さわやかな香りと酸味「すだち素麺」ごはん・麺

2018.06.25 ゲンキレシピ


すだちは強い香りと酸味が特徴の香酸柑橘類です。酸味のクエン酸は、不足すると糖質がエネルギーに変換されなくなり、疲労物質である乳酸を作ってしまい、だるさや疲れの原因になります。すだちに含まれるクエン酸は柑橘類の中でも多く、100g中にレモン3g、みかん1gに対し、すだちには4.5gが含まれています。

○エネルギー:約390kcal
○調理時間:10分

材料(2人分)

素麺:200g
すだち:2個
麺つゆ:2人分
かつお節:少々

作り方

(1)鍋にたっぷりの湯を沸かし、その間にすだちを薄い輪切りにする。
(2)素麺をゆでて、ゆで上がったら流水でしっかり洗って冷やす。
(3)水気を切って椀に入れ、静かに麺つゆ(市販のものを使う場合はかけの濃度に水で希釈する)を注ぐ。
(4)すだちの輪切りを乗せ、かつお節を添える。