RSS

Life Journal

 

こんにちは、ライフファーマシーです(*^_^*)

空気が乾燥して、寒くなってきましたね!
風邪の患者さんが増えています。

日頃から体を動かしたり、湯船に浸かったり
体を温める食材を積極的に摂り入れて、
風邪を引きにくい身体にしたいですね!

<身体を温める食材>
からし、こしょう、かぶ、南瓜、しょうが、たまねぎ、
にら、ねぎ、もも、くるみ、いわし、まぐろ、黒砂糖、玄米

<入浴方法>
38~40℃のお湯にゆっくり浸かること。
こんにちは、ライフファーマシーですヽ(^o^)丿
気温が下がり、肌寒くなってきました。
風邪の患者さんが増えてきています。
今年は、インフルエンザがすでに流行り始めていますね(>_<;)
早めの予防接種や、手洗い、うがいを心掛けたいですね!!

今月の旬の野菜は、風邪予防にもなる”ネギ”について紹介します!
ネギは昔から、風邪のひき始めに細かく刻んだ白ネギと、しょうが、みそを混ぜたものに熱湯を注いで飲むと、汗をよくかき、熱が下がると言われています。

①硫化アリル(ネギの辛味成分)
…水に溶けやすく、揮発性が高いので刻んだらすぐ食べるのを
おすすめします!
→体内にある有害な活性酸素を抑える抗酸化作用を持ち、免疫力を
高めて、動脈硬化を予防します。
→また、ビタミンB₁の吸収を高める効果もある為、豚肉などと
一緒に食べると、疲労・不眠の改善に役立ちます。

②カリウム・カルシウム
→高血圧予防、骨の強化につながります。

③βーカロテン(ネギの緑色の部分)・ビタミンC
→緑色の部分は、緑黄色野菜のためβーカロテンやビタミンCが
豊富に含まれています。
肌や粘膜の機能を強化して、美肌や風邪予防になります。

☆食べ合わせ☆
★ネギ + レバー =疲労回復
★ネギ + 手羽先 or 牛肉 =ストレス緩和・風邪予防
こんにちは、ライフファーマシーです(^o^)/
朝晩が涼しくなってきました。
昼との気温差が大きくなり、体調を崩しやすい
時期なので、気を付けましょう!!

食欲の秋✨今回は旬をむかえる”きのこ”について
紹介します!

★椎茸(カリウム、ビタミンD、ビタミンB₂、食物繊維)
⇒エルゴステロールは日光に当たると、ビタミンDに
変化するので、骨粗鬆症予防におすすめです!
<椎茸 + あじ =動脈硬化予防>

★しめじ(カリウム、ビタミンD、ビタミンB₁、
              ビタミンB₂、食物繊維)
⇒コレステロールを下げる酸性多糖が含まれているので、
便秘解消・肥満予防・動脈硬化にも効果があります!
<しめじ + レモン =免疫力増強>

★まいたけ(ビタミンD、葉酸、食物繊維)
⇒グルガンという多糖は、免疫機能を正常に保ち、
がん細胞の増殖を止める働きがあると注目を集めています!
<まいたけ + にんじん =動脈硬化予防>

★えのきだけ(ビタミンB₁、ギャバ)
⇒ビタミンB₁は、炭水化物の代謝を促進・疲労回復・食欲増進
させる働きがあります!

★エリンギ(食物繊維、カリウム)
⇒きのこの中でも、とびきり食物繊維が多く含まれている為、
便秘改善に役立ちます!

★きくらげ(炭水化物、ビタミンD、カルシウム、食物繊維)
⇒特にカルシウムがきのこの中で最も多く、ビタミンDとの
相乗効果で、骨を丈夫にして、貧血・めまいにも予防します!

★なめこ(ムチン、食物繊維)
⇒ムチンは、たんぱく質や脂肪の消化を促し、肝臓の保護・
胃腸の調子を整える働きがあります!

★マッシュルーム(食物繊維、ビタミンB₂、カリウム)
⇒肥満防止・高血圧予防があり、うまみ成分のグルタミン酸が
多いのが特徴です!

★松茸(食物繊維、ビタミンB₂、ナイアシン、カリウム)
⇒マツタケオールという香り成分は、消化酵素の分泌を促進して
食欲を増進させ、抗がん作用もあるとされています!

