バックナンバー

正しい歯磨き、してますか。

毎日歯磨きしているのに歯周病やむし歯になる、という人の多くは、実はきちんと磨けていません。部屋の真ん中だけを一生懸命に掃除しても、隅にはゴミがたまってしまうようなもの。いつまでも自分の歯で美味しく食事をするためにも、正しく歯を磨きましょう。


プラークを取り除くことがポイント

歯周病やむし歯の原因はプラーク(歯垢)です。
プラークとは、細菌同士が寄り集まってスクラムを組んだ状態になり、何かにへばりついているバイオフィルムの一種です。流しの排水口を掃除しないで放っておくとヌルヌルしてきますが、これもバイオフィルムです。このヌルヌルをたわしなどでゴシゴシ取り除くように、口の中にできるプラークも歯ブラシなどを使って取り除くことが歯周病やむし歯の予防に有効です。


口腔ケア用品を上手に使おう

歯ぐきに近いところや歯と歯の間は歯ブラシでは届きにくいので、意識して歯ブラシを当てましょう。普通の歯ブラシでは歯間を上手に磨けない場合は、デンタルフロスや歯間ブラシを利用するとよいでしょう。
以前は、歯磨き剤に含まれる清涼成分でつい磨けた気分になってしまうなどの理由から、歯磨き剤はあまりつけないほうがよいといわれていたことがありました。しかし、最近多く見かけるフッ素化合物(フッ素)などの薬用成分が配合されている歯磨き剤は、適量つけたほうがよいといわれています。なお、薬用成分が配合された歯磨き剤は「医薬部外品」と表示されています。
洗口剤は口の中の細菌を減少させますが、ゼロにできるわけではありません。よく歯磨きをしてプラークを取り除いたあとに使用しましょう。


定期的にプロフェッショナルケアを受けよう

毎日ちゃんと洗剤で洗っていても、湯のみにはどうしても茶渋がつきます。それと同じように毎日歯磨きをしていても、バイオフィルムを完全に除去することは難しく、少しずつ溜まってしまいます。湯のみについた茶渋は漂白剤などできれいにしますが、これに相当するのが歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアです。
定期的に歯科健診を受けていれば、むし歯や歯周病を早期発見することもできますし、正しい歯磨き法も教えてくれます。少なくとも4〜6カ月に1度は受けましょう。

▲ このページのトップへ戻る