体も気分もすっきり!夏におすすめのハッカグッズ雑貨

2017.08.18 おすすめ商品PickUp


まだまだ残暑厳しいこの時期、体も気分も少しでもすっきりしたいですよね。今回は、ミントの香りでスーっとさわやかになれるハッカグッズをご紹介します。

ミント風呂からミントティーまで、何でも使える万能ハッカ油

どこか懐かしいこのロゴとパッケージ。みなさんも一度はどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。今回ご紹介するハッカ油は、ハッカ草(ミント)から蒸留抽出した天然の精油。いわゆる「スーッ」としたあの香りを存分に楽しめるスプレーです。

世界のハッカ栽培は、紀元前3000年頃から始まり、古代ギリシャでは生薬として利用されていたといわれています。日本には、2000年以上前に中国から入ってきたとされ、室町時代には薬種として用いられていた記録も残っています。
ハッカには「和種ハッカ」「洋種ハッカ」「オランダハッカ」と種類がありますが、中でもこのハッカ油の原料となっている「和種ハッカ」は、他の種類に比べてメントールの含有量が高いのが特徴です。

使い方は実に多種多様。ベーシックな使い方としては、お風呂に数滴たらしてミント風呂に、ハッカ油をたらした水でタオルを湿らせておしぼりに、肩こりや筋肉の疲れたところに塗って湿布代わりに……といったもの。それ以外にも、このハッカ油は食品添加物なので、紅茶に入れてミントティーに、リキュールに入れてミントフレーバーのカクテルに……と、味わって楽しむこともできます。

個人的に一番おすすめなのは、仕事で疲れてきた午後に、デスク付近の空間にシュッとひと吹きすること。空気の質感がパァ〜っと変わるので、そこで深呼吸をすると本当に頭がすっきりします。
一本持っていて損はないハッカ油スプレー。みなさんもぜひ、自分オリジナルの使い方で楽しんでみてください。

ハッカ油スプレー
<small>10ml(税込1,080円)</small>

ハッカ油スプレー
10ml(税込1,080円)

北見ハッカ通商 >>Web

北海道産和種ハッカ配合のこだわりコスメ

ハッカ油だけでなく、ハッカを使ったコスメや入浴剤もこの時期おすすめです。

まずは写真左の「ミントクリーム」。成分は、馬油・ミツロウ・ハッカ油の3つだけと、いたってシンプル。冷え冷えになるほどの激しい清涼感はありませんが、肌につけるとほんのりスーっとする感覚があります。ベースが馬油ということで伸びがよく、ハッカ油のさわやかな香りで馬油の独特な香りも気になりません。塗った後のべたつきも少ないので、夏におすすめできるさっぱり系のクリームです。

写真中央の「セル・デ・メンタ」は、和種ハッカを配合したバスソルトです。お湯200Lに対してキャップすりきり3杯(30g)を入れると、ペパーミントグリーンのにごり湯が完成。湯気とともに立ち上るハッカの香りがたまりません。入浴中にスースーするというより、湯上がりに程よく爽快感を感じるタイプです。リフレッシュ&リラックスタイムにぜひお使いください。

そして最後は写真右の「サボン・デ・メンタ・ホワイト」。加熱せずに40日間かけて石鹸素地から作り上げた、和種ハッカ配合の手作り石鹸です。一般的な石鹸に比べて、きめの細かい泡立ちが特徴。ハッカのスーっとした爽快感もありつつ、洗い上がりはしっとりやさしい使い心地なので、こちらもぜひ夏に使いたい一品です。

今後もしばらく残暑が続くようです。みなさんも今回ご紹介したハッカグッズで、体も気分もリフレッシュしてみてください。

<small>左から、ミントクリーム 20g(1,080円)、セル・デ・メンタ 徳用ボトル 450g(1,728円)、サボン・デ・メンタ・ホワイト 80g(1,080円)(すべて税込)</small>

左から、ミントクリーム 20g(1,080円)、セル・デ・メンタ 徳用ボトル 450g(1,728円)、サボン・デ・メンタ・ホワイト 80g(1,080円)(すべて税込)