https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/私たちの日々の出来事をお伝えしています。 Pharmacy/pc台風による健康被害(@_@)https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201908130853.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201908130853.html台風が近づいていますね。 そこで、台風による健康被害について調べてみました。 「ウェザーニュース」の調査によると、日本人では1,000万人以上、およそ日本人の6割が気圧の低下が原因で、体調の変化を感じることがあるらしいです。 台風による低気圧によって、頭痛、腰痛、肩こり、耳鳴り、めまい、吐き気がしたり、関節や古傷がズキズキと痛くなったりすることもあるのです。 こんな症状が気象状況によって引き起こされる病だからこそ、「気象病(きしょうびょう)」と呼ばれているぐらいです。 特に女性の70%は、天候の変化による体調不良や精神面の不調に悩まされることも多く、女性がイライラする原因は台風だったりすることもあるのです。 あなたも台風がくるたびに、体調が悪くなっていませんか? 自分の体調をしっかりと管理して、天気に負けない元気な生活を送るようにしましょう。 Tue, 13 Aug 2019 08:53:38 +0900音楽で健康に!https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201908052012.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201908052012.html先日、大好きな歌手のライブに行ってきました! とても楽しくて、癒されました(´∀`) 音楽を聴くだけで健康に効果があるのを ご存知ですか? ★健康効果 ・免疫力が上がる ・認知症や脳障害の回復効果がある ・リラックス効果がある ・高血圧に効く ・集中力が上がる など、良いことが沢山あります。 ★どのような音楽を聴けば効果的か 基本的には好きな音楽を好きな時に聴くのが良いです。 ただし同じ音楽を聴き続けるとその効果は徐々に 薄れていくので、その時々の気分や状態によって 聴く曲を変えることがベストです! 大好きな音楽で健康になりましょう!Mon, 05 Aug 2019 20:12:24 +0900夏バテ対策(^^♪https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907291454.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907291454.html最近はとてもいい天気で暑いので、夏バテ対策に良い食材と栄養についてお話します(>_<) 夏はそうめんや冷や麦など炭水化物にかたよった食事になりやすく、栄養バランスが崩れがちです。不足しやすいたんぱく質をとるために肉、魚、大豆製品など一食ごとにいずれか一品とることに心がけましょう♪ 食欲増進にはしょうがやしそ等の香味野菜や、カレー粉等の香辛料を使うと効果的で、梅干し等に含まれるクエン酸は疲労効果があるのでオススメです☆★ 豚肉やレバー、うなぎ、カツオ、マグロ等に多く含まれるビタミンB群はエネルギー代謝や、疲労回復にも効果的です(^^)/ 栄養のあるものをたくさん食べて、睡眠も大切にし1日の疲れはその日のうちにとり、夏バテ予防頑張りましょう(>_<)!Mon, 29 Jul 2019 14:54:01 +0900桃(^^♪https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907240913.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907240913.htmlこんにちは(*^^)v だんだん暑くなってきましたね。 体調崩さないように気をつけましょう! 今日は今が旬の桃についてご紹介いたします。 桃にはミネラルの一種の「カリウム」が多く含まれており、むくみを予防する効果があります。カリウムには余分な水分を体外に排出し、体内の水分バランスを整えてくれる作用があるのですが、不足するとむくみやすくなってしまうのです。 特に塩分が多く含まれがちな、外食を食べることが多い人は注意が必要で、桃などのカリウムが含まれている食品を、積極的に取り入れることをおすすめします。 ただし、食べすぎると、糖分のとりすぎになってしまうので、 1日1個までにしましょう。Wed, 24 Jul 2019 09:13:33 +0900冬だけではないジンジャーの魅力https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907161635.