RSS

スタッフブログ

私たちの日々の出来事をお伝えしています。

 

梅雨でじめじめ~なこの時期(-"-)
私たちにとってはいや~な時期ですが、カビはやや暖かく、湿度の高い環境を好みます。まさに、カビにとってはルンルン♪な時期なんです(-_-;)

カビは埃や食べ物など至る所に付着し、食中毒やアレルギーを引き起こす原因となります。日々の生活に気を配りカビ対策をしましょう。



★カビの繁殖しやすい場所と対策★

①お風呂の水アカや汚れ  
  → こまめに掃除し、熱湯をかける。

②布団や毛布  
  → しっかりと日に当てる。

③エアコンのフィルター  
  → 梅雨時期に入る前に掃除し、カビの拡散を防ぐ。

④まな板、包丁、布巾  
  → 熱湯消毒し漂白する。

⑤野菜、肉、魚などの食材  
  → 低温で保存し、調理の際は必ず中心まで火を通す。冷蔵庫は温度が下がらないように、ものを詰めすぎない。

⑥余った料理  
  → すぐに冷却し、低温で保存する。室温で置いておかない。



★カビが原因?梅雨時期になりやすい病気と対策★
①水虫
カビの繁殖しやすい時期は水虫菌も活発になります。感染経路であるお風呂の足ふきマットはこまめに洗い清潔にしましょう。

②喘息、気管支炎
カビ、ダニに対するアレルギーや気圧の変化で、症状が現れます。お子様のいるご家庭は特に気を付けぬいぐるみや絨毯を清潔にしましょう。特に清潔に心がけたいのが6月です。

③アトピー性皮膚炎
カビ、ダニなどにアレルギー反応を起こす為、掃除や洗濯をこまめに行い、肌のケアをいつもより入念に行いましょう。汗疹とは違う原因での肌荒れかな?と思ったら梅雨時期のアレルギー反応も考えてみましょう。

④神経痛、リウマチ
クーラーや気圧の変化で、症状が悪化することがあります。血行促進を意識し、マッサージや運動をすること、グルコサミンやコンドロイチンなどの栄養成分の摂取を心掛けましょう。
みなさんこんにちはm(_ _)m

この前、健康診断がありました!
採血はどうしても苦手で、いつも気分が悪くなってしまうんですが、今回も採血しているところをガン見していて倒れそうになりました(o_o)笑
みなさんは定期的に健康診断いかれてますか?('◉⌓◉')

近年、食生活の変化や運動不足によって、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が問題になっています。
これらの病気はなかなか自分では気づかないものです。
「体の調子がよくないな」「最近すぐ疲れるな」などと思って病院に行ったときには、病状がかなり進行していたという場合も少なくありませんΣ(・□・;)

⚪︎健康診断の心がまえ(6カ条)⚪︎

①毎年欠かさず健診を受ける
②健診結果に必ず目をとおし、保存する
③結果はきちんと受けとめ、改善目標を立てる
④気になることがあれば健診機関に相談する
⑤二次検査(再検査、精密検査)を恐れない 面倒がらない
⑥「異常なし」を過信せず、日ごろから体のチェックを行う

学校や会社で決められていないと、面倒くさくて行かなかったり、自分は行かなくても大丈夫と思い込んでいるひとも多いと思います。自らの健康を守るためにも、まずはみなさん一人ひとりが自分自身の体と向き合うことが予防の第一歩です!

そして家族や友達など身近なひとたちにもぜひ、健康診断を受けることを勧めてあげてください。わたしも自分のお母さんにはしつこいぐらいに勧めています!

何かあってからでは遅いですよ!!(´◉◞⊖◟◉`)
そろそろ梅雨入りの季節ですね。

梅雨の時期は体がだるく感じたり、
何かと体調不良が起きる時期ですが
そのまま疲れを溜めたままにすると
いざ夏が来た時に、夏バテになってしまう
可能性があります。そうならない為に
早めに梅雨のだるさを解消しましょう ♪

梅雨のだるさを解消するためには、、
★1.毎朝天気予報をチェック
気温差が大きいと体がだるく感じやすく
なります。天気予報をチェックし、
前もって上着を一枚持ってお出かけするなど
体調管理をすることが大事です。

★2.お風呂に入って汗をだす
38〜40度のぬるめのお湯で半身浴
することで、汗腺の働きが良くなり
熱を体に溜めにくくなります。また、
夏本番の熱中症対策にもなります!

