な栄養素が詰まっているんですよ。食べ方も少し工夫すれば、苦手な人でも美味しく頂けちゃうんです。

では、好きな人も嫌いな人も食べたくなる、セロリの魅力を教えます。

古くから万能薬として使われていたセロリ。
セロリは古代ローマやギリシャで、
食用ではなく整腸剤や強壮剤などの万能薬としてワインなどの香りづけに使う香料として古くから重宝されてきました。
セロリの和名は「オランダ三つ葉」、また、加藤清正が持ち帰ったという俗説があることから「清正人参」なんていう面白い呼び名もあるようです。

セロリの旬は11月~5月の間と幅広く、ほぼ1年を通してスーパーなどで購入することが出来ます。

セロリを店頭で選ぶ際は、茎が太く、肉厚で葉が青々としているものを選びましょう。そして買ったら、葉は捨てないでくださいね!実は、葉にも豊富な栄養があるんです。

☆実はあの香りにも!?豊富なセロリの栄養素☆
セロリには、女性に嬉しい栄養素が豊富に含まれているだけじゃなく、低カロリーで栄養のバランスも良いのが特徴。だからいつものサラダに、ピクルスにしてプラス1品で毎日の食卓をサポートしてくれるんです。

☆ビタミンバランスが良く、女性に嬉しい抗酸化作用も☆
セロリには、身体に必要なビタミンがバランスよく含まれています。特に、身体の中でビタミンAにかわるβカロテン、ビタミンB群、C、Eを含むので、相乗効果で抗酸化力もアップ。
美肌やアンチエイジングのほか、紫外線やストレスに負けない身体づくりをサポートしてくれる栄養素です。
さらにカロリーも100グラムあたり15キロカロリーと低いので、ダイエット時の栄養バランスの調整に役立ってくれます。

☆カリウムはキュウリ・スイカの倍以上!高血圧やむくみの予防に☆
体内の余計な塩分を出してむくみを防ぎ、血圧の上昇を抑える働きがある栄養素であるカリウム。キュウリやスイカに多く含まれるイメージですが、セロリに含まれるカリウムはそれらの倍以上!サニーレタスやサラダ菜に並ぶ含有量です。

野菜/100g カリウム含有量(mg)
セロリ 410
サニーレタス 410
サラダ菜 410
キュウリ 200
スイカ 120

また、セロリの葉に多く含まれる香り成分「ピラジン」には、血行を促進し、血流改善の効果があるため、カリウムと合わせて摂れば余分な塩分を体外へ排出し、カラダのめぐりを良くしてむくみ防止や高血圧の予防にも効果があります。
食欲がない時、二日酔いのときにもセロリのあの独特の香り、苦手な人もいるかと思いますが、実はあの香りにこそ、色々な効果効能があるんですよ。

まず香り成分「アビオイル」には、
①食欲の増進
②口のなかをさっぱりとさせる
効果があります。また、「アピイン」、「セネリン」という香り成分には、
③頭痛やイライラを和らげてくれる
④精神を落ち着かせてくれる
などの効果があります。
セロリには胃腸の粘膜を保護・修復してくれるビタミンU(キャベジン)も含まれているため、夏場の食欲不振や二日酔い、ストレスからの胃痛などにも力を発揮してくれます。

古くから万能薬として使われてきたものが、現代の私たちの家庭料理に使われていて、さらに色々な症状にも効くなんて、不思議で興味深いですよね。

実は、セロリの栄養素は加熱にも強いので、炒めたり揚げたりしても栄養素が失われにくいんです。好きな人はそのままマヨネーズやドレッシングを付けて食べても良いし、そのままだと苦手という人は炒め物にしても美味しいですよ!

香りの強い食材と相性が良いので、ネギやショウガなどの香味野菜と一緒に、オイスターソースで牛肉と炒め物にするのもオススメ。

シャキシャキした歯ごたえが楽しめ、少し香りも和らいで食べやすくなります。セロリにはお肉の臭みを消してくれる働きがあるので、お肉料理の煮込みやソテーなどに使ってみましょう。

特にセロリの葉の部分は、買ってすぐに細かく刻んで、そのまま冷凍して保存しておくと何かと便利です。ミネストローネやコンソメスープ、ビーフシチューやステーキなどの際に、そのまま少量入れるだけで本格的な風味になるのでお試しあれ。
セロリは嫌いな人も食べてみる価値あり!意外とハマるかも
いかがでしたか?ちょっとでも食べてみようかな、って気になれたでしょうか?