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907161635.htmlようやく南の方で梅雨明けの便りを聞く季節になりました。 まもなく夏本番が到来しそうですね。 本日は7月16日の誕生花でもある「ジンジャー」のお話を。 ジメジメと蒸し暑いこの季節は、冷たくて爽やかなドリンクが欲しくなりますが、冷たいドリンクの飲み過ぎは身体を冷やしてしまいます。そんな時におすすめなのが、生姜をつかったジンジャーエールです。 生姜に含まれる辛味成分はジンゲロールといわれ、血行を良くする働きがあり、身体が冷えるのを防いでくれるだけでなく、冷房で乾燥しがちな喉の殺菌にも効果を発揮。さらに胃液の分泌を促進するので、暑い時期の食欲不振にも効果的です。また、炭酸水にも血流を促す効果があるため、生姜と炭酸のWの効果で血流を促してくれます。炭酸でシャキッとしたジンジャーエールは、気分的にも栄養学的にもぴったりの一挙両得のドリンクといえます。 最近では自家製ジンジャーエールを作る家庭も増えており、一般的な煮出しや砂糖漬けのほか、りんごやベリー、黒糖で甘さにアレンジを加えたり、すりおろして大人の辛口にされる方も。新生姜が出回るこの季節、あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか。Tue, 16 Jul 2019 16:21:37 +0900素麺https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907081635.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907081635.html昨日の七夕は少しだけですが星が見えましたね。天の川は見えなかったですが、星が見れた七夕は久しぶりだったのではないでしょうか。 七夕の食べ物といえば何を思い浮かべますか? 最近は『七夕そうめん』を食べる事も多いと思います。 そこで夏に食べる事の多い『そうめん』の栄養価について書きたいと思います。 そうめんには炭水化物、たんぱく質、ビタミンやミネラル等が多く含まれています。 しかし、乾燥したそうめんを茹でで水にさらすまでの間に沢山の栄養価が出て行ってしまいます。 そうめんだけで栄養をとるという事は難しいです。立ち位置的にはご飯やパンのように考えてもらうといいのではないでしょうか。 ご飯やパンはおかずと一緒に食べますよね。 そうめんもそうめんとめんつゆだけで食べるのではなく、薬味やハム、シーチキンと一緒に食べると補える栄養価も増えます。 そうめんはクセの無い味も特徴の一つです。 なのでアレンジ方法はたくさんあると思います。 我が家ではそうめんチャンプルーにして食べるのは定番となってきました。 しかし、そうめんのカロリーは一人分でご飯より高くなるので注意が必要です・・・。 Mon, 08 Jul 2019 16:36:00 +0900疲労回復に有効なビタミンB1https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907021354.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201907021354.htmlじめじめと蒸し暑い日が続いておりますが、 皆さま元気にお過ごしでしょうか? 先日、会社の食事会がありました。 お刺身やお寿司も美味しかったですが、中でも私は一番豚肉料理が美味しかったです。 今日は疲労回復にもよいと言われる豚肉について調べてみました。 「豚肉は夏の疲れに良い」とよく言われますが、その根拠はビタミンB1が牛肉の約10倍と、非常に豊富に含まれていることにあります。ビタミンB1は、糖質のエネルギー代謝に関わるビタミンで、米などの炭水化物がエネルギーに変わるときに必須の栄養素。 夏場はどうしても糖質摂取が多くなりがちなので、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1の必要量が増えてしまいます。 ビタミンB1が不足してしまうと、いくら糖質をとっても効率よくエネルギーにはならず、疲労物質がたまって身体が疲れやすくなるようです。 過剰に摂ってしまった糖質が脂肪として蓄積され、夏太りにつながることもあるそうです。 その他の食材では、きのこ、豆腐、ゴマ、枝豆、落花生、ハム、ウナギの蒲焼に多く含まれています。 また、食べあわせとしては、ニンニクやネギに含まれる「アリシン」が、ビタミンB1の吸収を良くしてくれるそうです! 豚肉をしっかり食べてエネルギーを補給し、体をどんどん動かして梅雨の疲れを吹き飛ばしましょう(^^)/ Tue, 02 Jul 2019 13:54:56 +0900燻製って何だろう?https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201906250952.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201906250952.htmlこんにちは(^ ^) だんだん、暑くなってきましたが みなさん体調崩されていませんでしょうか? 