RSS

活動報告

 

秋晴れの好天気が続く頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか

今秋もミズノから講師をお迎えして、
ノルディックウォーキングを開催いたします。

ノルディックウォーキングは北欧発祥の2本のポールを使った
ウォーキングです。手軽に始められ、全身運動効果の高いエクササイズとして注目されています。

♬皆さんのご参加お待ちしております♬

日時:令和1年11月9日(土)
   14:30~15:30
 ポール・費用は不要です
日時:2019年6月29日
場所:ホテル阪急エキスポパーク

肌にまとわりつくようなジメジメとした暑さが続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
先日、三島地区(摂津市・茨木市・高槻市)薬剤師会の合同研修会が開催されました。その中で「健康サポート薬局としての取り組み」というタイトルで、私たちの店舗における取組みを発表しました。
かかりつけ薬局・薬剤師としての取り組み、残薬管理への取り組み、カフェやウォーキングなど各種イベントへの取り組み、私たちの薬局も参画している健康フェアについて、お話ししました。
私たちは皆さんが健やかで幸せに過ごせるようサポートする薬局=健幸サポート薬局を目指して、これからも地域の皆さんの声に耳を傾けながら、新しい事にもチャレンジしていきたいと思っています。
日時:5月23日(木)
場所:ニューロン薬局香露園店

令和元年、風薫る5月(⁉)と言いたいところですが、日中30℃と真夏を感じさせる陽気の中、“測定器がやってくる”と題し「血管年齢(血管の弾力性)」「AGEs(最終糖化産物)」測定会を行いました。

店頭での告知を見て下さった地域の方や、平素当店をご利用くださっている皆さんがご家族やお友達を誘ってくださり、約60名の方にご参加いただきました。

測定前少々緊張気味の面持ち、測定結果に一喜一憂…
皆さん健康志向が高く、血管年齢・AGEsともに実年齢を下回る方が多いようにお見受けいたしました。測定後は血管を若々しく保つ生活習慣(食生活や運動など)の、アドバイスをさせて頂きました。

血管年齢を測定された方の中には、体格の良い若い男性が、実年齢を大きく上回る結果になった方もいらっしゃいました。ご本人もショックを受けておられました…。喫煙やアルコールの多飲、インスタント食品や加工食品の摂取過多などが懸念されますので、注意していただくようアドバイスさせて頂きました。生活習慣病は若い人にも広がりつつあるのかもしれませんね。

今回の結果を参考にして、年齢問わずどの世代の方も健康で活き活きとした毎日を過ごして頂けるように、今後もスタッフ一同でサポートしてまいります。

沢山のご参加、本当にありがとうございました。次回開催は未定ですが、定期的に開催していこうと思っています。日時や内容が決まりましたら、こちらでもお知らせするので、
どうぞお楽しみに♪
気持ちのいい五月晴れの日がつづいておりますが、
いかがお過ごしでしょうか。
突然ですが…皆さんは血管年齢って測ってみたことがありますか?
指を挟むだけで、簡単に測定できる血管年齢測定計とAGEs測定器が香露園店にやってきます!
そこで、少しでも興味のある方に測定いただけたらと思い、
血管年齢・AGEs測定会を企画いたしましたのでご案内いたします。

日時:5月23日(木)14:00〜17:00
場所:ニューロン薬局香露園店

参加費無料・予約は不要です。
是非この機会に測定されてはいかがでしょうか?
お気軽にご参加くださいね、お待ちしております!
日時:平成31年3月23日(土)

春の息吹は感じるものの…まだ肌寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
花見にはお弁当、ウォーキングにはウォーキングポールを♪ということで、先日開催しました第3回 桜ノルディックウォーキングの様子をお伝えしたいと思います。

当日は少し肌寒い…花曇りの天気。数本の早咲きの桜を横目に見ながらのウォーキングになりました。
前回のイベントで大好評だった足型・AGEs測定。今回もウォーキングの前後で行いました。ミズノのスタッフさんから丁寧な説明・アドバイスを受けられた参加者の方々。さっそくウォーキングに活かされていましたね。AGEs測定では、みなさん優秀な結果で、健康に対する意識が高まっているのだと実感することができました。

