バックナンバー

お薬の名前を記録するのはなぜ?

初めての診療科や医療機関を受診したとき、医師や薬剤師に「今飲んでいるお薬は何というお薬ですか?」と聞かれて「うーん」と答えに詰まった経験はありませんか。


お薬の重複や相互作用の危険を避けるために

そもそもなぜ医師や薬剤師は、今飲んでいるお薬について質問するのでしょうか。その大きな目的はお薬の重複投与や相互作用を避けるためです。例えば、腰や膝が痛いと整形外科に通院して鎮痛薬をもらっている人が、風邪をひいて喉が痛いと内科を受診して鎮痛薬をもらったとしたら、同じ作用のお薬が二重に処方されることになります。そのため、過剰投与となって思わぬ副作用が起きる危険性があります。
鎮痛薬と鎮痛薬といった同じ種類のお薬の組み合わせだけでなく、鎮痛薬と糖尿病薬といった違う種類のお薬同士でも、作用が強まったり、逆に効き目を弱めたりすることがあります。医師や薬剤師は今飲んでいるお薬の名前を知ることで、こうした相互作用が起こりにくいお薬を選ぶことができます。


お薬の名前を記録しましょう

医師や薬剤師は今飲んでいる薬名だけでなく、これまで副作用が起きたお薬がないかも質問します。これも、かつて副作用が起きたお薬と同じものを処方しないようにするためです。
こうした質問にすぐに答えられればよいですが、お薬の名前を正しく記憶するのは難しいもの。そこでおすすめなのが“お薬の記録”を残しておくことです。最小限、記録しておきたい内容は、かかった病気とそのときに使用したお薬、副作用や薬物アレルギーがあったかどうかです。処方薬だけでなく、一般用医薬品やサプリメントなどについても書き留めましょう。


非常時にも役立ちます

記録するものは大学ノートでも手作りノートでも基本的には何でもよいのですが、薬局で用意している“おくすり手帳”なら「受診記録」「お薬の記録」「副作用歴」などの項目がすでに載っているのでとても便利。病院ごとや薬局ごとの記録ではなく、1冊にまとめます。
もうひとつ大事なポイントは、医師や薬剤師に聞かれたときに記録したものをその場で提示できるように、受診するときには必ず持参することです。旅行先で病気になったときや災害時に避難したとき、救急のときなどでも、自分のお薬の情報を正確に伝えられるように、常に携帯しておくと安心です。

▲ このページのトップへ戻る