先日、社長が串カツと燻製を専門にされているお店に連れて行って下さいました☆ 最後に頂いた、燻製のチーズケーキが とてもおいしかったので 今日は燻製について調べてみました! 燻製とは、食材を燻煙することで保存性を高めると共に特有の風味を付加した保存食、またその調理法である。調理法はスモーク (smoke) ともいう。 燻煙により煙中の殺菌成分が食品に浸透すると同時に、長時間の燻煙によって食品の水分量が減少することで起きる水分活性の低下により保存性が高まる。また、下処理として塩漬けする場合が多く、これによる脱水・加塩も保存性の向上に寄与している。燻煙の前には一般的に乾燥処理を行う場合が多い。 元々は傷み易い食材を長期間保存可能な状態に加工するための技術であるが、保存技術の発達した現代ではその意味合いは失われ、普段と違う食感や味わいを楽しむためのものと変化しつつある。日本に限らず、様々な国で様々な燻製が作られているが、日本の伝統的食品としては「鰹節」、「いぶり漬け」などがある。 家庭でもフライパンと蓋、金網、アルミホイル、スモークチップがあれば燻製することができるみたいなので気になる方は試してみては? Tue, 25 Jun 2019 09:52:21 +0900☂梅雨☂の時期の健康管理 https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201906181552.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201906181552.htmlじめじめと蒸し暑い梅雨の季節は、実は体調不良に陥りやすいといわれています。梅雨の体調不良の原因には、①気温の寒暖差が激しいことが多いため②低気圧や雨で薄暗い日が続くための2つ原因があります。出やすい症状としてだるい、疲れやすい、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、肩こり などが挙げられます。 ★梅雨を元気で乗りきるポイント★ ・規則正しい生活と良質な睡眠 ・適度な運動 ・疲労回復に効果的な「ビタミンB群」を摂る ・ストレス対策に効果的な「ビタミンC」を摂る そこで今回はビタミンB群&C摂れる簡単レシピ『シャキシャキ蓮根と豚肉の胡麻和え』を紹介します! 〇材料(4人分) ・れんこん・・・150g ・青じそ・・・2枚 ・豚こま肉・・・60g ・もやし・・・60g ・和風だし(顆粒)・・・小さじ1   ・水・・・適量 ・すりごま・・・小さじ4 ・しょうゆ・・・大さじ1と1/4 ・さとう・・・大さじ1 〇作り方 1.れんこんをいちょう切りにする 2.青じそをせん切りにする 3.鍋に水と和風だしを入れ、れんこんを煮る 4.別の鍋で豚肉、もやしをそれぞれ茹でる 5.ボウルにすりごま、しょうゆ、さとうを入れて混ぜ合わせ、れんこん、豚肉、もやしを入れて和える 6.ボウルの中のものを皿に盛付け、青じそをのせる ぜひ一度試してみてください♪Tue, 18 Jun 2019 15:50:29 +0900日焼け対策は万全に!!https://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201906101116.htmlhttps://www.e-classa.net/kiboupharmacy/blog/201906101116.html今年ももう6月。 まだ梅雨の時期ですが、真夏になっての予防より、 紫外線の多い5~6月からの予防が大切なのです。 私は6月末に沖縄へいくので 日焼け対策についてご紹介したいと思います。 ★紫外線対策は夏の晴れた日だけ? 最も紫外線が強いのは、やはり夏ですが、ほかの季節でも意外と紫外線が強く、夏だけの紫外線対策では不十分です。 太陽が出ていない夜以外は紫外線がゼロになる事はありません。 ★日焼け止めの選び方 SPF値→主にしみや皮膚がんの原因となるUVB防止効果を表した数値です PA値→UVA防止効果を表わした数値です。肌老化の原因ともいわれるUVAによる黒化(サンタン)をどの程度の時間、遅らせる事ができるかを表わしています UVB・UVAともに防いでこそ、日焼け対策をしているといえます。また、数値の高いものを一度つけただけで、そのまま何もしないよりも、適切な数値のものを、2~3時間置きに付け直す方が、肌への負担も少なく効果的ということになります。 用途に合わせて、使い分けましょう。 ★それでも日焼けしてしまったら・・・ 人の肌は紫外線に当たることによって細胞を傷つけられ、赤くなったり、ひりひりしたり、ひどい場合には水泡ができたりします。これは火傷と同じ症状です。 日焼けしたらまず濡れタオルや冷水シャワーで十分ほてりを鎮めることが大切。 ある程度ほてりが収まったら、かゆみや痛みの炎症を鎮める処置を。 紫外線の事を知り、当たりすぎを防ぐため、しっかり対策をとることで、お肌を守ってあげるようにしましょう。 Mon, 10 Jun 2019 11:16:37 +0900