広場に場所を移してからは、ポールの長さをご自身で調節していただきました。参加者約40名弱でしょうか。今回もたくさんの方にご参加いただき、ポールを使ったストレッチを行いました。ポールを少し前に出し、上に手を乗せて平泳ぎの要領で円を描くように肩回りをほぐすストレッチは、気持ちよかったですね。
さらに、ポールの突きかた、足の動かし方など、広場を何度も往復し、体に覚え込ませていきました。初めはポールを引きずるようにして歩きます。次に踏み出した足とは逆の手のポールを軽く地面に突きます。このとき、できるだけひじは曲げないようにします。さらに、ポールで地面をぐっと押し、体を前進させていきます。2本のポールを持っていると、ポールを突くことを意識しすぎてしまい、腕に余計な力が入りがちになるので、歩くことを意識することがポイントだそうです。

ウォーミングアップが終わり、ウォーキングスタート!
昨年の春はこの辺りで小雨が降り、コースを短くせざるをえませんでしたが、今回は今まで開催した中で、一番長いコースを歩きました。健脚の方はぐんぐん前へ。ミズノの講師の方から隣でアドバイスを受けながら、楽しくお話されながら歩かれていました。お友達と、ご夫婦で、中には2度目の参加です!とリピーターの方もおられました。参加された方から「大勢で歩くと楽しいね」「ポールがあると自然に足が前に出るから『ただ歩く』にならなくていいですね」「買っただけで眠っていたポール。これからしっかり使っていこうと思いました」など、嬉しいお声をたくさんいただきました。皆さんからのお言葉が次のイベントへの励みになります。

昨年は桜が終わっていて…今回はまだ蕾が多くて…来年こそは満開の桜のもとウォーキングしてみたいものですが…こればかりは自然が相手なので難しいものです。でも、みなさんのたくさんの笑顔が咲く素敵なイベントになることは間違いないと思っています。
桜ウォーキングはまた来年ですが、ウォーキングイベントは秋にも開催予定です。初めての方も、2度目、3度目の方もぜひぜひご参加くださいね。
日時:11月17日(土) 18℃
場所:摂津市大正川河川敷公園

紅葉のもと絶好のウォーキング日和となりました。

ウォーキング前の測定会では足型・AGEs・体組成を計りました。
なかでも足型は体重が足の前側や踵側へ偏ることを検出して今の脚の状態が分かって興味深かったですね。
いよいよガランドポンプ場跡広場で一堂に会して準備体操です。
ノルディックポールの使い方のあと、ミズノのスタッフさんによるイタリア語の軽妙なトークで始まる2本のポールを使ったストレッチ。なかでもポールを体の前に突いて体重を預け、片方の脚を左右に思いっきり大きく振り上げるストレッチは、股関節と腰椎が引き延ばされて痛気持ちよく癖になりそうでした。

これで全身の暖気ができてウォーキングスタート!先頭の健脚コースの一団はズンズン前に行って見えなくなるほどの速さです。
健康増進コースは脚への負荷を下げて安定した歩き方、脚とポールを同じタイミングで出すナンバ歩きを教えてもらいました。

ご参加の皆さんから「このウオーキングの会はいいよね〜!」とお褒めの言葉や「こんなイベントはなかなかやっているとこ無いよね」「このウオーキングの会は続けてやってね」など次への励みになるお声を頂けました。

最後にご参加いただいた皆様、ご協力いただいたミズノ(株)スタッフさんに感謝いたします
ノルデイックウオーキングは北欧でクロスカントリースキーの夏場のトレーニングとして始まりました。
札幌のスキージャンプのメッカ大倉山シャンツェ隣の三角山ではマイポールを持った市民が早朝からウオーキングを楽しんでいます。
ノルデイックウオーキングは2本のポールを使うことで全身の筋肉を刺激するので、普通の散歩に比べ消費エネルギーは20%増加します。体力づくりやシエイプアップに効果的です、また上半身をしっかり使うので肩や首の凝りの解消や肩甲骨の可動域の改善に有効です。
当日はお体に合うポールを無料で貸し出します。スタート前にミズノスタッフによるオリエンテーションをしますので初めての方、足腰に不安のある方も安心して参加していただけます。
尚、ウオーキングの前に集まっていただいた方には正しい自分の靴のサイズを知ることができる足型測定・自身の生活習慣の成績を知る事ができるAGEsの測定・体組成の測定(体内年齢、体脂肪率、骨格筋量、基礎代謝など)コーナーにもご参加いただけます。
さわやかな紅葉の下を皆で歩きましょう。ウオーキング後AGEs減少に効果的なマンゴスチンを含む養命酒製造の美味しい黒酢ドリンクを用意していますょ!
日時:平成30年7月31日
場所:ニューロン薬局香露園店
テーマ:「赤のチカラで若々しく」

