保存のきくビスケット「ビスコッティ」デザート

2016.02.15 ゲンキレシピ


ビスコッティはイタリアのトスカーナ地方に古くから伝わるお菓子です。二度焼きした硬いビスケットで保存がききます。そのまま食べたり、コーヒーなどの飲み物に漬けたりして食べます。ピーナッツやくるみでも作れます。

○エネルギー:約1,900kcal(全量)
○調理時間:70分

材料(作りやすい量)

薄力粉:120g
ベーキングパウダー:小さじ1/3
アーモンドパウダー:80g
砂糖:80g
卵:1個
バター:40g(室温に戻しておく)
塩:1つまみ
アーモンド(粒):50g
オレンジの皮:1/2個分(あれば)

作り方

(1)薄力粉とベーキングパウダーは合わせて振るっておく。
(2)大きめのボールにアーモンドパウダーと砂糖を入れて、溶き卵を加えて木べらで混ぜ合わせる。
(3)バターと塩も加え、オレンジの皮があればすりおろして加え混ぜる。
(4)(1)を加え、アーモンド(粒)も加えて粉気がなくなるまで混ぜる。
(5)生地をまとめて天板に楕円状に平たく乗せ、180℃のオーブンで15分、その後170℃に下げて10分焼く。
(6)焼き色がついたら取り出し、粗熱が取れたら1.5cm幅に切って、切り口を上にして天板に並べ、160℃のオーブンで20分焼く。