色々な食材と組み合わせてみてくださいねヾ(≧▽≦)ノ♪
こんにちは、ライフファーマシーです(^^)/

全国で腸管出血性大腸菌(O157)による
食中毒が発生しています。
気温が高いこの時期、注意が必要です。
1⃣肉は生食を避け、中まで十分に加熱調理する。
 (中心温度75℃1分以上)
2⃣生肉を扱った器具は殺菌消毒すること。
3⃣生野菜はよく洗うこと。
4⃣調理済み食品は、室温に長く放置せず
 早めに食べること。
5⃣食事や調理前には、石鹸を使い丁寧に手を
 洗うこと。

<夏野菜の食べ合わせと栄養素>
★オクラ + 卵 =スタミナアップ・免疫力アップ
…食物繊維(便秘解消)
…カリウム(高血圧予防)
…ビオチン(エネルギー代謝を助ける)
…ペクチン(整腸作用・コレステロール吸収を抑制)

★枝豆 + トマト =夏バテ予防・疲労回復
 枝豆 + 蓮根  =気管支炎の改善
…カリウム(高血圧予防)
…葉酸(貧血予防)
…食物繊維(便秘予防)
…メチオニン(アルコール分解を助け、肝臓・胃を守る)
      (二日酔い予防)
…大豆イソフラボン(更年期障害を和らげる)
         (骨粗鬆症予防)

★さやいんげん + 椎茸 =ガン予防・糖尿病予防・改善
…β-カロテン(風邪予防)
…食物繊維(便秘予防)
…カリウム(高血圧予防)
…葉酸(貧血予防)
…アスパラギン酸(疲労回復・スタミナ増強)

まだまだ暑いですが、熱中症に気を付けて
旬の食材を取り入れて乗り切りましょう!!(´∀`;)
こんにちは、ライフファーマシーです。
梅雨が明けても蒸し暑さが続きますね(^-^;
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
朝も晩も暑い日があります。
無理をせず、冷房を適度に利用して
熱中症にならない様、こまめに水分を摂りましょう!

夏野菜が旬を迎えています✨✨↓↓
★トマト + 牛肉 =肌荒れ解消
…リコピン(ガン・動脈硬化予防)
…β-カロテン(肌荒れ・風邪予防)

★かぼちゃ + 豚肉 又は 鶏肉 =免疫増強・風邪予防
…β-カロテン・ビタミンC(肌荒れ・ガン予防)

★きゅうり +鶏肉 =高血圧予防
…カリウム(むくみ解消・利尿作用)

★なす + パプリカ =細胞を丈夫に
…ナスニン(生活習慣病予防)

★ゴーヤ + 豚肉 =夏バテ予防
…モモルデシン(食欲増進・高血圧予防)

★ピーマン + 牛肉 =ストレス緩和
…β-カロテン・ビタミンC(肌荒れ・風邪予防)

★とうもろこし + 鶏肉 =肌荒れ・風邪予防
…食物繊維(便秘解消)
…ビタミンB₁(夏バテ予防)

※夏野菜 ~その②~は、来月紹介します✨

また、この季節は食中毒にも気を付けてください(^_^)/
①付けない(手洗い・器具の消毒)
②増やさない(低温管理・乾燥させる)
③殺菌する(洗浄・加熱)
こんにちは、ライフファーマシーです。
ジメジメした日が続いていますが
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
蒸し暑いので熱中症に気を付けて下さい!