日時:平成30年5月30日
場所:摂津市シニア向けマンション
 シニア向けマンションに出張講座にいってきました。
日時:H30年4月7日
場所:大正川河川敷公園
テーマ:ノルディックウォーキング

春めいた…というより初夏を感じさせるような暖かい日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?お散歩やハイキングなど、外に出かけやすい季節になってきましたね。
さて、突然ですが…「ノルディックウォーキング」ってご存じですか?
ノルディックウォーキングは、2本のポール(ストック)を使って行うウォーキングの事で、 ポールを用いる事で正しい歩行姿勢で歩くことができ、転倒防止・腰痛軽減などに効果があるとされています。また、普通のウォーキングと比べてカロリー消費が20%アップするのでフィットネスエクササイズとしても効果的だとされています。
でも、正しいポールの使い方や歩き方を教えてもらう機会ってなかなかありませんよね?ウォーキングポールを買ってみたはいいけど、使い方がわからない…使って歩いているけど、正しい歩き方を改めて知りたい…そんな方もいらっしゃるのではないかと思います。
そこで、今回、スポーツ用品で有名なミズノ株式会社さんから講師をお招きして、「第1回 桜ノルディックウォーキング」というイベントを行いました。
当日は、ひんやりと肌寒い中、20名を超える参加者の方にお集まりいただきました。
店舗にて参加の受付・ウォーキングポールの貸し出しを行ったのち、場所を大正川河川敷
公園に移動して、靴の正しい履き方、ポールの持ち方や長さの調節の仕方、ポールを使ったストレッチ、ノルディックポールを使った歩き方を教えていただきました。
ミズノの講師の方の素敵なご指導のおかげで、終始和やかな雰囲気でポールの使い方を学ぶことができました。中でもポールを使ったストレッチは、ウォーキングする、しないに関わらず家の中でもできるので、おすすめです。「こんな使い方をするなんて思わなかった!」「このストレッチはこれ(ポール)がないと難しいわね。あ~気持ちいい」といった声も聞こえてきました。次に、場所を階段へと移し、階段の上り下りもポールを使うことで楽に行うことができるということを体験していただきました。もちろん、階段までの移動もノルディックウォーキング。参加者のみなさん本当にお上手で、いつまでも足と手が同時に動いてしまう私がコツを教わりたいくらいでした。
そして、いよいよロングコースを歩きましょう!といったところで残念ながら雨が降ってきてしまい、小雨になったタイミングを見計らって歩き始めたものの、予定していたコースよりは短いコースを歩いて引き返す結果となってしまいました。
ですが、参加された方からは「足の悪い人が使うものだと思っていたから、とってもいい機会になりました。」「足が思うように動かなくて、どんなものかな?と思い参加したけど、ポールがあると、楽に歩けますね」「2回目もやってよ!」などのうれしい声をいただくことができ、スタッフ一同うれしい限りです!
また、秋頃に第2回を予定しておりますので、ぜひご参加ください。
日時:平成29年11月28日(火)13:30~14:30
場所:ニューロン薬局香露園店
テーマ「予防しよう!認知症~認知症になりにくい生活習慣を身につけよう~」

最近一段と寒くなってきましたね。いかがお過ごしでしょうか。
今年の7月、ドラえもんの声優の大山のぶ代さんの旦那さんである砂川啓介さんが亡くなられたというニュースがありましたね。砂川さんは2012年頃から認知症を患っている妻のために、がんの闘病をしながら介護を続けられていたことはみなさんもご存じの方も多いと思います。大山のぶ代さんが患っている認知症は、今後増えていく疾患と考えられており、2025年には高齢者の4人に1人が認知症になると予想されています。
今まで開催してきたカフェのアンケートでも興味がある項目として挙がっていた認知症。そこで今回は「予防しよう認知症!〜認知症になりにくい習慣を身につけよう〜」というテーマでカフェを開催しました。事前予約もいつもより多く、飛び入りで参加してくださる方もおられ、地域の皆さんの関心の高さが伺えました。
 まずは認知症について知っていただくために、認知症患者の人口推移やアルツハイマー型やレビー小体型など様々な種類の認知症があるということをお話しました。次に「長谷川式認知症スケール」を用いて参加者の皆さんに認知症チェックをしていただきました。認知症チェックをする機会はなかなかないので、参加者の皆さんも最初はもしかしたら…と緊張されていましたが、チェックが終わり安心できるスコアですよ!とお話するとホッとされていました。チェックはあくまで「今のところ」なので、今後認知症にならないために日常生活で気を付けることを食事・運動・睡眠の観点からお話しました。ビタミンC・Eと言った抗酸化作用のあるビタミンや、魚の脂に含まれるDHA・EPAを積極的に摂取すること、毎日続けられる程度の有酸素運動を行うこと、30分以内の短い昼寝を行うことで、今後、認知症になるリスクを下げられるということをお話しました。カフェの最後には『数独』と『大人の塗り絵』をお渡ししました。ちょっとした隙間時間のお楽しみに役立てていただけると嬉しいです。
これは私の個人的な見解ですが、カフェに参加して新しいことに触れたり、参加者のみなさんとお茶を飲みながらコミュニケーションをとったりすることも認知症の予防に効果があるのではないかな?と考えます。
お時間の都合で参加できなかった方のために薬局内に資料を置いています。ご興味のある方はぜひ、来局くださいね。年末に向け、ますます寒くなる時期ではありますが、風邪などひかれないようご自愛くださいね。
日時:平成29年10月24日(火)15:30~16:30
場所:ニューロン薬局香露園店
テーマ「気になる塩分のはなし~塩って…敵なの?味方なの??~」

