バックナンバー

「関節リウマチ」ってどんな病気?

「関節リウマチ」は、全身の関節に炎症が起こり、関節が壊れていく病気です。初期は気づきにくいのですが、放っておくと関節の破壊はますます広がり、関節が変形してしまいます。発症のサインを知って、早期発見、早期治療に努めましょう。

関節に炎症が起こり、骨が破壊される

関節リウマチというと高齢者の病気というイメージがありますが、実は発症年齢がもっとも高いのは30~50歳代。しかも、圧倒的に男性よりも女性に多い病気です。明確な理由はわかっていませんが、発症に女性ホルモンが影響しているからだと考えられています。

体には細菌やウイルスなどの外敵から身を守る免疫システムがあります。何らかの原因で免疫システムに異常が起こると、自分の体の組織を敵と見なし、攻撃することがあります。これを自己免疫疾患といい、関節リウマチでも同様のことが見られます。

関節リウマチでは、関節を包む「滑膜(かつまく)」が攻撃の的になり、炎症が生じます。滑膜は炎症のために増殖して、やがて軟骨や骨に入り込み、それらを破壊していきます。こうなると関節が変形を起こし、さらに進行すると関節そのものが動かなくなり、ついには寝たきりになるケースもあります。

関節が変形してしまうと、元の状態に戻すことが難しくなります。したがって、関節の変形が起こる前に、早期発見し、早期治療をすることが非常に重要になります。

朝のこわばりや関節の腫れなどの症状に注意

早期発見するには、発症のサインを見落とさないことが大切です。初期によく見られ、しかも関節リウマチの特徴的な症状として、朝の起床時に手の指の関節がこわばり、手を開いたり閉じたりしにくくなったり、体を動かしにくくなるなどの「朝のこわばり」があります。こわばりはほとんど毎日起こり、それも30分~1時間程度続きます。また、指の関節(特に第2関節、第3関節)や付け根、手首などに腫れや痛みが起こります。腫れた場所を押すと、弾力のあるゴムまりのような感触があり、しかも体の左右対称に現れることが多いのが特徴です。37℃程度の微熱やだるさなどの風邪に似た症状が2週間以上続くこともあります。これらの症状が1つでもあるときは、できるだけ早くかかりつけ医あるいはリウマチ専門医のいる医療機関を受診しましょう。

関節リウマチの治療は、薬物療法が中心となります。最近は、症状を抑えるだけでなく、関節破壊の進行を防ぐお薬が開発されるなど、薬物療法の効果は以前に比べると格段に高まっています。関節リウマチと診断された場合には、医師とよく相談をし、きちんと治療を受け、病気のコントロールに努めることが大切です。

▲ このページのトップへ戻る