どうしても!とは言いませんが、このセロリ、冷蔵庫に1本あるとそれだけで、お料理の幅がぐーーん!と広がります。

臭み消しに香りづけ、万能薬としてなんでもこなしてきたお野菜ですから、好きな人はもちろん、今まで苦手だったひとも、ちょっとセロリについて再発見があればいいなと思います。

久しぶりに食べてみたら、そのクセのある風味に、意外とハマるかもしれませんよ?K改めMでした(・ω・*)
みなさんこんばんはm(_ _)m

この間は家族みんなで和歌山の那智勝浦までプチ旅行に行ってきました〜(*^◯^*)
途中で寄った道の駅で、お父さんが注文したカレーがとてもかわいかったので見てください!!

ごはんがクジラの形で盛られていて、カレーを海に見立てているので、クジラが泳いでるみたいなんです!!
そのまわりにはクジラのカツがのっていました!

みなさんはクジラって食べたことありますか??
噂では少しクセがあって臭みがあるとか。。。
わたしは食べたことがないのですが、少し気になったので調べてみると、なんと、健康と美容に良いのだとか!Σ('◉⌓◉’)

今日はそんなクジラについて、少しご紹介いたします♫

くじらの赤肉は牛、豚、鶏肉の脂肪の少ない部位と比べても低脂肪で良質な蛋白質が多く、カロリーも低めです。
畜肉からの脂肪摂取量が多くなりすぎている傾向のある日本人にとって、鯨肉は最適のたんぱく源であり、生活習慣病予防やダイエットに効果的な食品となっています。

★吸収されやすい鉄分が豊富
くじらの赤肉には日本人に不足しがちな鉄分が多く含まれています。鉄は摂取しても吸収されにくく、欠乏すると貧血の原因となります。鯨肉は吸収性のよいヘモグロビン鉄の形で含まれており、鉄分の補給源として優秀な食品といえます。

☆認知症予防効果が期待される「カルノシン」を含有
カルノシンは動物の筋肉や脳や、中枢神経に存在しています。現在の研究では活性酸素によるラット小脳神経細胞の障害作用を保護する抗酸化作用や、ヒトが運動すると筋肉に生成される乳酸を中和して疲労を軽くする生体pH平衡能を含むことが分かっています。

★抗疲労効果成分「バレニン」含有
バレニンはくじら特有の遊離アミノ酸でカルノシンと同じく疲労回復効果が認められています。

☆コラーゲン、コンドロイチンが豊富
くじらには皮膚の主成分で肌の弾力や強度を保つ為に必要なコラーゲンが豊富です。また軟骨には加齢とともに減少し、老化防止作用があるコンドロイチンが多く含まれています。

ここに紹介したのはほんの一部ですが、少し調べただけで良い効果がたくさん!!∑(゚Д゚)
こんなにたくさん良いことがあるのなら、、、、
これは食べるしかないですよね✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。笑

でも、噂にはあまりおいしいという話は聞かないので、オススメの食べ方やおいしいクジラ料理のお店を知っている方がおられましたら、ぜひぜひ教えてくださいね〜♩♫♩♫
段々と寒くなってきました。❄︎❄︎

冬は寒いものなので、
体が冷えてしまうことは当然です。
しかし、冷えは放っておくと
低体温症だけでなく、心疾患や脳血管障害などの
原因の1つにもなると考えられています。