今晩のおかずは…とスーパーに買い物に行けば目にする『減塩』の二文字。
みなさんは普段の食事で「塩分」を意識していますか?
日本人の食塩摂取状況は年々減少傾向にあるものの「健康日本21」の目標値である8.0g未満にはまだまだ届きません(男性:10.8g 女性:9.2g/平成28年「国民健康・栄養調査」より)。そこで今回は「気になる塩分のはなし」と題して、塩との上手な付き合い方についてお話しました。
塩分を摂りすぎると皆さんもよくご存じのとおり「高血圧」の状態になります。高血圧の状態が続くことで、腎臓疾患や心疾患などの重大な合併症を引き起こします。なので、減塩しましょう!と言われるのです。では、まったく塩分を摂らなくていいのでしょうか?答えはもちろん「NO」。極端に塩分が不足した場合には脱水症状や筋けいれん、ひどい場合は昏睡を引き起こす場合もあるので、1日あたり最低でも1.3gは塩分を摂る必要があります。
日本人の食生活の中で、一番の食塩供給源は「調味料」。どんな風に工夫すれば塩分の摂りすぎを防げるのか…塩分の多い順に調味料を並べ替えてみよう、加工食品を塩分の少ない順に並べてみよう、といったクイズ形式で楽しく学んでいただきました。「塩分少ないと思っていたけど、案外多いのね~」といった声も聞かれました。
私たちに必要なのは「適塩」だと思います。適塩生活を送るために大切な3つのポイントを下に示します。参考にしてみてくださいね。
① 塩味以外(旨み・酸味・辛味・香り)の味覚で美味しく薄味に
② 調味料の選び方、使い方を知る
③ 野菜や果物を食べる(カリウムで余分な塩分を追い出そう!)

ティータイムでは店頭で販売している大塚食品の「マイサイズ」を試食していただきました。マイサイズは、カレーや親子丼、中華丼などの1食分のソースがレトルトパックになっており、電子レンジで簡単に調理できる食品です。しかも1食分わずか100キロカロリーで塩分もすべての製品で2グラム以下となっています。参加者の皆さんの気になる味や、スタッフおすすめの味を試していただきました。人気が高かったのは中華丼や蟹のあんかけ丼、親子丼でした。「これで塩分2gなの?おいしいわ~」「これくらいの量ならお昼ご飯にちょうどいいわね」といった声をいただきました。このシリーズには調剤薬局にしか置いていない「マイサイズ いいね!プラス」というものもあります。気になる方はぜひご来局くださいね!
日時:平成29年9月26日(火)13:30~14:30
場所:ニューロン薬局香露園
テーマ『骨粗しょう症について』

