RSS

スタッフブログ

2019/07/02

疲労回復に有効なビタミンB1

じめじめと蒸し暑い日が続いておりますが、
皆さま元気にお過ごしでしょうか?
先日、会社の食事会がありました。
お刺身やお寿司も美味しかったですが、中でも私は一番豚肉料理が美味しかったです。
今日は疲労回復にもよいと言われる豚肉について調べてみました。
「豚肉は夏の疲れに良い」とよく言われますが、その根拠はビタミンB1が牛肉の約10倍と、非常に豊富に含まれていることにあります。ビタミンB1は、糖質のエネルギー代謝に関わるビタミンで、米などの炭水化物がエネルギーに変わるときに必須の栄養素。
夏場はどうしても糖質摂取が多くなりがちなので、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1の必要量が増えてしまいます。
ビタミンB1が不足してしまうと、いくら糖質をとっても効率よくエネルギーにはならず、疲労物質がたまって身体が疲れやすくなるようです。
過剰に摂ってしまった糖質が脂肪として蓄積され、夏太りにつながることもあるそうです。
その他の食材では、きのこ、豆腐、ゴマ、枝豆、落花生、ハム、ウナギの蒲焼に多く含まれています。
また、食べあわせとしては、ニンニクやネギに含まれる「アリシン」が、ビタミンB1の吸収を良くしてくれるそうです!

豚肉をしっかり食べてエネルギーを補給し、体をどんどん動かして梅雨の疲れを吹き飛ばしましょう(^^)/

« 前の記事 燻製って何だろう?素麺 次の記事 »

▲ このページのトップへ戻る