元気に、梅雨を乗り越えましょう♪

2017/05/29

こんにちは☆

こんにちは(^^)v
最近暑い日が続いてますね!1
体調を崩さないように気をつけましょう(*^_^*)



ここで健康情報をおつたえします!

今日はこんにゃくの日という事で、
こんにゃくの情報をお伝えしたいと
思います。


こんにゃくには、グルコマンナンと呼ばれる非水溶性の食物繊維が含まれています。これが便通を促進させ、腸内に蓄積した有害物質を外に排出する働きもします。


こんにゃくには腸内環境を整えて、常に有害物質を排出させる働きがありますので、大腸がんを予防できます。

こんにゃくにがん予防の効果があるなんて知らなかったですね!

2017/05/22

いちご☆

こんにちは(*^^)
先日いちごのバイキングに行ってきました♪
見た目がかわいくて食べるのがもったいなかったです(*>_<)
なかでも、アボカドのクリームをイチゴのチョコでコーティングしたものと、マカロンが特においしかったです(^^)

いちごにはこんな栄養があります。
・カリウム→ナトリウムを排泄するので高血圧の予防になります。また、利尿作用がありむくみの予防になります。
・ビタミンC→免疫力を高めるので夏風邪の予防にもいいです。みかんのおよそ2倍の量があります。
・葉酸→悪性貧血、動脈硬化を防ぎます。葉酸はビタミンCと一緒に摂るほうが良いのでいちごだとふたつの栄養が同時に摂ることができます。また、いちごは果物のなかでも特に葉酸が多いです。

いちごのこれらの栄養は調理するより生食のほうが十分に摂ることができるので、できれば生のまま食べましょう♪

2017/05/15

5月♪

こんにちは(^^)
過ごしやすくいい気候の5月♪
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
ゴールデンウィークも終わり
疲れも出る頃では?

私はゴールデンウィークに神戸の
フルーツフラワーパークというところへ
行ってきました!!
たくさんの綺麗なお花を見たり
ジェットコースターに乗ったりして
楽しく過ごしました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

でも休みが終わるとやっぱり疲れたなーという感じがします(◞‸◟;)

今日は5月を健やかに過ごすポイントを
ご紹介いたします#

①紫外線対策
5月は7月、8月のハイシーズンに次いで紫外線の強くなる時期でもあります。
日焼け止めクリームは塗りたくない、という方もUVカット小物を駆使して紫外線の吸収を防ぎましょう。
日傘、防止、カーディガン、アームカバー、ネックカバー、ストッキングなど、最近は小物の種類も豊富なのでそれらを活用するのもいいですね。

②五月病対策
五月病とは、4月からの環境の変化が落ち着いてきた頃に起こる軽いうつ状態のことです。
4月の気温変化によって弱っていた体が5月になって表面化したことでの体調不良と、新しい環境に順応しようと焦る気持ちがストレスとなり五月病が引き起こされます。
以下のような症状があれば五月病を疑ってみましょう。
・気分が落ち込みやすい
 ・物事に集中しづらい
 ・なかなか寝付けない
 ・食欲が減った
・ 頭痛がする
基本的に1か月程度で五月病は治ります。
・スポーツ
・読書や映画鑑賞
・散歩や森林浴
・カラオケ
などなど自分に合った気分転換を見つけて
5月を楽しく乗り切りましょう♪
 
GWが終わってしまいました…
私は、少し遠出してドライブがてらコーヒーを飲んできました♪
そんな訳で、今回はコーヒーの効果を少し紹介させて頂きます。

その1☆がん予防

「コーヒーを飲む人は飲まない人より肝臓がんになるリスクが低い」と、東北大学から発表が出されました。クロロゲン酸の抗酸化作用により、がん細胞の増殖を抑制する働きをしてくれます。


