バックナンバー

白内障ってどんな病気?

40~50歳代から増え始め、80歳ではほぼ全員に見られる目の病気が「白内障」です。その症状と対処法を知っておきましょう。


加齢などによって水晶体が白く濁る病気

目をカメラにたとえると、レンズに当たるのが水晶体です。本来透明なはずの水晶体に濁りが生じて、フィルムに相当する網膜に鮮明な像を描けなくなった状態が「白内障」です。
白内障の原因はさまざまですが、もっとも多いのが加齢です。そのほか、糖尿病やアトピー性皮膚炎の合併症として起きたり、目を強く打つなどの外傷で発症することもあります。また、生まれつき水晶体が濁っていることもあります。


主な症状は目のかすみや視力の低下

白内障でもっとも多く見られる症状は“目のかすみ”です。目の前に霧がかかったようになり、物がかすんで見えたり、ぼやけて見えたりします。また、視力が低下し、新聞などの小さな文字がだんだん見えにくくなります。この場合、眼鏡をかけても見えにくさは変わりません。水晶体が濁ると、目に入って来た光が散乱するため、以前よりも光をまぶしく感じるようになり、明るいところでは物が見えにくくなります。
白内障は両目に起こりますが、発症時期が左右の目で異なることがあります。片方の目を閉じて化粧をしたり、作業をしたりするときに気づくことがあります。


手術のタイミングは日常生活に不便を感じたとき

白内障かどうかは、眼科を受診し、検査を受ければすぐにわかります。白内障と診断されても特に日常生活に支障がなければ、定期的な検査で経過をみてもよいでしょう。点眼薬が処方されることもありますが、進行予防を目的としており、水晶体の濁りを除くものではないので、日常生活で不便だと感じることが多くなったら、手術を検討することがすすめられます。
手術では、濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入します。局所麻酔を行うので痛みはなく、15~20分程度で終了します。身体への負担が比較的少ないため、日帰り手術も可能です。
白内障に関して、この時期、特に注意したいのが紫外線です。紫外線が水晶体に影響を及ぼすことが知られています。外出する際には、サングラスや帽子などで紫外線をカットする工夫をしましょう。ただし白内障の主な原因は加齢なので、紫外線カットで白内障を予防できるわけではありません。

▲ このページのトップへ戻る