今回は、これからの季節、熱中症や夏バテに
負けない体づくりのみかたになる、
旬な香味野菜と根菜を紹介します(^^)/

<大葉>
・β―カロテン →強力な抗酸化作用 ⇒ガン予防
        →皮膚、粘膜を作る
         →風邪予防
★細かく刻んで、油と一緒に摂ると吸収率が高くなります!
・香り成分(ペリルアルデヒド)→強い防腐作用、殺菌作用
                   ⇒生食の食中毒予防
               →食欲増進
★よく刻んで、生で食べるとおすすめです!
・ビタミンK →正常な止血効果を促す
       →骨の形成を促す・骨粗鬆症予防
<ミョウガ>
・香り成分(アルファーピネン)→リラックス効果、
                集中力を上げる
               →食欲増進、消化よくする
・ミネラルの一種(モリブデン)→貧血予防
・ミネラルの一種(マンガン) →代謝促進、
                抗酸化作用を強める
・ビタミンK →正常な止血効果を促す
       →骨の形成を促す、骨粗鬆症予防
<らっきょう>
・食物繊維 →便秘予防
・香り成分(硫化アリル:アリシン)→ビタミンB₁の吸収を
                        助ける
                   ⇒免疫力を高める
                 →疲労回復
                 →ガン予防
                 →血行促進
                 →食欲増進
<生姜>
・香り成分(シネオール)→食欲増進、疲労回復、夏バテ予防
            →解毒、消炎作用
・辛み成分(ジンゲロール/ショウガオール)→強い抗酸化作用
                      ⇒ガン予防
・ショウガオール →新陳代謝促進
         →体を温める
         →発汗作用
★乾燥させたもの又は、加熱料理をすることで、
より温める効果が大きくなります!!

旬な食材は理にかなっているんですねぇ!(^o^*)/

2017/05/30

旬な果物

こんにちは、ライフファーマシーです。

近頃、昼間は夏日になるくらい気温が上がり
日差しも強いですね(*_*;
気温差が大きいこの季節、風邪の患者さんが目立ちます。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回は旬な果物の食べ合わせを紹介します!

✨さくらんぼ(5月~7月)/あんず(6月~7月)
さくらんぼ +ヨーグルト =動脈硬化予防
あんず   +アボガド  =動脈硬化予防

✨びわ(5月~6月)
びわ +キウイフルーツ =かぜ予防

✨メロン(5月~8月)
メロン +キウイフルーツ +豆乳 =便秘予防

✨うめ(6月)
梅干し +いか =疲労回復

✨ブルーベリー(6月~7月)
ブルーベリー +ヨーグルト =肌荒れ解消

✨すもも(6月~8月)
すもも +イチゴ =貧血予防

✨マンゴー(6月~8月)/パイナップル(7月~9月)
 /すいか(7月~9月)
マンゴー +ハム   =夏バテ予防
パイナップル +豚肉 =夏バテ予防
すいか +メロン   =夏バテ予防

まだまだ…夏に向けて果物は、沢山旬を迎えます。
「毎日200gの果物を!」と農林水産省は提唱しています。
旬な食材は、栄養価が高いので積極的に摂取することを
おすすめします!(^o^)丿

こんにちは、ライフファーマシーです!
気温も穏やかで、過ごしやすい季節になりましたね♪
新年度も始まり、環境も変化された方も
いらっしゃるとおもいます。
いかがお過ごしでしょうか?

カラッと晴れた日には、外へ出掛けたくなりますが、
5月頃から紫外線量が増えはじめています(^_^;)
この時期に積極的に摂るといい、オススメの食材は…
鮭やイクラに含まれる、オレンジ色素成分
「アスタキサンチン」です!!
強力な抗酸化作用で、紫外線によって発生する
活性酸素を除去する働きに優れています♡

肌のシミ、しわ、たるみ、くすみの予防、
悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血流を促す働きが
ある為、眼精疲労の予防にもいいとされています。

「アスタキサンチン」と一緒に組み合わせて
摂るといいのが…
✨緑黄色野菜に含まれるルテイン …ほうれん草、パセリ、
                 ケール、ブロッコリー
✨魚に豊富に含まれるDHA、EPA …鮭の皮(魚の皮)、
                 マグロ、サンマ、ブリ、
                 サバ など

日本人でも皮膚がんの発生率が急増しているとも
言われています。
日焼け止めクリームと併用して、体の中からも
皮膚を守るため、日焼け対策を始めましょう!!(^^)/~~~
こんにちは、ライフファーマシーです。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

梅や桃の花を見かける様になると
春がきたなぁ~と思います☘☘☘
だんだん暖かくなってきましたね(*^^*)
花粉はピーク真っ只中です!
花粉症の方は、晴れて風の強い日は
マスクなど対策をして、お出掛け下さい。

今月は、旬の食材「菜の花」の紹介です✨

野菜として食べる菜の花は、花が咲く前の
「つぼみ」の状態でいただきます。
花が開くにつれ苦み、エグみが強くなるので、
食用に向かなくなります。
苦みが好きな方は、つぼみの間から少し
黄色が見えるくらいの状態が丁度良い
とされています。

<菜の花はこんな方にオススメ!>
✨骨粗鬆症、ストレス緩和
✨貧血改善、妊娠中の栄養補給
✨老化予防、血流改善
✨便秘、ダイエットサポート
✨冷え性、むくみ改善
✨免疫力向上、アレルギー緩和
✨肌老化予防、美肌作り

βカロチン、ビタミンB₁、ビタミンB₂、葉酸、
ビタミンC、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウム、
食物繊維など栄養豊富な食材です!

