バックナンバー

きのこと鶏肉のワイン煮

コレステロール対策には食物繊維

○調理時間:15分 ○エネルギー:150kcal
旬のきのこは、低エネルギーで食物繊維が豊富。食物繊維には血中のコレステロールを減らす作用が期待できるので、気になる方は積極的に取り入れましょう。
また、きのこ類に特に多く含まれるβグルカンという成分は、免疫力を高め病気を予防する効果が知られています。
調理用の油には、LDLコレステロールを減らす作用があるといわれるオリーブオイルがおすすめです。

■材料(2人分)

きのこ(お好きな種類で)……あわせて200g
トマト……1個
鶏ささみ……1本
にんにく……薄切り5枚
オリーブオイル……大さじ1
白ワインまたは酒……大さじ2
水……大さじ1
レモン汁……少々
塩、コショウ……少々

■作り方

(1)きのこは食べやすい大きさに裂くか切り、トマトは皮と芯をのぞいて一口大に切る。
(2)鶏ささみは火が早く通るようにそぎ切りにする。
(3)厚手の鍋に、オリーブオイルとにんにくを入れ、にんにくが色づいてきたら(1)(2)を入れて軽く炒める。
(4)白ワインまたは酒と水を入れてふたをして5分ほど蒸し煮にする。
(5)塩、コショウで調味し、最後にレモン汁をふりかける。

▲ このページのトップへ戻る