バックナンバー

夏を乗り切る栄養レシピ1

そうめんのトッピングに『ピリ辛肉みそ』

○調理時間20分 ○エネルギー1人分260kcal
ビタミンB1を含む豚肉と、ビタミンB1の消化吸収を促進する玉ネギで作る肉みそ。夏の定番料理、そうめんやごはん、サラダなどにトッピングして使えるので、作っておくと便利です。
※板醤の辛味が食欲をそそります。辛さの加減はお好みで。

■材料(4人分)
・豚ひき肉…200g
・玉ねぎ…1/4個(75g)
・しょうが…10g
・豆板醤…小さじ1/2
▼A
・みそ…50g
・しょうゆ…大さじ1/2
・砂糖…大さじ1
・水…50ml

■作り方
(1)玉ネギとしょうがはみじん切りにする。Aは混ぜ合わせておく。
(2)フライパンに豚ひき肉を入れ、泡だて器でほぐすように炒める。火が通ってきたら豆板醤、玉ネギ、しょうがを加えて5分ほど炒める。
(3)Aを加え、時々混ぜながら水分が飛ぶまで炒めてできあがり。

だし寒天がポイント『トマトといんげんのおひたし』

○調理時間10分(冷やし固める時間は除きます) ○エネルギー1人分76kcal
野菜に、食物繊維が豊富な寒天で固めただしをかけるだけの手軽な一品。ゼリー状のだしは、夏にぴったりの食感で、食もすすみます。他の野菜や、シーチキン、ササミなどいろいろな食材でお試しください。
※天然のだしは、うまみが多く満足感が得られるので、ダイエット中にもおすすめ。ぜひ作り置きしておきましょう。

■材料(2人分)
・ミディトマト…2個
・いんげん…6本
・豆腐…1/2丁
・粉寒天…1g
・だし汁…150ml
・しょうゆ…大さじ1/2
・塩…1つまみ
・かつお節…少々

■作り方
(1)だし汁にしょうゆ、塩を加え、粉寒天を加えて煮溶かす。粗熱が取れたら密閉容器などに入れて冷蔵庫で冷やし固める。
(2)鍋に湯を沸かし、4cm幅に切ったいんげんを茹で、同じ湯でトマトを湯むきし、冷蔵庫で冷やしておく。豆腐は食べやすい大きさに切る。
(3)器に(2)を盛り、上から(1)をかけ、かつお節を飾る。

▲ このページのトップへ戻る