バックナンバー

トクホってどういう意味?

「体に脂肪がつきにくい」などと具体的な健康効果をうたう食品をよく見かけます。通称「トクホ」と呼ばれる特定保健用食品です。このトクホ、いったいどんなものなのでしょうか。


有効性と安全性が認められた食品

健康食品のうち、一定の条件を満たした食品を「保健機能食品」と表示することを国が認める制度があります。その制度では、食品は一般食品(“いわゆる健康食品”も含む)と保健機能食品とに分けられます。保健機能食品は健康を保つことを目的に作られ、科学的な根拠に基づいて、国が定めた条件を満たす食品です。
トクホは保健機能食品に含まれ、製品ごとに臨床試験が行われ、有効性と安全性の審査を受け、国が認めた“食品”です。トクホに認可されると、人が背伸びをしているマークとともに、含まれる関与成分によって「お腹の調子を整える」「コレステロールが高めの方に」など保健の効果を表示することができます。2011年7月28日現在、955品目がトクホに認められています。


健康の維持・向上のための利用が適しています

トクホは医薬品ではなく、あくまでも食品です。したがって、病気を治療するためのものではありません。では、どういった人が利用するとよいのでしょうか。例えば、「高血圧症とまではいえないけれど血圧がちょっと高めで気になっている」「健康診断で血糖値がやや高めと指摘された」といった健康と病気の中間にいる“半健康”的な人や、普段の食生活に不安を感じている人が健康の維持・向上のために利用するのに適しています。
摂取する量ですが、多く体内に摂り入れたからといって効果が増すわけではありません。逆に、例えばお腹の調子を整える食品を一度にたくさん摂り過ぎるとお腹がゆるくなるなど、望まない作用が起きることがあります。利用する際には製品に記載されている注意事項などを読み、摂取量や摂取方法を守りましょう。


お薬を処方されている方は医師や薬剤師に相談を

お薬の中には食べ物との相性が悪いものがあるように、トクホの関与成分がお薬の効果に影響を与えるものがあります。病気治療中でお薬を処方されている人は、トクホを利用する前に医師や薬剤師にご相談ください。また、どういうトクホを利用するのが適しているかなど、わからないことがある方も遠慮なく薬剤師におたずねください。
食生活の基本は日ごろの食事にあることはいうまでもありません。三食規則正しく、かつ栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。そのうえで、正しくトクホを利用することで、一定の効果が期待できます。

 

 

<参考文献>
書籍:
『都薬雑誌』Vol.28 No.3・4・5「保健機能食品についてご存知ですか? Vol.1・2・3」(小澤康子)(東京都薬剤師会)
『きょうの健康』2005年4月号「サプリメント」(NHK出版)
『健康食品の基礎知識』((独)国立健康・栄養研究所情報センター 健康食品情報プロジェクト)

▲ このページのトップへ戻る