その2☆動脈硬化防止

ニコチン酸(ナイアシン)が、脂質・糖質・タンパク質などをエネルギーに変換して、コレステロール値を下げて動脈硬化防止に役立ちます。逆に、善玉コレステロールを増加させる効果があります。

その3☆糖尿病予防

コーヒーを飲むことで、2型糖尿病にかかるリスクを下げるという結果が出ています。コーヒー1杯につき7%もリスクがさがりますが、飲みすぎには注意し、1日3~4杯を目安に飲む方が良いでしょう。

その4☆ダイエット効果

カフェインが、脂肪を燃焼させるリパーゼを活性化し、脂肪燃焼の働きを促進します。クロロゲン酸は、酵素の働きを活性化し脂肪の分解・燃焼に役立つ働きをします。この相乗効果により効果大です。

その5☆むくみ解消

カフェインが、腎臓に作用し利尿作用を促進するので、結果的にはむくみの解消につながります。からだの中に残留したゴミを外へ捨てる働きをする、デトックスに役立ち、高血圧の方におすすめです。

その6☆美肌効果・老化防止

からだの酸化が進むと、シミしわ・老化につながります。コーヒーの香り成分(アロマ)の働きで老化防止、豊富に含まれるポリフェノールにより、シミやシワの防止につながり肌がきれいになります。

その7☆冷え性解消・体温上昇

カフェインが、血管を広げ心臓の働きを活発にします。それに伴い血液循環がよくなります。老廃物を除去し、基礎代謝を高めることで、体温が上昇します。体温があがると、冷え性の防止になります。

などなど…
沢山の良い効果のあるコーヒーですが、少し注意点もあります!

特に胃の敏感な方、お年寄りや子供、運動時や療養中の方はあまり飲み過ぎないように注意してください。妊娠中や貧血の方は、カフェインにより貧血を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

インスタントコーヒーは”インスタント”とつくだけあり、手軽に作りやすく、飲みすぎにより不眠を引き起こす可能性があるので、気をつけて下さい。

インスタントコーヒーと普通のコーヒーの成分の差はほとんどありませんが、一番の違いは”インスタント”性です。作りやすい故に過剰摂取を起こしやすいので、そこを特に気を付けるべきです。


なんでもほどほどが良いといわれますが、コーヒーの飲用についても同じです。

1日の中でほんの少し時間をとってコーヒーブレイクなんて、美味しい香りにつつまれて至福の時を味わってみてはいかがでしょうか?Kでした。
みなさんこんにちは〜(*^^*)
ゴールデンウィークですね♫ ルンルンですね☆♩♬
みなさんは旅行とかいかれるのかな〜

わたしは昨日、ともだちとUSJにいってきました!
最近よくテレビのCMでも紹介されている、今年の4月に新しくできたミニオンパークのアトラクションにものりましたよ\(^o^)/

テレビでもたまに見かけるけど、みなさんはミニオンってご存知ですか??
わたしのともだちにはミニオンがかわいくて好きっていう子がけっこういるんですが、
実はわたしはあまり知らなくて、教えてもらったんですが
ミニオンはバナナからうまれた生命体らしいのです!∑(゚Д゚)

今回はミニオンも、わたしも大好きなバナナについて紹介したいと思います( ̄^ ̄)ゞ☆☆

スーパーや八百屋などどこにでもあるバナナですが、実はすごい食べ物だって知ってましたか??

☆バナナの効果

①腸内を健康に保つ

②エネルギー補給と疲労回復

③血糖値を下げ、生活習慣病の予防

④免疫力アップ

⑤抗酸化作用で老化やガンの予防

☆おいしく食べる方法

①シュガースポットのでたものを食べよう!
バナナはシュガースポット(茶色い斑点)がでた頃がいちばんの食べごろ!熟成が進むことで甘味が増すだけでなく免疫力も高まりまると考えられています。

②生で食べる以外にも…
・冷凍バナナ ポリフェノール量が増加!
・焼きバナナ 甘味が増し食べやすくなる!(免疫力を高める成分に変化なし)
・干しバナナ ミネラルや食物繊維が大幅に増加!(水分が蒸発するとビタミンCが無くなってしまうので注意)

☆保存方法

冷蔵庫にいれるのは厳禁!必ず常温で保存しましょう!