<菜の花の食べ方>
ビタミンCが壊れるのを防ぐため、加熱時間は
短めに。アクは、ほうれん草より少ないので、
さっと茹でるだけでOKです。

<オススメの食べ合わせ>
✨菜の花 +豚肉、マヨネーズ、オリーブオイル
           →免疫力向上、風邪予防
✨菜の花 +アーモンド、キヌア、卵
           →代謝アップ、貧血予防
✨菜の花 +人参、ワカメ、椎茸、きくらげ
           →肥満、老化予防
✨菜の花 +玉ねぎ、にんにく、えのき、豆腐
           →疲労回復、血行促進
こんにちは、ライフファーマシーです。
近頃気温差がありますが、いかがお過ごしでしょうか?
空気が乾燥していますので、インフルエンザや風邪には
変わらず予防をして下さい✨

花粉症の方には辛い季節。
徐々に症状が出ている方もいらっしゃいます…(^-^;
花粉の飛散前や症状の軽い時期から薬を予防的に
服用すると、重症化を抑えられます。
花粉症の方も、そうでない人も、腸内環境を整えて
免疫機能を高める体づくりを心掛けましょう✨

この時期に体にいい食材を紹介します✨
<体を冷やす機能と温める機能のバランスを保つもの>
わかめ、はまぐり、あさり、あわび、牡蠣
<のどを潤し、感染から守るもの>
わかめ、リンゴ、ごぼう、イチゴ、さくらんぼ
<血圧を抑えるもの>
セロリ、ほうれん草、パセリ
<鼻の花粉症>
ミント、ごぼう、ねぎ、生姜、大葉、新玉ねぎ
<目の花粉症>
セロリ、きゅうり、たらの芽、クレソン、菜の花、ふき
<皮膚の花粉症>
トマト、きゅうり、もやし、竹の子
こんにちは、ライフファーマシーです。
1年の内で最も冷え込みが厳しいこの時期…
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

この地域では、インフルエンザが目立ちます(^-^;
皆さんは、どんな予防をされているでしょうか??
私たちが普段、特に気を付けていることを紹介します✨

まずは、手洗いです!
掌・指の間・爪・手の甲・手首に石鹸を付けて
できるだけ時間をかけて洗います。

次は歯磨きです!
歯磨きも風邪予防につながります✨
TVでも「朝起きたら、すぐ歯を磨いてください!」
と、歯科のドクターが紹介をしていました。
歯茎から、ウイルスや細菌が体内に侵入するとのこと。

また、この時期は特に空気も乾燥しているので、
加湿をすることも心掛けています!
皆さん、まだまだ寒い日が続くので気を抜かず
乗り切りましょう~♪(^.^)/~~~

この時期に食べるといい、旬の食材を紹介します✨
⛄体を温める食材
にら、らっきょう、生姜、唐辛子、シナモン、
山椒、玉ねぎ
⛄消化吸収を高める食材
白菜、大根、生姜、キャベツ、人参、みかん、しそ
⛄免疫を高める食材
椎茸、エリンギ、ぶり、さけ、さば
⛄代謝を活発にする食材
もやし、豆苗、菜の花、ふきのとう、たらの芽
こんにちは、ライフファーマシーです。
空気が乾燥して、気温が上がらない寒い日が続きますが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

インフルエンザも注意が必要ですが…
現在、ノロウイルスや胃腸風邪が流行しています(^^;)
手洗い・うがい・マスク着用などで予防が大切です!
予防してウイルスや菌を寄せ付けない様、
乗り切りたいですね(^o^)丿✨

