酸っぱくて辛い独特の味がくせになるスープ「酸辣湯」スープ・汁物

2014.05.12 ゲンキレシピ


酸っぱくて辛い独特の味がくせになる酸辣湯。タケノコやキクラゲがあれば本格的な仕上がりになりますが、まずは冷蔵庫の中にある野菜を使ってお試しください。酢と豆板醤、片栗粉があれば誰でも失敗なく作れます。

○エネルギー:約120kcal
○調理時間:20分

材料(2人分)

椎茸:2個
ネギ:10cm
ニンジン:1cm
ショウガ:1/2かけら
鶏肉:50g
しょうゆ:小さじ1
片栗粉(鶏肉にまぶす):小さじ1
ゴマ油:小さじ1
水:2カップ
片栗粉(とろみ付け):小さじ1
卵:1個
ラー油:適宜

(A)
豆板醤:小さじ1
鶏ガラスープの素:小さじ1
しょうゆ:小さじ1
酢:大さじ2
塩、コショウ、粉山椒:各少々

作り方

(1)椎茸、ネギ、ニンジン、ショウガは細切りにする。
(2)鶏肉は細切りにしてしょうゆで下味をつけて片栗粉をまぶしておく。
(3)厚手の鍋にゴマ油を熱し(1)(2)を入れて軽く炒め、水2カップを加え、沸騰したら弱火にして10分煮る。
(4)(A)を加えて2~3分煮たら、片栗粉を水(分量外)で溶いて加え、全体にとろみがついたら溶き卵を回し加える。
(5)卵に火が通ったら、最後に好みでラー油をたらす。