☆注意

身体を冷やす効果があるので、冷え性の方や胃腸の弱い方は食べ過ぎに気をつけましょう!
また、バナナ1本あたりカリウム錠剤2〜3粒分のカリウムが含まれています。透析を受けている等で腎機能が低下しているひとは余分なカリウムが十分排出されず、高カリウム血症になる恐れがあるので注意が必要です!

バナナのなかには豊富な栄養と健康へのヒントが隠されているようですね( ´ ▽ ` )
1日1本のバナナで毎日を快適に過ごしましょう!
今年、きぼう薬局の新年会のビンゴ大会でUSJペアチケットをゲットした私。

昨日、そのチケットでUSJに行ってきました♪

すっごく久しぶりのUSJで、ハリーポッターのアトラクションも初めて体験しました!ミニオンのエリアもオープンしたてで、人がたくさんいて大人気でした★

天気も良くて、最高の行楽日和だったのですが、昼間は日差しが強く暑いくらいでした(;´∀`)

アトラクションの待ち時間で並んでいる間、絶対日焼けしたと思います(-_-;)

そこで春の日焼け対策についてご紹介★
春を迎えだんだん薄着になる方も多いこの頃、ふと気になるのが“紫外線”。日焼け対策は夏まで特に気を付けていないという人も多いかもしれませんが、実は1年間の紫外線指数は4月~5月から急に強くなるのをご存知でしょうか? 夏しか日焼け対策をしていない人が油断しがちな4月の紫外線量は、なんと9月とほぼ同じ!9月といえばまだ残暑が残る時期なので、日焼け止め等で対策をしている人も多いはず。そうとなれば4月から紫外線対策をしないわけにはいかない、というわけです。

対策はやはりこまめに日焼け止めを塗ることです。

あと、もう一つ大事なのが目の紫外線対策です。体(皮膚)に日焼け止めクリームをしっかり塗っていても、目が紫外線にさらされることで、脳が「体を守って!」という指令を出し、メラニン色素を出すメカニズム(体の防衛反応)になっているのです。
サングラスで、目からの日焼けも予防しましょう!紫外線カット率が高く、色は薄めのサングラスをかけるのがポイントです☆色の濃いサングラスをかけると、瞳孔が開いて、紫外線を受けやすくなってしまうので要注意ですよ(^_-)-☆





こんにちは(≧∇≦)
最近、日中は過ごしやすい気温となりました。しかし、夜はまだひんやりする時がありますね。季節の変わり目は、自律神経の乱れによりさまざまな体調不良を起こしやすいです。そのために対策したいことを5つお教えします。

(1)いつもより多めの睡眠
免疫力を上げるためには睡眠が最も重要。睡眠中は副交感神経が優位に働き、体や心の疲れを癒やします。

(2)生活のリズムを整える
規則正しく寝起きし、できるだけ決まった時間に食事を摂るようにしましょう。生活のリズム、すなわち体内時計を整えることで、交感神経と副交感神経のバランスが取れるようになります。

(3)リラックスタイムを設ける
ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、照明を落とした部屋で静かな音楽を聴いたり…体と心をリラックスさせることで、副交感神経が優位に働くようになります。

(4)運動する習慣をつける
1日5分から、ストレッチでも構いません。毎日少しずつでも運動するようにしましょう。かといって、急に激しい運動をはじめるのは逆効果。無理のない範囲で、生活に運動を取り入れてみてください。

(5)栄養バランスに配慮する
ビタミン、ミネラル、カルシウムなどは自律神経を整えます。偏った食事はNG!きちんと3食、栄養バランスの取れた食事を摂るよう心がけてください。

この5つ以外にも、気のおけない友達と遊んだり、趣味を楽しんだり…と、自分の好きな方法でストレスを発散することも大切です。また、気温の変化には、カーディガンなど衣類で調整できるよう予め準備しておくとよいでしょう。そして、体調を崩してしまったときはしっかり休養!無理は禁物です!!
こんにちは!!
お花見シーズンですね!皆さんは
お花見、行かれましたでしょうか^^?***

新生活が始まり、楽しいことが沢山ある一方で
慣れない環境だと知らない間に気疲れやストレスも
溜まってきてしまいます。

そこで今日は、あまり知られていない
ストレスに効く飲み物をご紹介します!


