バックナンバー

胃腸薬を正しく選ぶには?

パーティーや忘年会などが多いこの時期、食べ過ぎや飲み過ぎで、胃腸の不快な症状に見舞われることも。そんなときに役に立つのが胃腸薬。市販の胃腸薬は種類が多いので、上手な選び方を知っておきましょう。


症状によって適した胃腸薬が異なります

胃の調子がよくないという場合、その原因は大きく2つに分けられます。1つは、胃の働きが過剰になって胃酸が多く分泌されている場合で、胃痛や胸やけ、むかつきなどの症状が現れます。このときは、胃酸の分泌を抑えるお薬が適しています。このタイプのお薬には、胃酸を中和する制酸剤、粘膜保護剤、胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーなどがあります。もう1つは、胃の働きが弱って消化不良を起こす場合です。症状としては、胃がもたれたり、胸がつかえるような感じになります。これらの症状には、胃の働きを高め、胃酸の分泌を促す消化剤や健胃剤・胃腸機能調整剤、整腸剤などを用います。
このように同じ胃腸薬でも、胃の働きを助けるタイプのお薬と胃酸の分泌を抑えるタイプのお薬では、作用は逆です。例えば胃酸過多が原因のときに消化剤を飲むと、胃酸の分泌がますます進み、症状は悪化してしまう可能性があります。このようなことを避けるためには、自分の症状に合った胃腸薬を選ぶことが大切です。


症状などをできるだけ詳しく伝えましょう

胃腸の具合の悪さは、発熱のように体温などの数字で示すことができません。しかも、胃がもたれる、胸やけがするという表現も漠然としています。薬局・薬店で胃腸薬を買い求める際には、胃がキリキリと痛む、げっぷが出る、お腹の右上が痛むというように、できるだけ具体的に症状を伝えるとよいでしょう。症状が起こるのは食後なのか空腹時なのか、症状が始まったのはいつごろかなどの情報も重要です。


ほかのお薬を飲んでいる方は必ず相談を

治療中の病気や服用中のお薬があるときや、アレルギーの有無なども忘れずに伝えましょう。お薬を服用する前には説明書を必ず読み、使用上の注意を守るようにしてください。特にH2ブロッカーはもともと医療用のお薬だったため、一般の市販薬よりも効果が高い分、副作用や相互作用に、より注意が必要です。
市販薬を服用しても症状が改善しなかったり、悪化がみられたり、症状はよくなるけれど再発を繰り返すといった場合には医療機関を受診して、胃腸の不調の原因を調べてもらいましょう。

▲ このページのトップへ戻る