おいしく栄養価の高い旬の味を楽しむ「カツオのづけ丼」ごはん・麺

2017.09.04 ゲンキレシピ


今が旬の戻りカツオは脂がのって濃厚な味なので、生で食べるのがおすすめ。カツオは高たんぱくで、ビタミン類、カルシウムが豊富な健康食材です。カツオには血中コレステロール値を低下させ、脳を活性化する働きを持つDHA、血液の流れをよくするEPAも多く含まれています。

○エネルギー:約380kcal
○調理時間:10分

材料(2人分)

カツオ(刺身用):140g
ごはん:茶碗2杯分
貝割れ大根:1/2パック
しょうゆ :大さじ2
酒:大さじ1
ゴマ油: 小さじ1/2
ショウガ :適宜
白ゴマ:適宜

作り方

(1)ボウルにしょうゆ、酒、ゴマ油を入れてたれを作り、薄切りにしたカツオを5分ほどつけこむ。
(2)貝割れ大根は3cmに切りそろえて水につけてパリッとさせる。
(3)ごはんを丼に盛り、上から水気を切った貝割れ大根をのせる。
(4)(1)のカツオを並べるようにのせて、好みでゴマを振ったり、ショウガのすりおろしをそえる。