・ワイン

 食欲増進やストレス解消、リラックス効果などの
働きがあります。少量のお酒は体に良いとされています。

・炭酸水

 炭酸を飲むとスッキリしませんか?これには訳があり、
炭酸ガスには寝ている時やリラックスしている時に働く
副交感神経が働きます。副交感神経が働くということは
体が休んでいる状態です。更に血行を良くして
疲労回復効果もあります。

・ココア

 ココアも副交感神経が働く効果があります。
殺菌効果やリラックス効果もあります。

意外と身近な飲み物ばかりですよね。
疲れたな、と感じた時はぜひ飲んでみてください!

2017/04/03

★桜★

こんにちは(*^_^*)
まだ朝は少しさむいですが、
日中は春らしい暖かい気候に
なってきましたね~(*^^)v
桜もだんだん咲き始め、今週末ぐらいには
満開になりお花見できそうですね♡
お花見の時に飲みすぎないように気をつけましょう★

きょうは暴飲暴食の予防法を紹介します。

①血糖値を安定させるため
「食物繊維をとること」を習慣にする

②偏った食生活にならないため
「バランスのいい食事」を習慣にする

③ストレスに強くなるため
「ビタミンやミネラルをとる」習慣にする

この3つを心がけ、週間にしたいですね!!
こんにちは〜〜(  '-' )ノ

先日有給を使って友達と福岡に1泊2日で
旅行に行ってきました〜〜\⍩⃝/♡♡

福岡は本当に美味しい食べ物がいっぱいで
空腹の時間がないぐらいずっと食べてました!
太宰府天満宮の近くにある豚まんは
おすすめなんでもし行く機会があれば
是非行ってみて下さい(*^ω^*)♪

花粉と時期ということで花粉対策に効く食べ物の紹介
抗ヒスタミン作用で花粉症の症状を和らげる
花粉症の症状として代表的な、くしゃみ・鼻水・目のかゆみ。これらを引き起こしている「ヒスタミン」の働きを抑えることで、症状を和らげることができます。
1、生姜
生姜に含まれるショウガオールとよばれる成分はヒスタミンを抑える効果があります。またアレルギーのもとになるIgE抗体の産生を抑え、花粉症の悪化を防ぎます。
2、玉ねぎ

玉ねぎに含まれるケルセチンには非常に高いヒスタミン抑制作用があります。
ケルセチンは他にも、血流の改善や血管の保護など多くの機能を秘めているので積極的に摂りたい食品です。
3、そば
そばもケルセチンを含む食品です。中でも「ダッタンそば」は非常に多くのケルセチンを含有することから、お茶やお米などにも加工されて販売されています。
4、大根
大根にはヒスタミンの分解を促進するジアスターゼが含まれています。ジアスターゼは加熱に弱いため、大根おろしなど生で食べられる方法がおすすめです。
ヒスタミンを多く含む食品にも注意
コーヒー、ココア、チョコレートなどは、ヒスタミンを多く含んでいます。花粉シーズンには摂り過ぎに注意しましょう。

アラキドン酸の過剰を避け、鼻づまりを解消する
鼻づまりの原因となっているのはロイコトリエンという物質で、アラキドン酸とよばれる脂肪酸からつくられます。
アラキドン酸の過剰を避けることで症状の悪化を防いでくれるのです。
5、青魚
青魚はEPA・DHAとよばれる脂肪酸を多く含み、アラキドン酸の生成を抑えてくれます。冬から春にかけて旬なニシン・ブリ・アジ・イワシなど、日々の食事に取り入れてみましょう。
6、ごま
ごまに含まれるセサミンはアラキドン酸が作られないように働きます。食べるときはすりごまにした方が吸収されやすくなり、量も摂れるようになります。


