バックナンバー

薬局の上手な利用法とは?

「薬局は単にお薬を出すところ」と思っていませんか。
薬局が行っていること、あるいはできることは、実はそれだけではありません。
薬局はいわば“地域の健康ステーション”。
もっと上手に利用して、お薬の安心・安全な使用に役立てませんか。

飲み合わせやお薬の重複をチェック

外科で処方された止血剤がまったく効かないと思っていたら、内科で出された血液凝固抑制剤を一緒に飲んでいた。整形外科で処方されたひざの痛み止めと内科で処方された喉の痛みを和らげるお薬に同じ成分が含まれていて、作用が強く出すぎた──このように、病気の治療のために使ったお薬どうしが、互いに影響し合って相互作用を起こしたり、お薬が重複すると思わぬ症状が現れることがあります。
こうした危険を避けるために、複数のお薬を使っている場合は、ぜひその情報を薬剤師に伝えてください。薬剤師が相互作用の危険はないか、重複していないかをチェックします。なお、相互作用は、お薬とお薬だけでなく、お薬と食べ物・飲み物、お薬とサプリメント、処方薬(医師が処方するお薬)と市販薬(薬局などで買うお薬)などでも起こることがあります。サプリメントや市販薬を使うときも問題はないか、薬剤師に確認しましょう。

「おくすり手帳」をもっと活用しましょう

医療機関で新しいお薬が処方されるとき、医師や薬剤師から「これまでにお薬でアレルギーが出たことがありますか?」などと問われます。出たことがある場合、それがいつ、どんなお薬を、どのくらいの量飲んで、どんな症状だったのか、正確に答えるのは難しいものです。そのときに重宝するのが、「おくすり手帳」です。
おくすり手帳には、ご自分の生年月日や連絡先などの基本情報をはじめ、受診歴や既往歴、アレルギーの有無やお薬の服用歴、調剤日・薬剤名・用法・用量などを書く欄がコンパクトにまとめられています。お薬を処方されるたびに記入していけば、お薬に関する情報が蓄積されることになります。
おくすり手帳は、薬局で希望すれば作ってもらえます。薬局に行く際におくすり手帳を持参し、薬剤師にご提示ください。相互作用や重複投与(お薬が重複すること)などの防止、副作用の早期発見に役立ちます。
そして、おくすり手帳は、病院や薬局ごとに分けずに1冊にまとめることをおすすめします。それにより、過去から現在まで服用してきたお薬の内容、経過がご自身だけでなく、病院や薬局にとっても分かりやすくなり、より良い治療が受けられます。

「かかりつけ薬局」で気軽にお薬相談

「お薬が大きすぎて飲みにくい」「飲み忘れてしまうのだけどいい方法はないかしら」「粉薬は苦手」など、ささいなことでも結構です。薬剤師にご相談ください。患者さまに安全なお薬を安心して服用していただけるようアドバイスいたします。そのためにも、処方歴や副作用などを把握していて、気軽に相談できる「かかりつけ薬局」を持つことをおすすめいたします。

 

[処方せんの有効期限にご注意ください]
処方せんは、交付された日を含めて4日以内(土日祝含む)に薬局にお持ちください。有効期限が過ぎた場合は、原則、処方せんの再発行が必要になります。

▲ このページのトップへ戻る