バックナンバー

納涼レシピ1

だしかけ豆腐

○調理時間:15分(冷やす時間は除く)
○エネルギー:約84kcal

野菜の旨みが生きる常備菜
山形県に伝わる料理「だし」は、夏野菜を刻んで合わせたもの。みょうがやしその香り、きゅうりの食感が暑い日も食欲をそそります。豆腐のたんぱく質と野菜のビタミンを補える一品は、そうめんなど単品メニューのときのおかずに重宝します。ごはんとも合います。

■材料(2人分)

納豆昆布(乾燥)……4g
きゅうり……1本
ナス……1本
みょうが……2個
ネギ……10cm
青じそ……4枚
青とうがらし……1本
オクラ……2本
しょうゆ……大さじ1
酢……大さじ2
塩……小さじ1/2
豆腐……1/2丁

■作り方

(1)納豆昆布は水に5分ほどつけてから水気を切って2cmに切る。

(2)きゅうり、ナス、みょうが、ネギ、青じそは細かく刻み、ナスは水につけてアクをぬく。青とうがらしは輪切りにする。オクラはさっとゆがいて細かく切る。

(3)(1)(2)と調味料を全てボールなどに入れてよく混ぜ、冷蔵庫で30分~1日冷やしてから豆腐にたっぷりのせて食べる。

>>『納涼レシピ2・3・4』はバックナンバーへ

▲ このページのトップへ戻る