バックナンバー

鮭とトマトのオープンサンド

美肌への切り札は“色”にあり

○調理時間:20分 ○エネルギー:220kcal(1人分)
鮭の赤い色は、アスタキサンチンという色素成分。高い抗酸化作用があり、肌の老化予防や疲労回復に役立つと注目されています。おなじみの魚ですが、テーブルを明るく彩るオープンサンドに。また、色の濃い緑黄色野菜にも、抗酸化作用を持つ色素が多く含まれています。積極的に取り入れて、体の中からも老化予防しましょう。

■材料(2人分)

生鮭……1切れ
トマト……大1個
レモン汁……大さじ1
ケイパー……大さじ1
白ワインまたは日本酒……大さじ2
塩、コショウ……各少々
バゲット……4切れ
パセリ……適宜

■作り方

(1)トマトは皮を湯むきして、細かく切る。
(2)鍋に白ワインまたは日本酒を入れ、皮を外した鮭、トマト2/3個分を入れて蒸し煮にする。
(3)鮭に火が通ったら 、木べらなどで鮭の身をくずすようにし、レモン汁を加え、塩、コショウして水分がなくなるまで煮る。
(4)最後にケイパーを加えて火を止め、トマトの残り1/3を混ぜる。
(5)バゲットを1.5cm厚さに切ってトーストし、(4)の具をたっぷりのせ、好みでパセリのみじん切りを散らす。
*蒸し煮にするとき、鮭と相性のよいディルなどのハーブを入れると香りを楽しめます。

▲ このページのトップへ戻る