青魚と卵で脳を元気に「オイルサーディンの卵とじ」魚料理

2016.04.04 ゲンキレシピ

缶詰は旬の食材の栄養価を逃さずに閉じ込めた保存も効く便利な食材です。脳の健康には青魚に多く含まれるDHAが有名ですが、卵黄に含まれるコリンも記憶力に関係する神経伝達物質の材料として大切です。DHAとコリンが摂れるメニューで脳を健やかに。

○エネルギー:約230kcal(1人分)
○調理時間:10分

材料(2人分)

オイルサーディン:1缶
卵:2個
ネギ:15cm
しょうゆ:大さじ1/2
酒:大さじ1
粉山椒:適宜

作り方

(1)ネギは外側の部分を白髪ネギにして、残りは薄く斜めに切る。
(2)卵は割って溶いておく。
(3)オイルサーディンは油気を切ってフライパンに入れ、斜めに切ったネギも加えて1~2分焼く。(加熱時は油が飛びやすいので注意する。)
(4)粉山椒をたっぷり振り、火を弱火にしてからしょうゆと酒を加え、溶き卵を回しかけたら蓋をして軽く固まるまで焼く。
(5)器に取り、白髪ネギを飾る。