枕元で眠りの状態を測定する「ねむり時間計」健康器具

2016.09.16 おすすめ商品PickUp


一日8時間睡眠をとるとすると、人生の1/3は眠っていることになります。そんな毎日の睡眠時間、きちんと眠れているのかが気になる方におすすめのグッズをご紹介します。

寝返りを感知し、眠りに関する記録を測定

今回ご紹介するのは、その名もズバリ「ねむり時間計」。手のひらサイズのコンパクトな設計で、枕元に置くだけで寝返りによる寝具の揺れを感知し、睡眠時間を始め、寝付くまでの時間や目覚ましが鳴ってから起きるまでの時間を測定してくれます。
また、寝返りの多さから起きやすい時間を判断してアラームを鳴らす「スッキリアラーム」や、連動したアプリでは寝付きをよくするための「呼吸トレーニング」など、眠りに関する様々な機能がこの一台で楽しめます。

本体に関しては、手のひらサイズとはいえ枕元にあったら少し邪魔なのでは? と心配したのですが、薄くて丸みのあるフォルムのため、そばに置いてあっても違和感はありません。
パステル色が透ける磨りガラスのようなデザインもとてもかわいらしいです。

ねむり時間計(パープル)

ねむり時間計(パープル)

公式ショッピングサイト
>>Web

8,618円(税込)

眠りを把握してスムーズな起床へ

早速、スマートフォンにインストールしたアプリと共に「ねむり時間計」を使ってみました。
眠りに関しては、なんとなくよく寝られた「気がする」……などと、体感でしか判断できない部分が多いですが、このスマホアプリのグラフは「1日グラフ」「週間グラフ」「体内時計グラフ」と各種あり、寝ている間のことが可視化できるので自分の眠りの状態をしっかり確認できました。

「呼吸トレーニング」は、リラックスにつながる副交感神経を優位にするための機能で、音声ガイダンスに従って呼吸をするだけなので初めてでも簡単です。ガイダンスの女性の声がとてもやさしく、それだけでリラックスしてしまいます。
また、機能のキモともいえる「スッキリアラーム」は、果たして効果があるのかしら……と思いつつ使っていたのですが、ある日「パチッ」と目が覚めた直後にアラームが鳴ったことがあり、起きやすいタイミングで起こしてくれるというのは本当なのだなと感心しました。

一度スマホアプリとの連動を設定してしまえば、基本的には、寝る時と起きた時にボタンを押して、あとはそのまま枕元に置いておくだけなので、少々ズボラな方でも苦にならずに使い続けられそうです。
みなさんも、自分の睡眠をあらためてチェックしてみてはいかがでしょうか。

アプリ内の各種グラフで、自分の眠りを把握。写真は、1カ月間の起きた時間・寝た時間のバラつきをチェックする「体内時計グラフ」