最近CMでも聞かれるようになった「いつの間にか骨折」、タレントの研ナオコさんの大腿骨骨折…女性の寝たきり原因の第2位にも挙げられる骨粗しょう症は身近な病気になってきましたね。そこで、今回は骨と女性ホルモンの関係にも触れながら、骨粗しょう症についてお話しました。骨粗しょう症治療の一番の目的は「骨折を防ぐこと」。骨折を予防するために大切なことを、食事や運動面からもお話しました。また、体の中で女性ホルモンのように働く大豆イソフラボン。当薬局にもおいてある健康食品である「エクエル」をご紹介し、試食していただきました。本来は水で服用するものですが、そのまま噛んで食べていただき大豆が材料であることを実感していただきました。ティータイムの前には参加者全員で「ロコトレ」をやってみました。開眼片足立ちとスクワットです。片足立ちは1分間片足で立つというシンプルなトレーニングなのですが、この1分が思いのほか長く…ふらつくのを必死に我慢しながら行いました。スクワットも正しいスクワットのやり方をご紹介できたと思います。
ティータイムでは、当薬局で販売しているカルシウムを多く含む食品をお茶菓子に、楽しくお話できました。地域の健康体操に参加されている話や、骨折予防で取り組まれていることなど、たくさんの情報を共有できました。「こんなにいいお話が聞けるなんて勉強になるわー今度は友達も誘うわね!」、「こうやって皆さんとワイワイできるのが楽しいわ」など、嬉しいお言葉もいただきました。日程が合わなくて参加できない方のために、カフェの資料は無料でお持ちいただけるように準備しております。お気軽にスタッフにお声がけくださいね。
次回は「気になる塩の話」。塩と上手に付き合っていくための工夫をお伝えできればと思っています。お楽しみに!
日時:平成29年6月20日(火) 15:30~16:30
場所:ニューロン薬局香露園店
テーマ:『知っているようで知らない 目薬のこと』

私たちが目薬をお渡しする際「1滴で十分ですよ」「間隔は5分以上あけてくださいね~」など、お伝えしていますが、それにはこんな理由があるのです!というように、普段の服薬指導ではお伝えしきれないことを中心にお話しました。上手な点眼の仕方として「下まぶた下垂法」と「げんこつ法」を紹介し、実際にどんな風に点眼しているか真似していただき、改善法をアドバイスしました。
点眼補助器具の紹介では、メーカーより提供される補助器具の他、市販されている器具についてもご紹介しました。人口涙液「ソフトサンティア」を用いて実際に点眼してみていただき、自分に合った点眼法を見つけていただく、いい機会になったと思います。
ティータイムでは、寝る前の目薬っていいの?など目薬に関する質問があったり、昔の眼科受診の時の様子(体験談)を話してくださったりと、懐かしさ漂う雰囲気となりました。以前の様子をあまり知らない私にとっては、いい勉強になりました。さすが人生の先輩。学ぶことは、まだまだたくさんありそうです。
日程が合わなくて参加できてないという方も、また参加したい!と思ってくださる方も、ぜひお気軽にお越しください。
次回のテーマは「熱中症」。暑い夏を乗り切るために注意すべきことなど、少しでも健康に役立つような内容でお話したいと思っています。お楽しみに!
日時:平成29年4月25日(火) 15:30~16:30
場所:ニューロン薬局香露園店
テーマ:『知っているようで知らない お薬のこと』

いつも病院でもらったらすぐに薬局の受付に出してしまうため、まじまじと見る機会のない「処方箋」。処方箋には氏名、処方内容、医療機関名、医師名だけでなく、処方箋の有効期限が書かれていること…ご存じですか?
薬局でもらう薬が入っている袋(薬袋)にはどんなことが書かれているか、ご存じですか?
用法には「毎食後」以外にどんな飲み方があるのか、用法・用量を守らないといけないのはなぜか…といった内容で1つの机を囲みながらお話しました。
薬を飲みやすくするための工夫として、OD錠や漢方薬の上手な溶かし方を紹介し、服薬補助食品であるオブラートやゼリーを使った服薬方法を体験していただきました。
「本当に知っているようで知らないことばかりで勉強になりました」「オブラートってこうやって使うとひっつかなくて飲みやすいのね~」といった声も上がり、これからの生活に少しでも役立つ情報が提供できたかな?と、大変うれしく思いました。
ティータイムでは、メディカルスタッフの発案で、薬包紙を折ってみることに。参加されていたみなさん、小さい頃は薬包紙に包まれた薬を飲まれていたようで、上手に折られる様子を見て、私たち薬剤師もびっくり!薬包紙で薬を包んでいた時代を知らない若手スタッフは参加されていた方から折り方を教えていただき、勉強になったようです。
参加いただいたみなさん、とても楽しい時間をありがとうございました。
日時:平成29年1月31日(火)15:30~16:30
場所:ニューロン薬局香露園店
テーマ《もう怖くない‼冬の感染症》