乗り切る為には、食事も大切です!
ここでは、この時期に体に良い食材を紹介します。
⛄体を温める食材
生姜、さけ、さば、えび、牛肉、鶏肉、にら、ねぎ、シナモン、
こしょうなどのスパイス
⛄体を潤し、乾燥から体を守る食材
ごま、ゆり根、ぶどう、りんご
⛄生命力を高める食材
卵、山芋、クルミ、黒ごま、黒豆、栗
⛄消化吸収をよくする食材
大根、かぶ、玉ねぎ、生姜、カリフラワー、ウーロン茶、
プーアール茶

是非参考にしてみてくださいね(^o^)/~
こんにちは、ライフファーマシーです。
急に寒くなってきましたね…
風邪だけでなく、今年はインフルエンザが
去年の4倍以上に流行しています(;´∀`)
予防接種も大事ですが、
普段から手洗い・うがい・マスクで
予防しましょう!!

”いつの間にか骨折”
テレビCMなどで耳にしたことがある方も
いらっしゃるかもしれません。
”いつの間にか骨折”とは、本人が気が付かない
うちに背骨の圧迫骨折が発生することです。

実は、骨量は加齢と共に減少していきます。
特に女性は、閉経やホルモンの関係から
骨量の低下が著しく、骨折は女性が
男性の4倍多いとも言われています。
また、90日のベッド生活で筋力が15%低下
するとのこと。

その為、骨量と骨密度を高く保つことが大切になり、
日常生活ではバランスの良い食事と適度な運動が
骨を強くするのに必要となります。
ここでは、骨を強くするのに必要な栄養素・食材を
紹介します!

<栄養素・食材>
✨カルシウム(骨の主成分)
…しらす干し、牛乳、小松菜、豆腐
✨ビタミンD(カルシウムの吸収を助ける)
…さけ、さば、※干ししいたけ、卵
✨ビタミンK(骨をつくる働きを促す)
…納豆、油揚げ、小松菜、ほうれん草
✨たんぱく質(骨のコラーゲンの食材)
…肉、魚、卵、乳製品、大豆製品
※生きのこは、20~30分程、日光に当てると
ビタミンDの量が増え、うまみもアップします!

日頃から食事や運動を意識して予防することが
大事ですね。
心配な場合は、早めに(40代のうちから)検査を
受けることをお勧めします(^_^)/
こんにちは、ライフファーマシーです。
過ごしやすい気候になりましたね~♪
でも乾燥と、昼から夜の気温差があるので
注意しましょう!!

今回は、11月旬をむかえる”キウイフルーツ”の
栄養と健康について紹介します。

ニュージーランドの飛べない鳥であるキウイ(国鳥)
に似ていることからこの名がつけられました。
主成分は、カリウム、カルシウム、ビタミンE、ビタミンC
、食物繊維です。
キウイフルーツには、美肌づくり、疲労回復、かぜ予防に
効果が期待できるビタミンCが多く含まれています。
また、他にもタンパク質分解酵素のアクチニジンを
含んでいるため消化を助け、食物繊維も豊富なので
便秘解消に期待出来ます!

お勧めの食べ方は…↓↓
✨ぶどう  + キウイフルーツ = 肌荒れ解消
✨びわ   + キウイフルーツ = かぜ予防
✨豚肉   + キウイフルーツ = 疲労回復
✨ヨーグルト+ キウイフルーツ = 便秘解消

また、果糖は穀類や菓子などのショ糖に比べ
*GI値が低い為、血糖値が急激に上がりにいとされています。
血圧が気になる方は、塩分(ナトリウム)の排出を促す
カリウムが入っているのでお勧めです!
※GI値=血糖値の上がりやすさを示す指標。
 GI値が低いほど血糖値が上がりにくい。
 ブドウ糖が100とすると、キウイは53。

今月の写真は、薬局の表にある寄せ植えです♡
植え替えをしましたぁ~♪





2016/09/27

秋ですね~

こんにちは、ライフファーマシーです(^0^)/
少しずつ暑さが弱まり、徐々に空気が乾燥してきました。
朝や晩が冷える時もあり、風邪の患者さんも増えてきています。
服装の調節も難しいですが、体調崩さないよう気を付けましょう!!

