バックナンバー

しつこい「頭痛」は、なぜ起こる?

日本人の多くが悩まされているという頭痛。
非常にポピュラーな症状のためか、「体質だから仕方がない」とあきらめている人も多いようです。
しかし、適切な対策を取れば症状を和らげることは可能です。

頭痛のタイプを知って対処

頭痛は大きく2つのタイプに分けられます。1つは、くも膜下出血や脳腫瘍、髄膜炎といった病気の前兆や症状として起こる「症候性頭痛」で、命にもかかわる場合があります。突然起こる激しい頭痛や発熱を伴う強い頭痛などは、危険な症状ですから、早急に医療機関を受診することがすすめられます。もう1つは、特に原因となる病気が見つからないのに、長い間繰り返し起こる「慢性頭痛」で、頭痛の大半はこのタイプといわれています。
慢性頭痛の代表が「緊張型頭痛」と「片頭痛」です。緊張型頭痛は後頭部から首のあたりがコチコチにこって、頭全体が締めつけられるように痛むのが特徴です。一方、片頭痛は、頭の片側(まれに両側のことも)がズキンズキンと脈打つように痛みます。ときには吐き気がしたり、光や音に過敏になったり、下痢、腹痛などを伴うことがあります。慢性頭痛の場合、「緊張型頭痛」と「片頭痛」をあわせもつ人も見られます。
ほかに慢性頭痛としては、数は少ないものの「群発頭痛」があります。目の奥が激しく痛み、一定期間、集中的に起こります。

回数が増えたり、痛みの強くなるときは受診を

慢性頭痛の誘因にはさまざまなものがあります。自分の頭痛がどんなときに起こりやすいかを記録に残すとよいでしょう。記録したものは受診時に持参しましょう。診断に役立ちます。ここでは、緊張型頭痛と片頭痛の対応と予防をご紹介しましょう。

【緊張型頭痛】
主には身体的・精神的ストレスが原因となって、肩や首の筋肉が緊張して起こります。したがって、これらのストレス解消に努めることが大切です。普段から正しい姿勢を保ち、長時間同じ姿勢を取り続けないようにしましょう。肩を上下させたり、首を回転させたりして筋肉の緊張をほぐすのも効果的です。ぬるめの湯での半身浴は血行をよくし、頭痛を起こりにくくします。

【片頭痛】
脳や頭の血管が拡張し、炎症が起こって痛みが生じるのではないかといわれていますが、原因はまだはっきりしません。治療の中心は薬物療法で、最近は効果の高い薬が出ています。痛みが起きている間は、暗い静かな部屋で横になると楽になるようです。また、こめかみを押さえたり、冷やしたりするのも効果的です。

なお、頭痛の回数が増えたり、痛みが強まったり、あるいは市販薬では改善されないといった場合は神経内科などを受診するようにしましょう。

▲ このページのトップへ戻る