バックナンバー

青ジソとバジルのパスタ

香り食材で春の症状を緩和

○調理時間:20分 ○エネルギー:620kcal(1人分)
おなじみの青ジソはハーブの一種。皮膚や粘膜の健康をサポートするβカロテンが豊富に含まれるほか、花粉症の緩和などでも注目されています。バジルは、バジリコ、スイートバジルとも呼ばれる西洋のハーブ。同じくβカロテンが豊富です。パスタに混ぜて、彩りも春らしく。バジルがない場合は、青ジソだけでもおいしくできます。

■材料(2人分)

豚肉(ロースまたはバラ)……150g
スパゲッティ……150g
青ジソ……10枚
バジル……10枚
にんにく……1/2片
オリーブ油……大さじ2
(あれば)国産のレモン……1/4個
塩、コショウ……各少々

■作り方

(1)鍋にたっぷりの湯をわかし、塩大さじ1を加えて、スパゲッティを既定の時間より1分短くゆでる。
(2)豚肉は1cm幅くらいに切って、青ジソとバジルは千切り、にんにくは薄切りにする。レモンは皮の表面の黄色い部分だけすりおろしておく。
(3)フライパンにオリーブ油大さじ1とにんにくを入れて香りが出るまで炒めてから豚肉を入れる。
(4)豚肉に火が通ったら塩、コショウし、スパゲッティを加えてオリーブ油大さじ1を加える。
(5)最後にバジルと青ジソ、レモンの皮のすりおろしを加えて火を止める。フライパンをゆすりながら全体を混ぜ合わせる。

▲ このページのトップへ戻る