薬局VOICE

こちらのコーナーでは お薬や病気のお話、健康・介護・子育てなどの知って得する情報をお伝えしていきたいと思います♪

薬剤師、学校薬剤師、ケアマネージャー、サプリメントアドバイザー、漢方アドバイザー、アロマセラピーインストラクターによる専門家からの情報をお届けいたします。

あなたに役立つ情報と出会えたときには、ご家族やお友達にもぜひ教えてあげてくださいね♪

☆★☆ みなさまに健康と癒しの輪が広がりますように ☆★☆


『授乳中に 飲んでも問題のない薬』 赤ちゃんに母乳をあげるために

実は、「授乳中に飲んでも問題のない薬」 意外に多いのです。
 
たくさんのお薬がありますが、母乳には出るけれど赤ちゃんが
口にしても問題にならないほど微量しか出ないというお薬が
実は多いのです。
 
必ずしも母乳をあげることをあきらめなくても大丈夫ですし
母乳をあげるために、必ずしもお薬をやめる必要もありません。
 
母乳を出すということは、そう簡単にやめたり、再開したり
できないものです。できてくる母乳を絞らないと乳腺炎になっ
てしまうこともありますし、何日も休めば、母乳が作られなく
なってしまうこともあるからです。

授乳中にお薬をもらうときは、必ず 「授乳中」 であることを
先生に伝えましょう。
あなたにもとっても 赤ちゃんにとってもいいお薬がみつか
るといいですね☆

それでも母乳をやめなければならなかったときは、だっこ
や言葉がけなどのスキンシップをできるだけとってあげて
くださいね。
 
赤ちゃんは、ママの愛情をきっとわかってくれますよ♡

 『授乳中に飲んでも問題ない薬 リスト』 
下記のHPに載っていますので参考にしてみてくださいネ。

▲ このページのトップへ戻る

脳卒中 「顔・腕・言葉」ですぐ受診!

脳卒中は、一刻を争う緊急事態! あなたの「119コール」が必要です。

脳卒中の前段階 
  □ 片目が見えにくい、物が二重に見える。
  □ 手足がしびれる、力が入らない。
  □ 足がもつれて歩けない。
  □ 食べ物が飲み込めない。
  □ 頭痛がする。                    
         ポイントは、『突然』と『片側』です。

こんな症状が見られたら・・
   → 「顔・腕・言葉」ですぐ確認!
 顔 : にっこり笑うと口や顔の片方がゆがむ。
 腕 : 手のひらを上にして両腕を水平にあげると、片方の腕が下がる。
言葉 : 「太郎が花子にリンゴをあげた。」とうまく言えない。

1つでもできなければ、すぐ受診!!
しばらく様子をみようと考えてはいけません。

脳卒中という病気は、そばにいる人の気づきが運命を分けます。周囲の人が気づいてあげることも大切です。

▲ このページのトップへ戻る

『帯状疱疹の後に残る痛みがつらい方へ』

 『帯状疱疹後の神経痛』に効くお薬が発売されました! 
これまでにない新しいタイプのお薬です。治らなくてつらい思いをされていたあなたの痛みにも、効いてくれるとうれしいです♪ ぜひ、医師にご相談ください。

☆ 帯状疱疹とは ☆
 子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスは、治った後も身体の神経節にひっそりと潜み続けています。そしてからだの免疫力が落ちたときに再び活動を始めます。神経を伝わりチクチクとした痛みが出てきて、その後、帯状に水ぶくれをつくります。
 帯状疱疹の痛みは、「針で刺されるような痛み」「焼けるような痛み」「ピリピリするような痛み」などと、かなり激しい痛みとして現れます。
 多くの場合、早期に診断され適切に治療されれば、痛みは1週間程度で軽快し、2~3週間程度で皮膚の発疹も治ります。

☆ 帯状疱疹後神経痛とは ☆
 しかし、皮膚の症状が消えた後にも痛みだけが残り、その痛みがいつまでも続く場合があります。これを『帯状疱疹後神経痛』といいます。
 『帯状疱疹後神経痛』は、帯状疱疹により神経が傷ついてしまい、そこから過剰に放出された痛みを伝える物質により、過剰な痛みの信号が発信されている状態です。そのため、少しの刺激でも強い痛みに感じたり、何もしていないのに痛みを感じてしまったりすることも多くあります。 
 
 そのいつまでも続くつらい痛みでお困りの方は、ぜひ医師にご相談ください。痛みのない生活を取り戻しましょう!

痛みについては、こちらのホームページもご参考ください。

▲ このページのトップへ戻る

余っているお薬の廃棄についてのお願い

余っているお薬の廃棄についてのお願い

病院から処方を受けて出されたお薬が余っている、古くなった、変更になって飲まなくなった、お亡くなりになった等の理由により
廃棄する場合は、

① 溶かしてトイレに流す。
② 薬局に持って行き、廃棄してもらう。

どちらかの方法により廃棄していただきますようお願いいたします。

他の人にあげる、そのままゴミに捨てることは しないようにしましょう。

ご協力いただきますようよろしくお願いします。

 

▲ このページのトップへ戻る