<この時期に食べるといい食材>
✿体を潤わせる食材
…柿、梨、蓮根、豆乳、りんご、豚肉 etc
✿収れん作用・体内の水分を守る食材
…柿、梨、いちじく、ざくろ、栗 etc
✿胃の働きを整える食材
…蓮根、椎茸、キャベツ etc
✿体を温める・胃腸をいたわる食材
…南瓜、さつま芋、栗、玉ねぎ、鮭、サバ、秋刀魚 etc

毎年、この時期になると…患者さんより栗のお裾分けを
頂きます。今年も立派な栗です♡
薬局の受付に飾らせていただきました☆秋ですね~✿
こんにちは、ライフファーマシーです。
連日の猛暑で、夜も寝苦しい日が続きますが
皆さんいかがお過ごしですか?
夏の疲れが出やすい時期なので、
水分管理、バランスの良い食事を心掛けたいですね!

❀ この時期に食べるといい食材 ❀
<体の熱を取る食材>
なす、トマト、きゅうり、豆腐 など
<体を潤す食材>
梨、はちみつ、蓮根 など
<胃腸機能を整える食材>
つうもろこし、とうがん、レタス、キャベツ など
<疲れを回復、免疫機能を高める食材>
里芋、カボチャ、じゃがいも、イワシ、タコ など

✨~ 今月のひまわり ~✨
お盆前から徐々に花を咲かせ始めました✨
芽が出てきた頃は、害虫に悩まされたり
細い茎だったので、ちゃんと蕾を付けるか
心配していましたが。

天候にも恵まれ、患者さんにも気にかけて頂き、
スタッフ皆で可愛がり、皆の想いが花に届きました\(^o^)/
この猛暑の中、力強く咲くひまわりの姿を見て
少しでも「元気」と「癒し」を届けられたら幸いです☘
現在は、花も終盤ですが夏のいい思い出になりました♪
こんにちは、ライフファーマシーです!
今月から、ブログはこちらに移りました✨✨
よろしくお願いします\(^o^)/

梅雨が明けて良い天気が続いています。
熱中症対策で、のどが乾く前に
こまめに水分を摂る様、心掛けましょう!

また、スポーツ飲料は、糖分が多く含まれています。
糖分の摂りすぎにならない様、
2~3倍薄めて飲むことをお勧めします。

野外だけでなく、室内でも熱中症になることがあります。
無理をせず、扇風機やクーラーを使って、
快適にお過ごしください。

★お知らせ★
この度、組織開発コンサルティング事業を開設します!
7Sキャリアコンサルティング
~7つの問いで組織を導く~

日本は超高齢社会となり、労働力人口の不足があらゆる業界で問題に
なってきました。
このような状況の中で、組織の生産性を高め、競争力を高めるためには、離職率を下げることが不可欠です。
私たちは、組織を導くための「7つの質問」と、「バランススコアカード」を用いた組織開発、個人の価値感を尊重する心理学「エニアグラム」をベースとしたリーダーシップ研修により、社会に価値を提供できる魅力ある組織を創ることを支援いたします。
MBA・キャリアコンサルタント:長瀬 琢磨

事業名:7Sキャリアコンサルティング
所在地:岐阜県岐阜市学園町3-14
      ファームビルディング4F
TEL:058-231-1211
FAX:058-231-3101
ホームページ:http://life895.wixsite.com/7scareerconsulting
mail:life@wharmcorporation.jp

詳細は上記にあるホームページをご覧ください。

★今月のひまわり★
写真は、7/25(金)のひまわりの様子です✨
相変わらずヒョロヒョロですが…(^-^;
背も伸びて、蕾が少し膨らんできました!
じょあん通信7月号です。日々の活動を紹介しています!
http://joan2147358.blogspot.jp/
1.必ず成功するなら何をしたい?
2.能力に限界がないなら何を達成したい?
3.必ずOKがもらえるなら誰に何をお願いしたい?

人は無意識の内に自分の行動に制限をかけています。でもこのような質問を受けたらどのように答えますか?
まずは心の底からそうなりたいと思える目標を見つけましょう。その時点ではGoalへの道筋は分かりませんが、考えているだけでは答えは見つかりません。失敗と成功を繰り返し少しずつでも前進することが大切です。『Goalが先でHowは後』です。まずは行動することから始めましょう!
アシストジャーナル7月号です。福祉用具に関わる事例を紹介していきます!

▲ このページのトップへ戻る