バックナンバー

納涼レシピ4

スープカレー

○調理時間:1時間
○エネルギー:約630kcal

夏の定番料理を、今年はスープに
北海道のスープカレーを、色鮮やかな野菜で作りました。ルーを使わず作ることで、油脂や塩分の量を抑えることができます。サラサラしたスープで食べやすく、カレー風味が食欲をそそります。カレー粉の成分であるウコンは、肝臓の働きをサポートするといわれています。

■材料(2人分)

鶏手羽元……4本
玉ネギ……1/2個
おろしにんにく……小さじ1
おろししょうが……小さじ1
じゃがいも……1個
赤パプリカ……1/2個
オクラ……2個
ブロッコリー……2房
ゆで卵……1個
サラダ油……大さじ1/2
バター……10g
塩……適宜
ごはん……茶碗2杯強

●A
・カレー粉……大さじ1
・ケチャップ……大さじ2
・スープの素……小さじ1
・水……500ml

■作り方

(1)鍋にサラダ油を熱し、おろしにんにく、おろししょうがを炒めて香りが出てきたら玉ネギのみじん切り、鶏肉を加えて鶏肉の表面の色が変わるまで炒める。

(2)Aを加えて強火でひと煮立ちさせ、アクが出てきたら取り除き、弱火で30分ほど煮込み、バターを加えてから塩で味を調える。

(3)煮込んでいる間に具を準備する。じゃがいもは皮をむいて半分に、赤パプリカは1口大、オクラは縦半分、ブロッコリーは食べやすい大きさに切って、蒸すかレンジ加熱しておく。

(4)器に(3)の具と半分に切ったゆで卵を入れ、ゆっくりとスープを注ぐ。ごはんは別の器に盛る。

▲ このページのトップへ戻る