♡薬局の本棚

マーシーが読んだ本の紹介です。
薬局の本棚に入っている本もありますよ。探してみてね!

子どもたちの絵本

子ども達に人気の絵本も並んでいます。
お薬ができるまで、親子で読んでみてくださいね。

▲ このページのトップへ戻る

学研の大図鑑「危険・有毒生物」

家族が「スズメバチ」の女王蜂に刺された!
そんな体験から購入した1冊です。
身近に有る「危険!」が写真付きで詳しくわかります。
「海にすむ危険・有毒生物」と「陸にすむ危険・有毒生物」の有毒動物、および「有毒・危険植物」「有毒キノコ」などの有毒植物を収録。
さらに動物由来感染症、危険・有毒生物による事故の際の安全マニュアルも掲載されています。

▲ このページのトップへ戻る

働くママに効く心のビタミン 上田理恵子著

上田さんは、働くママの支援会社の社長さんです。
どうしても周りに助けてくれる人がいないとき、彼女に相談してみてください。
私は、この著者の上田さんとは10年前に働くママを応援するミニコミ誌で一緒に活動していて、ボランティアで料理のページそのうち、会社を立ち上げ、ミニコミ紙が有料になるという時に「これでもごはんになる・・・ネコちゃんの料理教室」を担当していました。
ボランティアという枠からはずれるので、辞めさせてもらいました。
でも、彼女の活動を心から応援していたので、こんなにいい仕事をされているのをとても嬉しく思っています。これからも働くママの頼りになる存在でいてほしいなあと思っています。
最後のほうで、起業資金が底をつき、さんま1匹を母子3人で分けて食べたという話には身が引き締まる思いがしました。
志を高く持ち続けることが彼女と息子さんたちを支えたのですね。
毎年、野球をしている息子さんたちの写真入りの年賀状が届きます。

▲ このページのトップへ戻る

働くお母さんお助けバイブル ももせいずみ著

ももせさんは、デザイン会社にいらっしゃって、独立された方らしく、とても読みやすいです。
項目ごとにチェックポイントがあって、具体的に何をどうするかヒントがいっぱい詰まってます。
どこから読んでも何かしら情報がちゃんと入ってきますし、なるほどなあと頭が整理される思いがします。
バランスを取って歩き続ける・・・それが一番大切。というメッセージが伝わってくるのです。
上田さんの本が「理想追求型」ももせさんは「現状解決型」ってかんじでしょうか。しなやかに、しっかりと、あきらめず、頑張れそうです。
最後のページにだいじょうぶ、なんとかなるって。とあります。私の経験からは、何とかはなると思うけど、多分、あんまり「ラクになる」ってことはないよ。
子育ても仕事も楽しいけれど、しんどいです。

▲ このページのトップへ戻る

ミクロの世界の仲間たち(微生物のふしぎなおはなし)アーサー・コーンバーグ著

この絵本に出合ったのは、街の本屋さんではなくて、2010年の京都で開かれたアレルギー学会に出店していた医学書専門書店ででした。
難しい医学書がたくさん並んでいる中でとてもかわいい腸チフス菌や酵母がシャーレのなかにいるイラストが目に飛び込んできました。
著者はノーベル賞を受賞し息子さんもノーベル賞を受けたという科学者で、3人の息子を寝かしつけるときに、小さな生き物(微生物)のお話をしてあげていたそうです。
そのうち8人のお孫さんに恵まれ、あの「目に見えない小さな生き物のはなし」をしてやってほしいと息子さんに頼まれて書かれたそうです。
青カビ、チフス菌、黄色ブドウ球菌、粘菌、パンを作る酵母の話、風邪のウイルス、エイズウイルス、目に見えない小さな生き物たちが悪さをしたり、役に立ったり大活躍です。
わからなくても面白い。こどもたちが聞きたいのは、「こどもむけのおはなし」なのでしょうか。
実は、もしかしたら、内容ばかりではなくて、大人がこどもに楽しく話して聞かせる大人の気持ちそのものを喜んでいるのかもしれませんね。
お父さんも絵本をよむのが照れくさかったら、今日1日に出合ったいい出来事を一つ話して聞かせるだけでいいのかもしれませんよ。
帰ったら、こどもに話せるいいこと探し今日からはじめてみませんか?

▲ このページのトップへ戻る

体脂肪計タニタの社員食堂(500kcalの満腹定食) タニタ

表紙は一見地味ですが、なんだか美味しそうです。
タニタ(体重計などを作っている会社)の社員食堂で実際に出されているお昼の定食です。
こんな社員食堂ランチだとお昼が楽しみになりそう。いいなあ、幸せだなあ。
社員さんの健康にもいいみたいだし、ダイエットにもなってるみたいです。
ちょうど、ちかくのスター(スーパー)でとっても美味しそうなサバをみつけたので、鮭をサバに変えて、No.9の鮭の野菜ソース定食つくってみました。
バランスがいいし、なんていうか、落ち着く味。
ひじきも、いつもは、もっとこってり味にしているのですが、充分この薄味でOKです。
ごはん、かるく1膳で充分満足できました。
次の日は、大豆のドライカレーをつくりましたが、これは、食べ終わるのが惜しいくらい美味しかった。お弁当にもグッドですよ。
ちょうど、かんてんぱぱで買った蒸し黒大豆があったのと、 京都北白川のガラムマサラのガラムマサラも入れたので、より味に深みが出たような気がします。

▲ このページのトップへ戻る

あなたのために (いのちを支えるスープ) 辰巳芳子

病院でも採用されたスープの本

2005年に購入し、体調の悪い時や、食欲がないとき、病気の後の食事に時々作っています。
最近、大津市民病院でも出されていると聞きました。
やさしい気持ちで、ていねいに、なおってね、げんきになってね、と思いながら作ります。
辰巳芳子さんの食材や食器の販売も最近してくれるようになりました。
鳥のブイヨンが手間ですが、日本スープの鳥スープ(冷凍)を使うと楽です。
今日は、やっと、キャベツが少し安くなったので、春野菜のスープを作ります。
そのうちほうろう鍋を買って、シイタケスープを作りたいな。

 

▲ このページのトップへ戻る