今回は「もう怖くない!冬の感染症」と題して、インフルエンザとノロウイルス胃腸炎にスポットを当てて、お話しました。
薬局で作成した資料をもとに、それぞれのウイルスの特徴や感染経路、発症した際の症状や類似した感染症との違い(例:インフルエンザと風邪の違い)、予防と対策についてお話しました。また、家庭用の漂白剤を薄めて作った消毒液の入ったスプレーボトル、保護メガネ、マスク、使い捨て手袋を1つのセットにした「ノロウイルス対策キット」を患者さんと一緒に作成しました。正しい濃度の消毒液が簡単にできるよう、スポイトやスプレーボトルなど簡単に手に入るものを使用したので「意外と簡単にできますね」との感想をいただきながら、楽しく作成することができました。
勉強会のあとは、日ごろの疑問や他愛のない話を、お茶を飲みながら語り合うティータイム。薬についての質問や、普段行っているカゼ予防法など、意見交換に花が咲きました。最後に実施したアンケートでは、「非常によかった」「他の方と私的な話ができて楽しかった」などの感想をいただきました。

日時:平成28年12月13日(火)15:30~16:30
場所:ニューロン薬局香露園店
テーマ《「Dr.GOOD DIET NOTE」~ダイエットノートから学ぶ健康管理~》

 12月13日にヘルスセミナーを開催しました。
 「今日の“食”があしたをつくる」をコンセプトに管理栄養士監修のヘルシー冷凍弁当を提供されているインクロムプラス株式会社様より、管理栄養士の嶋本 泰先生をお招きして、健康的な食生活についてお話いただきました。
ダイエット=カロリー制限の考えはもう時代遅れ…炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、たんぱく質の5大栄養素をバランスよく摂取することが大切だと教えていただきました。その手助けとなるのが下に示したヘルシーフードピラミッド。何をどれだけ摂取するのが望ましいかを表した図形で、底辺ほど積極的に摂取し、頂点にいくほど摂取を控えることが推奨されています。興味深いのは、同じ「穀物」や「肉」であってもその種類で望ましい摂取量が異なることです。例えば、全粒穀物(玄米や全粒粉パン)は摂取するのが望ましく、白米や白パンは摂取を控えるよう推奨されています。このヘルシーフードピラミッドを利用して食生活を改善していくことで太りにくい体づくりができるということがよくわかる内容でした。参加いただいた方も、ご自身の病気に基づいた食生活について管理栄養士の先生に質問されたり、アドバイスをいただいたりと、とても有意義なセミナーになりました。
普段の食事についての疑問を解決する機会はなかなかないと思います。今後も開催できるように考えておりますので、ぜひご参加ください。
日時:平成28年11月29日(火)15:30~16:30
場所:ニューロン薬局香露園店
テーマ《湿布の上手な貼り方をマスターしよう!》

11月29日に第1回すこやかカフェを開催しました。
「すこやかカフェ」は、地域の皆さんの健康に役立つ情報を講義形式のような堅苦しい形式ではなく、お茶を飲みながら気楽に聞いていただける座談会のような形でお話していこうという、香露園店では初めての試みでした。
第1回のテーマは湿布。湿布をはがれにくく、上手に貼るためのコツをお伝えしようということで「シップの上手な貼り方をマスターしよう!」と題して、体験型のカフェを開催しました。サポーターとして久光製薬の方にも参加していただき、肩、首、腰、膝、足首と湿布の貼り方のリーフレットをもとに人体模型を使って貼り方を説明しました。続いて、参加された方々にも実際に体験していただき、終始和やかな雰囲気で会を進めることができました。なかでも好評だったのは、突き指をした時の貼り方。湿布の長辺を幅2cmほど切り取り、両端を持って引き延ばした後、フィルムを剥して指に巻き付けていくというシンプルなものですが「こんな使い方ができたなんて!」と驚きの声を多数聞くことができました。中には「この貼り方が気に入ったわ!」と貼ったまま帰られる方もいらっしゃったほど。お役立ちいただける情報を提供することができ、こちらもうれしくなりました。
ティータイムでは、お茶を飲みながら、薬剤師を交えて参加者同士が情報を交換し合い、楽しいひと時を過ごすことができました。インフルエンザの予防接種や、自身がおこなっている感染予防法などの話題で盛り上がりました。最後に行ったアンケートでは「湿布の貼り方の知らないことがたくさんあって助かりました!」「楽しいひと時でした」「話しやすく、何でも気軽に話せる雰囲気でした」など、うれしい感想をいただくことができました。
今後も、健康に役立つ情報を楽しくわかりやすく提供していきたいと思っていますので、ぜひご参加ください。

 

▲ このページのトップへ戻る