バックナンバー

「あせも」を予防するには

夏に起こりやすい皮膚病の1つに「あせも」があります。子どもによくみられますが、汗を多くかく今の時期は、大人も油断はできません。日常生活のちょっとした注意で予防は可能です。

 

よくみられる紅色汗疹(こうしょくかんしん)。赤い水疱とかゆみが特徴

あせもは、医学的には「汗疹(かんしん)」といいます。この言葉からわかるように、あせもの発症と大きくかかわっているのが“汗”です。
私たちの皮膚には約200万個のエクリン汗腺があり、暑いときには、ここから汗を出して体温を調節しています。ところが汗をかいたまま放っておいたりすると、アカやホコリが汗腺の出口に詰まってしまうことがあります。すると汗が体外に出ることができず、汗腺にたまって炎症を起こします。これがあせもです。
あせもがよくできるのは、髪の毛の生え際やひじの内側、首筋、脇の下、ももの内側など、皮膚と皮膚が接触する部分です。あせもは一般に大人よりも子どもに多くみられるのも特徴です。大人と子どものエクリン汗腺の数は一緒。しかし、子どもは体が小さいためエクリン汗腺の密度が高く、しかも新陳代謝が盛んでたくさんの汗をかくので、どうしても汗がたまりやすいのです。ただ大人でも、太っていたり、高温多湿の環境下で仕事をしていたりすると、あせもができやすくなります。
あせもには、大きく2つのタイプがあります。1つは一般に“白いあせも”といわれる水晶様汗疹です。初期のあせもで、まだ炎症が起こっていない状態で小さくて透明な水疱ができます。この段階で汗を拭くなど適切な対処をすれば数日で自然に治ります。
もう1つは紅色汗疹(こうしょくかんしん)です。水晶様汗疹がひどくなった状態で、炎症が起こり、赤いブツブツができ、チクチクと痛がゆくなります。普通あせもと呼ぶのは紅色汗疹で、かゆみを伴うため、時にはかき過ぎて傷から細菌が入り、伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)<とびひ>を引き起こすこともあります。
あせもは、軽症であれば皮膚を清潔にし、市販の軟膏などで治療します。症状によりかゆみを抑える抗ヒスタミン剤や抗炎症剤を配合しているお薬があるので、薬局で相談しましょう。何日たっても治らなかったり、炎症やかゆみの強いときは皮膚科を受診しましょう。


あせも予防の基本は清潔にすること

あせもを予防するために、汗をかいたら蒸しタオルや冷たいタオルで拭き取ったり、シャワーで洗い流したりしましょう。入浴時は、石鹸を使って、首筋や脇の下など皮膚がこすれやすいところを念入りに洗います。木綿など吸湿性の優れた素材の肌着を着て、汗をかいたらこまめに着替えましょう。
部屋の環境にも注意が必要です。エアコンや除湿器を上手に使って、室温や湿度を調節しましょう。意外に見落としがちなのが寝具。寝ている間もコップ1杯の汗をかくといわれます。吸湿性のよいシーツや汗取りパッドなどを使用するとよいでしょう。
ベビーパウダーを使うときは、手でこすり合わせて、軽くなでるようにつけます。あせもができているときはつけ過ぎると汗腺を詰まらせてしまい、かえって逆効果になることがあるので、注意しましょう。

 

 

<参考文献>
書籍:
『きょうの健康』2005年7月号(日本放送出版協会)
『家庭の医学第6版』(保健同人社)
『メディファイル44号』(デアゴスティーニ)
Webサイト:
ライオン「お肌の悩み.com」 http://www.hadanayami119.com/
メルクマニュアル家庭版 http://merckmanual.jp/mmhe2j/index.html
テルモ「なるほど! ドクターコラム」 http://kenkotenki.jp/contents/column/newspaper/

▲ このページのトップへ戻る