春の味を楽しむ「筍ごはん」ごはん・麺

2017.03.27 ゲンキレシピ


山菜や筍などの春の味覚が楽しめる季節になりました。筍ごはんは作り方も簡単なので、この時期に一度は作りたいものです。今回は米の半量をもち米にしましたが、普通米だけでも同じように作れます。筍は生のもの茹でてあく抜きして使っても、市販の水煮を使っても。

○エネルギー:約300kcal
○調理時間:60分(米を浸漬する時間は除く)

材料(2人分)

米:1合
もち米:1合
筍:100g
油揚げ:1枚
水:1カップ
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ1
塩:1つまみ
三つ葉または木の芽:適宜

作り方

(1)米は合わせて研いで、1合の水に漬けておく。
(2)米を浸けている間に筍を煮る。筍は薄切り、油揚げは熱湯で湯抜きして縦半分に切ってから3mm幅に切り、水1カップ、しょうゆ、酒、塩で2~3分煮る。
(3)(2)の煮汁を(1)に加え、2合分の水加減にする。
(4)米を20分漬けたら、米をひと混ぜしてから(2)の具を乗せて普通に炊飯する。
(5)炊き上がり、蒸らし終わったら全体を混ぜる。ごはん茶碗によそり、好みで三つ葉や木の芽を飾る。