バックナンバー

夏の皮膚トラブルの原因は「汗」と「乾燥」です

この時期は高温多湿による「汗」と、夏特有の環境による「隠れ乾燥」がさまざまな皮膚トラブルの原因となります。 夏は「清潔」と「保湿」を意識して皮膚の健康のための対策を行いましょう。


 

 

 

汗や汚れをこまめに洗浄

汗は体温の調節や皮膚の保湿、皮膚を弱酸性に保つなど、健康維持のために重要な働きをしています。一方で汗をかいたまま放置すると、汚れやすく雑菌が繁殖しやすくなったり、皮膚の塩分濃度が上がって刺激になったりすることも。皮膚を清潔に保つためのポイントは、汗をかいたらすぐにやわらかい布や濡れタオルなどで押さえるように拭き取り、毎日きちんと体を洗うこと。洗う機会の増えるこの季節には、皮膚への負担が少ない低刺激の石鹸がおすすめです。泡立てネットなどを活用してしっかりと泡立ててから、ごしごしこすらず泡で洗うように心がけましょう。

夏の隠れ乾燥は毎日ケア

汗で気付きにくいのですが、夏特有の「隠れ乾燥」をしていることが多くあります。1日の大半を冷房の効いた低湿度の環境で過ごすことや、強い紫外線を浴びることで皮膚は乾燥し、バリア機能が低下しやすくなります。そのため、重要なのは入浴・洗浄後や、乾燥を感じたときに、1日何度でも、夏だからと気を抜かずにきちんと保湿・保護すること。乾燥しやすい箇所を知るとケアしやすくなります。露出して紫外線を受けやすい頭部、顔、手、足は特に気を付けましょう。保湿・保護剤は、手のひらで皮膚のきめに沿ってやさしく押さえるように塗ると効果的です。

 

▲ このページのトップへ戻る