バックナンバー

薬の買い方、何が変わるの?

改正薬事法の施行により、今年6月1日からOTC医薬品(一般用医薬品)の販売方法が変わりました。
OTC医薬品とは、自分で選んで買う市販薬で、医師の処方せんがなくても手に入れることができる薬です。

リスクの程度に応じてOTC医薬品は3グループに分かれます

OTC医薬品は、医師が処方する薬に比べ効きめがマイルドで、比較的副作用は少ないのですが、飲む量や飲み方などを間違うと健康被害が起こる可能性もあります。また、正しく使っていても副作用が起こる場合があります。今回の薬事法改正により、消費者がOTC医薬品を十分理解して購入し、正しく安全に使うために、OTC医薬品を副作用などリスクの程度に応じて次の3つのグループに分類し、分類ごとに専門家が適切に情報提供し相談対応を行うことになりました。

◎ OTC医薬品のリスク分類

(どの分類に属するかは外箱に記載されていきます)

【第1類医薬品】
リスク:特に高い(OTC医薬品としての使用経験が少ないものや、安全性上特に注意を要する成分を含むもの)
(例):H2ブロッカー含有薬、一部の毛髪用薬など
対応する専門家:薬剤師
情報提供:文書での情報提供(義務)
相談対応:義務

【第2類医薬品】
リスク:比較的高い(まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの)
*第2類医薬品のうち、特に注意を要するものは指定第2類医薬品となります。
(例):主な風邪薬、解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛鎮けい薬など
対応する専門家:薬剤師または登録販売者
情報提供:努力義務
相談対応:義務

【第3類医薬品】
リスク:比較的低い(日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が起きる可能性がある成分を含むもの)
(例):ビタミンB・C含有製剤、主な整腸薬、消化薬など
対応する専門家:薬剤師または登録販売者
情報提供:規定なし
相談対応:義務

新たに登録販売者の制度がつくられました

今回の改正では登録販売者制度が新たに設けられました。薬剤師が国家資格であるのに対し、登録販売者は都道府県による資質確認試験に合格し登録を受けた専門家で、リスクの高い第1類医薬品以外の第2類、第3類医薬品を対応します。

リスクの程度に応じた情報提供や陳列が行われます

今回の改正でもう一つ大きく変わった点は、リスクの程度に応じて情報提供や陳列をしなくてはならないと規定されたことです。第1類医薬品はカウンターの内側など消費者が直接手に取れない場所に陳列し、販売の際は薬剤師が手渡して、使い方や副作用などについて文書で説明しなければなりません。第2類医薬品と第3類医薬品は消費者は店頭で自由に手にすることができ、相談には薬剤師または登録販売者が対応します。そして、説明については、第2類医薬品は薬剤師または登録販売者によって行うことが努力義務となりました。また、インターネットなどの通信販売で購入できるのは、検討会は継続中ですが、今回の改正で第3類医薬品のみになりました。
最近、自分で自分の健康を守るセルフメディケーションが大事といわれています。風邪をひいたときなどにOTC医薬品で早めに対処するのもセルフメディケーションの一つです。OTC医薬品に限らず、薬を安全に正しく使用するために、わからないことや気になることがあるときは薬剤師などの専門家に積極的に相談しましょう。

▲ このページのトップへ戻る