ドイツの老舗調剤薬局が作る「メディカルハーブティー」食品

2015.05.22 おすすめ商品PickUp


ドイツで創業150年を誇る調剤薬局「マリエン薬局」がブレンドする品質の高いハーブティーが、今、日本女性の間で人気です。

高品質のメディカルハーブを使ったハーブティー

ドイツは類似療法や自然療法で健康管理するのが得意であり、中でもハーブ療法は多くの家庭で支持を集めています。今回紹介するハーブティーも、日々体に起こるトラブルのホームケア用に作られた商品です。

使用しているハーブは全て、EU及びドイツ保健省の薬事法をクリアした、メディカルハーブ。完全無農薬栽培で化学物質も一切不使用。ノンカフェインということもあり、妊娠中・授乳中の方や小さな子どもも安心して飲むことができます。ハーブティーにありがちな飲みにくさも、独自のブレンドで解消しています。

メディカルハーブティー
左:風邪対策ブレンド
右:授乳・乳腺炎対策ブレンド

メディカルハーブティー
左:風邪対策ブレンド
右:授乳・乳腺炎対策ブレンド

ドイツ・マリエン薬局
自然療法ショップ >>Web

ともに 3,980円(45個入り)

選べる23種類のブレンド

マリエン薬局は、風邪対策ブレンド、授乳・乳腺炎対策ブレンド、リラックスブレンドなど、期間限定を含めると全部で23種類のハーブティーを取り扱っています。
例えば、風邪対策ブレンドの原材料は、ヘラオオバコ、フェンネル、タイム、リンデンフラワー、エルダーフラワーの5種類。 授乳・乳腺炎対策ブレンドは、フェンネル、カモミール、キャラウェイ、アニスの4種類。このように、体のトラブルごとに適したこだわりのブレンドになっています。

ドイツのマリエン薬局店頭でもそれぞれ同じ用途のものは販売していますが、ネット販売のものは、日本人の体質や味覚、健康事情などに合わせたブレンド比率に変更している特別なもの。最近は、風邪対策ブレンドをいただいているのですが、色はやや濃く出るものの、味に渋みや苦みはなく、香りもさわやかでとても飲みやすい商品だと感じます。

商品は日本語解説書付きで、ネットショップもすべて日本語。メールサポートも日本語対応なので、日本のネットショップと同じような感覚で購入することができます。
みなさんもハーブ大国ドイツの本格ハーブティーを味わってみませんか。

お湯を注ぐ前に、ティーバッグの中のハーブを軽く潰すのがポイント。味や香りなど、有用成分が抽出されやすくなります