旬の牡蠣の旨味を味わう「牡蠣のみぞれ煮」魚料理

2016.11.14 ゲンキレシピ


海のミルクとも言われる牡蠣は、良質なたんぱく質、グリコーゲン、ビタミン、鉄分などのミネラルを豊富に含んでいます。旨味成分のグリコーゲンは季節で量が変動し、寒さが厳しくなる12月~2月に多く蓄積されて旨味が増します。

○エネルギー:約80kcal
○調理時間:10分

材料(2人分)

牡蠣:6~8個
絹ごし豆腐:1/2丁
大根:10cm
大根の葉:10cm
だし汁:1カップ
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ1

作り方

(1)大根はおろして、葉の部分は4cmに切りそろえておく。葉がなければ小松菜などの青菜を使う。豆腐は食べやすい大きさに切る。
(2)鍋にだし汁としょうゆ、酒、豆腐、大根の葉を入れて火にかける。
(3)沸騰したら塩水で振り洗いした牡蠣を入れ、ひと煮立ちしたら大根おろしを加える。
(4)再度沸騰したら火から下ろして器に盛る。