バックナンバー

家にいるのに熱中症になる?

暑さが増すこれからの季節、特に気をつけたいのが「熱中症」です。8月の真夏に起こる印象がありますが、実は梅雨の合間に突然気温が上昇した日や梅雨明け直後など、体がまだ暑さに慣れていないときにも多く発症しています。特にお年寄りは、注意が必要です。

お年寄りは室内に注意!?

私たちの体は36~37℃の体温で、最も効率よく働くことができます。暑くなって体温が上がり始めると、末梢の血管を広げたり、汗を多く出したりして、体内の熱を外に逃がして体温を下げようとします。ところが、体内の水分が不足して発汗量が少なくなり、この体内の熱の放散が十分にできなくなると、体温が著しく上昇し、さまざまな障害を起こします。これが「熱中症」です。
その障害の程度が軽いときは、立ちくらみ、筋肉痛、筋肉のこわばりといった症状が現れます。もっと重くなると頭痛や吐き気、倦怠感などが、さらに重症になると意識がなくなったり、もうろうとしてきます。最悪のケースでは生命に危険が及ぶこともあります。
熱中症は炎天下で運動をしたときに起こる症状、というイメージが強いのですが、そうとは限りません。確かに若い人は運動時に発症することが多いのですが、お年寄りの場合は自宅での発症が最も多いことがわかっています。お年寄りはもともと、体温調節や発汗機能が低下していたり、暑さやのどの渇きを感じ取る力が落ちているために、身体的に熱中症にかかりやすいといえます。それに加えて、嫌いだからとエアコンをつけずに窓を閉め切って寝たり、トイレが近くなるからと水分をあまりとらなかったりする人が多いことも、お年寄りの自宅での熱中症発症の要因といわれます。家族や周囲の人は注意してあげるとよいでしょう。

 

汗は知らず知らずに出ています

熱中症にかかったときは、涼しい場所に移動し、体を冷やすのが基本です。さらに、衣服を脱がせたりゆるめたりして、体から熱を放散させましょう。うちわや扇風機で風を送って体を冷やしたり、冷水や氷などで首筋、脇の下、足の付け根など太い血管が皮膚の表面を通っている部分を冷やすのも有効です。経口補水液※やスポーツドリンク、食塩水(1リットルに1~2gの食塩)などで水分と塩分を補給することも大切です。ただし、意識がない場合や吐き気やおう吐がある場合は、水分が気道に流れ込む危険性があるので無理に飲ませないで、すぐに医療機関に連絡し指示を仰いでください。
熱中症を予防するには、こまめな水分摂取が欠かせません。特にお年寄りは意識して水分をとる習慣をつけるようにしましょう。水分はお茶やスポーツドリンクなどが適しています。ビールなどのアルコールは利尿作用があるので尿量を多くし、結果として水分を補給したことにはなりません。
室内では温度、湿度、通気などに注意し、高温多湿にならないようにエアコンや扇風機を上手に利用しましょう。外出するときは日陰を歩いたり、日傘や帽子を利用するとよいでしょう。紫外線対策にもなります。服装は、汗をよく吸って乾きやすい素材のものがおすすめです。

※水分がすみやかに吸収されるよう塩分と糖分をバランス良く配合した水。脱水 状態からの回復に適しているといわれています。

▲ このページのトップへ戻る