最近スルメを食べています!
お酒のつまみ、というイメージが強いスルメ。美肌やダイエットなど女性に嬉しい効果が多い事はあまり知られていません。また、固いスルメは噛むチカラを鍛える事にも一役買う事から、食育シーンでも活用されている健康食品なのです。
少しご紹介をば…

1.ドロドロ血をサラサラに♪

イカには、DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれており、コレステロールを下げる効果があります。特に、するめにはDHAと同様に、コレステロールを下げるタウリンもたくさん含まれています。また、タウリンには血圧を下げたり、中性脂肪の排出する効果もあるんですよ♪

2.リラックス効果

神経を休める働きをするアセチルコリンが多く含まれています。また、よく噛むことは、脳に酸素を多く運び、イライラを解消することにもつながります。

3.お酒のみに嬉しい!肝臓強化成分

お酒をよく飲むけど脂肪肝が心配・・・という方が多いのではないでしょうか?
先程、いいこと1でご紹介したタウリンが脂肪肝の予防・改善に効果があるんです!さらに、タウリン同様に中性脂肪を減らす効果があるEPA(エイコサペンタエン酸)も豊富に含まれ、肝臓の強化作用など医薬品の原料として活用されている成分を多く含んでいます。
お酒のおつまみに是非選びたいですね♪
4.口内炎予防、不眠、頭痛、イライラ、痴呆・・・を全部予防するめには、脳の栄養素として欠かせない、必須ビタミンのナイアシンが含まれています。このナイアシンが不足すると、口内炎や口角炎が起こり、これが進行して不眠、頭痛、イライラ、痴呆、運動マヒなどの神経症状を引き起こすとされています。

5.体内活性化で健康に!

するめを適度な硬さで噛むことによって、唾液の分泌が多くなり、歯やあごの運動にも最適で、消化酵素も豊富になり体内の活性化を促進します。

6.よく噛むからおなか一杯♪ダイエット効果も。

噛めば噛むほど満腹中枢が刺激されるので、少量食べるだけで空腹が解消されます

7.タンパク質も豊富!

ダイエット中は肉・魚を避けがち・・・。ですが、これらをさけてしまうと筋肉を作るたんぱく質が不足がちに。するめには多くふくまれているので、ダイエットにも役立つ食品です。

歓送迎会の多いこの季節、よく噛んで健康を維持したいものです٩(ˊᗜˋ*)وKでした

2017/03/06

社員旅行♪

こんにちは(^^)
きぼう薬局では先月
社員旅行があり
三重県の伊勢と鳥羽に行かせて頂きましたʕ•ᴥ•ʔ
水族館やお伊勢さん参り
おかげ横丁で食べ歩きなど
2日間とても楽しく過ごすことができ
社長に感謝です‼︎
そこで食べた赤福ぜんざいが
とってもおいしくて幸せでした(ღ′◡‵)

赤福ぜんざいの付け合わせに
塩昆布がついていたのですが
あれはしょっぱい味でぜんざいの甘さを
引き立てたり、お口直しの意味でつけられているみたいです。

今日は昆布の健康効果について#

1.頭の回転が良くなる
昆布に含まれる、ビタミンB1やB2は疲労を回復してくれる働きがあります。また、昆布に含まれるアルギン酸は、頭の回転をよくする為には欠かすことができません。記憶力を保つといわれているDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含む食品と一緒に食べると効果が倍増します。

2.骨が丈夫になる
昆布(乾物)には、牛乳の約7倍ものカルシウムが含まれています。
成長期のお子様はもちろん、骨がもろくなる高齢者、働き盛りの大人、そして出産のたびにおびただしいカルシウムを失う妊婦さんや授乳時の女性など、特に気を付けてカルシウムを補給しましょう。

3.風邪をひきにくくなる
昆布に含まれるヨウ素(ヨード)は、人間の成長を促進し、新陳代謝を調節します。ヨウ素が極端に少なくなると、気力が衰えたり、疲れ易くなったりします。また、のどの病気やタンが切れなくて困っている方の民間療法として「コンブ水」が広く活用されています。

4.消化がよくなる
食物繊維の豊富な昆布を食べると、小腸・大腸・すい臓の細胞が増え、たんぱく質を分解する酵素と糖質を分解する酵素の働きが活発になります。昆布を毎日食べつづけることで、消化力を強める可能性があります。

