バックナンバー

メカジキとアサリの野菜蒸し

魚料理で免疫機能を整える

 

○調理時間:10分
○エネルギー:約150kcal
○塩分量:約1.6g(1人分)

青魚に豊富なEPAやDHAは免疫機能に働きかけ、過剰なアレルギー反応を和らげてくれる効果が期待できます。メカジキは青魚が苦手な人でも食べやすい魚。加熱しすぎると硬くなるので、手早く仕上げましょう。加える野菜はお好みのもので構いませんが、予め火を通しておくか、生食できるものがおすすめです。

 

材料(2人分)

メカジキ…2切れ
アサリ…100g (砂抜きしておく)
ニンニク…1かけら
ミニトマト…5~6個
カブ…1個
ブロッコリー…30g
シメジ…1/3株
オリーブ油…小さじ1
塩…少々

 

作り方

(1)シメジは石づきを取ってほぐしておき、野菜は食べやすい大きさに切る。メカジキは塩少々を振っておく。

(2)フライパンにオリーブ油と薄切りにしたニンニクを入れ、香りが出てきたらメカジキを入れる。下にした面が焼けたら裏返して、アサリ、野菜、シメジを入れてフタをして蒸し煮にする。

(3)アサリが開いたらできあがり。

 

<イラストレーション>
木暮雅子

▲ このページのトップへ戻る