今回は冬の冷えを引き起こす原因と、
その対策法を紹介します。

■冷えが起こる原因■
冷えが起こる原因には、主に以下の
3つが挙げられます。
・自律神経のバランスが崩れる
・筋肉量が減る
・血管の収縮機能が衰える
   
■冷え対策■
①適度に運動する
筋肉量の低下は冷えの原因のひとつ
ですので、適度に運動をして筋肉量の
低下を抑えましょう。

冷え対策の運動には
「つま先立ち運動」がお勧めです。
足裏を床にくっつけた状態から
つま先立ちになる動きを繰り返すだけです。

②熱を生みやすい食事をとる
ビタミンE、ビタミンB1は
血行をよくする働きがあり、
摂取することで身体を冷えにくく
することができます。

〈 ビタミンEが多く含まれているもの〉
・カボチャ
・ナッツ類
・魚類
・卵

〈ビタミンB1が多く含まれているもの〉
・豚肉
・大豆
・とうがらし

③血管を温めるようにして服を着る
首や手首、足首など、太い血管が
走っている部分が露出しないような服装を心がける。
  
ただの冷えだと油断せずに、しっかりと
冷えの対策準備をして冬を迎えましょう!
本日は平成最後の終戦記念日といわれています。一般に1945年戦争が終結した日をさします。8/15を日本は「平和を祈念する日」としています。平和の会が日本では開かれているそうです。日本にとって8/15は特別な日です。これからも平和でいたいと誰もが願っているとおもいます。私も心からそう願って感謝の気持ちを忘れずに毎日精一杯がんばります(*^_^*)

2018/10/09

Halloween!

こんにちは!
もうすぐハロウィンですね!(^^)!
皆さんはハロウィンパーティーの計画なにかたてましたか?
薬局もハロウィン仕様にかざりつけをしているので来局時にみて下さい~(*^^)v

ハロウィンと言えば、カボチャですよね?
なので今日はカボチャの健康情報をお伝えします。

実が黄色いかぼちゃは、体内でビタミンAに代わるβ カロテンを豊富に含みます。かぼちゃを食べると風邪をひかないといわれるのは、粘膜や皮膚の抵抗力を高めるビタミンA の働きによるものです。近年では生活習慣病やがん予防にも効果があると言われており、注目の栄養素です。

かぼちゃを食べると風邪をひかないみたいなので、この秋はかぼちゃをたくさん食べて、風邪予防したいですね!!
最近は台風が相次いでいますね。台風といえば低気圧。低気圧が近づくたびに頭がガンガンして痛い。頭痛持ちの人にとっては苦しい季節。でも、ちょっと日常生活を見直すだけで、痛みを和らげることができるそうです。

たとえば休日、朝いつもより遅く起きた際に頭が痛いという人はご用心。
「ちょっと疲れているのかな」と思われがちですが、実はそれが片頭痛のことがあるようです。
 休日に寝すぎると、副交感神経が優位になって血管が拡張しやすくなり、片頭痛になりやすいのです。また、朝遅く起きて朝食を抜くと、血糖値が下がることで脳の血管が広がり、やはり頭痛につながります。
最近は、週末に一気に残った仕事を片付け、週明けの月曜日や火曜日にホッとしたときに、片頭痛を起こす人も増えているそうです。
 
片頭痛は、低気圧や生活リズムの乱れといった2つ以上の悪い因子が重なることで、起こしやすくなります。そのため、低気圧が近づいてきたときには、日常生活にご注意です。
 ①休日も平日と同じ時間に起きるなど、生活リズムを変えないようにする。
 ②週末前に仕事をがんばりすぎるのは止め、週の前半に力を注ぐ。
 ③寒暖差も頭痛につながるため、こまめに衣類を脱ぎ着するように。
 ④朝食抜きやドカ食いは厳禁。1日3食適度に食べる。
 ⑤赤ワインやチョコレートなど、血管拡張作用のある食材は避ける。
 ⑥神経の興奮を和らげ血管の収縮機能を改善するビタミンB2とマグネシウム、食物繊維をとるようにする。
 ⑦和食がお勧め。
 
一般用医薬品の鎮痛薬を服用していると、かえって脳の興奮状態が治まらなくなり、厄介な耳鳴りやめまいが続く脳過敏性症候群へ移行して、症状がひどくなるために注意が必要です。長引く頭痛やいつもと痛み方が違うときには、医療機関へ早めに受診を。

2018/09/25

お月見

こんにちは!
昨日は中秋の名月でしたね。
みなさんはお月見されましたでしょうか。
私は残念ながら月は見ることはできなかったのですが
お団子はいただきました。

お月見のお供え物の代表といえばやっぱり
月見団子!
これは三方にのせて庭先などに用意した月見台の上に置きます。健康と幸せを願う縁起物ですので、お月見が終わったら下げて
月にあやかって家族で食べるようにしましょう。

また、とってもおいしいお団子ですが
小さなお子さんやお年寄りは喉を詰まらせやすいので
小さく切るか、水分を一緒に取るようにしましょう。

▲ このページのトップへ戻る