5.血管を強くし血圧を一定に保つ
昆布に多量に含まれているアルギン酸は、日本人が過剰摂取しがちな塩分(ナトリウム)を効率よく対外に排出します。そのため、高血圧や動脈硬化に抜群の予防効果を発揮し、脳卒中や心臓病を起こしにくくします。また、ラミニンというアミノ酸は、一時的に血圧を下げる働きをしています。

6.血糖値を安定させる
肉や加工食品などを食べると、身体は、ごくわずかですが酸性に傾きます。こうなると、身体の細胞の働きが弱くなり、血糖値も自然に上がりやすくなります。また、昆布に豊富に含まれている食物繊維は、糖分の消化・吸収を緩やかにする働きがあるため、ブドウ糖が過分に血液中に入り込むのを遅らせ、血糖値を調整するのに効果的です。

7.抗アレルギー効果
昆布には抗アレルギー成分がたくさん含まれています。昆布の利方法として主に知られているのは「だし」ですが、昆布の抗アレルギー成分は脂質なので水やお湯にはほとんど溶け出しません。なので抗アレルギー成分を身体にとりこむには、昆布を食べることがポイントです。

8.減塩
うま味のもととなるアミノ酸「グルタミン酸」は塩の量が少なくてもおいしいと感じさせてくれるので美味しく減塩することができる。

以上、昆布の健康効果でした!!
みなさんこんにちは(๑╹ω╹๑ )
寒い日が続きますが、みなさん体調はいかがでしょうか??

わたしはこの間まで、旅行で食べた貝が原因で体調を崩してしまい、おやすみさせていただいておりました。。。

発熱・下痢・嘔吐の症状が続き、病院にいったのですが、診断結果は先生に「ノロかな〜?」と言われただけで、よくわかりませんでしたΣ('◉⌓◉')
ノロってよく聞くけど、なんなんだろうとわたしは疑問に思ったので、今回はノロウィルス感染症について少し調べてみました!

☆ノロウィルス感染症とは??
乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に、急性胃腸炎を引き起こすウイルス性の感染症。
主に冬場に多発し、11月頃から流行がはじまり12〜2月にピークを迎えますが、年間を通して発生。
感染力が非常に強く、少量のウイルスでも感染・発症します。

▪️どんな症状??
ノロウィルスは体内に入ったあと、小腸の上皮細胞で増殖し、胃の運動神経の低下・麻痺が伴うため、「腹痛・下痢・吐き気・嘔吐」の症状を引き起こします。
潜伏期間は12〜48時間。
発熱は37〜38℃の軽度で、大人では吐き気や腹部膨満感といった症状が強いようです。発症後、通常であれば1〜2日程度で症状は治まります。

▪️かかってしまったときの対処法
ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤がなく、対症療法が行われます。特に抵抗力の弱い乳幼児や高齢者が感染すると、「脱水症状」になりやすいので症状が落ち着いたときに、少しずつ水分補給を行なってください。(乳幼児の場合、ジュースや牛乳などの濃い飲み物を与えたり、一気に飲ませると吐き戻してしまうことがあるので注意!)
脱水症状がひどい場合には、病院で点滴を行うなどの治療が必要となります。

☆感染を拡大させない・感染しないために!
・手洗いをしっかり行う
・食品はしっかり加熱する
・キッチンや調理器具の消毒を行う
・家庭内設備、環境の除菌を行う

みなさん、ノロウィルス感染症に感染しないためにも、手洗い・うがいなどの予防・対策をしっかり行いましょう!!
今日はバレンタインデー♡♡♡
皆様も誰かにチョコをあげましたか??
誰かからチョコをもらいましたか??

