バックナンバー

「目」の健康を保つには?

最近は、テレビやパソコンなどの画面を長く見つめることが多くなり、目を酷使している状態。それでなくても目の機能は加齢とともに落ちてきます。10月10日は目の愛護デー。目の健康を考えてみませんか。


霧がかかったように見えるときは、白内障かも

目の老化によって起こる代表的な病気の1つに「白内障」があります。カメラのレンズにあたる水晶体が白く濁って、“すりガラス”のようになってしまう病気です。
白内障の症状でもっともよくみられるのが目のかすみで、「霧がかかったよう」と表現する人もいます。そのほか、明るいところや日光が強くさしている場所に出たりすると、まぶしさを強く感じたり、新聞などの小さな字が読みにくくなることもあります。
治療は、初期の場合は、進行を遅らせることを目的に、点眼薬が用いられます。ある程度進行した白内障には手術が有効です。目の手術というと怖いイメージがありますが、白内障の手術は近年非常に進歩し、安全性の高いものとなっています。


放置すると失明のおそれがある緑内障

徐々に視野が欠けてくる、中高年に多い目の病気が「緑内障」です。この病気の怖いところは、放置すると失明するおそれがあることです。実際、視力のある人が失明する(中途失明)原因の第1位になっています。
緑内障は眼圧の上昇などが原因で視神経が障害されることで起こります。いったん障害された視神経は元に戻せません。しかし、眼圧を下げることで、ほとんどの緑内障は進行を抑えることができます。


ドライアイやコンタクトレンズのトラブルも増加中

目がショボショボする、目が疲れるといったときにはドライアイが疑われます。ドライアイとは文字通り、目の表面が乾いてさまざまな症状が出る病気です。基本的には点眼薬で治療します。
最近増えているのがコンタクトレンズによるトラブルです。その原因の多くは不衛生なレンズの管理です。レンズケアは決して手を抜かず、正しい方法で毎日行いましょう。
目の病気の中には進行しないと自覚症状が現れないものがあります。早期発見するために、1~2年に一度は眼科で検査してもらうとよいでしょう。最近は眼科ドックを行っている医療機関も増えています。

▲ このページのトップへ戻る