バックナンバー

「大人のニキビ」はなぜできる?

皮脂の過剰分泌が毛穴を塞ぐ




最近、20代以降の人に増えているといわれる“大人のニキビ”。
思春期にできるニキビと医学的には同じ性質のもので、正式には「尋常性痤瘡[じんじょうせいざそう]」と呼ばれます。

皮膚にある無数の毛穴の中に皮脂腺という組織があり、皮脂を分泌しています。皮脂は毛穴を通って皮膚の表面に出てきて汗と混ざり合い、乾燥や外気の刺激から皮膚を守る役割を果たしています。ところが皮脂が必要以上に分泌されると、毛穴が塞がれて膨らんでしまいます。この状態を面皰[めんぽう](コメド)といい、ニキビのでき始めの状態です。
一方、毛穴には皮脂を栄養分にするアクネ菌と呼ばれるニキビの原因となる菌がいます。面皰になるとアクネ菌が増えて、炎症を引き起こす物質を作り、毛穴が刺激され炎症を起こし、赤く腫れたり、化膿してきます。
思春期は性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になるために、どうしてもニキビができやすくなります。それに対して、20代以降の大人のニキビは、多くの場合、脂性[あぶらしょう]などの体質や、化粧によって毛穴が塞がれること、ダイエットによるビタミン不足やストレスによるホルモンバランスの乱れなどが原因になって発症します。また、女性の場合、月経前後にできやすくなります。
ニキビができる場所も思春期と大人では多少異なります。思春期には顔や鼻の周囲など、いわゆる「Tゾーン」にできやすいのですが、大人の場合はあごや口の周囲、首などにできやすく、しかも治りにくいという特徴があります。

日常生活のセルフケアが予防と治療の第一歩

大人のニキビの治療・予防で欠かせないのがセルフケアです。朝や晩、汗をかいたあとなどは石けんで丁寧に洗顔しましょう。洗顔するときは、石けんをよく泡立てて指に力を入れずに、泡を転がすようにして脂分や汚れを落とし、ぬるま湯でしっかり洗い流します。洗顔後は化粧水で皮膚に水分を補い、それでも乾燥する場合は保湿成分などの入った乳液でカバーします。最近は、ニキビを予防する効果のある洗顔料やローションなども市販されています。
ファンデーションは厚く塗ると毛穴を塞いでしまいます。薄く塗るか、ポイントメイクだけにしておきましょう。脂っこい食事やチョコレート、コーヒーなどもニキビを起こしやすくするといわれます。バランスのよい食事を取るようにしましょう。睡眠不足や便秘もニキビを悪化させる原因になるので解消に努めましょう。
こうしたセルフケアで改善されない場合や症状がひどいときは医療機関にかかりましょう。医療機関では、炎症を抑えたり皮膚を殺菌するなど、さまざまな種類の薬を用い治療を行います。また、治りにくいニキビなどは、医療機関によっては化学薬品で表皮を浅くはがすケミカルピーリングという方法を行っているところもあります。なお、ケミカルピーリングは健康保険が適用されないので自己負担となります。

▲ このページのトップへ戻る