最近では、男性から女性へチョコを渡す「逆チョコ」なんてのもあるみたいですね☆
私も高級チョコがほしいなぁ〜(。-∀-)

今日はやっぱりこれ!
チョコの栄養についてご紹介しますね♪♪


★チョコレートの栄養成分 ★
チョコレートには、どんな成分が含まれているのでしょうか?健康にプラスになる成分をご紹介します。

●ポリフェノール
チョコレートの原材料であるカカオにはポリフェノールがたっぷり含まれています。ポリフェノールは、ブドウやナッツなどいろいろな果物や植物に含まれていますが、強い紫外線や細菌類から植物そのものを守る働きをする成分です。活性酸素を除去する働きがあります。
ポリフェノールの効果を期待するなら、カカオの配合率が高いチョコレートを選んだ方がいいですね。

●テオブロミン
大脳を刺激して集中力や記憶力、思考力を高めます。自律神経を調節する作用もあるので、リラックス効果も期待できます。 疲れているときにチョコレートを食べるとほっとするのは、このためですね。

●ブドウ糖
脳にとって、唯一の栄養素がブドウ糖です。ブドウ糖は、脳のエネルギー源となるだけでなく、脳の神経伝達物質・アセチルコリン生成の手助けもします。

●オレイン酸
ココアバターに含まれる、不飽和脂肪酸のひとつです。オリーブオイルやごま油などに含まれることでも有名な成分で、悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールを上げてくれる働きが認められています。

●GABA(ギャバ)
キャバは、正式名称をγ(ガンマ)-アミノ酪酸といい、動植物の体内に広く存在し、チョコレートの原料カカオにも含まれています。人間の脳内に存在する神経伝達物質で、リラックスに役立つといわれているアミノ酸の一種です。

●ビタミン・ミネラル類
他にもチョコレートには脳の代謝に必要な栄養素のビタミンEやナイアシンなどのビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどのミネラルも含まれています。
こんにちは~(*^^)v

先週の金曜日は節分でしたね!
みなさんは恵方巻きや豆まきしましたか?
わたしは、恵方巻きは食べたのですが、
豆まきはできなかったです。

最近恵方巻きも巻きずしだけではなく、ロールケーキ
などありますよね!!
今年は普通の巻きずしだったので、来年はロールケーキの
恵方巻きにチャレンジしてみたいです。

ここで恵方巻きに関する健康情報を紹介します。

恵方巻きによくつかわれているたまごについて!!

たまごの黄色い色は、黄金=金運上昇の縁起物とされています。

「一日一個、一週間たまごを食べ続けるとタマゴ肌になる」とまでいわれている、美肌に効果的な食品です。

たまごには、お肌のみずみずしさを作るコラーゲンの元となるアミノ酸が含まれています。



こんにちは(^^)
先日、お昼に姉と出かけた時にチョコレートのお店をみつけました。
ショーケースにたくさんチョコレートが並んでいてとてもきれいでした(*^^)v

チョコレートにはテオブロミンという大脳を刺激して集中力をたかめる効果のある栄養素や、ブドウ糖という脳のエネルギー源になる栄養素が入っています。
頭が働かなくなってきて疲れたときなどチョコレートを取り入れたいですね♪
ただし、チョコレートは油分が多いので摂りすぎると脂質のとりすぎになってしまうので1日25g(板チョコで1/2枚程)くらいにしましょう(・ω・*)
こんにちは〜〜〜( ºωº )♡
先日友達と神戸に遊びに行ってきました!
神戸と言えば南京町!中華食べ歩き!!

その後イルミネーションを見に行きました✌︎
すごく寒かったので少し雪が
積もってました(>_<)。。

でも雪のおかげでイルミネーションが
いつもの倍綺麗く見えました╰(*´︶`*)╯♡

急に寒くなって薬局にもインフルエンザの
患者さんが続出!!!!(°_°)
なのでインフルエンザ予防を載せます。

(1)飛沫感染・接触感染を防ぐ
帰宅時や調理の前後、食事前など、こまめな手洗いを心掛けましょう。
アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。
※ うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。
外出時なども手を顔に持っていかないようにし、外食時も食事前は手洗いを心掛けましょう。
(2)予防接種を受ける
発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぎます。
(3)免疫力を高める
免疫力が弱っていると、インフルエンザウイルスに感染しやすくなります。また、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

みなさんも風邪を引かない!!!
後少し冬を乗り切りましょう(>_<)(>_<)

▲ このページのトップへ戻る