豊かな味と香りの「デカフェ・スペシャルティコーヒー」食品

2016.10.21 おすすめ商品PickUp


健康志向の高まりによって、妊娠中や授乳中の人に限らずデカフェのコーヒーを選択する人が増えてきています。健康を気遣うすべての人におすすめのコーヒーをご紹介します。

「気合を入れる」飲み物から「癒し」の飲み物へ

「デカフェコーヒー」とは、カフェイン除去処理をしたいわゆる「カフェインレスコーヒー」のこと。
以前は、コーヒーというと、仕事の合間に気合をいれるために飲むことも多かったのですが、ここのところは、リラックスタイムにほっと一息いれるためのアイテムに変わりつつあります。

そんな中、今回ご紹介するのは、1998年に東京都墨田区・曳舟に開店した自家焙煎コーヒー店が2015年に立ち上げたデカフェ専門ブランド「innocent coffee(イノセントコーヒー)」のデカフェ・スペシャルティコーヒーです。

こちらのコーヒーは、カフェインを除去しても風味が落ちにくいコロンビア産の豆を使用。生産地・農園・精製方法などが明確な豆「シングルオリジン」の中でも、全流通量の5%程度といわれる最高級品質の「スペシャルティコーヒー」のみを使用しています。
カフェインは99.9%カット。ドイツの専門工場で「超臨界二酸化炭素抽出法」という、薬品を一切使わない安全な方法で、コーヒーのうまみや香りを損なわずにカフェインを除去しています。
また、おいしさの決め手となる最適な鮮度を保つため、焙煎4日目以降の豆は出荷しないという、とにかくこだわりの強いデカフェコーヒーです。

スペシャルティデカフェ
ドリップパック
(浅煎り・深煎り)
10g×5パック

スペシャルティデカフェ
ドリップパック
(浅煎り・深煎り)
10g×5パック

innocent coffee >>Web
各1,080円(税込)

普通のコーヒー好きの人も満足できるデカフェコーヒー

浅煎りは、爽やかな酸味がありすっきりとした味わいなので、ブラックでコーヒーだけをいただくのにぴったりな印象。深煎りの方は、浅煎りよりもやや酸味が弱く、代わりに香ばしさが強かったので、甘いお菓子と一緒にいただくとさらにおいしさがUPしました。

デカフェコーヒーというと、「味が物足りない」「香りが薄い」「コーヒーの風味とちょっと違う」など、正直イマイチな商品も多く出回っていますが、こちらの商品は、普通のコーヒーに負けない…というより、肩を並べられるほどの味の強さと香りがあります。
これまで、インスタントから豆のものまで数々のデカフェコーヒーを飲んできましたが、間違いなく一番おいしいデカフェコーヒーだと感じました。

デカフェなので、寝る前だからと飲む時間を気にする必要はありません。みなさんも秋の夜長にコーヒータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(写真左から)
「スペシャルティデカフェ 150g(浅煎り・深煎り)」各1,296円、牛乳で割るとカフェオレが楽しめる「スペシャルティデカフェ カフェオレベース 275ml」1,296円、コーヒーゼリーが作れる「スペシャルティデカフェ コーヒーゼリー 12g×5パック」1,080円(すべて税込)