バックナンバー

ノロウイルス感染症

お腹の風邪に注意〜ノロウイルス感染症〜




ここ数年、毎年冬になると激しい腹痛や下痢、嘔吐などを主症状とする感染症が大流行しています。
その主な原因は感染力の強いノロウイルスです。流行の一因として、これまでと違った新しい型のウイルスが現れたため、あっというまに感染が広まったといわれています。

感染の主な経路は人から人。あるホテルでは感染した人の吐物の処理が不十分で、じゅうたんに残ったウイルスが乾燥して空気中に浮遊したり、発症した人が使ったトイレの設備に触れたりして感染が拡大しました。
また、生や加熱が不十分なカキなどの二枚貝を食べて感染することもあります。

感染を予防するには、手洗いがいちばんです。帰宅したとき、調理や配膳の前、食事の前、トイレの後は、必ずせっけんと水で洗いましょう。二枚貝などは十分に火を通し調理します。

吐物や下痢便の処理をするときは使い捨てマスク、エプロン、手袋を着用して、確実に取り除き、塩素系の漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)などを使って消毒します。
汚染を受けた衣類やリネンなども同じく塩素系漂白剤で洗ったり、煮沸消毒します。

万一、感染して症状が現れたときは脱水症状にならないように水分をしっかり補給しましょう。症状は一般に2、3日安静にしていれば自然に治まってきます。
ただし、体力の弱い子どもやお年寄りは重症化することがあるので注意が必要です。
なお、ノロウイルスに対する特効薬はなく、抗生物質や下痢止め、吐き気止めなどはかえって回復を遅らせることがあるので、通常は使用しません。
症状が重いときはすみやかに医療機関を受診しましょう。

▲ このページのトップへ戻る